• HOME
  • コラム
  • 【自閉症の中学生】子どもが勉強できない理由と親ができる5つの対策

【自閉症の中学生】子どもが勉強できない理由と親ができる5つの対策

自閉症の中学生を持つ保護者は、子どもの勉強の悩みが絶えません。「自閉症で学校の勉強が進まない」「勉強に集中できずに成績が下がっている」このような悩みを抱えているのではないでしょうか。

自閉症の子どもは、得意な行動と苦手な行動がはっきり分かれています。特性を理解して勉強に取り組まなければ、勉強に集中できないままです。この記事では自閉症の中学生が勉強できない理由と親ができる対策を解説します。ぜひ参考にしてみてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

自閉症(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群)とは

自閉症(自閉スペクトラム症)とは、先天的な発達障がいの一種です。アスペルガー症候群も、広い意味での自閉症に該当します。

自閉症の特徴は以下の通りです。

【自閉症の特徴】

  • 言葉や発達の遅れ
  • コミュニケーションが苦手
  • 興味関心の偏り

1歳~3歳頃までにいずれかの症状が現れます。また、女の子より男の子に多くみられる発達障がいです。

自閉症は生まれつきの脳機能障がいであると考えられており、保護者のしつけや指導不足で発症するものではありません。

特に子どもは学校での集団生活を送っているため、周りとのコミュニケーションが上手くいかないことがあります。勉強にも支障が生じ、引きこもりやうつ病、パニック障がいなど、二次的な病気に発展することも珍しくありません。

自閉症の中学生が勉強できない理由

自閉症の中学生は勉強ができず、困ってしまうことがあります。

なぜ勉強ができないのか。考えられる理由は以下の通りです。

【自閉症の中学生が勉強できない理由】

  • ①こだわりが強すぎて勉強に遅れがち
  • ②友達や教師とコミュニケーションが取れない
  • ③予期せぬ出来事にパニックになる
  • ④空気が読めず授業を乱してしまう

それぞれ解説していきます。

①こだわりが強すぎて勉強に遅れがち

自閉症の子どもは、こだわりが強すぎるあまり、勉強に遅れをとりがちです。同じやり方や状態にこだわるため、授業中も勉強に集中できません。

例えば、

  • ノートを書いてからでないと黒板を見ない
  • 納得のいくまで同じ科目をし続ける
  • 些細なことが気になって集中できない

などの行動がみられます。

勉強が苦手なのではなく、特定の方法に固執しすぎるのが原因です。その結果、学校の勉強が遅れがちになり、不安を抱えてしまいます。

②友達や教師とコミュニケーションが取れない

自閉症の子どもは、相手の表情や言葉のニュアンスを察するのが苦手です。友達や教師に対して失礼な発言をしたり、指示を聞かなかったりする場合があります。例えば、教師が「数学の勉強はもう少し頑張った方が良い」と伝えても「もう少し」がどのくらいなのか判断ができません。

また冗談が通じにくいため、少しからかったつもりでも、喧嘩に発展することも。コミュニケーションが取れないと、自分に自信を無くし勉強が上手く進みません。特に健常者の学校へ通っている場合、教師からの理解も必要となります。

③予期せぬ出来事にパニックになる

自閉症の子どもは、予期せぬ出来事が苦手です。自分の想定していない状況になるとパニックを起こしてしまいます。

例えば、

  • 午後からの授業が変更になった
  • 先生に突然質問された
  • いつもと違うルートで教室に案内された

など、ちょっとした環境の変化にも不安を感じやすいのです。

パニックになると周りが見えなくなり、勉強どころではありません。授業にも集中できず、勉強に遅れをとってしまいます。

④空気が読めず授業を乱してしまう

自閉症の子どもは、空気を読むことが苦手です。頭の中で考える能力が乏しいため、状況を理解できません。

例えば、

  • 教師に質問を続けて授業を中断する
  • 先生が話しているのに終わりのチャイムが鳴ると片付け始める
  • 友だちの話を遮って話し始める

など空気を乱してしまうことがあります。

空気が読めないと、授業の雰囲気が悪くなり、教師や友達からの信頼を失うかもしれません。その結果、うつ病やパニック障がいなどに発展してしまう可能性もあります。

自閉症の中学生に親がしてあげられる5つの対策

自閉症の子どもは、学校の勉強に対して多くの悩みを持っています。だからこそ、親のあなたが子どものサポートをしなければなりません。

そこで保護者ができる対策を5つご紹介します。

【保護者ができる5つの対策】

  • ①宿題や課題の指示を細かく出す
  • ②予習の時間を多く取ってもらう
  • ③視覚情報に長けている教材を使う
  • ④こだわりを否定しない
  • ⑤静かな環境を作ってあげる

それぞれ解説していきます。

①宿題や課題の指示を細かく出す

自宅学習では、宿題や課題の指示を細かく出してください。なぜなら、自閉症の子どもは細かいニュアンスを汲み取れないからです。

「ちゃんと宿題してね」「数学の予習も多めにしてね」など曖昧な表現を使うと、どこまで勉強すればいいのか混乱してしまいます。よって保護者のあなたは、できるだけ数字を使って指示を出すことが大切です。

「10日が期限の数学の宿題は21時までに終わらせよう」

「国語の予習は15ページから20ページまでしておこう」

このように具体的に伝えると、自閉症の子どもでも理解しやすくなります。

②予習の時間を多く取ってもらう

自閉症の子どもは、こだわりが強く、新しい勉強を始めるのが苦手です。新学期になり、新しい学習が始まると、混乱してしまう可能性があります。特に中学生は、次々と新しい学習が追加されるため、ストレスを抱えがちです。

だからこそ、予習の時間を多く取ることが大切です。予習をしておけば、新しい授業も落ち着いて受けられます。

また先生にあらかじめ範囲を聞いて、スケジュール表を渡しておくのも手です。事前に何を学習するのか分かれば、子どもも安心して授業に取り組めるでしょう。

③視覚情報に長けている教材を使う

自閉症の子どもは、視覚情報が優れています。言葉で理解するのが苦手な代わりに、見せられたものは的確に理解できるのが特徴です。

そのため、視覚情報に長けている教材を使うと理解も早まります。例えば、図やイラストの多い教材を使えば、学習の助けになるでしょう。

また文字で具体的に説明してある教材もおすすめです。耳で聞くより、自分の目で見て理解する能力に長けているのが自閉症の強みです。ぜひ子どもの得意を伸ばしてあげてみてください。

④こだわりを否定しない

自閉症の子どもは、勉強方法にこだわりを持っています。自己流の手順通りに進めないと、その先が想像できずパニックに陥ってしまうからです。たとえ細かい指示を出したとしても、いつもと違う手順や行動だと、言うことを聞いてくれません。

よって、保護者のあなたは子どものこだわりを否定しないことが大切です。子どものこだわりの範囲で、細かい指示出しをしてみてください。

また同じ行動をしている時に、興味の幅が広がるような工夫もおすすめです。例えば、数学が好きな子どもであれば、社会科に出てくる計算問題を解かせてみて、他の教科への興味を広げていくのもいいでしょう。子どもに無理のない範囲で、細かく指示を出してみてください。

⑤静かな環境を作ってあげる

自閉症の子どもは、聴覚過敏の割合が多いです。大きな音にびっくりしたり、特定の音に過剰反応したりと、音に対してストレスを感じやすい傾向にあります。

特に学校生活では、音に触れる機会が多く、イライラすることが増えます。例えば、友達の私語が気になったり、チャイムの音にストレスを感じたりなど、音に反応する場面も多いです。

だからこそ、静かな環境を作ってあげることが大切です。学校は難しくても、自宅でできる対策はあります。

  • テレビはイヤホンで聞く
  • 大きな声で会話しない
  • 耳栓やノイズキャンセリングイヤホンを活用する

このように音を出さない工夫をしましょう。

また学校の先生に、「耳栓などを持参させてもいいか」相談してみるのもひとつの手です。音に敏感な子どもが、ストレスを抱えない環境を作るのも保護者の仕事といえます。

自閉症の中学生には「すらら」がおすすめ

自閉症の子どもには、自宅で学べる「すらら」がおすすめです。

すららとは、小学から中学範囲の「国語・数学・英語・理科・社会」に対応したオンライン教材です。講義、ドリルが終わったら1単元クリアとなる「構造化された学び」はルーティンを好む自閉症の子どもと相性がよい教材です。またマイペースに進めても、デジタルの先生は怒ることなくずっと待ってくれますので、ストレスなく勉強することができます。

個人に合わせてオーダーメイドの学習設計も作ってくれるため、勉強が苦手な子どもでも安心です。

すららは自閉症の子どもを理解し最適な環境設定と学習に取り組める仕組みを提供しています。発達障がい児童の保護者からも支持されており、多くの口コミをいただいています。

興味のある方は、LINE相談や資料請求も受け付けておりますので、ぜひチェックしてみてください。

自閉症の特性を理解すれば勉強はできる

本記事では、自閉症の中学生が勉強できない理由や解決方法について解説してきました。

自閉症の子どもは元から勉強が苦手な訳ではありません。独自のこだわりやコミュニケーション不足によって、勉強に支障が出てしまうのが原因です。

保護者のあなたが、子どもにとって勉強しやすい環境を作ってあげましょう。ぜひ自閉症の子どもに合った学習環境を模索してみてください。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化