• HOME
  • コラム
  • 【不登校の子どもが勉強をするなら塾がおすすめ?】塾に通うメリットや最適な選び方を紹介!

【不登校の子どもが勉強をするなら塾がおすすめ?】塾に通うメリットや最適な選び方を紹介!

「不登校の子どもの勉強はどうしたらいいの?」「不登校の子どもが勉強するのにおすすめの塾ってどんなところ?」このようにお悩みではありませんか?

そこで今回は、不登校の子どもに保護者ができることや塾に通うメリット、最適な選び方について解説します。この記事を読めば、お子さまにぴったりの塾を見つけられるでしょう。



この記事を読む方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

子どもが不登校になったら親はどうすればいい?

子どもが不登校になったら親はどうすればいい?

お子さまが不登校になってしまったら、保護者としては心配になることが多いでしょう。子どもの学力や人との関わり・将来への影響など、悩みは尽きません。同じように、お子さま自身も悩みを抱えています。

関わり方を誤ってしまうと状況が悪化するケースもあると聞くため、何をすれば良いか分からないという人もいるかもしれません。

まずは、お子さまの不登校に対して保護者としてできることを確認していきましょう。主に以下の3つが挙げられます。

子どもの不登校に対して親ができること

  • 子どもに「休んでもいいよ」と伝える
  • 担任などに学校での様子を確認する
  • 塾など勉強ができる場を提供する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①子どもに「休んでもいいよ」と伝える

まずはお子さまの現状を受け入れ「これまで頑張って通っていたこと」を認め、「学校を休んでもいいこと」を伝えてください。

不登校になったお子さまは「学校に行くのが辛い」と感じながらも「学校を休むのは良くないことだ」と葛藤しています。

悩みを1人で抱えて苦しんでいることも少なくないでしょう。不登校になる原因は様々で、中には自分でわからないこともあります。

学校に行きたくないことを打ち明けたお子さまは「休んでもいい」と保護者に受け入れてもらえたことで気持ちが軽くなるはずです。自分の味方だと感じることで、安心して今後も悩みを相談しやすくなるでしょう。

②担任などに学校での様子を確認する

お子さまが不登校になったら、担任や関わりのある先生・スクールカウンセラーに学校での様子を確認しましょう。家庭では気づかなかったお子さまの変化や悩み、不登校になった原因がわかる可能性があります。

不登校の期間がどれくらいになるかはわかりません。家庭でやるべきこと、やっておくと良いことを共有してもらい実践しましょう。お子さまが不登校になったことを保護者だけで抱え込まず、先生や専門家を頼って支援を仰ぐことが大切です。

一度だけでなく定期的に連絡を取り合い、一緒にお子さまのサポートをしてもらいましょう。

③塾など勉強ができる場を提供する

不登校の期間が長くなると、お子さまの精神面に加えて学習面に遅れが出ないか心配になる親も多いでしょう。学校以外でも勉強ができるように、塾やオンライン教材などを利用するのもおすすめです。

通う以外にも、オンライン学習塾のように家にいながら勉強する方法もあります。外出や他人と対面でのコミュニケーションが可能かなど、お子さまの様子を確認しながら適切な環境を用意しましょう。

学校以外で勉強できる環境を整えることで、保護者もお子さま自身も学習面での心配を軽減できます。

不登校の子どもが勉強を塾でするメリット3つ

不登校の子どもが勉強を塾でするメリット3つ

学校に通わずに、塾だけで勉強することに不安を抱く保護者も多いでしょう。学校では勉強以外にも人との関わりを学ぶので、塾でそれができるのか不安に思うかもしれません。

不登校のお子さまにとっては、塾に通うことで家庭以外にも居場所ができます。さらにお子さまだけでなく、保護者にも良い影響を得ることになるでしょう。不登校のお子さまが塾で勉強をするメリットには、以下の3つが挙げられます

不登校の子どもが塾に通うメリット

  • 学力に合わせて指導してもらえる
  • 家族以外の人と触れ合う機会になる
  • 保護者がひとりになる時間を持てる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①学力に合わせて指導してもらえる

学校ではクラスの生徒全員に一斉指導をするため、授業は一定のスピードで進んでいきます。理解しきれないところがあっても、クラスメイトの前では質問できないこともあるでしょう。

それに対して塾では、学力に合わせた指導をしてもらえます。分からないところは個別に確認できるので、1人だけ置いていかれることがありません。

過去に理解できなかったポイントも学び直せるため、将来の進学を視野に入れて学習を進められます。

②家族以外の人と触れ合う機会になる

不登校のお子さまにとって、塾は家族以外の人とコミュニケーションが取れる貴重な場所です。塾の先生やスタッフ・同世代の子どもたちと触れ合えます。

不登校の原因となった心の傷を癒すためにも、家族以外の人との触れ合いがプラスに働く可能性もあるでしょう。学習面だけではなく、精神面でもお子さまに良い影響をもたらすかもしれません。

家族以外の人に認められることによって、心の回復に向けて価値のある時間になることもメリットの1つです。

③保護者がひとりになる時間を持てる

保護者にとってのメリットとして、ひとりの時間を持てるようになることが挙げられます。お子さまが不登校になって「子育てが間違っていたのではないか」「人に相談できない」と悩みを抱える保護者も多いでしょう。

お子さまのことばかりを考えていては「自分の時間」を作ることができません。加えて、お子さまが不登校になるということは、学校がある日中に家にお子さまがいることになります。

保護者が専業主婦(主夫)や在宅ワークの場合は、四六時中お子さまと過ごすことになるでしょう。

精神的にも物理的にもひとりの時間を持つことができない保護者にとって、お子さまが塾に通うことで「自分の時間」が持てるようになります。

不登校の子どもが勉強するのに最適な塾の選び方

不登校の子どもが勉強するのに最適な塾の選び方

不登校のお子さまが塾に通うメリットについてわかったところで、実際に塾を選ぶ方法についてご紹介します。通わせてから状況が悪化したり後悔したりしないように、お子さまに合った塾を選ぶことが最も重要です

不登校のお子さまに合う、最適な塾の選び方を以下の5つのポイントにまとめました。 

不登校の子どもに合う塾の選び方

  • 一般の学習塾か学習支援塾かを決める
  • 個別指導か集団指導かを決める
  • 対面形式かオンライン形式かを決める
  • まずは保護者のみで話を聞く
  • 最終的には子どもの希望で決める

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①一般の学習塾か学習支援塾かを決める

まず、一般の学習塾か学習支援塾のどちらに通うかを決めましょう。学習支援塾が一般の学習塾と違う点は主に以下の2つです。

  • 講師以外にサポートスタッフがいる
  • 出席扱い/成績認定システムがある可能性がある

学習支援塾には勉強を教える講師以外にも、カウンセラーやお子さまの相談に乗ってくれるサポートスタッフが常駐しています。生徒だけではなく家庭の支援をしてくれる場合もあるので、心強い味方になるでしょう。

学校にもよりますが、要件を満たせば塾での学習を資料として出席扱い・成績認定ができることがあります。(参照:文部科学省『「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」令和元年10月25日』

不登校でも出席日数が確保できるので、将来を見据えて学校と連携ができる学習支援塾を選ぶのもおすすめです。

②個別指導か集団指導かを決める

お子さまの様子を見ながら、個別指導か集団指導のどちらが良いか決めましょう。どちらの指導にも良い点がありますが、お子さまの特性によっては合わないこともあります。

集団が苦手な場合や学習に遅れが出ている場合、個別指導がおすすめです。個別指導であればお子さまのペースに合わせて学習が進むので、取り残される心配がありません。

特に集団に苦手意識がなく、同年代の子どもとコミュニケーションをとりたいようなら集団指導がおすすめです。学校で体験できない集団行動を学ぶきっかけにもなります。

両方の指導から選べる塾もあるので、個別で始めて慣れてきたら集団に切り替えることも可能です。

③対面形式かオンライン形式かを決める

対面授業とオンライン授業のどちらが良いのかも、お子さまの様子によって決めてください。「まだ外出するのが難しい」「他人と触れ合うことに抵抗がある」という場合はオンライン形式の塾がおすすめです。

家に居ながら学習を進められるので、環境の変化が苦手なお子さまでも問題ありません。「人と接するのが苦手ではない」「画面上では講師に質問がしづらい」という場合は対面形式が向いているでしょう。

家とは違った環境に身を置くことで、良い刺激になる可能性もあります。どちらかの形式の方が優れているということはありません。お子さまの特性や状況によって、それぞれに合った形式を選んでください。

④まずは保護者のみで話を聞く

ある程度まで候補を絞ったら、まずは保護者だけで塾の方針や説明を聞いてみましょう。その際にお子さまが不登校であることや原因と経緯・家庭での状況を伝えてください。

不登校のお子さまを受け入れてくれるかどうか、どのような支援が可能かを確認することも忘れないようにしましょう。本人の前で不登校であることを伝えるのは避けるのが無難です。

情報を適切に伝えるためにも、初回はお子さまを同席させないのが良いでしょう。話を聞いた上で選択肢に残るようであればお子さまに塾のことを伝え、面談や体験をさせてあげる手順を踏んでください。

⑤最終的には子どもの希望で決める

保護者から塾の情報をお子さまに伝えて面談や体験をしたら、最終的には本人の意志で塾に通うか、通うならどこにするかを決めましょう。学習面が心配だからと言って、無理に通わせようとするのは逆効果になる可能性が。

お子さま自身が「通いたい」と希望することが重要なので、無理強いしないようにしましょう。実際にお子さま自身が塾に足を運んだり、講師やスタッフと面談をすることで、意思決定がしやすくなります。

自分の意思で通うことを決めれば、途中で投げ出す可能性も低くなるでしょう。さらに、お子さまの意見を尊重することで「認められている」と感じ、心の回復にも繋がる可能性があります。

通い続けることで、学習面と精神面の安定も期待できるかもしれません。

まとめ:不登校の子どもが勉強をするなら塾がおすすめ

まとめ:不登校の子どもが勉強をするなら塾がおすすめ

以上、不登校のお子さまに保護者ができることや塾に通うメリット・最適な選び方についてご紹介しました。お子さまが不登校になると、精神面だけでなく学習面での心配が尽きません。

「進学できるだろうか」「将来はどうなるだろうか」と本人も保護者も悩んでしまうでしょう。塾に通うことで、学校に通えなくても勉強ができたり人とコミュニケーションをとったりする環境が得られます。

不登校でも学習を継続し、出席数を確保する方法はたくさんあります。お子さまの不登校で悩むあなたはこの記事を参考にして塾を探してみてください。



この記事を読んだ方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

 

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化