• HOME
  • コラム
  • 【自閉症】発達障がいの子どもに適した勉強環境とは?集中力を保てる勉強法も解説

【自閉症】発達障がいの子どもに適した勉強環境とは?集中力を保てる勉強法も解説

自閉症の子どもの勉強について、悩んでいる保護者も多いのではないでしょうか。こだわりが強いが故に、勉強に遅れが生じたり、集中力が保てなかったりすると、心配になりますよね。

しかし環境さえ整えれば、自閉症の子どもでも問題なく勉強できます。だからこそ、親のあなたが自閉症の特性を理解して、子どものサポートを行わなければなりません。

この記事では、自閉症の子どもが抱える問題と対処法について解説します。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

自閉症(自閉スペクトラム症)とは

自閉症(自閉スペクトラム症)は、先天的な発達障がいのひとつです。

【自閉症の特徴】

  • 社会性と対人関係の障がい
  • コミュニケーションや言葉の発達の遅れ
  • 行動や興味の偏り

自閉症の子どもは強いこだわりを持ち、コミュニケーションも苦手です。その結果、勉強が遅れたり、集中力が続かなかったりします。

また自閉症の約30%は知能に遅れがないのも特徴です。しかし中学・高校と進学するにつれて対人関係に悩み始め、うつ病やパニック障がいなどに発展してしまうこともあります。ちなみに自閉症は脳の異常であり、親のしつけや育て方が原因ではありません。

自閉症の子どもが抱える勉強の問題

自閉症の子どもは勉強に対して、さまざまな悩みを持っています。

【自閉症の子どもが抱える悩み】

  • こだわりや固執した考え方で勉強についていけない
  • 人とのコミュニケーションが苦手
  • 急な予定変更でパニックになる

それぞれ解説していきます。

こだわりや固執した考え方で勉強についていけない

自閉症の子どもは、こだわりや固執した考え方を持っています。興味の対象が狭く、好きなものにしか興味を示しません。

例えば、

  • 毎日同じルートで教室に行く
  • 数学しか勉強しない
  • 同じ服を着たがる

などの行動が挙げられます。

好きなことには没頭してくれますが、興味のないことには無関心です。そのため、好きな教科だけ取り組んで、嫌いな教科にはやる気を出してくれません。

また周りからも、「融通が利かない」「空気が読めない」と思われがちです。その結果、学校で孤立することもあります。

人とのコミュニケーションが苦手

自閉症の子どもは、人とのコミュニケーションが苦手です。相手の立場になって考えたり、空気を読んで行動したりすることができません。その結果、周りと馴染めずに悩んでしまうのです。

例えば、先生が冗談で「明日までに教科書100ページ予習してきてね」と授業中に笑いながら話したとします。他の友達は冗談だと思って笑いますが、自閉症の子どもは言葉をそのまま受け取ってしまい、「頑張って100ページ終わらせないと」と感じてしまうのです。

自閉症は「言葉を文字通りに解釈する」という特性があります。そのため、冗談が通じず、相手を困惑させてしまうのです。勉強では力を発揮するかもしれませんが、周りとのコミュニケーションが原因で、集中力が続かない可能性があります。

自閉症の女子と男子で差はある?

一般的に自閉症は、女子より男子の方が多いといわれています。なぜなら、自閉症は男性脳を顕著に表した発達障がいだからです。

男性は効率化が得意で、ひとつのことに集中できる特性を持っています。一方、女性は周りに共感し、さまざまなことに目を向けられるのが特徴です。

この男性の考え方が偏った状態が自閉症とよく似ています。言語情報だけ処理して空気を読めなかったり、急な予定変更でストレスを抱えたりと、男性脳に似た部分があるのが自閉症です。そのため女子の自閉症は少なく、いたとしても症状は軽いでしょう。

自閉症の子どもが6つの学習しやすい環境とは?

自閉症の子どもは、勉強に対して多くの悩みを抱えています。そのため、大人が勉強環境を整えてあげないと、状況は好転しません。

そこで自閉症の子どもが勉強しやすい環境をまとめてみました。

【自閉症の子どもにおすすめの勉強環境】

  • 静かな環境を用意する
  • 細かい指示出しをする
  • こだわりを尊重する
  • 優しい口調で教える
  • 視覚情報に訴えかける教材を使う
  • 予習に力を入れる

それぞれ解説していきます。

静かな環境を用意する

自閉症の子どもは聴覚が敏感です。特定の音に反応したり、小さい音が気になったりして、ストレスを抱えてしまいます。そのため、自閉症の子どもには「静かな環境」を用意してあげることが大切です。

特に自宅学習では、静かに勉強をさせてあげましょう。

  • テレビはイヤホンで視聴する
  • 部屋に吸音材を設置する
  • 大きな声で離さない

このような工夫をしてみてください。

また学校で集中できない場合は、耳栓を持たせるのもひとつの手です。まずは耳栓を持っていって良いか、学校の先生に相談をしてみましょう。

細かい指示出しをする

自閉症の子どもは、言語情報だけで物事を理解します。曖昧な言葉は苦手なので、なるべく細かい指示出しをするのがポイントです。

「予習を進めてね」と言うのではなく、「数学の予習は10〜13ページまで済ませておいてね」「夜の10時までに国語の宿題を終わらせてね」と具体的に伝えてあげましょう。

また繰り返し伝える場合は、なるべく同じ言葉や伝え方を使うのもコツです。違う言葉だと子どもが理解できない可能性があります。簡単な言葉で、的確に伝えてあげる努力をしてみましょう。

こだわりを尊重する

自閉症の子どもは、強いこだわりを持っています。勉強においても自己流で進めたがる特性があり、別のやり方を勧めるとパニックになります。そのため、子どものこだわりを尊重しながら学習を行うことが大切です。

しかし、同じやり方や同じ教科ばかりだと勉強は進みません。そんな時は、好きな勉強と絡めて他の教科を勉強させる方法がおすすめです。

例えば、社会科が好きな子どもには、国語の古文や漢文など、歴史に絡めて勉強をしてもらうとスムーズかもしれません。興味のあることから、少しずつ幅を広げることを心がけてみてください。

優しい口調で教える

自閉症の子どもは、感覚過敏や聴覚過敏の傾向があります。よって勉強の指示を出す時は、優しい口調で話しかけることが大切です。

どんなに優しい言葉を使っても、声が大きかったり口調が荒かったりすると、子どもは萎縮してしまいます。優しい口調で否定せず、優しく見守ってあげてみてください。

視覚情報に訴えかける教材を使う

自閉症の子どもには、視覚情報に訴えかける教材がおすすめです。なぜなら、自閉症の子どもは視覚優位だからです。言葉で伝えられるよりも、目の前で見せた方が理解しやすい傾向にあります。

そのため、図やイラストが使用してある教材を使うと、自閉症の子どもも理解しやすいでしょう。逆に先生が話しながら進める授業は、理解しにくいかもしれません。

自閉症の子どもは視覚優位だと覚えておくと、勉強法や教材の選び方が変わってくるはずです。

予習に力を入れる

自閉症の子どもには、予習をしっかりと行ってもらいましょう。なぜなら、自閉症の子どもは想定外のことが苦手だからです。学校では次々と新しいことを学ぶため、自閉症の子どもはパニックに陥る場面があります。

しかし、あらかじめ予習をしておけば、「想定外」から「想定内」に切り替わります。授業で新しい単元に入ったとしても「予習でやったことがある」という安心感を得られるでしょう。

また授業のスケジュールを渡しておくのもひとつの手です。学校の先生に、授業のスケジュールを確認して、子どもに伝えてみてはいかがでしょうか。

静かな環境で学習に取り組んでもらうなら「すらら」

自閉症の子どもは、静かな環境での学習がおすすめです。学校では自己流で学習が進められず、ストレスを抱えてしまいます。

そんな自閉症の子どもにおすすめなのが、オンライン学習教材「すらら」です。講義、ドリルが終わったら1単元クリアとなる「構造化された学び」はルーティンを好む自閉症の子どもと相性がよい教材です。またマイペースに進めても、デジタルの先生は怒ることなくずっと待ってくれますので、ストレスなく勉強することができます。

個人に合わせてオーダーメイドの学習設計も作ってくれるため、勉強が苦手な子どもでも安心です。

実際に発達障がいの子どもの保護者からも好評を得ています。気になる方は「発達障がい生徒の保護者様からの声」を参考にしてみてください。

自閉症に適した学習環境を整えよう

今回は自閉症の子どもが抱える勉強の問題と、適切な学習環境の整え方について解説してきました。

保護者の方は自閉症の特性を理解し、子どもにあった学習環境を作ってあげることが大切です。まずは子どもと対話をして、どんな勉強が適しているのか考えてみましょう。

本記事が参考になりましたら幸いです。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化