• HOME
  • コラム
  • 【不登校でも「すらら」で出席扱いに】出席扱いを利用するための3ステップを解説!-練馬区の事例-

【不登校でも「すらら」で出席扱いに】出席扱いを利用するための3ステップを解説!-練馬区の事例-

ICT等のオンライン教材を活用した自宅学習が「出席」として認められることをご存じですか?

文部科学省は「家庭に引きこもりがちで十分な支援を受けられない不登校の児童生徒に対し、ICT等を活用した自宅学習で出席扱いにする」という方針を定めました。

その方針を元に、実際に「すらら」を使った自宅学習で出席扱いが認定されています。今回は、事例を元に制度の内容をご紹介いたします。

「すらら」を使えば自宅で出席扱いになる!?

すららは出席扱い制度の要件を満たす教材のため、「すらら」を使った家庭学習を出席扱いとすることが可能です。

但し、すららの学習をスタートしたらそのまま自動的に出席扱いとなるわけではありません。どうしたら「すらら」を使って出席扱いとなるのか、確認していきましょう。

文部科学省が定めた出席扱いとするための要件は全部で7項目あり、それらの条件をクリアしていれば出席扱いになります。

実際に7項目を、すららを使った学習に当てはめた場合・・・

※参考:文部科学省「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)

上記のように、すららを使った学習で7項目をクリアすることが可能です。

実際に「すらら」を利用していて出席扱い制度の利用を希望された方の約80%が、出席扱い制度の認定を受けることが出来ています。

「すらら」を使った出席扱い制度を利用するための3ステップ

出席扱い制度を利用したいと思ったけど、なんだか大変そう…と思われた方もいるかもしれません。

実際、出席扱いとなるかは学校との協議で決定するため、すぐに認定され利用が可能となるわけではありません。

でも難しいことはなく、必要なステップは大きく分けて3つです。出席扱い制度を利用したいとお考えの方は、これから紹介するステップに沿って、準備を進めていきましょう。

STEP 1:まずは担任の先生へ相談しましょう

保護者様から担任の先生へ学校復帰を視野に入れて出席扱いとして欲しい」ことをご相談ください。

学校復帰をしたくないとしてもお伝えすることをおすすめしています。
理由は、過去に「学校に行きたくないので」と先生に相談された保護者さまがいらっしゃり、出席扱いとならなかった事例があるからです。

現在の制度では、必ずしも生徒は学校に復帰しなくてもよいとされていますが、話を聞く学校の先生の多くは学校に復帰して欲しいと思っています。
建前でもよいので学校復帰を視野に入れてとお伝えください。先生の気持ちも汲み取ることで、円滑なコミュニケーションを図ることができ、出席扱いの認定もスムーズに進むかと思います。

また、担任の先生は出席扱いのことをご存知ないかもしれません。資料を持参し、ご説明いただくことをおすすめします。

すららでは説明用の資料をご用意しておりますので、ページ最下部のフォームから資料請求をお申込みください。

STEP 2:出席扱い要件を満たしているか確認

担任の先生は要件化に向けて、教頭先生や校長先生に相談されますので、回答を待ちましょう。

その際、出席扱い要件の7項目を満たしているか確認します。

必要に応じて保護者様へ質問があるかもしれません。事前に7項目の内容を確認していただくと、よりスムーズです。

STEP 3:1日の出席扱いルール作り

使用する教材の活用方法や、学習設計内容、出席扱いのルール、学習履歴の提出方法について取り決めを行います。

お子さまの出席扱いの「基準」となるルールは学校によって異なり、1日1時間の学習で採用となる場合もあれば、それ以上となる場合もあります。

「他の学校ではどうしているのでしょうか?」と他の事例について学校側から聞かれることもあるかと思います。その際は、資料請求後に送付されたパンフレットに記載されている連絡先までお気軽にお問い合わせください。

「すらら」の事例で採用の多いルールパターン

  • すらら入会前:1日3つクリアすること(60~90分程度)をルール化
  • すらら入会後:一定量の学習履歴(目安:20時間/月)があれば1ヶ月の学習履歴をまとめて提出することをルール化

学習範囲についても多くの方が授業進捗に合わせるのではなく、まずは過去の勉強にさかのぼって学習し、その内容が出席扱いとなっています。

ルールが確定したら、出席扱い制度の利用スタートです。

【東京都練馬区の事例】すららを使った出席扱い制度

この度、東京都練馬区にお住まいの「すらら」利用者の方が出席扱い制度を認定されました。

どのようなルールで認定されたのかご紹介します。

~出席扱いのルール~

  • 1日約3時間分の学習をすることで出席扱い
  • 2週間単位で、保護者が学習履歴を学校に提出すること
  • 学校が認めたソーシャルワーカーとの面談を行うこと

東京都練馬区の出席扱い認定までの動き

通っている小学校としては初の出席扱い制度利用だったため、不明点も多く認定まで時間がかかるかと思われました。

保護者さまが学校に相談へ行く前にすららコーチやすらら本部に事前に相談をしてくださったことで、サポート体制が構築でき、学校さまへの相談もスムーズに進めることが出来ました。

7項目についても、2週間単位で保護者が学習履歴を提出すること、ソーシャルワーカーとの面談を行うことで全てクリアすることが出来、結果として学校への相談から約1ヶ月というスピードで出席扱い制度の認定を受けることが出来ました。

【ポイント】すらら本部とすららコーチに事前に相談をしたことで、学校との相談がスムーズに進んだ!

学校に相談に行かれた際、先生から質問を受けて答えられない内容も多いかと思います。また近隣の学校の事例を聞きたいなど、学校から要望を受ける場合もございます。

東京都練馬区の事例のように、本部に相談を事前にしていただくことで、学校への相談がスムーズに進む可能性もございます。困ったときは、すららの出席扱い担当者がサポートしますので、お気軽にお問い合わせください。

出席扱いによるお子さまへのメリットとは?

出席扱い制度適用のメリットは大きく2つ。

①自宅学習を認めて登校意欲を引き出す

まず1つ目のメリットとして、実際の頑張りが「出席扱い制度」を通じて認められることで、気持ちが前向きになることが挙げられます。

そうして気持ちが前向きになることで、自己肯定感がアップし、登校意欲に繋がったり、学習を毎日継続することに繋がります。

実際に出席扱いを利用した方の中でも、結果としてお子さまは毎日欠かさず学習を頑張り続けることが出来、欠席日数がゼロとなった事例もございます。

②中学生は内申点対策にも活用可能に

また中学生のお子さまにとって、不登校による大きな不安要素が、進学における内申点かと思います。

内申点は、①「知識・技能」②「思考・判断・表現」③「主体的に学習に取り組む態度」の3観点にて評価されます。

そのうち出席点は①にあたりますが5段階評価のうち、評定不能だったものから「1」が付くようになります。学校によっては評定不能のままですが、出席状況について補足を加えるなどして高校受験への手助けをしてくれます。

中学校で評価「2」「3」を取るには①に該当する定期テストを受けに行かなければなりません。クラスに入れないときは保健室や別室を用意してくれます。もし「4」「5」を狙いたい場合は②、③の評価がもらえる学校の復帰が必要となります。

※評価点のつけ方に関しては、『OJaC プロジェクト』を通じた「ICTを用いた在宅学習における出席・学習評価のガイドライン」もご参照ください

東京都練馬区の心理カウンセリングのご紹介

お子さまの心のケアには、カウンセラーによるカウンセリングを活用するのも有効です。 練馬区などが運営する心理カウンセリングをご紹介いたします。

練馬区が運営する心理カウンセリング

練馬区で運営する心理カウンセリングをご紹介します。予約等の詳細については区の担当課へお問い合わせください。

心の相談(練馬区 区民相談所)

〒176-8501
練馬区豊玉北6丁目12番1号(練馬区役所東庁舎5階 練馬区区民相談所)

・対象:練馬区内在住の方
・相談方法:対面相談(電話相談をご希望の方は予約時に区の担当者にお伝えください)
・相談時間:午前10時から午後4時※1人50分以内
・相談料:無料
・予約方法:事前予約性(電話番号:03-5984-4523)
・ホームページ:https://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/iken/kakushusodan/kuminsodan/kokoro.html

※相談日の1週間前の午前9時から予約受付を開始。
なお、相談日の1週間前の日が、祝休日および年末年始(12月29日から1月3日)にあたる場合は、直後の開庁日からの申し込みとなります。

その他の心理カウンセリング

その他の心理カウンセリングをご紹介します。予約や料金等、詳細については各心理カウンセリング施設へお問い合わせください。

平和台カウンセリングルーム

〒179-0083
東京都練馬区平和台1丁目27−14−204

・電話番号:03-3550-7453
・最寄駅:東武東上線 東武練馬駅


ごゆるりココロのカウンセリングルーム

〒178-0064
東京都練馬区南大泉5-31-15 2階

・電話番号:03-3921-0022
・最寄駅:西武池袋線 保谷駅
・ホームページ:https://goyururi.jp/


こころのカウンセリング・ルーム

〒176-0023
東京都練馬区中村北2丁目12−1−301

・電話番号:03-5241-3250
・最寄駅:西武池袋線 中村橋駅


愛と癒しと学びのマザーリングアース

〒176-0002
東京都練馬区桜台2−47−11

・電話番号:03-5912-3417
・最寄駅:西武池袋線 桜台駅


石神井公園カウンセリングセンター

〒177-0041
東京都練馬区石神井町3丁目19−16

・電話番号:03-5372-7587
・最寄駅:西武池袋線 石神井公園駅


聴話室Mio

〒179-0072
東京都練馬区光が丘1丁目3−922

・電話番号:03-6320-2757
・最寄駅:東京メトロ有楽町線・副都心線 地下鉄成増駅
・ホームページ:http://orange.zero.jp/miochao/

「すらら」と他社サービスとの3つの違い

出席扱い制度の条件を満たすオンライン教材は他にもあります。

ただ、ここでは「すらら」で出席扱い制度を利用するメリットを3つご紹介します。

①お子さまの理解度に合わせた学習が可能

すららが取り入れている「無学年式」は学年を超えて勉強が出来る学習方法です。

学習につまずきのあるお子さまや学習から遠ざかっていたお子さまにとって、最初から学校の進捗に合わせた学習に取り組むのはハードルが高い場合が多いです。理解が及ばないままどんどん苦手意識だけが募っていく原因にもなりかねません。

すららであれば学年に囚われずに勉強が出来るので、何学年分も前にさかのぼって学習することも可能となりお子さまの理解度に合わせた学習ができるようになります。

②人を介さないで講義が受けられる

お子さまの中には、人とのコミュニケーションを苦手とする方もいます。それが学習の場面においても影響が出てしまうこともあるかと思います。
その点、すららでは学習は全てアニメーションにより進んでいき、キャラクターが先生となり講義をしてくれるので、安心して取り組んでいただけます。

③つまずきを把握して、必要な学習をピンポイントで行える

すららの問題演習では、AIがつまずきを特定し、お子さまが学習すべき箇所をお知らせする機能も搭載しています。

そのため、自宅でひとりで学習を進めるときにも、家庭教師が側にいるような感覚で学習を進めることが出来、きちんとつまずきを解消していくことが出来るようになっています。

お子さまに合わせた学びなら、出席扱い制度が使える「すらら」がおすすめ

今回は、東京都練馬区での出席扱い制度認定事例をもとに、すららを使った出席扱い制度についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

出席扱い制度や、すららにご興味のある方は、下記よりまずは資料請求ください。

 

資料請求はこちらから

 

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化