• HOME
  • コラム
  • 【ADHDの子どもが勉強のやる気を出すには?】勉強しない理由ややる気を出しやすいコツを紹介!

【ADHDの子どもが勉強のやる気を出すには?】勉強しない理由ややる気を出しやすいコツを紹介!

「ADHDの子どもが勉強してくれない…」「どうすればやる気が出せる?」ADHDの子どもの保護者の多くがこのような悩みを抱えているのではないでしょうか。

ここでは、ADHDの子どもが勉強のやる気を出すコツを分かりやすく説明します。子どもが勉強しない理由や障がいの特性を考慮した子どもへの関わり方もまとめました。

子どもに勉強のやる気を出して欲しくて悩んでいるあなたにとって参考になる内容なので、ぜひ最後まで読んでください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

ADHD(注意欠陥多動性障がい)とは

ADHD(注意欠陥多動性障がい)とは

まずはADHD(注意欠陥多動性障がい)について正しい知識を身に付けましょう。政府広報オンラインでは、ADHDとは何かを以下のように定義しています。

注意欠陥多動性障がい(AD/HD:Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder)は、「集中できない(不注意)」「じっとしていられない(多動・多弁)」「考えるよりも先に動く(衝動的な行動)」などを特徴する発達障がいです。

引用:政府広報オンライン「発達障がいって、なんだろう?」

ADHDとは、発達障がいの一種です。発達障がいは、脳機能の障がいにより発達に支障がでている状態だと言われています。

周りの子どもとは少し違う行動をとる傾向があるため、昔は保護者のしつけが悪いせいだと思われてきました。最近では、発達障がいの特性として周知されてきています。

ADHD(注意欠陥多動性障がい)にはどんな特性がある?

「不注意」「多動性」「衝動性」の3種類の特性が見られるのがADHDの特徴です。その中でも、どれか1つが優位に出る子どもや、3つの特性が全て混合して行動に現れる子どももいます。

それぞれの特性で具体的にどのような行動をとるのか、厚生労働省の資料を見てみましょう。

– 忘れっぽく集中できない(不注意)

  • 注意の持続ができない
  • うわの空でぼんやりしてしまう
  • 一つずつのプログラムがきちんと終わらない
  • 忘れ物、なくし物が多い

– じっとしていられない(多動性)

  • 授業中でも立ち歩く
  • 手足をそわそわ動かす
  • しゃべり続けてしまう

– 考える前に行動してしまう(衝動性)

  • 相手の応答を待たずにしゃべる
  • 順番を待つ、我慢することが苦手
  • 思ったらすぐ行動に移してしまう

引用:厚生労働省「発達障がいの理解 ~ メンタルヘルスに配慮すべき人への支援 ~」

不注意が強い子どもには、刺激を少なくし用意するものは保護者も一緒に確認してあげましょう。多動性が顕著な子どもには、自由に動ける時間を確保してあげることがおすすめです。

衝動性がある子どもには、やってはいけない事を思い出せるように気付かせる言葉をかけてあげましょう。保護者もおおらかな気持ちで焦らないことが大切です。

ADHD(注意欠陥多動性障がい)の子どもは増えている

近年、ADHDの児童数が増えていると言われています。発達障がいの概念が一般的に広まったことにより診断名がつく児童が増えたことも理由の1つです。文部科学省が行った調査で、ADHDの児童が増加していることが報告されています。

国公私立の小・中・高等学校において、通級による指導を受けている児童生徒数は134,185 名(前年度 123,095)であり、11,090 名増加している。障がい種別では、言語障がいで 937 名、自閉症で 1,460 名、情緒障がいで 3,083 名、学習障がいで 2,096 名、注意欠陥多動性障がい(ADHD)で 3,409 名の増となっている。

引用:文部科学省「令和元年度 通級による指導実施状況調査結果について」

こちらの資料によるとADHDは合計24,709名。このデータはあくまで通級指導の児童数ですが、ADHDの児童が増えていることが分かるでしょう。

今まではただ落ち着きがないと思われていた子どもも、実際は脳の問題であった可能性が高いのです。そして、ADHDに対しての理解が深まったことにより、ADHDのお子さまに効果的な指導方法も広まってきています。

ADHDの子どもが勉強のやる気が続きにくいのはなぜ?

ADHDの子どもが勉強のやる気が続きにくいのはなぜ?

ADHDの子どもがなかなか勉強しないと悩んでいる保護者は多いでしょう。ADHDの子どもが勉強に対してやる気が続かないのには理由があるのです。考えられる主な理由は以下の3つ。

ADHDの子どもがやる気が出ない理由

  • ADHDの症状は自分ではコントロールできない
  • 勉強が必要な意味を理解していない
  • 自信をなくしてしまっている

これらの理由には障がいの特性が大きく影響しています。障がいとの関係性を理解することで、保護者の焦りやストレスが軽くなるかもしれません。

また、やる気が続きにくい理由がわかれば、子どもの勉強に対する効率的なアプローチに繋がります。それでは1つずつ詳しく見てみましょう。

①ADHDの症状は自分ではコントロールできない

ADHDは脳の神経の発達が未熟なことが原因で、不注意や多動・衝動性が現れる障がいです。例えば、椅子に長時間座って興味のない授業を聞くことや、興味のない内容をノートにとること。

子どもによっては、興味のないことに取り組もうとすると強烈な眠気に襲われることもあります。「がんばって集中しなさい」と言いたくなるところですが、ADHDの特性は気合いではコントロールできません。

②勉強が必要な意味を理解していない

小学生や中学生の義務教育期間は、将来に必要な知識の基礎作りのために幅広い分野を勉強します。

当然、ADHDでない子どもでも、興味がない分野の勉強は苦痛だという子は多いでしょう。しかし、嫌々ながらも将来のためと自分を納得させて勉強をします。

一方で、ADHDの子どもは「今、ここ」の感覚で生きているので未来の見通しを立てるのが苦手。したがって、何のために勉強しているのか理解できないので「面白くないことをさせられている」と感じるのでしょう。

③自信をなくしてしまっている

人間の脳は、失敗などのネガティブな感情は記憶に強く残ります。記憶に残すことで、また同じつらい思いをしないように脳があなたの心を守ろうとするのです。

ADHDの子どもはマイペースに感じられる特性故に、小さい頃から叱られた経験が多い傾向があります。そのため、間違えて怒られたり恥ずかしい思いをしたりして、自信をなくしてしまうことが少なくありません。

自信をなくすことにより勉強したくない心理が働きます。

ADHDの子どもが勉強のやる気を出しやすいコツ5つ

ADHDの子どもが勉強のやる気を出しやすいコツ5つ

ADHDの子どもは勉強にやる気が出にくい特徴がありますが、勉強ができないわけではありません。ADHDの特性を理解した上でポイントを押さえれば、効果的に学習ができる可能性も。

そこでここではADHDの子どもが勉強に対してやる気を出しやすくなるコツを5つ紹介します。

ADHDの子どもが勉強のやる気を出しやすいコツ

  • どんな些細なことでもできたことを褒める
  • その日の学習計画を細かく立てる
  • 集中が途切れにくい環境で勉強をする
  • 理解しやすいよう明確で簡潔な指示を出す
  • ADHDの症状を理解しているサービスを利用する

それでは1つずつ詳しく解説します。勉強に対して子どものやる気を引き出したいあなたは、ぜひ参考にして実践してみてください。

①どんな些細なことでもできたことを褒める

まず、子どもができたことはどんな小さなことでも褒めてあげましょう。これは誰もが今すぐ始められる簡単なことです。褒められることで子どもの自信がつき勉強のやる気に繋がります。

まず「椅子に座れたね」など勉強を始める姿勢からしっかり褒めてあげましょう。勉強中は「一つ問題解けたね」「字がきれいだね」などできているところをしっかり褒めます。勉強の実況中継をする感覚で取り組むといいでしょう。

②その日の学習計画を細かく立てる

ADHDの子どもは、整理整頓やスケジュール管理が苦手な傾向があります。それらの特性により、宿題を先延ばしにしてしまい提出期限を守れないケースもしばしば。

子どもによっては、そもそも締め切りを気にしていなかったり、宿題を忘れていたりすることも少なくありません。そこで、保護者が手助けをして、その日にやらなければならないことをリストアップするようにしてみてください。

やるべき課題を明確化し、その日にやるべき事をする意識と習慣を身につけるサポートをしてあげましょう。

③集中が途切れにくい環境で勉強をする

ADHDの子どもは、視覚的な情報に敏感な傾向があります。したがって、勉強中に色々な物が視界に入らない環境を作ってあげることが重要です。

勉強机の周りを仕切り板で囲うなどして勉強道具以外の物が見えないようにすると、集中力が途切れにくくなります。仕切り板を準備することが難しければ、壁に向かって勉強するなどの対策をするだけでも十分効果があるでしょう。

④理解しやすいよう明確で簡潔な指示を出す

ADHDの子どもは、曖昧な表現を読み取って理解するのが苦手な傾向があります。したがって、指示を出すときは短い文章を使うことを意識しましょう。

加えて、1つずつ順を追って、具体的に説明します。また、言葉で説明するよりも、視覚的な情報を見せて説明する方が理解しやすくなるためおすすめです。説明をする場合は、絵や写真を見せながら話すとより効果があるでしょう。

⑤ADHDの症状を理解しているサービスを利用する

子どもの年齢が上がるにつれて、保護者のみのサポートでは難しくなってきます。今まで二人三脚で支えてきた保護者のような手厚いサポートを、一般的な塾や家庭教師に求めても多分厳しいでしょう。

そんな場合は、ADHDの特性を理解しているサービスを利用して勉強を進めるのがおすすめです。オンライン教材の「すらら」は、経済産業省の「未来の教室実証事業」に採用された信頼できる教材。

さらにADHDの特性に合わせた学習法を提供してくれます。まずは一度無料体験をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ:ADHDの子どもが勉強でやる気を出す手助けをしよう

まとめ:ADHDの子どもが勉強でやる気を出す手助けをしよう

この記事では、ADHDの子どもが勉強に対してやる気を出すにはどうすれば良いかについて解説しました。ADHDは脳機能の発達が未熟なことが原因により「不注意」「多動性」「衝動性」の3種類の症状が現れる発達障がいです。

障がいの特性上、勉強のやる気を引き出すことは難しい傾向が。しかし、知的障がいではないため、子どもに最適な勉強法さえ見つけられたら将来の可能性は広がります。

ひとりで抱え込まずに周囲のサポートを利用して、一緒に子どものやる気を引き出しましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化