• HOME
  • コラム
  • 【発達障がいの中学生が勉強しない】子どものやる気を引き出す4つの方法

【発達障がいの中学生が勉強しない】子どものやる気を引き出す4つの方法

「発達障がいの子どもが勉強をしない」「やる気を出させる方法が知りたい」発達障がいの子どもの親として、日常生活だけでなく、勉強に関する悩みを持たれている方も多いでしょう。

特に、中学生の年代になると自分の意思や思考が表面化し始めるため、親としては子の扱いに苦労するケースも出てきます。また、発達障がいの場合は考え方や性格に強い特性を持つ傾向があるため、配慮すべき点が相対的に多くなるといえるでしょう。

今回は、発達障がいの子どもが勉強しない理由を明らかにしながら、やる気を引き出す4つの方法を徹底的に解説していきます。勉強に対して前向きに取り組んでいけるように、ぜひ本記事を参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

タイプ別!発達障がいの中学生が勉強しない理由を3つの特性から解説

発達障がいの子どもが勉強と向き合うためには、それぞれの特性に合わせた勉強方法と周囲の環境が必要です。ですので、まずは、客観的に子どもの言動を分析し、発達障がいの特性を理解するところから始めましょう。

発達障がいの主な分類は以下の3つです。

  • 「ASD」自閉スペクトラム症
  • 「ADHD」注意欠如・多動症
  • 「SLD」学習障がい

では、それぞれの症状や対処方法について、詳しくみていきましょう。

「ASD」自閉スペクトラム症

ASDの子どもは、対人関係や場の雰囲気を読み取るのが非常に苦手な傾向にあります。また、自分の行動にルールを設ける傾向にあるため、他人からペースを乱されたり、勝手にスケジュールを変更されたりすると嫌悪感を示すケースも少なくありません。

場合によっては、パニックを起こす子どももいます。

よくある症状と対応方法

ASDに見られるよくある症状と対応方法は以下のとおりです。

  • 細かな作業に手先が追いつかない場合は、タッチやスワイプで完結するタブレット教材を利用する
  • 人がいると集中できない場合は、自宅など静かな環境で勉強する

ASDの特性には、物事に対して人並み以上のこだわりをみせる場合もあります。興味がある分野を目の前にすると、長期間の集中力を発揮する子どもも数多くいるため、発達障がいが負の側面だけではないという事実は、親としてぜひ覚えておきましょう。

「ADHD」注意欠如・多動症

ADHDの特性がある子どもは、注意力が散漫であるためやるべきことをすぐに忘れてしまう傾向があります。また、急な衝動にかられ周囲の状況に関係なく行動してしまうので、日常生活にも支障が生じるケースも少なくありません。

症状の特徴から集団行動を苦手とする子どもも存在します。

 

よくある症状と対応方法

ADHDに見られるよくある症状と対応方法は以下のとおりです。

  • 集中力がすぐに途切れる場合は、周囲を整理整頓し、気になるものを置かない
  • ちょっとしたことで動揺する場合は、人の気配がない場所で勉強する
  • すぐに席を立ってしまう場合は、気分転換の時間を定期的に設ける

障がいが原因で周囲からの目線が気になり始めると、自己嫌悪や自己否定につながり、場合によっては二次障がいに発展するケースもあるため、親だけに限らず学校においても適切な配慮が必要とされます。

「SLD」学習障がい

SLDの子どもは、「書く・読む・話す・計算する・推測する」といった、特定の分野を苦手とする傾向があります。知的な発達に特段の問題が生じているわけではありません。

ですので、苦手分野以外の学習には問題なく取り組めるケースがほとんどです。

よくある症状と対応方法

SLDに見られるよくある症状と対応方法は以下のとおりです。

  • 文字を読むのが苦手な場合は、音を使って文章を理解する
  • 文字がきれいに書けない場合は、文字をパーツに分けて図形として考える
  • 数字の計算ができない場合は、表やグラフを多用する

興味がある分野では類まれな才能を発揮する事例も多く、有名な学者や偉人には学習障がいを有していたといわれる人物もいます。

勉強ができていないときの発達障がいの中学生の気持ち

発達障がいの中学生に寄り添ったサポートを行うためには、相手の気持ちを共有しなければなりません。勉強が思うように進まない現状に対して、子どもが何を考え、何を欲しているのかを的確に読み取る過程が必要なのです。

これから、勉強できない発達障がいの子どもが抱える代表的な心情を3つ紹介していきます。

  • 周りと比べてできない劣等感に駆られている
  • やらなければいけない思いが強くなりハードルが上がってしまっている
  • 完璧にこなせなくてイライラしてしまう

発達障がいがある場合は、精神的なケアも欠かせません。子どもに安心感を与えられるような言葉と素振りで、勉強に対する嫌悪感やいらだちをできる限り軽減させてあげましょう。

周りと比べてできない劣等感に駆られている

勉強の結果は数字として表れるため、周囲との差が非常に分かりやすいです。ですので、勉強ができない事実に対して、劣等感を感じてしまうケースも多く見られます。

特に中学生ともなると、周囲との比較から自分の学習レベルを確認できるようになるので一層劣等感が生じやすくなるといえます。劣等感は自己嫌悪につながり、勉強と向き合う努力を放棄する原因にもなりかねません。

そのため、親が子どもと接するときには、クラスメイトと比較するような言動を控えるようにしましょう。例えば、前回のテストから点数が上がったことを褒めてあげるように、個人の成長に注目してあげるのが大切です。

やらなければいけない思いが強くなりハードルが上がってしまっている

思うように勉強が進まず、誰よりも焦りや不安を感じているのは子ども自身です。

勉強しなければいけないという思いが強くなり過ぎると、机に向かうのが怖くなります。一度始めたら引き返せない、投げ出すと怒られるといったように勉強のハードルがどんどん高くなり、さまざまな消極的感情が芽生えてしまうのです。

ですので、勉強に臨むハードルをできる限り低く感じられるよう促すのが親としての重要な役割といえます。疲れたら休憩してもいい、途中で投げ出してもいいという逃げ道を丁寧に説明してあげると、気軽にペンを握れるようになるでしょう。

完璧にこなせなくてイライラしてしまう

発達障がいの子どもは人一倍のこだわりを持つケースが多いです。ですので、思い描いたとおり完璧にこなせないとイライラしてしまいます。

しかし、障がいの有無に関わらず、勉強はいつも順調に進むとは限りません。壁にぶつかったとき、モチベーションを維持したまま、いかに効率的に解決までたどり着けるかが重要なのです。

進むべき道筋をイメージしづらいので、挫折する可能性も高くなります。しかし、小さな達成感がさらなるやる気にもつながります。目標は細かく設定し、一つ一つ着実に達成していく学習計画を立ててあげましょう。

理解が第一歩!発達障がいの中学生が勉強をやる気を出す4つの方法

ここからは、発達障がいの中学生が勉強のやる気を出す方法について解説していきます。具体的な方法は以下の4つです。

  • 子どもの特性を理解した上で接する
  • 子どもに合った勉強方法を提示する
  • 諦めずに常に気を配ることを意識
  • 無理やり勉強させない

発達障がいの子どもに対して、ただ勉強を押し付けるだけでは成績の向上は見込めません。特に、中学生の年代になると、親子の関係性も変化するため子どもとの接し方にはデリケートな部分が出てきます。

子どもの性格や発達障がいの特性を性格に理解したうえで、子どもと向き合い、やる気を引き出してあげるのがなによりも大切です。

子どもの特性を理解した上で接する

子どもの勉強に対するやる気を引き出すための前提として、まずは、子どもの特性を理解するのが最初のステップといえます。例えば、周囲の環境が気になってしまう子どもに集団授業での学習を押し付けても混乱を招いてしまいやすくなるでしょう。

また、計算が苦手な子どもに、単調な計算問題を反復させてもストレスを感じてしまうこともあります。子どもの特性をしっかりと見極められると、さまざまな角度からのアプローチが可能です。

しかし、一般的な保護者が発達障がいに関する知識や向き合い方を完璧に理解するのは難しく感じるでしょう。ですので、学校や専門機関とうまく連携し、多方面からの柔軟な視点を取り入れながら、接していくのもひとつの手といえます。

子どもに合った勉強方法を提示する

学力を向上させるためには、勉強を継続していく必要があります。そして勉強を継続するためには、それぞれの性格や考え方に合った勉強方法を身につけるのが非常に重要です。

特に、発達障がいの子どもは強い特性を持っているので、学習方法に関する向き不向きが顕著に表れる可能性もあります。そのため、勉強方法の選択は慎重に行いましょう。

発達障がいがある中学生におすすめしたい勉強方法は以下の4つです。

  • 個別指導塾
  • 家庭教師
  • 自主学習
  • オンライン学習

発達障がいの子どもにとっては、周囲の環境がモチベーションや集中力に大きな影響を与えます。しかし、親の役割としては、勉強方法の選択肢を提示するにとどめ、最終的な判断はあくまでも子どもに任せることを忘れてはいけません。

諦めずに常に気を配ることを意識

親の立場になると、子どもの勉強が遅れてしまう焦りや不安から、ついつい現実逃避したくなる気持ちが生じてくるときもあるでしょう。しかし、最後まで諦めずに子どものポテンシャルを信じてあげるのが大切です。

少しでも勉強に興味を持ち始めたら、褒めてあげたり、もう一歩進んだステージに導いてあげたり、せっかくのモチベーションを無駄にしないようにそっと背中を押してあげましょう。

子どもの気持ちが親に伝わるように、親の気持ちも子どもに伝わるものです。一緒に勉強の苦手を克服する強い意志で子どもとしっかりと向き合いましょう。

無理やり勉強させない

発達障がいの子どもに対しては、決して勉強を無理強いしてはいけません。なぜなら、勉強を継続するためには、外部からの圧力ではなく、内発的な動機付けが必要なためです。

例えば、親に叱られるのが嫌で勉強を始めたとしても、強制的に動かされているだけなので長続きはしないでしょう。

「勉強を頑張って有名な大学に入りたい」「将来に役立つ知識を学びたい」といったように、自分の意思に基づく目標を持つのが大切です。自分で決めた目標であれば、責任感と高いモチベーションを維持しながら、勉強に取り組めます。

まとめ:まずは相手の気持ちを理解することから始めよう

発達障がいの中学生と接する際には、まず、相手の気持ちを理解してあげるところからスタートしましょう。学力を向上させるためには勉強の継続が欠かせません。そして、継続には、自主性や自発性に基づくモチベーションを保ち続ける必要が大切です。

ですので、親からの押し付けではなく、子どもの内部から湧き出てくるやる気を最大限に高めてあげるのが親の役目といえます。本記事が、紹介した内容が、発達障がいの中学生にとって勉強の苦手を克服するきっかけになれば幸いです。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化