• HOME
  • コラム
  • 【ADHDなら勉強嫌いになるのは誤解?】勉強しない理由や勉強嫌いにならないためのポイントを紹介!

【ADHDなら勉強嫌いになるのは誤解?】勉強しない理由や勉強嫌いにならないためのポイントを紹介!

「全然勉強できない」「集中力がなさすぎる」「もしかして自分の子どもはADHDなのかも?」と不安に思っていませんか?

ADHD(注意欠如・多動症)は子どもの教育問題としても話題になっています。自分の得意分野を活かすことも大切ですが、勉強にも集中して取り組んでほしいと思うのも保護者の本音でしょう。

ADHDの子どもには、生活環境や学習環境を親が整えてあげることが必要です。本記事では、「ADHDの子は勉強嫌いなのか?」について解説します。

あわせてADHDの子どもが勉強を嫌いにならないポイントも紹介しますのでぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

ADHD(注意欠如・多動症)とは

ADHD(注意欠如・多動症)とは

そもそも、ADHD(注意欠如・多動症)とは何なのでしょうか。厚生労働省ではADHDについて以下のように定義しています。

ADHD(注意欠如・多動症)は、「不注意」と「多動・衝動性」を主な特徴とする発達障がいの概念のひとつです。ADHDの有病率は報告によって差がありますが、学齢期の小児の3~7%程度と考えられています。

引用:厚生労働省『e-ヘルスネット「ADHD(注意欠如・多動症)の診断と治療」』

ADHDは発達障がいの1つです。ADHDの子どもは不注意や多動・衝動性の特徴を示し、どちらがどの程度現れるかは個人差があります。そして、症状にも個人差がありますが、日常生活や学校生活などでいろいろな困難に直面しがちです。そのため、保護者の積極的なサポートが求められます。親子で一緒にADHDと向き合い、1つひとつ問題を解決することが大切です

ADHD(注意欠如・多動症)にはどんな特徴があるの?

ADHD(注意欠如・多動症)の特徴は子どもによって個人差があり、一概にこれと断定できるものはありません。 しかし、ADHD(注意欠如・多動症)の子どもの行動特性が厚生労働省によって明らかにされています。 

大きく3つの特性があります

  • 忘れっぽく集中できない(不注意)
  • 注意の持続ができない
  • うわの空でぼんやりしてしまう
  • 一つずつのプログラムがきちんと終わらない
  • 忘れ物、なくし物が多い – じっとしていられない(多動性)
  • 授業中でも立ち歩く
  • 手足をそわそわ動かす
  • しゃべり続けてしまう – 考える前に行動してしまう(衝動性)
  • 相手の応答を待たずにしゃべる
  • 順番を待つ、我慢することが苦手
  • 思ったらすぐ行動に移してしまう

引用:厚生労働省「発達障がいの理解 ~ メンタルヘルスに配慮すべき人への支援 ~」

上記の内容にいくつか当てはまる子どもはADHDの可能性があるため、医師に診てもらいましょう。ただし、ADHDは行動特性によって判断されるものです。医学的検査に基づくものではないことを理解しておきましょう。

ADHD(注意欠如・多動症)だとどんな配慮をするべき?

ADHDの子どもにはさまざまな場面で配慮することが必要です。厚生労働省はADHDの子どもに対する指導で配慮すべき点を以下のように示しています。

ADHDの指導

  • (a)叱責よりは、できたことを褒める対応をする。
  • (b)問題行動への対応では、行動観察から出現の傾向・共通性・メッセージを読み取る。
  • (c)不適応をおこしている行動については、その児童生徒と一緒に解決の約束を決め、自力ですることと支援が必要な部分を明確にしておく。
  • (d)グループ活動でのメンバー構成に配慮する。
  • (e)刺激の少ない学習環境(机の位置)を設定する。

引用:文部科学省「参考3 定義と判断基準(試案)等」

厚生労働省が示しているのは教師などの教育者がADHDの子どもと接する上で配慮すべき点です。ご家庭での対応とは異なりますが、参考になる点もあるためチェックしておきましょう。

また、子どもが学校生活で戸惑っていることがあれば、参考にして担任の先生に相談してみるのもおすすめです。子どもによって特性もそれぞれ異なります。その子に寄り添った接し方を心がけることが大切です。

ADHDの子どもは全員勉強嫌い・苦手なの?

ADHDの子どもは全員勉強嫌い・苦手なの?

ADHDの子どもは落ち着きがなく注意力が散漫な傾向があるため、勉強ができないと思われてしまいます。また、ADHDのお子さまは勉強嫌いになりやすい傾向があるのも事実です

ここでは、ADHDの子どもと勉強の関係性について紐解いていきます。ADHDの子どもと勉強に関して理解を深め、子どもに合った対策を立てていきましょう。

ADHDの子どもが必ず勉強嫌い・苦手なわけではない

ADHDの子どもは勉強が嫌いとか苦手と思われがちですが、必ずしもそうだとは限りません。ADHDの子どもは集中力が続かない特徴があるため、勉強を嫌いと思ってしまうとやる気がなくなります。

しかし、自分が好きな勉強であれば、集中して取り組むことも可能です。誰しも好きなことには集中でき嫌いなことには集中しにくいですが、ADHDの子どもはより顕著に現れます。

そのため、ADHDの子どもが勉強を好きになれるよう工夫することが重要です。 

ADHDの子どもが勉強嫌いになりやすい理由

ADHDの子どもが勉強嫌いになりやすい理由は大きく分けて3つあります。

  • 集中力が途切れやすい
  • 先生の話を集中して聞けない
  • 長時間落ち着いていられない

先生の話を聞けないことや集中力が続かないことが原因で、勉強ができなくなってしまうケースが多く見受けられます。このような悪循環が、勉強嫌いになってしまう原因の1つです。

しかし、ADHDの子どもであっても、好きな科目に対しては先生の話も聞けるし、集中力も持続します。そのため、それぞれの子どもに合う勉強法を見つけることが大切です。 

ADHDの子どもが勉強嫌いにならないためのポイント

ADHDの子どもが勉強嫌いにならないためのポイント

先ほどもお伝えしましたが、ADHDだからといって子どもが勉強嫌いになってしまうわけではありません。ADHDの子どもが少しでも勉強嫌いにならないように導くことは可能です。

「どう教えたら勉強嫌いにならないかな?」と悩んでいるあなたは以下7つのポイントを参考にしてください。

ADHDの子どもが勉強嫌いにならないためのポイント

  • できたことを褒めて自信を持たせてあげること
  • 絵や映像などをうまく使うこと
  • 細かい学習計画を立てること
  • 視覚・聴覚に刺激の少ない環境を作ること
  • 短い文章で具体的な指示・説明をすること
  • 子どもの疲れ具合に配慮すること
  • ADHDの指導に対応したサービスを利用すること

それぞれの子どもによって特徴が違うのは当然のことですが、勉強に対して前向きな姿勢にしてあげることが重要です

自分でもできると分かれば、満足感が得られて勉強も楽しくなります。それは、ADHDの子どもであろうがなかろうが関係ありません。

①できたことを褒めて自信を持たせてあげること

まずは子どもができたことを素直に褒めてあげてください。褒めてあげることは自分の自信につながり、「次も頑張ろう」と前向きな姿勢になれます。

よく叱って伸びるタイプと褒めて伸びるタイプに分類されますが、ADHDの子どもは褒めて伸ばすようにしましょう。

しかし「できないことに対してはどうすればいいの?」と思う方もいるはずです。できないことに対しては叱るのではなく、一緒に考えて答えを導いてあげてください。

子どもはできるという成功体験を積み重ねることで、勉強に対して意欲が湧きます。積極的に褒めて自信を持たせましょう。

②絵や映像などをうまく使うこと

ADHDの子どもは集中力が途切れやすいという特徴があるため、絵や映像を上手く利用しましょう。先生から一方的に話を聞く勉強より、絵や映像などを見ながら勉強するほうが集中力も理解力も上がります。

例えば、英単語を覚えるときは文字だけで伝えるのではなく、絵と一緒に伝えることが有効です。絵を用いて伝えることで単語の意味を頭で容易に理解できます。

特にADHDの子どもは落ち着いていられない傾向があるので、絵や映像などを上手く活用して飽きさせない工夫をすることが大切です。

③細かい学習計画を立てること

勉強するときに大切なことは、細かい学習計画を立てることです。ADHDの子どもは多くの問題に取り組もうとすると、集中力が続かず別のことを気にしてしまいます。

「90分集中して勉強する」ではなく「問題を5つ解く」という短期的な目標を設定しましょう。ADHDの子どもは、短時間の集中を繰り返すことや短期の目標達成を積み重ねることが大切です。

「短」というワードを意識しながら細かい学習計画を立てることで、子どもが積極的に勉強することが期待できます。

④視覚・聴覚に刺激の少ない環境を作ること

視覚・聴覚に刺激の少ない環境を作ることで集中力を高める効果があります。 ADHDの子どもは一般的な子どもよりも視覚情報や聴覚情報が優れているため、別のことに気を取られがちです。

そのため、部屋に必要のない物を置かないことや生活音を減らす工夫が必要です。例えば以下のような方法は効果があります。

  • 机を仕切板で囲い不要なものが視界に入らないようにする
  • 耳栓を付け外部の生活音を遮断する

勉強に対する意欲を上げるため、まず集中できる環境を整えることが大切です。 

⑤短い文章で具体的な指示・説明をすること

ADHDの子どもには具体的で分かりやすい指示、説明を心がけましょう。例えば、30分勉強して欲しいときは以下のような感じで伝えるといいです。

「今から17時までの30分間で漢字ドリルの◯ページから△ページまでやりましょう」このように時間と勉強範囲を具体的に指示することで、子どもは理解しやすくなります。

保護者は子どもよりも知識や経験が豊富なため曖昧な表現をしてしまうことが多くあります。子どもに伝えるときは、分かりやすく短い言葉を意識しましょう。

⑥子どもの疲れ具合に配慮すること

子どもが疲れているときは休ませてください。疲れが溜まっているときに勉強をしたところで集中力は続きません。疲れる原因は子どもによって違うため、何が疲れにつながりやすいのかを保護者が把握しておくことは重要です。

自分では分からないのであれば、医師などの専門家に相談する方法もあります。ADHDの子どもに限ったことではありませんが、疲れ具合に配慮してあげましょう。

⑦ADHDの指導に対応したサービスを利用すること

ADHDの子どものための学習支援サービスを利用してみるのもいいでしょう。サービスを利用するメリットは勉強を教えてくれるのに加えて、子どもたちのやる気を上げるノウハウが豊富な点です。

日常生活は保護者が指導、勉強は専門家が指導とメリハリをつけてみるのもおすすめです。保護者が子どものことをすべて抱え込む必要はありません。協力できる人や機関を上手に活用してお子さまに向き合っていくことが大切です。

ADHDの子どもの勉強指導をしてもらいたい方は、ADHDの指導に対応したサービスを利用してみましょう。

まとめ:ADHDの子どもが勉強嫌いにならないよう工夫しよう

まとめ:ADHDの子どもが勉強嫌いにならないよう工夫しよう

ADHDの子どもは勉強が苦手になりがちな特性をもっています。ただし、それが必ずしも勉強嫌いに繋がるわけではありません。「集中力が続かない」「周りのことが気になってしまう」「じっとしていられない」のであれば、集中できる工夫をしましょう。

有効な方法をまとめると以下のとおりです。

  • 親が子どもに分かりやすい言葉で伝える
  • 専門家や公共機関に相談する
  • ADHD指導専門のサービスを活用する

「ADHDだから勉強が嫌い・勉強できない」ということは決してありません。勉強嫌いにならないためには、勉強方法や学習環境を整えることが保護者の重要な役割です。子どもの特性を理解した上で、勉強が楽しいと思える工夫を考えていきましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化