• HOME
  • コラム
  • 【不登校による遅れを無料で解決】学校の勉強に追いつける3つの勉強方法を解説

【不登校による遅れを無料で解決】学校の勉強に追いつける3つの勉強方法を解説

不登校の子どもを持つ保護者は、「勉強の遅れが心配」と感じているのではないでしょうか。実際に、学校に行けない子どもは勉強も遅れがちです。勉強を教えてくれる先生もおらず、子ども自身もストレスを抱えています。

その一方で、学習にお金をかけられない保護者も多いのが現実です。可能であれば無料で学べて、効果のあるものを実践したいと思いますよね。

そこで今回は、学校の勉強に追いつきたい子どもが無料でできる勉強方法を紹介します。



この記事を読む方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

不登校の子どもに勉強をさせるための下準備

子どもに対して、いきなり「勉強しろ!」と言っても意味がありません。勉強をさせるためには、いくつかの下準備を済ませておく必要があります。

【子どもが勉強をするようになるためのポイント】

  • 子どもとの会話を増やす
  • 無理に勉強させようとしない
  • 学習環境の整え方を教える
  • 親も勉強する姿勢を見せる

①子どもとの会話を増やす

まずは子どもとの会話を増やすことが大切です。子どもの趣味の話題を振ったり、夕食のリクエストを聞いたりなど、会話が増えると子どもは「自分を認めてくれている」と感じ、自己肯定感が上がっていきます。

不登校の子どもは、自分に自信が持てていません。学校に行けないと「親に申し訳ない」「自分はダメな人間だ」と思い込んでしまいがちです。だからこそ、保護者のあなたが子どもを理解してあげなければなりません。

不登校の子どもに対して「遅れをとってるんだから勉強しなさい」と言っても、自信を失う一方です。思春期で難しい時期ではありますが、子どもとの会話を増やす努力をしてみましょう。

②無理に勉強させようとしない

子どもに限らず、人は何かを強制されると嫌な気持ちになります。

【子どもが勉強を嫌いになってしまうNGワード】

  • 「家にいるんだから勉強しなさい」
  • 「追いつくために5時間以上は自習してね」
  • 「みんなに遅れをとってるんだから」

このような言葉で煽っても、勉強を嫌いになるだけです。特に不登校の子どもは精神的に不安定な状態になりがちなので、無理に勉強させようとしてはいけません。

精神的な不安を最小限に抑えることで、子どもは自分のペースで学習を始められます。やる気が出る時だけ勉強をしてもらい、徐々に学習に慣れていくことが大切です。

③学習環境の整え方を教える

不登校になると、何から勉強していいのかわからない子どももいます。そのため保護者であるあなたが、学習環境の整え方を教えてあげてください。

例えば、机周りを掃除したり誘惑になるものを片付けたりと、勉強前の準備を教えるのもひとつの手です。また部屋で集中できないなら、リビングで勉強させたり、図書館に行かせたりして、環境を変える大切さも伝えましょう。

学習環境が整うと、勉強のしやすさがガラッと変わります。保護者の方は、子どもの勉強環境にも目を向けてみてください。

④親も勉強する姿勢を見せる

子どもは親の背中を見て育つため親のあなたも、勉強する姿勢を見せることが大切です。

親が家でゴロゴロしていたり、片付けができていなかったりすると、子どもも同じような生活になっていきます。逆に勉強する姿勢を見せたり、整理整頓ができていたりすると、子どもも行動を起こしてくれるでしょう。

どんなことでもいいので、親のあなたが何かに取り組む姿勢を見せることが大切です。

不登校の子どもが無料で学べる方法や場所とは?

不登校の子どもが無料で学べる方法や場所はたくさんあります。おすすめは以下の3つです。

【おすすめの勉強方法】

  • 図書館
  • オンライン学習アプリ
  • YouTubeなどの動画投稿サイト

それぞれ解説していきます。

図書館

誰でも自由に出入りできるのが図書館です。図書館であれば、勉強すれば落ち着いて勉強に取り組めます。

また閉館時間が決まっているため勉強にメリハリを持つことができ、より集中しやすいのがメリット。ゲームや漫画なども誘惑もないため、子どもは勉強する選択肢しかありません。

なかなか集中してくれない子どもである場合、図書館を勧めてみてはいかがでしょうか。

オンライン学習アプリ

近年、オンライン学習アプリやインターネット学習も普及してきました。

【オンライン学習の種類】

  • オンラインの通信教材
  • オンライン塾
  • オンライン学習アプリ

上記など、オンライン上で学べる学習教材が増えています。特にオンライン学習アプリは、無料でリリースされているものも多いです。

また、オンライン学習アプリは自宅で学べるのがメリットです。子どもの送り迎えも必要なく、少ない負担で学習を勧められます。

まずは無料の学習アプリを試してみて、続けられそうであれば有料コンテンツに移行するといいでしょう。

YouTubeなどの動画投稿サイト

勉強の意欲が低い子どもの場合は、YouTubeなどの動画投稿サイトの学習動画から入ってみてください。サボってしまう可能性もありますが、まずは学習の第一歩を踏み出すことの方が重要です。

YouTubeには質の高い学習動画がアップされています。また、飽きないように楽しく学べる工夫も施してあるため、初期の学習にはおすすめです。

ただし動画を視聴しただけで、勉強した気になるデメリットも。ノートにまとめたり、復習をしたりなど、ルールを決めて学習を進めてみてください。

子どもの将来を考えた時におすすめの勉強法5選

無料でできる勉強法はたくさんあります。しかし、子どもの将来を考えるなら、最も効率よく勉強できる方法を提示するのが保護者の役目です。

続いては有料の勉強方法についてご紹介します。おすすめの勉強方法は以下の4つです。

【おすすめの勉強方法】

  • フリースクール 
  • 家庭教師
  • オンライン教材
  • すらら

フリースクール

フリースクールとは、何らかの理由で学校に行けない子どもが集まる場所です。小学生から中学生、高校生まで、幅広い年齢層の子どもを受け入れています。通うのにはお金がかかりますが、無料体験であれば費用はかかりません。

フリースクールにはさまざまな形態があり、子どもの悩みによって通う場所が違います。

【フリースクールの種類】

  • 精神的な回復を目指すスクール
  • 学校復帰を目指すスクール
  • 学習障がいを支援するスクール

勉強に追いつきたいなら、学校復帰を目指すスクールがおすすめです。学校の授業に合わせて講義や学習指導が行われており、きちんと勉強に向き合うことができます。

中には、予備校や学習塾と連携しているフリースクールも存在します。ただしフリースクールの多くは有料です。まずは無料体験から始めて、居心地の良い場所を見つけてみましょう。

人と話せるなら塾

人とのコミュニケーションに問題がないなら塾がおすすめです。

塾に行く最大のメリットは、学習環境が整うこと。塾では勉強を教えてもらえるだけでなく、自習スペースで勉強に集中して取り組めるのがメリットです。

また塾に行くと他の子どももいるため、モチベーションも上がります。このように、塾は周りに刺激をもらいながら勉強に励みたい子どもにおすすめです。

自宅で勉強したいなら家庭教師

自宅で勉強したい子どもには家庭教師がおすすめです。

家庭教師は、マンツーマンで学習を進めるため、子どもに合わせたカリキュラムを作れます。わからない部分も徹底的に教えてもらえ、勉強の遅れを取り戻すには最適な選択です。

ただし塾やオンライン学習に比べて、金銭的な負担が大きいのがデメリット。最も学習効率の良い方法ですが、金銭面に余裕がある人でなければ続けられないでしょう。

ひとりで取り組みたいならオンライン教材

ひとりで黙々と勉強したい子どもには、オンライン教材がおすすめです。パソコン上で学べるのがメリットで、自分のペースで学習を進められます。

また実際に、オンライン上で授業を受けられたり、先生に質問できたりする教材もあります。子どもにストレスを与えることなく、着実に学習を進められる方法です。

ただし子どもの自己管理能力に頼る部分が大きいため、自主学習ができる子どもに向いています。

小・中・高のさかのぼり、先取りをしたいならオンライン教材「すらら」

小学生から高校生までの国・数・理・社・英の5教科をさかのぼり、先取りしたいなら「すらら」がおすすめです。すららは、インターネットを通じてゲーム感覚で学べる対話型のオンライン教材。

講義は、アニメーションのキャラクターが語りかけながら授業を進めてくれる形式。質問やテストを通じてオーダーメイドの問題を作ってくれ、個人に合わせて学習を進められるのがメリットです。

子どもが聞きっぱなしにならないように、適度に質問を投げかけ、まるで本物の授業を受けているような感覚にもなれます。学校の勉強に追いつける環境が整っている「すらら」。興味のある人は、ぜひLINEからご相談ください。

出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

 

まとめ:不登校の子供にも学校並みの教育を受けさせよう

今回は、学校の勉強に追いつきたい子どもが無料でできる勉強方法を紹介してきました。

無料でも十分な学習を受けることができます。しかし最も重要なのは、子どもに合った学習方法を見つけること。そこには無料も有料も関係ありません。

ぜひ不登校の子どもにも学校並みの教育を受けさせて、遅れを取らないようにしてください。



この記事を読んだ方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化