• HOME
  • コラム
  • 【不登校の別室登校】勉強は何からすればいい?遅れを取らない正しい学習方法とは?

【不登校の別室登校】勉強は何からすればいい?遅れを取らない正しい学習方法とは?

不登校になっても、学校の保健室や職員室などに別室登校して勉強に励む学生もいます。しかし通常の授業とは異なるため、「何から勉強すればいいのか分からない」という人もいるのではないでしょうか。

この記事では、別室登校で遅れを取らない正しい勉強法について解説します。勇気を出して学校へ行っている学生さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。



この記事を読む方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ


別室登校とは?

別室登校とは、不登校の子どもが自分のクラスから離れて、保健室や相談室、職員室などの別室で過ごすことを指します。

別室登校には以下2つのメリットがあります。

【別室登校のメリット】

  • 不登校から復帰できるステップになる
  • 一時的な避難場所になる

この様に別室登校をすることにより、学校再開に向けてのステップアップに対して大きなメリットがあります。

また、別室登校中には空いた時間で学校の先生が顔を出してくれることもあります。そのため、先生の都合が合えば授業内容を教えてもらうことも可能です。

しかし、毎回同席できる訳ではないため、勉強方法が分からなくなる子どももいます。よって、自分で学習方法を確立しなければ、授業に遅れをとってしまうため注意が必要です。

【焦らなくて大丈夫!】学校の別室で勉強する時の4つのポイント

別室登校での勉強が捗らないと焦りがちですが、焦りは禁物です。そんな時は、以下4つのポイントを抑えておくといいでしょう。

【別室勉強で勉強するときのポイント】

  • 無理して学校に行かない
  • わからない時は先生に質問する
  • 遅れをとってると思わない
  • できる勉強から始める

続いての章では、それぞれについて詳しく解説していきます。

①無理して学校に行かない

別室登校に息苦しさやストレスを感じているなら、無理して学校に行く必要はありません。そのような精神状態で勉強しようと思っても、やる気や集中力は湧いてこないでしょう。

無理して別室登校している人は、自宅学習に切り替えるのもおすすめです。

学校に行きたくない日は、自宅でリラックスして勉強に取り組んでみてください。自宅であれば自分のペースで学習ができ、学校へ行く精神的なストレスも軽減できます。自分の一番集中できる環境を見極めて、学習を進めましょう。

②わからない時は先生に質問する

勉強がわからない時は先生に質問をしてください。せっかくの別室登校ですので、学校の先生に質問しない手はありません。学校にはいろんな教科の先生がいます。手の空いている先生を捕まえて、専門教科を教えてもらうのがおすすめです。

積極的に質問すれば先生も答えてくれますし、人と話すことでコミュニケーションのきっかけも掴めます。マンツーマンで教えてもらえるメリットもありますので、あらかじめ質問を考えておくのもひとつの手です。

③遅れをとってると思わない

別室登校をしていると「クラスのみんなに遅れを取っている」という思考になりがちです。遅れを取っていると思えば思うほど焦ってしまい、勉強に身が入らないことがあります。

しかし学校の授業進度は、実はそこまで早くありません。全体のレベルに合わせて進めているため、思ったよりも単元は進んでないことが多いです。

また自分自身に合った勉強法を見つければ、クラスに追いつくことも可能です。高校受験の科目に絞って勉強すれば、同級生に差をつけることもできます。

気持ちの焦りは集中力を奪います。まずは深呼吸をして、遅れのことは一旦忘れましょう。

④できる勉強から始める

まずは、できる勉強から始めることが大切です。なぜなら、できない教科に目を向けても、勉強は一向に進まないから。

得意な教科に取り組んだり、理解できている場所の復習したりなど、できる範囲で勉強を始めてみてください。

すると勉強できたことが自信になり、他の勉強にも取り組みやすくなります。まずは目の前の勉強にコツコツ取り組むことが大切です。

別室登校できない時の4つの学習方法

気分が乗らない時は、無理して別室登校する必要はありません。では別室登校できない時はどんな学習方法を実践すればいいのでしょうか。おすすめの勉強方法は以下の4つです。

【別室学習できない時におすすめの勉強方法】

  • 通信教育
  • インターネット学習
  • フリースクール
  • 図書館

それぞれ解説していきます。

自宅学習の習慣をつけたいなら通信教育

通信教育は、用意された教材や動画講義を元に学習を進めて行く教材です。自分のペースで取り組め、自宅学習の習慣が身に付くのがメリットです。

別室登校に加えて、自宅学習を選択肢に持っておけば、「どうしても学校に行きたくない」「不登校になってしまった」という時でも安心して勉強に取り組めます。

通信教育は、自分で能動的に学習する力がつきます。自己管理して学習する力は、大人になっても重要なスキルです。今のうちから身につけておけば、将来きっと役に立ちます。

また通信教育では勉強方法も学べるため、これから勉強を始めたいという人にもおすすめです。

 

すららネットなら自宅学習で出席扱いになる?

別室登校に加えて、自宅学習の習慣を身につければ効率的に学習を進められます。しかし、自宅学習のハードルは高く、なかなか集中できない人も多いのではないでしょうか。

そんな時におすすめなのが、インターネットを通じてゲーム感覚で学べる対話型のオンライン学習教材「すらら」。

すららは、小学生から高校生までの「国・数・理・社・英」の5教科を学習できる教材です。アニメーションキャラクターが自分に話しかけながら説明してくれるため、勉強につまずきにくい設計となっています。

また、すららを利用した89.1%の方が「学習を継続」しているというデータもあります。勉強は継続が最も重要なので、学習が続かないという人にもおすすめです。

【すららを利用するメリット】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

また、すららネットなら7項目の要件を満たすことで、自宅学習をしながら出席扱いにすることもできます。不登校による出席でお悩みの方はぜひご検討ください。

出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

勉強好きならインターネット学習

最近はインターネットを利用したオンライン学習も普及してきました。オンライン塾や学習専用アプリなど、自分のライフスタイルに合わせて学習を進められます。その中でも勉強好きにおすすめなのが「オンライン塾」です。オンラインでの参加なので人との接触がなく、自宅でストレスなく受講が可能。

都市部以外では、志望する高校のレベルに合った学習が受けられない人も多いです。しかし、オンライン塾であれば、全国どこにいても質の高い講義が受けられるため、進学を目指している人におすすめです。

また、オンラインで講師に質問できる機会もあり、勉強方法を学ぶこともできます。ある程度の自主性は必要となりますが、独学で学習するよりも効率は良いといえるでしょう。

学校が辛いならフリースクール

フリースクールとは、何らかの理由で学校に行けない小学生、中学生、高校生が集まる場所。不登校だけでなく、発達障がいや身体障がいなど、さまざまな事情を抱える子どもを受け入れています。

公的機関ではなく、NPO法人やボランティア団体などの民間が運営しています。料金は無料の場所もあれば、有料でサービス提供しているところも。

フリースクールのメリットは、在籍する学校で「出席扱い」になることです。在籍校の校長の許可が降りれば、フリースクールに登校していても出席にカウントされます。

そのため別室登校に苦しさを感じている人は、フリースクールに切り替えるのもひとつの手です。またフリースクールには、さまざまな種類があります。

【フリースクールの種類】

  • 精神力ややる気回復を目指すスクール
  • 学校復帰を目指すスクール
  • 障がいの子どもを支援するスクール
  • 自宅でサポートを受けられるスクール

このように、自分に合わせて選べるのも特徴です。中には予備校や学習塾と連携したフリースクールもあります。まずは自宅の近くにどんなフリースクールがあるのか、調べてみてはいかがでしょうか。

静かに勉強したいなら図書館に行く

自宅で勉強に集中できない人は、図書館での学習がおすすめです。図書館と聞くと学校の施設を連想する人も多いですが、市町村が運営している図書館など、いろんな施設が存在します。

図書館ごとにルールがあるので、まずは最寄りの図書館が「勉強OK」か確認してみてみましょう。図書館で学習するメリットは以下の通りです。

【図書館で学習するメリット】

  • 無料で利用できる
  • 静かに勉強できる
  • 誘惑が少なく集中しやすい
  • 参考書が読める

このように、勉強に取り組める環境が整っています。また、閉館時間が決まっているため、「時間内に勉強を終わらせよう」という気持ちが働くのもメリットです。

別室登校や自宅学習で集中できない人は、ぜひ図書館を利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ:できることから始めよう

今回は別室登校での勉強のコツや、登校できない時の学習方法を解説しました。

別室登校できる人は、先生に積極的に質問して学習を進めましょう。また別室登校にストレスを感じている人は、無理に学校に行く必要はありません。

自分のペースで勉強できる環境を整えて、コツコツ目の前の勉強に取り組むことが大切です。ぜひ本記事を参考に、勉強への取り組み方を考えてみてください。



この記事を読んだ方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ


まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化