「ICTの力で、教育を通して社会課題を解決する」
それを最前線で実行する。

2021年すららネット新卒採用では、マーケティンググループの募集を行います。
教育の現場で起きている課題を解決し、現場の人々が本来やりたい教育を実現するため、
e-learning教材「すらら」を武器に、営業活動とフォローをしていきます。

マーケティンググループの特徴

特徴①:営業からフォローまで、一気通貫でお客様をサポート

すららネットでは、1人の営業マンが、「すらら」導入時の提案から導入後のフォローまで一気通貫に行います。
「課題解決」のためには、お客様の現場に入り込み、寄り添いながらコンサルティングを行うことが求められるためです。
導入時に一緒に試行錯誤したお客様が、成績向上や生徒募集で成果をあげられたときには、大きなやりがいを感じられるはずです。

特徴②:一人ひとりが「マルチ」に活躍する

マーケティンググループのメンバーは、営業活動やフォロー活動はもちろん、
お客様を集めてのセミナー講師、勉強会講師や、展示会への出展準備、子どもたちや保護者への説明会登壇など、 一人ひとりが「マルチ」に活躍しています。
様々なスキルを身につけ、市場価値の高いビジネスパーソンに短期間で成長できるのも魅力の職種です。

活躍のフィールドは「学習塾」と「学校」。

マーケティンググループ:学習塾営業チーム

e-leaningという新しい教材はただ売るだけでは、たくさんの子どもに使ってもらうことはできません。

「すらら」という学習教材を通し、講師不足、生徒数不足など、その塾の課題解決を図り、その塾にとってのベストな使い方を提案する、
コンサルティングの力が鍛えられる営業です。

マーケティンググループ:学校営業チーム

全国の私立学校を中心に、「すらら」を活用した学校改革、
授業運営のコンサルティングを行います。

教育のICT化が急速に進み、「新しい学力」への対応が求められるなど
学校を取り巻く環境が大きく変化しています。

「すらら」を学校現場の課題解決ツールとして利用してもらえるよう、
きめ細かなサポートを行っています。
最近では過疎地や特別支援教育の分野で、公教育での採用事例も出てきました。

採択から活用スタートまでの流れ(例)