• HOME
  • コラム
  • 【発達障がいグレーゾーンの中学生の保護者へ】子どもにできる5つのサポート

【発達障がいグレーゾーンの中学生の保護者へ】子どもにできる5つのサポート

「発達障がいグレーゾーンの子どもへの接し方が分からない」「子どもの将来が不安」子どもがグレーゾーンである場合、適切なサポート方法が分からず、将来を不安視する親は少なくありません。

グレーゾーンの子どもに対しては、特性に応じた特別な配慮が必要です。また、中学生の年代は二次性徴期にあたるので、精神的なバランスが崩れやすい状態にあると考えられます。

本記事では、親が発達障がいグレーゾーンの子どものためにしてあげられる5つのサポートについて解説していきます。これから親子で新たな一歩を踏み出すためのヒントが見つかるはずなので、ぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

発達障がいのグレーゾーンとは「特性の傾向」がある状態

グレーゾーンは発達障がいの傾向がある状態を指します。様々な医学的基準をすべて満たしていないと発達障がいとは認められません。発達障がいは、あくまで医師の診断によってはじめて確定することを覚えておきましょう。

グレーゾーンの場合、発達障がいと同じ症状が出ていても、周りが理解できないケースが少なくありません。よって、適切な配慮が受けられず、対人関係や集団を満足にできずに悩む人がいるのも事実です。

発達障がいの3つの特性

グレーゾーンへの理解を深めるには、発達障がいの特性を知る必要があります。以下に主な分類の特性をまとめているので、ぜひ覚えておきましょう。

区分

特性

注意欠陥多動性障がい(注意欠如・多動性障がい):ADHD

次々と周囲のものに関心を持ち、エネルギッシュに取り組む

自閉症、アスペルガー症候群を含む広汎性発達障がい(自閉症スペクトラム):ASD

・相手の表情や態度よりも、物への関心が強い

・見通しの立たない状況への不安が強い

・大勢の人がいる所や気温の変化などの感覚刺激に敏感

学習障がい(限局性学習障がい):LD

「読む」「書く」「計算する」ことが極端に苦手

(引用:厚生労働省「発達障がいの特性(代表例)」

なかでもASDの場合は、グレーゾーンになりやすいとされています。ASDの特性には幅があるため、発達障がいを確定させるまでに至らないケースが多いのです。

もちろん、その他の特性についても、症状として現れる程度や頻度は人によって異なります。よって、既存の知識に固執せず、柔軟に受け止めるのが大切です。

役割が大事!発達障がいグレーゾーンの中学生に親ができる5つのサポート

グレーゾーンである事実は周囲に知らされるきっかけもないので、学校の先生やクラスメイトから理解を得られないケースも少なくありません。

ですので、グレーゾーンの子どもに対しては、親の支援が大きな役割を果たします。まずは、身近な存在である親がよき理解者となって支援の輪を広げていくのが大切です。

どのようなサポートを行っていくべきなのか、判断に悩む方も多いでしょう。周囲にも相談しづらいデリケートな問題でもあるほか、先行事例がたくさんあるわけではありません。ここからは、親ができるサポートを5つピックアップして紹介していきます。

支援機関を活用する

グレーゾーンの子どもについては、学校での対応に限界があるケースも少なくありません。よって、支援機関をうまく活用するのもおすすめです。

支援機関では専門的な知見に基づく、アドバイスをもらえるため親にとっても心強い味方になるでしょう。また、支援機関のなかには、精神的なケアをしてくれるところもあり、子どもにとって安心できる場所にもなります。

  • 発達障がい者支援センター
  • 医療機関
  • 児童相談所

支援機関との連携には、信頼関係が必要です。正確ではない情報を伝えても、適切な支援を受けることはできません。実際に足を運んでみて、なんでも相談できると思えた支援機関を利用しましょう。

別の学習方法を模索する

グレーゾーンの子どもは、学習面でも苦労する場合があります。極端に集中力が欠けていたり、他人と同じ空間で勉強するのを嫌ったり、思うように勉強を進められないケースも少なくありません。

結果的に、学校の授業に大幅な遅れをとってしまう子どももいます。ですので、学校の授業が合わなければ、他の学習方法を模索するのも学力の向上に必要なステップです。

  • オンライン教材
  • オンライン家庭教師
  • 発達障がいの子どもに対応した学習塾

人と関わらずに自宅で取り組めるオンライン教材や、対面での接触を避けながら指導を受けられるオンライン家庭教師などを選択肢はあります。どれも手厚いサポートでプロの観点から学力を伸ばしてくれるので、積極的に試してみるとよいでしょう。

同じ境遇の親と情報交換する

発達障がいに悩む親は多いため、保護者によって形成された組織も数多くあります。同じ境遇の親と意見や情報を交換できる機会があれば、障がいに対して前向きになれたり、孤独感から解放されたり、様々なメリットを得られるでしょう。

  • 親の会に加入する
  • SNSのコミュニティを利用する
  • 地域の講習会などに参加する

ただし、子どもの発達障がいに関しては、親にとって非常にデリケートな問題です。積極的な情報交換を図りながらも、相手の気持ちや意見を尊重する気持ちを持っておきましょう。

また、親のコミュニティには、それぞれ異なる目的があります。一度参加してみて自分に合わないと感じれば、次のコミュニティを探してみるのがおすすめです。

ペアレントトレーニングをする

グレーゾーンの子どもの親として必要なスキルを身につけるために、ペアレントトレーニングに励むのも大切です。誤った考え方や言動を見直す機会にもつながるので、ぜひ覚えておきましょう。

  • 発達障がいの特性を学ぶ
  • 発達障がいの行動を分析する
  • 子どもの成長を褒める練習をする
  • 子どものやる気を引き出す方法を学ぶ

ペアレントトレーニングは地域の教育機関や医療機関で実施される場合が多いです。よって、自分の力だけでは、分からない点や普段疑問に感じている問題を専門家の視点で解決してもらえるチャンスになります。

また、スキルを身につけるだけではなく、同じ立場にある親との出会いも期待できるでしょう。情報収集先を広げるためにも、積極的に参加してみるのをおすすめします。

進学や進路などの準備を早めにする

発達障がいグレーゾーンの子どもは、進学や進路選択にあたって考慮すべき点がたくさんあります。よって、計画的に行動しなければ、情報収集が間に合わず希望する道を歩めなくなる可能性があります。子どもにできるだけ多くの選択肢を提供してあげられるように、将来を見据えた早めの準備を心がけましょう。

  • 発達障がいに対する進学先の対応を調べる
  • 高校受験に向けて内申点を把握する
  • 進学する高校を決める

グレーゾーンであっても、学校によっては特別な配慮を受けられる場合があります。進路選択は子どもの将来に影響する重要なポイントになるため、しっかりと把握しておきましょう。

データから見る将来!発達障がいの中学生の6つの進路先

ここからは、発達障がいを有した中学生の進路先について見ていきましょう。文部科学省による調査結果によれば、発達障がいの中学生は以下のような進路を選択しています。

進路

具体例

高校等

高等学校及び中等教育学校後期課程の本科・別科、高等専門学校

高等部

特別支援学校高等部本科・別科

職業能力開発

職業能力開発校、障がい者職業能力開発校等

社会福祉施設等

児童福祉施設、障がい支援施設等、更正施設、授産施設、医療機関

(引用:文部科学省「高等学校における発達障がい等困難のある生徒の状況」

発達障がいがあったとしても、さまざまな進路を選択できます。ですので、障がいを理由に将来を悲観する必要はまったくありません。

ただし、進路を考えるにあたっては考慮すべき点がたくさんあります。将来の進むべき道について、子どもの意見をしっかり聞きながら、親子で一緒に考える機会を早めに持っておくのがおすすめです。

全日制の高校

全日制の高校は、ほとんどの子どもが選択する進路です。3年間学校に通学するのが基本で、授業をはじめとする学校生活の多くは集団行動となります。

当然、グレーゾーンであっても本人と保護者が希望すれば入学可能です。障がいの特性によっては、少し苦労する部分が出てくる可能性はありますが、他の子どもと変わらない高校生活を送れるでしょう。

通信制の高校

通信制の高校は自宅学習が基本になります。よって、対人関係や集団行動を苦手とする場合でも安心して卒業まで通い続けることができるでしょう。

また、通信制高校にはさまざまな事情を抱えた人が集まるので、発達障がいに対しても配慮してくれることが多いです。なかには、医療機関やカウンセラーと連携しながら手厚くサポートしてくれる高校もあります。

高等専門学校

高等専門学校は技術者に必要なスキルを身につける学校です。卒業までに5年間を要するのも特徴的でしょう。発達障がいの特性を持つ子どもの場合、興味がある分野に高い集中力で取り組み、優れたパフォーマンスを発揮するケースもあります。

学びたいと思えるものがカリキュラムとして用意されているのであれば、高等専門学校への進学も一つの選択肢です。

特別支援学校

特別支援学校では、専門資格をもった教員から勉強や技能の習得に向けた支援を受けられます。障がい者手帳や証明書が必要な場合もありますが、グレーゾーンであっても入学できる可能性はゼロではありません。

学校での集団生活を経験させたいけど、全日制に通うのは不安が残る場合には、特別支援学校への進学も選択肢に入れておくべきでしょう。少しでも気になるようであれば、早めに入学要件を確認しておくのをおすすめします。

チャレンジスクール

チャレンジスクールは、不登校や発達障がいなど、特殊事情を抱えた人を中心に受け入れている定時制の学校です。自由な校風で、芸術や福祉分野の実習科目に力をいれているのも特徴といえます。

なお、チャレンジスクールへ入学するにあたっては学力試験はありません。また、定時制でありながら3年で卒業できるのもポイントです。

就職

進学せずに就職するのも一つの方法です。障がい者の社会参画は促進されつつあるため、雇用に前向きな企業もたくさんあります。

進学して勉強するだけが正しい人生ではありません。早めに社会に出て労働の喜びを感じることが、障がいの克服につながる可能性も十分あるでしょう。

まとめ:親のサポート次第で不安は解消できる

発達障がいグレーゾーンの子どもは、障がいの特性が原因になって、日々の生活を生きづらく感じているケースがあります。また、さまざまなサービスを受けづらい側面があるなど、独自の悩みがあるのも事実です。

しかし、グレーゾーンというだけで、将来の選択肢を狭める必要はありません。最も身近にいる親が子どもに寄り添ったサポートを行えば、新たな可能性を切り開くチャンスは必ずやってきます。

まずは、子どもとしっかり向き合ってみましょう。焦らず、ゆっくりと気持ちを共有してあげれば、不安は少しずつ解消されていきます。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化