0120-441-370 受付時間 平日 10:00-19:00
menu
資料請求・セミナーお申込
ログイン

少子化による総生徒数の減少と、私学の生徒募集の競争激化

 昨今、弊社にお問合せをいただいている多くの私立学校から、「年々入学者の定員数の確保が難しくなってきている」という声をお聞きしています。少子化が進む現在、私立学校において「生徒募集」は増々深刻な課題となっているようです。
 文部科学省学校基本調査によると、過去10年間で高校生の数は18万人、中学生の数は約14万人減少しています。しかし、それに対して私立高校の数はほぼ横ばいで、私立中学校に至っては48校増加しています。このように、私立学校の生徒獲得競争は年々激しさを増しています。

私立・公立高等学校数と総生徒数の推移

このような状況の中、私立学校は生徒数を確保するために、「進学実績を創出する」「特色あるプログラムを用意して他校との差別化を図る」「校舎設備の充実を図る」など様々な手を打っているにも関わらず、思うように生徒数を確保できていない私立学校が多いようです。それは何故でしょうか。