menu
下層トップ背景

ドリル機能

「聞いて(読んで)いたら分かった」はずなのに、成績が上がらないのは知識が脳に定着していないから。勉強は「知識を正しく理解する」「理解した知識を定着させる」、この二つを正しいステップで繰り返すことが大切です。すららは60,000問以上の豊富な問題数に加え、問題が解けない根本的な原因を自動で見つけ出し、一人ひとりの理解度に合った問題を出題するため、自宅で1人でも進めることができます。

従来のテストとの違い

理解したらすぐにドリル・その場で添削

「わかった!」と思っていたけれど、問題を解こうと思うと間違えてしまう…。成績を上げるポイントは、「理解」の後の「定着」にあります。すららはレクチャーで理解した後にすぐにドリルが始まり、理解した記憶が鮮明なうちに定着してもらいます。間違えたらその場で添削、「何をどのように間違えたのか」を解説し、知識の定着をサポートします。

従来のテストとの違い

システムが自動判断する「つまずき診断」

学校の授業が分からない場合、そのつまずきの原因は既に習った範囲のどこかの理解が不足している可能性があります。すららは「解けない原因」を自動的に診断し「今必要な問題」を出題するため、つまずきを確実に克服しながら次の単元に進めることができます。

従来のテストとの違い

一人ひとりに合わせて出題する「難易度コントロール」

学力に応じて、出題される問題の難易度が変化します。「簡単すぎず難しすぎない」問題が出題されることで、適度な達成感を得つつ自信を深めながら学習を進めることができます。

従来のテストとの違い

理解の定着を深める様々な問題形式

選択式しかないドリルはあてずっぽうで答えやすく、何度もやるうちに答えを覚えてしまいがち。すららはしっかりと理解を定着させるため記入式を採用しています。例えば英語は「並べ替え」「記入」「ディクテーション」など多彩な解答形式で実践的な学力を身に付けてもらいます。

従来のテストとの違い
ページのトップに戻る
google