• HOME
  • コラム
  • 【高校受験向け】不登校中の学生が勉強遅れを取り戻すためにできる5つの勉強法

【高校受験向け】不登校中の学生が勉強遅れを取り戻すためにできる5つの勉強法

不登校になると、それまで考えもしなかった悩みがたくさん出てきます。中でも、勉強の遅れは大きなウエイトを占めるのではないでしょうか。特に高校受験を検討しているのであれば、現在の勉強面での不安は一層高まります。

もちろん学力だけが全てではないですが、学力がその人を評価する一つのステータスとして扱われるのは事実です。

本記事では、高校受験を控える不登校の中学生が勉強の遅れを取り戻すためにできる勉強方法について詳しく解説していきます。

学力の向上によって将来の選択肢を少しでも広げられるよう、ぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

高校受験向け!不登校中の学生でもできる5つの勉強法

まずは、高校受験に向けた不登校中の学生でもできる勉強法を紹介していきます。特におすすめの勉強法は以下の5つです。

  • 自主学習
  • オンライン学習
  • 学習塾
  • 集団学習塾
  • 個別指導塾

どの勉強方法もたくさんのメリットがありますが、何より大切なのは子どもとの相性です。子どもの意見をしっかり聞きながら、親子で一緒に選択しましょう。

自主学習

まず、紹介するのは教科書や参考書を使いながら自分の力で勉強する「自主学習」です。

何にも縛られず、自由に勉強できる点が自主学習のメリットと言えます。特に、不登校の子どもは家庭以外の環境や人との関わりを避ける傾向にあります。

ですので、自分のペースで好きな時間に好きな教材で勉強できる自主学習は不登校生の生活スタイルに適しています。しかし、基本的には自分の力で勉強を進めていくので、モチベーションの維持が非常に難しいでしょう。

よって、自分なりの目標を設定するなどの工夫を行い、勉強に対するやる気を高めていく必要があります。また、勉強に要する費用がかなり抑えられるのもメリットです。

オンライン教材

次に紹介するのは、オンライン上の学習サービスをタブレットなどで使用する「オンライン教材」です。

オンライン教材の場合、通信環境さえあれば時間や場所にとらわれず効率的な学習ができます。中には、不登校の子どもに向けて開発されたオンライン教材もあり、過去に遡りながら学習できる機能なども実装されているため、積極的に活用してみましょう。

また、自宅で勉強する際の課題であるモチベーションの維持についても、サポート可能。ゲーム性を取り入れていたり、自分の学習レベルを分析してくれたり、楽しみながら勉強できる工夫がオンライ教材位には詰め込まれています。



【PR】
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

学習塾

言わずと知れた勉強方法ですが、不登校中に学習塾へ通うのも学力の向上に有効です。

学習塾のメリットは、学力の向上に特化した指導を受けられることでしょう。プロの講師が目標まで最短距離でたどり着けるメソッドを提供してくれます。

また、不登校生の指導に力を入れている塾も少なくないので、興味があればまず、身近にある塾の特徴を下調べしてみるのがおすすめです。

なお、学習塾はさらに細かく、集団学習塾と個別指導塾に分けられます。どちらにもメリットとデメリットが存在するので、子どもの性格と照らし合わせながら慎重に導入を検討しましょう。

家庭教師

家庭教師は自宅でマンツーマン指導を受けられる勉強方法です。塾のように外出する必要がなく、自宅にいながらレベルの高い指導を受けられる点がメリットと言えます。

また、マンツーマン指導なので生徒の学力やペース配分にも配慮してもらうことも可能です。

ただし、家庭教師と面と向かって指導を受けるのに抵抗を感じる子どももいます。先生に対するトラウマが心に強く残る子どももの場合は特に配慮してあげましょう。

フリースクール

フリースクールに通うのも不登校中にできる勉強方法です。フリースクールでは精神面のケアだけではなく、本人が希望すればしっかりとした学習指導も行ってくれるところがほとんどです。

また、基本的に勉強の強制はないので、やる気が出たときに自分のペースで勉強ができます。興味があればまず通える範囲にフリースクールがあるかどうかを確認してみましょう。

【3つの悩み別】不登校中の学生に合った勉強法の見つけ方

これから紹介するのは、悩み別に自分にあった勉強方法の見つけ方です。

以下のように、よくある3つの悩みについて詳しくみていきますね。

  • 無気力・不安
  • 先生・友人との人間関係
  • 生活リズムの乱れ・遊び・非行

不登校になった子どもはさまざまな悩みを抱えてしまいます。しかし、悩みを無視していては、自分に適した勉強のスタイルを見出せません。悩みのせいにして勉強を諦めるのではなく、いかに悩みを克服しながら勉強を進めていくのかが大切です。

無気力・不安

不登校となったきっかけとして多くみられるのが「無気力・不安」です。

この場合、勉強に対して全力を出せるようになるにはしばらく時間がかかります。ですので、急に外の環境で勉強したり、長時間机に向かったりするのはできるだけ控えてください。

まずは、自主学習で興味のあるところから始め、少しずつ量と時間を増やしていくので十分です。勉強の遅れを悲観する必要はありません。ある程度の遅れは、やる気が出てからでもすぐに取り返せます。

特に不登校直後は、心身ともに疲弊しているケースも少なくないので、焦らずにマイペースで取り組みましょう。

先生・友人との人間関係

先生や友人との関係性が悩みの種となり不登校になる生徒も一定数存在します。

勉強に集中する上で人間関係を持ちたくない場合は、周囲の環境を遮断できる自主学習やオンライン教材、個別指導塾などを利用するのがおすすめです。

また、他の人と関わりを新たに築きながら勉強を進めたいという気持ちがあれば、集団学習塾や家庭教師、フリースクールに通うのも良いでしょう。

まずは、自分の気持ちを整理し、どんな環境であれば楽しく勉強できるのかを客観的に分析することが大切です。

生活リズムの乱れ・遊び・非行

また、遊びや非行によって生活リズムが崩れ、不登校に発展するケースも少なくありません。

勉強を効率的に行うためには、規則正しい生活は欠かせません。起床・就寝時間や食事などは体力、集中力に大きく影響するからです。しかし、自己管理能力が備わっていないと、乱れた生活リズムを改善するのは非常に困難でしょう。

よって、勉強時間などに一定のルールを課せられる勉強方法を選択するのがおすすめです。具体的には、学習塾や家庭教師、フリースクールなどが挙げられます。もちろん、急な生活リズムの変化は心身に支障をきたす場合があるので、適度に休養をとりながら無理なく取り組むようにしましょう。

効率的に取り組もう!不登校中の子どもが高校受験の勉強を進める4つの方法

これからは、不登校中の子どもが高校受験を効率的に進める方法について解説していきます。

主な勉強方法を以下のとおりピックアップしましたので、是非参考にしてください。

  • 授業ではどこまで進んでいるかをこまめに聞く
  • 勉強の目的や目標を決める
  • プロの力を借りる
  • 勉強法が合わなければ他の方法を試してみる

勉強に取り掛かるうえで、効率は非常に重要な要素です。学力に直接結びつくほか、モチベーションの維持にもつながります。

不登校中は時間があるため、教科書などをザッと見て、分からない箇所から勉強をスタートできるのが強みです。ピンポイントで無駄のなく勉強を進めていきましょう。

授業ではどこまで進んでいるかをこまめに聞く

不登校中に勉強の遅れを取らないためには、学校の授業がどの程度進んでいるのかを知る必要があります。遅れの度合いを把握できれば、逆算しながら学習計画を立てることが可能です。

学校の先生や友達と関わりを持つのは少し気が引けるかもしれません。しかし、勉強を通して外の世界と連絡を取れるようになるのも成長の証です。復学後を見据えて、対人関係にも合わせて少しづつ慣れていきましょう。

勉強の目的や目標を決める

勉強の効率化を図るために最も大切なのは、勉強する目的や目標の設定です。

「受験に合格するために必要な学力をつけたい」「将来、生きていくのに必要な知識や力を身につけたい」など、具体的なゴールを持つとやるべきことが明確になります。

例えば、受験のための勉強であれば、受験に必要な科目以外に時間を費やすのは非効率です。重点的に取り組むべきポイントを整理しましょう。まずは、冷静に自己分析を行い、将来についてゆっくり考えることをおすすめします。

プロの力を借りる

勉強を始める前にまず、ノウハウを学ぶ必要があります。ゲームの攻略法と似ており、ノウハウを知っているのと知らないのとでは、ゴールにたどり着くまでに要する時間が雲泥の差ほど違ってくるのです。

しかし、勉強のノウハウは膨大なデータや長年の経験に基づいて得られるものなので、一個人で手に入れようとしても限りなく不可能に近いです。

ですので、オンライン教材やフリースクールなどのプロに依頼して、勉強を攻略するための最短ルートを教えてもらうのが効率的でしょう。

勉強法が合わなければ他の方法を試してみる

勉強法が合わなければ他の方法を試してみるのも効率を上げるためには必要な決断です。

必ず最後まで続けないといけない勉強方法はありません。勉強に対する考え方やモチベーションは人によって異なるからです。例えば、集団授業を受けていて周囲の環境が気になるようなら、個別学習塾や自宅での学習も積極的に試してみましょう。

不登校でも取り組める勉強方法はたくさんあります。ゆっくり焦らず、自分に合った勉強方法を見つけるのが大切です。

まとめ:必ずしも学校に復帰しようと思わなくて良い

周りの友達が学校に行っているからといって、不登校から学校に復帰するのが必ずしも正しいわけではありません。どうしても復学が難しければ無理する必要はまったくないのです。

学校に通わないと勉強に対する不安が募るときもあるでしょう。しかし、不登校であっても勉強は色々な方法で取り組めます。学校も、自宅も、塾も、どれも選択肢の一つです

その中から自分に合った方法を見つけられるように、まずはチャレンジしてみることをおすすめします。本記事によって、不登校中の子どもが少しでも勉強に対して前向きになることができれば幸いです。



この記事を読んだ方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化