• HOME
  • コラム
  • 【勉強ができない】 ADHDの子どもの特性に合わせた3つの勉強方法を紹介

【勉強ができない】 ADHDの子どもの特性に合わせた3つの勉強方法を紹介

ADHDの特性を抱える子どもが勉強できないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。「学校の勉強の進め方についていけていない…」「自分の育て方が悪いのかな…」と頭を抱えている保護者も少なくないでしょう。

子どもが勉強ができないのでは、誰が悪いという訳でもなく、ただ単純にADHDの特性ゆえ、勉強が苦手に感じている可能性もあります。そのため、ADHDの特性を抱える子どもは、それぞれの特性に合わせた勉強方法を取り入れるのが効果的です。

この記事ではADHDの子どもの特性ごとに勉強方法を紹介していますので、勉強遅れが心配な保護者は、ぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

ADHDだから勉強できないのではなく特性から苦手意識が強くなっているのかも

女子学生 考える

そもそもですが、勉強ができないのはADHDの特性だからとは限りません。ADHDの特性が影響し、苦手意識が強くなっているだけの可能性があります。

ADHDの特性を抱える子どもはできないことを叱られたり、問題につまずいたりすると、勉強に対して苦手意識を持ってしまい傾向もあります。あくまでもADHDの特性として、一般的な学習方法が合っていないだけであることを理解しておきましょう。

楽しく勉強できるとさらに前のめりになる可能性も

ADHDの特性上、勉強に楽しささえ見いだせると、自発的に学習に取り組む可能性もあります。そのためには、まずは、個人個人に合う勉強方法を見つけなければなりません。

例として挙げられるのは、勉強にゲーム性を取り入れる・音楽をかけながら勉強するなどです。子どものADHDの特性を理解し、勉強方法を実践できる環境を構築しましょう。

タイプ別!ADHDの特性に合った3つの勉強方法

リビングで勉強する女の子

ADHDの特性は大きく分けて、3つの種類に分かれており、以下の通りです。

【ADHDの特性に合った3つの勉強方法】

  • 多動性
  • 不注意
  • 衝動性

それぞれの特性に偏りがあったり、全てを混合していたりと、子どもによって特性は1つに限られません。ここからは3つの特性が持つ特徴と併せて、それぞれに合った勉強方法を見ていきましょう。

多動性

多動性はその名の通り、じっとしていることが困難な症状のことを指します。座っていることを苦手とするため、集団学習の場にそぐわない行動をとってしまうケースが見受けられます。

加えて、発言内容が一言多かったり、自分の考えをうまく伝えられなかったりする特徴を持ちます。結果としてイライラや不安を感じ、感情のコントロールがうまくいかないのが多動性の特徴です。

多動性の特徴

  • 常に身体のどこかが動いている
  • 一方的に話を展開し、内容もどこかズレている
  • 食事中や勉強中にじっとしていることが苦手である

 

多動性の勉強方法

多動性の子どもは、じっとしていることを苦手とします。そのため、一般的に座学と呼ばれる勉強方法は向きません。じっとしていることが苦手なのであれば、その特性を逆手に取り、動きながらできる勉強方法を取り入れましょう。

スタンディングや歩きながら暗記、音楽・映像を使って勉強するといった工夫もできます。運動しながら勉強すると、気分転換にも良いので、ぜひ試してみてはどうでしょうか。

不注意

不注意は、少しのことで気が散ってしまったり、いろいろなものに興味が移ってしまう特性のことを指します。忘れっぽい側面もあり、忘れ物が多い・提出物が期日に間に合わないケースも少なくありません。

加えて単調な作業や繰り返しの作業を苦手とするため、漢字の書き取りや九九など、反復学習を必要とする分野を苦手とする傾向にあります。

不注意の特徴

  • 少しの刺激で注意が逸れてしまう
  • 期日・期限を守れない
  • 忘れものや紛失物が多い

不注意の勉強方法

不注意の特性がある子どもは、いかに集中して勉強できる環境を構築するかが大切です。そのため、光や音を遮断する、テレビやゲームのある部屋での勉強を避けるなどの工夫が効果的といえます。

もし部屋の構造的に遮断できないのであれば、イヤーマフをつけたり、パーテーションで区切ったりする工夫もおすすめです。また、勉強に必要な道具(筆記用具やドリルなど)がない状況になると、集中力が切れてしまいます。

常に勉強へ集中できるよう、勉強前に必要な環境は揃えておきましょう。

衝動性

衝動性は、考えるよりも先に身体が動いてしまう特性となります。身体が動いてしまうのは本人の意思ではなく、脳の機能障がいが原因も兼ねている場合もあります。

しかし、行動としては勉強中に立ち上がったり、大声を出したりするため、勉強のやる気がない・ふざけていると見られてしまいます。

一つの物ごとにのめりこみやすい特性もあるため、特定の科目以外に興味を示さない、ゲームやテレビに集中すると勉強を全くしなくなってしまうのも特徴の一つです。

衝動性の特徴

  • 急に立ち上がる
  • 大声を出してしまう
  • のめり込みやすい

 

衝動性の勉強方法

衝動性の子どもは、行動のコントロールや勉強中に他への興味を抑えることを苦手とする傾向にあります。そのため、事前に勉強に対するルールを設けてしまうのも一つの工夫でしょう。

何時から何時まで勉強する、何ページ分勉強するなどの目標を立ててトレーニングすれば、勉強に対してゲーム性を見出す傾向にあります。継続的に刺激を得られる勉強法を見つけられれば、学習への意欲を掻き立てられるでしょう。

勉強できない特性でネガティブに?ADHDの子ども自身悩んでいるケースも

泣いている子ども

ADHDの特性が原因で勉強できない子どもの中には、その特性が影響してネガティブになってしまう場合があります。具体的な理由としてあげられるのは、以下の通りです。

【ADHD特性を持つ子ども自身が悩んでいるケース】

  • 完璧主義・白黒で判断してしまいギャップに落ち込む
  • 物事の見通しを立てられず目の前のことで悩んでしまう
  • コミュニケーションが苦手のため気持ちを吐き出せずにいる

3つの理由について、詳しくみていきましょう。

完璧主義・白黒で判断してしまいギャップに落ち込む

ADHDの子どもは、完璧主義であるがゆえ悩んでしまうケースがあります。完璧にできるかどうかで物事を白黒で判断をつけてしまう傾向にあります。何事にも、すべてを完璧にできるケースはほとんどありません。

しかし、ADHDの子どもは完璧にできないことをマイナスのストレスに感じてしまい気持ちが落ち込んでしまう場合も。自分の理想と実際にできることがギャップとなり、落ち込んでしまう特性があることを理解しておきましょう。

物事の見通しを立てられず目の前のことで悩んでしまう

ADHDの特性として、物事の優先順位をつけるのが苦手な傾向にあります。優先順位がつけられないとスケジュールが立てられないことにつながり、目の前の宿題や友達との約束などやるべきことをうまくこなせません。

また、やるべきこともどんどん積み重なり、結果として何からやればいいか・何を処理すればいいかがわからなくなります。物事をやり遂げられない経験がマイナスのストレスとなり、子どもの中で大きな悩みとなってしまうのです。

コミュニケーションが苦手のため気持ちを吐き出せずにいる

ADHDの特性がある子どもの中には、コミュニケーションが苦手な傾向にあります。ADHDの特性で一方的に会話してしまったり、言わなくてもいいことまで発言してしまうため、うまくやりとりができず、思った以上にストレスを抱えてしまいます。

実際、自分の気持ちが伝えられずに悩んでいる子どもも少なくありません。気持ちを吐き出せないと、切り替えもうまくできないため、結果としてストレスが子どもの中にたまってしまいます。

サポートが大切!ADHDの特性で勉強できない子どもへの親の接し方

子どもに教育をする両親

ADHDの子どもが勉強できないときは、親がどのように接するかが大切です。子どもをうまくサポートするなら、以下の方法を試してみましょう。

【ADHDの特性で勉強できない子どもへの親の接し方】

  • さらに責めないようにケアしてあげる
  • ひとりで抱え込ませない
  • できることに対する褒めを欠かさない

ここからは親が子どもにできる効果的な接し方について、詳しく解説していきます。

さらに責めないようにケアして上げる

子どもが悩んでいるとき、責める・注意する回数が増えるのは逆効果です。日常的に責める回数が増えてしまうと、子どものストレスがどんどん溜まってしまいます。

たとえば、勉強ができずに悩んでいるにもかかわらず、勉強できないことを責めてしまうと、子どもは勉強嫌いになってしまうでしょう。ダメなことをダメと伝えるのは大切ですが、子どもにストレスを感じさせないのが親としてやるべきことの一つです。

ひとりで抱え込ませない

ADHDの子どもは、うまく自分の悩みを伝えられない場合もあります。そのため、自分の中で悩みを抱え込んでしまい、結果的にストレスが蓄積してしまい、吐き出せない状態になることも少なくありません。

子どもだけに悩みを抱え込ませないためには、親が子どもとコミュニケーションをとるのが大切です。日常からコミュニケーションをとっていれば、自然と子どもの悩みを聞き出せます。

ただし、悩みを聞くためにコミュニケーションをとるのは逆効果です。あくまでも会話の流れで聞き出すようにし、話すことにストレスを感じさせないことを意識しましょう。

できることに対する褒めを欠かさない

ADHDの子どもに対して、できることへの褒めを欠かさないようにしましょう。褒めてあげると、成功体験として子どもの中に積み重なり、達成感を感じる場合もあります。また、自信に変わっていき、やる気を引き出すのにも効果的です。

子どもを褒めるときは、可能な限り多くの人がいる前で褒めてあげましょう。普段から誤解や叱責を受けることが多い分、褒められる行為を周囲の人に伝えるのも大切です。

まとめ:ADHDのせいで勉強できない悩みは親だけじゃない

今回はADHDの子どもがうまく勉強するための方法を紹介してきました。勉強できないのはADHDの特性が全てではありません。

そのため、子どもが勉強できない悩みは親だけでなく、子ども自身が感じていることも理解しておきましょう。この記事で紹介した内容をもとに、ぜひ自分の子どもに合った勉強法を見つけ、試してみてください。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化