• HOME
  • コラム
  • 【発達障がいの中学生の勉強は興味が大事】具体的な学習までの選択肢も紹介

【発達障がいの中学生の勉強は興味が大事】具体的な学習までの選択肢も紹介

「発達障がいの中学生に適した勉強方法が知りたい」「受験を控えているのに今の勉強方法でいいのか不安」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

勉強が人生のすべてではありませんが、勉強ができれば将来の選択肢を広げられるのは確かな事実です。今回は、発達障がいの中学生に適した学習方法などについて詳しく解説していきます。

勉強に関する悩みを解決できるヒントがあるはずなので、ぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

特性別!発達障がいの中学生におすすめの勉強機関

ここからは、発達障がいの中学生におすすめの勉強機関を紹介していきます。ただし、まずは障がいの特性をしっかりと把握し、最大限尊重する気持ちを持つのが大切です。

発達障がいは強い特性によって、勉強に支障が生じるような行動を発症する場合があります。ですので、それぞれの特性を柔軟に受け入れられる勉強機関を選択するのがベターです。発達障がいは特性によって、以下のように分類されます。

  • アスペルガー症候群・広汎性発達障がい:ASD
  • 注意欠陥・多動性障がい:ADHD
  • 学習障がい:LD

発達障がいによって現れる症状を理解するのは、学力の向上に向けた最初のステップです。基礎知識として必ず覚えておきましょう。

アスペルガー症候群・広汎性発達障がい(ASD)におすすめの勉強機関

アスペルガー症候群・広汎性発達障がい(ASD)は、人間関係を築き上げたり、その場の空気を察したりするのを苦手とする特性があります。

また、日々のルーティンや完璧なスケジュール設定にこだわる傾向があるため、想定外の出来事が起こると混乱してしまうケースも少なくありません。

ASDの子どもには、発達障がい情報・支援センターは選択肢のひとつです。ASDの症状は多岐にわたります。よって、発達障がいの子どもに対して、総合的な支援を行っている専門機関であれば、勉強に関しても的確な助言を受けられるでしょう。

注意欠陥・多動性障がい(ADHD)におすすめの勉強機関

注意欠陥・多動性障がい(ADHD)は、注意力に欠ける部分があるため些細なミスを連発したり、やるべきことを見失ったりする特性があります。また、長時間じっとしていられず、周囲を驚かせるような行動を急に起こすので、集団生活に支障が出てくるケースも見受けられます。

ADHDの子どもには、児童相談所も選択肢です。児童相談所は学習に関する相談にも応じてくれる公的機関であり、豊富な知識を有する専門スタッフが配置されているため、子どもの衝動的な行動にも適切に対応してくれるでしょう。

周辺の教育機関とのネットワークもあるので、子どもにより適した勉強機関を紹介してくれる可能性もあります。

学習障がい(LD)におすすめの勉強機関

学習障がい(LD)は「書く・読む・話す・計算する・推測する」といった、学習の基礎となる作業や思考を苦手とする特性があります。特段、知能の発達に問題が生じているわけではありません。

例えば、字がきれいに書けない、スムーズに音読ができない、計算が極端に遅いなどが現れます。しかし、苦手分野を離れると支障なく学習に取り組める場合もあるので、別の角度から工夫を取り入れてあげると苦手を克服する場合も少なくありません。

LDの子どもには、教育センターをおすすめします。教育センターは、高校生程度の年齢まで学校での悩みを相談できる場所です。教育的な観点で、発達障がいによる勉強の悩みを解決してもらえます。身近な心の拠り所として気軽に利用してみましょう。

発達障がいの中学生に合わせる!特性に合わせた勉強の進め方

勉強で成果を出すためには継続が必要です。そして、継続には子ども自身のやる気が欠かせないため、子どもの勉強に対する興味を引き出し、やる気に変えていくのが重要になってきます。ここからは、勉強の成果を出すための進め方を4つ紹介していきます。

  • 勉強の環境を整える
  • 勉強に関連のある興味のあることを見つける
  • 目標を決める
  • スケジュールを決める

発達障がいでも、ちょっとした工夫で飛躍的に勉強の効率を高められます。親としては、子どもが主体的に勉強と向き合える環境を作ってあげるという意識を常に持っておく必要があるのです。

今回紹介するポイントは、すぐに実践できる方法ばかりなので、早速、取り入れてみましょう。

勉強の環境を整える

ノートを広げるまえに、まずは、勉強に集中できる環境を整えるのが大切です。特に、発達障がいの特性として、周囲の環境に影響を受けやすい側面があります。

ですので、勉強に関係する物以外は机の上に出さない、ドアは閉めるといったように、整然とした環境を作り上げるのが、集中力の維持に効果的です。集中力を阻害する要因はできるだけ排除しましょう。

なかには、整理整頓された環境に違和感を感じてしまう場合や、少しざわついた場所に落ち着きを覚える子どももいるでしょう。そのため、勉強の環境を整える際には、子どもの好みをしっかりと聞き取りながら、作業を進めることをおすすめします。

勉強に関連のある興味のあることを見つける

興味があるものと勉強が結びついていれば、勉強に対する抵抗感もなくなります。むしろ、気になるものはもっと勉強していろいろな知識を身につけたいと感じている可能性も十分あるでしょう。具体的には以下のような事例があげられます。

  • 歴史漫画を読む
  • 動物や虫に触れてみる
  • 映画を字幕で鑑賞する

教科書は嫌いでも漫画は好きという子どもはたくさんいます。歴史漫画のように、勉強の内容が含まれる漫画を読めば、勉強と興味があるものを同時に楽しめるようになるケースも少なくありません。

他にも、動物や虫に触れるのは理科の一環であり、映画を字幕鑑賞するのは英語の一環であると捉えられるでしょう。勉強は工夫次第で楽しめるようになるので、日常の中で取り入れられることはないか、ゆっくりと探してみましょう。

目標を決める

勉強の成績は一夜にして向上するものではなく、コツコツと地道に知識と経験を積み重ねていく必要があります。ですので、自分がどこに向かって勉強しているのかを見失わないように目標を決めておくのが重要です。

ただし、ゴールまでの道のりがあまりに遠く感じてしまうと、途中で心が折れる可能性も出てきます。また、ただ走り続けるだけではモチベーションは徐々に低下していくので、やる気をグッと引き上げられる通過点を作るのがポイントです。

ですので、定期的に達成感を味わえるように、目標は小さく、細かく設定していくのをおすすめします。勉強によって身につけた自信はその後の人生にもよい影響を与えるでしょう。

スケジュールを決める

目標が決まったら、ゴールに到達するまでのスケジュールを組みましょう。取り組む教科や勉強時間をカレンダーに落とし込み、やるべきタスクが明らかにできれば、日々のモチベーションも維持されます。

また、学習内容を毎日決める作業は、ストレスにもなりかねません。前もって予定を組んでおけば、スムーズに勉強を始められる効果も期待できるのです。子どもの意見を十分に聞き取りながら、無理のない範囲でスケジュールを立てていきましょう。

ただし、発達障がいの子どもは、予定の変更を嫌うケースが見受けられます。場合によって、パニックを起こし、勉強どころではなくなる可能性もあるため、スケジュール通りに進まなくても問題ない旨を子どもに対して丁寧に行っておきましょう。

自宅でも可能!発達障がいの中学生ができる具体的な勉強の選択肢

では、ここから、発達障がいの中学生におすすめの勉強方法を紹介していきます。具体的には、以下の選択肢が考えられます。

  • タブレット学習
  • フリースクール
  • 中学校のカウンセラー

発達障がいの場合、個々の特性に適した勉強方法を選択する必要があります。しかし、向いていると感じる勉強方法がすぐに見つかるとは限りません。

これから紹介するのはたくさんある選択肢のほんの一部です。勉強の遅れは後からでも十分取り戻せるので、焦らず冷静に最適の勉強方法を探し続けるのが大切です。

タブレット学習

タブレット学習であれば、周囲の環境を気にせずに自分のペースで学習できます。また、タブレット学習ではゲーム性のある教材も多数提供されているので、楽しみながら学習を進めることが可能です。

さらに、タッチやスワイプの動作で進行できるため、文字や図形を書くのが苦手な子どもとの相性もよいでしょう。苦手な動作を避けながらストレスなく、勉強に集中できます。

また、過去の単元にさかのぼって学習できる教材もあるため、学校の授業に遅れている子どもには最適の勉強方法です。タブレット学習は通信環境さえあれば、すぐに導入できます。気軽にチャレンジしてみるのもよいでしょう。

フリースクール

フリースクールは、学校での生活についていくのが難しい子どもに学びの機会を提供してくれる場所です。勉強面についても、専門知識を持つ指導者による子どもに寄り添ったサポートを受けられるのが魅力です。

また、決められたカリキュラムがないフリースクールがあるなど、自由に自分のペースで学習を進められるのも発達障がいの子どもに適している点でしょう。もちろん、子ども本人が望めば、計画的に学習指導を行ってくれる場合もあります。

ただし、フリースクールの形態や受入範囲はさまざまです。発達障がいの子どもに対応していないフリースクールもあるので、入念な下調べは欠かせません。

中学校のカウンセラー

中学校にカウンセラーが配置されている場合は、貴重な相談相手としてなんでも相談できる関係を築きあげておきましょう。親としても、カウンセラーがいれば、学校での子どもの様子を把握できます。

また、臨床心理士や心理カウンセラーの資格を持っている場合もあるので、勉強だけではなく、精神的なケアも期待できます。今ではほとんどの学校に配置されているカウンセラーですが、学校での滞在時間は短い場合が多いです。

接触する前には、出勤日などのスケジュールを調べておきましょう。

まとめ:勉強に対するやる気は興味から生まれる

本記事では、発達障がいの特性に合わせた勉強方法や成果に直結する勉強の進め方などについて解説してきました。発達障がいであるというだけで、勉強に対するハードルを高く感じる必要はありません。

障がいの特性に合わせた適切なサポートと勉強方法があれば、学力の向上は期待できます。また、勉強を進めていくうえで最も大切なのは、勉強に興味を持つことです。興味はモチベーション・やる気へと変化していきます。

親の立場から勉強を強制するような言動は控えて、子どもの主体性や自主性を引き出してあげれるような支援を提供してあげましょう。本記事によって、勉強の苦手を克服し、興味を持って前向きに取り組むきっかけになれば幸いです。

 



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化