• HOME
  • コラム
  • 【発達障がい】学習が苦手な子どもにおすすめの勉強法5選!成績を上げるコツとは?

【発達障がい】学習が苦手な子どもにおすすめの勉強法5選!成績を上げるコツとは?

発達障がいが原因で、勉強が思うように進まない子どもがいます。障がいの種類にもよりますが、他の子どもと同じ教え方では、勉強に集中できないかもしれません。

今のままでは、子どもの成績が上がらず、進級や進学に響いてしまいます。できれば、他の子どもと同じように学習に取り組んでもらいたいはずです。

そこでこの記事では、発達障がいの子どもに親がしてあげられることや、おすすめの勉強法をご紹介します。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

発達障がいの種類

発達障がいには、いくつかの種類があります。

【発達障がいの種類】

  • 自閉症スペクトラム・アスペルガー(ASD)
  • ADHD(注意欠如・多動性障がい)
  • 学習障がい(LD)

それぞれの特徴や、勉強で苦労する点を解説していきます。

自閉症スペクトラム・アスペルガー(ASD)

自閉症スペクトラムは、アスペルガーやASDとも呼ばれる先天的な発達障がいです。

【自閉症スペクトラムの特徴】

  • コミュニケーションが苦手
  • 言葉の発達の遅れ
  • 行動や興味の偏り

特に特定の行動やこだわりがあり、勉強に対しても顕著に現れます。好きな教科には熱中できますが、嫌いな教科には全く手をつけてくれません。また場の空気を読むのが苦手なため、学校でのコミュニケーションに悩みがちです。

勉強に集中できる環境を用意してあげるだけでなく、伝え方や教え方も工夫する必要があるでしょう。

ADHD(注意欠如・多動性障がい)

ADHDは注意欠陥や多動性障がいと呼ばれる発達障がいの一種です。

【ADHDの特徴】

  • 集中力がない(不注意)
  • じっとしていられない(多動性)
  • 思いつきで行動する(衝動性)

すぐに気が散ってしまうため、勉強に集中できなかったり、頻繁に忘れ物をしたりなどの行動が絶えません。

またADHDの子どもは、長時間の勉強が苦手です。そのため、勉強時間を短時間で区切ったり、好きな教科に目を向けたりなど、勉強方法を工夫する必要があります。

学習障がい(LD)

学習障がいとは、特定の能力に困難が生じる発達障がいです。全ての学習が苦手というわけではなく、以下のうち、一つ、または複数が苦手な状態を指します。

【特定の能力が苦手】

  • 聞く
  • 話す
  • 読む
  • 書く
  • 計算する
  • 推論する

例えば、読み書きや話すことは問題なくても、「数学だけついていけない」という状況も考えられます。他の教科では遅れが見られないため、「努力不足」として見過ごされることの多い発達障がいです。

もし特定の学習が苦手なら、病院で検査を受けてみてください。その上で、どう対処していけばいいのか考えましょう。

勉強しない子どもに大人がしてあげられること

子どもに教育をする両親

学習障がいの子どもは勉強が苦手です。もちろん得意な教科はありますが、全ての教科で結果を出してもらいたいですよね。

そこで勉強しない子どもに、大人がしてあげられることをまとめてみました。

【大人がしてあげられること】

  • 障がいの種類を明確にする
  • 整理整頓を教える
  • 使用する教材を変える

それぞれ解説していきます。

①発達障がいの種類を明確にする

まずは発達障がいの種類を明確にしましょう。曖昧な状態では、子どもに合った学習法が見えてきません。

「ADHDかも」「読み書きの学習障がいに違いない」など、保護者の独断で進めるのは危険です。もし判断が間違っていたら、子どもに大きな負荷をかけてしまいます。

障がいの種類を特定していない場合は、病院で検査を受けてください。その上で、担当医師にアドバイスをもらい、勉強方法を模索していくことが大切です。

②整理整頓を教える

整理整頓は、勉強の土台を作る大切な要素です。特に発達障がいの子どもは、片付けが苦手で、机の上も散らかりがちです。しかし子どもにいくら「片付けをして」と言っても、なかなか整理整頓をしてくれませんよね。

そんな時は、部屋のモノを少なくする方法がおすすめです。そもそも散らかすモノがなければ、整理整頓に力を入れる必要はありません。

頻繁に使わない教材や道具は、他の部屋や物置などに収納しておくといいでしょう。すると部屋がすっきりして、散らかりにくい環境を作ることができます。ぜひ子どもと一緒に、部屋の整理を行ってみてください。

③使用する教材を変える

勉強が苦手なのは、使用している教材が合っていないだけかもしれません。発達障がいの子どもは、特定の分野や行動が苦手なため、「合う教材」「合わない教材」が存在します。

例えば、自閉症スペクトラムの子どもは、人の発した言葉を読み取ることが苦手です。逆に図やイラストを理解する能力は高い傾向にあります。図やイラストの多い教材を使えば、学習効率が上がるかもしれません。

自分の子どもにはどんな特性があるのか理解し、それに合わせた教材を選ぶことも大切です。

発達障がいの子どもにおすすめの勉強法5選

発達障がいの子どもにおすすめの勉強法は以下の通りです。

【おすすめの勉強法】

  • 集中できないならオンライン学習
  • 勉強の教え方がわからないなら家庭教師
  • 受験を控えているなら塾
  • 勉強する環境を整えたいなら図書館
  • 勉強についていけないなら「すらら」

それぞれの特徴を解説しますので、自分の子どもと照らし合わせながら検討してみてください。

①集中できないならオンライン学習

自閉症スペクトラムやADHDなど、勉強に集中できない子どもにはオンライン学習がおすすめです。オンライン学習とは、インターネットを通じて行われる授業や講義です。

オンライン学習には2種類あります。

  • 録画した授業を視聴する「オンデマンド型」
  • リアルタイムで講師と生徒を繋ぐ「同時双方向型」

特におすすめなのが「同時双方向型」です。講師と繋がっているため、適度な緊張感があり、集中力の高い状態で学べるのがメリットです。

また最近は、スマホアプリで学べるオンライン教材も人気を集めています。ゲーム形式のアプリもあり、集中力のない子どもでもとっつきやすいでしょう。子どもの特性に合わせて、適切なオンライン教材を選択してみてください。

②勉強の教え方がわからないなら家庭教師

家庭での勉強の教え方がわからない場合は、家庭教師に依頼してみてはいかがでしょうか。家庭教師を利用するメリットは以下の通りです。

【家庭教師のメリット】

  • 1対1で指導してくれる
  • 自宅で落ち着いて学べる
  • 集中力を保ちやすい

発達障がいの子どもは、集中力を保つのが苦手です。しかし1対1であれば、その時間だけは勉強に集中してくれます。

例えば、自閉症スペクトラムの子どもは周りが気になって、学校で集中できない場合が多いです。自宅に家庭教師を呼べば、静かな環境で勉強に集中できるでしょう。

ただし家庭教師は、費用面の負担が大きいのがデメリットです。子どもの勉強の進捗状況や家庭のお財布事情を考慮しながら、依頼をするか考えてみてください。

③受験を控えているなら塾

中学生や高校生など、受験を控えている子どもには塾がおすすめです。塾は緊張感がある雰囲気で学べるため、気の散りやすいADHDの子どもに適しています。

特に集団指導塾は、周りのモチベーションに刺激をもらいやすく、「自分も集中して取り組まないと」と感じ始めるでしょう。また受験に必要な情報も得やすく、志望校の試験対策にも有効です。

ただし塾は、周りが気になってしまう自閉症スペクトラムの子どもには向きません。まずは子どもがどんな環境を求めているのか、理解してあげることが大切です。

④勉強する環境を整えたいなら図書館

静かに勉強しつつ集中力を保ちたいなら図書館がおすすめです。特に、騒がしい場所が苦手な自閉症スペクトラムの子どもや、気の散りやすいADHDの子どもに適しています。

図書館は静かな環境な上に、誘惑もありません。目の前の教科書や参考書に集中して取り組める環境が整っています。

またタイムリミットが決まっているのもメリットです。図書館には閉館時間があるため、「◯時までに終わらせないと」という気持ちが湧いてきます。心理学では「締め切り効果」と呼ばれ、集中力の維持に効果的な方法です。

静かに集中したいという子どもには、図書館をおすすめしてみてはいかがでしょうか。

⑤勉強についていけないなら「すらら」

学校の勉強についていけない、再復習をしたいという子どもには「すらら」がおすすめです。すららとは、小学校から高校の「数・国・英・理・社」に対応したオンライン教材です。経済産業省が進める「未来の教室実証事業」にも採用され、学校の同じレベルの学習が自宅で行えます。

また集中力が続かない子どものために「トークンエコノミー方式」を採用。目標を達成するごとにポイントがゲットでき、自分だけのマイページをカスタマイズできます。ゲームのように学習が進められるため、勉強に熱中して取り組んでくれるかもしれません。

自宅で学校の勉強をしたい子どもには、すららをおすすめしてみてはいかがでしょうか。

発達障がいの「勉強できない」を克服しよう

発達障がいの子どもは「勉強できない」と思われがちです。しかし、障がいの特性や子どもの性格を理解すれば、健常者の子どもと同じように学習を進められます。

保護者のあなたが、子どもにとってどんな環境が良いのか、考えてあげましょう。常に子どもと向き合う姿勢を見せ、子どもからの信頼を得ていくのも親の仕事です。

ぜひ本記事を参考に、発達障がいの子どもに向いている学習環境を整えてみてください。


この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化