• HOME
  • コラム
  • 【勉強ができないのは学習障がい(LD)かも?】特性や保護者の対応方法を解説

【勉強ができないのは学習障がい(LD)かも?】特性や保護者の対応方法を解説

「努力しているのに結果が伴わない」「勉強を進めるうえで苦手な作業がある」など、思うように勉強の成績が伸びずに悩みを抱えている方は少なくないでしょう。

勉強方法が間違っていたり、指導者のレベルが低かったりと勉強ができない理由は様々です。ですが、本人のやる気もあり、適切な指導と勉強方法で取り組んでいるのに勉強ができない場合、学習障がい(LD)である可能性も否定できません。

本記事では、学習障がい(LD)の特徴や保護者の適切な対応方法などについて詳しく解説していきます。勉強ができない理由を明確にし、前向きに学習を進めていくためにも、ぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

勉強ができないのは学習障がい(LD)かも?3つの特性を解説

勉強ができないのは、本人のやる気や勉強方法だけが原因ではありません。学習障がい(LD)であるがために、勉強が苦手な子どももたくさんいるのです。

書いたり、読んだり、計算したりといった、ある特定の作業を苦手とするのが学習障がいの特徴です。ですので、計算が苦手でも、記憶力や文章理解に長けているというケースも少なくありません。

学習障がい(LD)の主な分類は以下のとおりです。勉強の対策を取るためには、まず障がいの特徴を知るところから始めましょう。まだまだ世の中に認知されていない部分もあるので、具体的な症状を含めて正しく理解しておくのが大切です。

  • 読字障がい(ディスレクシア)
  • 書字障がい(ディスグラフィア)
  • 算数障がい(ディスカリキュリア)

読字障がい(ディスレクシア)

読字障がいはディスクレシアとも呼ばれ、文字を読み取るのを苦手とする特徴があります。具体的な特徴は以下のとおりです。

  • 文字に興味がなく、覚える意欲がない
  • 文字を読むのが遅い
  • 文末を自分で変えてしまう

読字障がいは、読むという作業が苦手であるために、意味を理解するステップまでたどり着いていない状態にあります。よって、決して文字が読めないわけではないという点は理解しておきましょう。

しかし、文字を読むのが苦痛になると、教科を問わず勉強するのが億劫になってしまいます。その結果、語彙力や教養知識が不足し、学業不振に陥るケースもあるので、読字障がいの有無については、できるだけ早期の発見が必要です。

書字障がい(ディスグラフィア)

書字障がいはディスグラフィアとも呼ばれ、文字を書く・写す行為を苦手とする特徴があります。具体的な特徴は以下のとおりです。

  • 文字が鏡文字になる
  • 文字が枠から大きくはみ出す
  • 句読点を書き忘れる

書字障がいは視覚情報処理の不全が原因の一つであると考えられています。つまり、見えているものの大きさを認識したり、パーツに分解して理解したりする能力が欠如している状況です。

また、読字障がいに関連して発症する事例があるのも覚えておきましょう。

算数障がい(ディスカリキュリア)

算数障がいはディスカリキュアとも呼ばれ、計算や答えを導き出すための推論を苦手とするのが特徴です。場合によっては、数字や記号を認識するのさえ苦手に感じるケースもあります。具体的な特徴は以下のとおりです。

  • 数字・記号を理解できない
  • 数字の大小が分からない
  • 文章問題が解けない

算数障がいは、小学生低学年レベルの内容であれば理解できることがあります。しかし、学年が上がるにつれて、学習内容が複雑になっていくと、授業についていけなくなるケースも少なくありません。

この場合、本人のやる気や努力が足りないのが原因と勘違いされがちですが、算数障がいが原因にある可能性もゼロではないことを覚えておきましょう。

学習障がいかどうかの3つの診断基準

学習障がいであるのに気づいてあげられないケースも少なくありません。自分自身の努力でどうにもできないことを理由に叱られたり、比較されたりすると心の成長に悪影響を及ぼす可能性もあります。学習障がいかどうかを判断する基準は以下の3つです。

  • 学習環境による影響を受けていない
  • 視覚や聴覚などの身体に影響がないかどうか
  • 専門機関による知能検査を行う

最終的な判断を一個人で行うのは難しいですが、学習障がいの可能性を示唆する重要なポイントです。学習障がいの有無は子どもの将来を左右する可能性もあるため、判断基準はぜひ覚えておきましょう。

学習環境による影響を受けていない

学習障がいにおいては、環境が直接の原因にはならないとされています。そもそもが学習環境が整っていないなかで、勉強ができないのは当然の因果関係です。

しかし、しっかりとした学習環境が与えられているにも関わらず、勉強が思うように進まない場合は、発達障がいの可能性があります。具体的には次のような事例があげられるでしょう。

  • 塾に通っても成績が伸びない
  • クラスの中で一人だけ極端に勉強が苦手な状況にある
  • 家庭で教えたことが実践できていない

親が必要以上に焦ってしまい、塾に通わせたり、家庭教師をつけたりすると、子どもに大きなプレッシャーを与えかねません。勉強ができない理由は学習環境ではなく、学習障がいにあるという可能性も認識しておきましょう。

視覚や聴覚などの身体に影響がないかどうか

学習障がいは、中枢神経系の機能に異常があることで生じるものです。身体的な影響によるものが学習障がいにつながるとは考えられません。よって、まずは、視覚や聴覚の異常が学習の妨げになっていないかどうかを確認しましょう。

視力が悪いため文字や数字を正確に読み取れない、耳が聞こえにくいため授業の内容が理解できないなどが挙げられます。本人にとっては視力や聴力が弱い状況を普通のこととして捉えている場合もあるので、保護者の目線で判断してあげるのも大切です。

子どもが学習障がいである可能性はゼロではありません。客観的に子どもの言動を分析したうえで、身体的な影響がないかどうか見極める過程も必要です。

専門機関による知能検査を行う

最終的に発達障がいの診断を行えるのは専門機関の医師のみです。しかし、いきなり病院へ飛び込むのにはためらいを感じる方もいるでしょう。ですので、子どもの障がいが少しでも気になるようであれば、地域の専門機関で相談するのがおすすめです。

発達の検査を行ったり、必要な支援を教えてくれたり、適切な病院を紹介してくれるケースもあります。

  • 市町村保健センター
  • 児童相談所
  • 子育て支援センター
  • 発達障がい者支援センター

学習障がいの有無は一時的な情報だけでは判断が難しく、長期的視点に立った判断を要します。家庭だけで抱え込むと過度なストレスになりかねないので、気軽に利用しましょう。

勉強できなくても諦めない!子どもが学習障がいの場合の保護者ができる対処法

勉強の出来具合が子どもの将来に少なからず影響を与えるのは間違いありません。ですので、子どもが学習障がいである事実が判明したとき、親としては、勉強に対する強い不安感を抱いてしまうのが当然でしょう。

しかし、学習障がいによって勉強が思うようにできなくても決して諦める必要はありません。適切な学習方法と支援者がいれば、勉強の成績を向上させられる可能性は十分あります。子どもが学習障がいである場合に保護者ができる対処法は以下の3つです。

  • その子に合った方法を見つける
  • 精神衛生のケアを怠らない
  • 信頼できる相談相手になる

学習障がいを乗り越えて勉強ができるようになると、子どもの成長にもいい影響を与えるでしょう。勉強をきっかけに子どもが自信を無くしてしまわないように、適切な対処方法をしっかりと理解しておくのが大切です。

その子に合った方法を見つける

学習障がいの子どもは、決して学習能力に乏しいわけではありません。国語も社会も英語もできるけど数学が苦手といったように、ある特定の分野を処理する能力が相対的に低いというだけです。

よって、それぞれの特性に合わせた学習方法を身につければ、勉強の成績は十分望めます。具体的には以下のような学習方法が考えられるでしょう。

  • 文章を読むのが苦手:色や大きさで強弱をつけた文章を使用する
  • 文字を書くのが苦手:タッチで文字が入力できるタブレットを使用する
  • 計算が苦手:ストーリー性のある問題を使用する

学習障がいにはそれぞれの苦手分野が存在します。子どもにあらゆる選択肢を提示してあげられるように、保護者の立場でもさまざまな学習方法に触れてみるようにしましょう。

精神衛生のケアを怠らない

勉強方法を工夫するのも大切ですが、精神衛生のケアも怠ってはいけません。子どもは学習障がいである事実を知ると、自己嫌悪に陥ったり、周囲からの目線が気になり始めたり、後ろ向きな感情になってしまう場合があります。

他人と比較するような言動をすると、劣等感を助長し、勉強に対するモチベーションを著しく低下させる可能性も少なくありません。得意な分野や進歩した部分を褒めて、自己肯定感を高めてあげるのが大切です。

また、必要以上に勉強を強要するのも控えましょう。周囲からは怠けているように見えても、本人は一生懸命努力している場合もあります。本人が気持ちよく勉強できるタイミングになるまで、見守ってあげるのが親の役目です。

信頼できる相談相手になる

最後に、親がとるべき対処法として、最も大切なのは信頼できる相談相手になることです。学習障がいの子どもは友達とは違う自分に孤独感を感じてしまう可能性があります。

勉強したいのに理解できない苦しさや将来への不安など、さまざまなストレスを抱えています。子どもが1人で受け止めるにはあまりに大きな負担になるでしょう。

子どもは親にしか言えない悩みや思いを秘めています。子どもにとって最も身近な存在である親が相談相手になれるように、普段から積極的にコミュニケーションを図り、頼りにしてもらえる強固な信頼関係を築き上げておきましょう。

まとめ:学習障がいは能力が低い訳ではなく勉強の方法が違うだけ

本記事では、学習障がいの特性や保護者の対応方法について、詳しく解説してきました。さまざまな特性がある学習障がいですが、学習障がいである事実を悲観する必要はありません。

学習障がいの子どもは全ての勉強に関する能力が低いわけではないのです。誰でも苦手な教科があるのと同じで、やり方次第で克服できるため、諦めるのではなく、前向きに取り組んでいきましょう。

まずは、子どもが持つ学習障がいの特性をしっかりと理解するのが大切です。勉強方法を工夫するとできるようになる可能性はあるため、親子二人三脚で前向きに向き合いましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化