• HOME
  • コラム
  • 【アスペルガー】中学生への勉強の教え方とは?発達障がいでも勉強はできる!

【アスペルガー】中学生への勉強の教え方とは?発達障がいでも勉強はできる!

アスペルガーの中学生を持つ保護者は、勉強の教え方に悩んでいるのではないでしょうか。自閉症スペクトラム障がいの中では、知能や言語に遅れはないものの、コミュニケーションができず、勉強に支障が出てしまうことがあります。

できれば円滑なやり取りをして、勉強に集中してもらいたいですよね。そこでこの記事では、アスペルガーの中学生が勉強できない理由と教え方について解説します。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

アスペルガー症候群(ASD)とは

アスペルガー症候群とは、先天性の発達障がいのひとつです。現在は自閉症スペクトラム障がいに分類されています。

【アスペルガー症候群の特徴】

  • コミュニケーションが苦手
  • 特定のものにこだわりがある
  • 感覚の過敏

対人関係は苦手なものの、知能や言語の遅れはありません。アスペルガーの人でも、有名大学を卒業して、大企業に勤めている人もいます。

「勉強はできてコミュニケーションは苦手」という位置付けにされやすく、アスペルガーだと気づかないパターンも多いです。中には表面的な会話が得意な子どももいて、周りの人と円滑にコミュニケーションができる場合もあります。

アスペルガーの中学生が勉強できない4つの理由

アスペルガーの中学生が勉強できない理由は以下の通りです。

【勉強できない理由】

  • こだわりがありすぎて勉強に追いつけない
  • 空気が読めずクラスの雰囲気を乱してしまう
  • 急な予定変更でパニックになる
  • コミュニケーションが苦手で友達ができにくい

それぞれ解説していきます。

こだわりがありすぎて勉強に追いつけない

アスペルガーの子どもは、勉強方法にこだわりを持っています。自分のマイルールに従って勉強を進めるため、時間内にやるべきことが終わりません。勉強ができる子どももいますが、細かい部分が気になり、徐々に遅れが生じ始めます。

例えば、教科書を全て書き写さないと気が済まなかったり、好きな教科だけに没頭したりと、特定の行動やものに関心を示すのが特徴です。

勉強に遅れると、自分の思い通りにならないストレスから、自暴自棄になってしまうこともあります。勉強のこだわりには個人差がありますが、保護者のサポートも考えてみてください。

空気が読めずクラスの雰囲気を乱してしまう

アスペルガーの子どもは、場の空気を読むことが苦手です。言葉のニュアンスや声の大きさなどで、相手の気持ちを察することが難しく、周りと上手くコミュニケーションが取れません。

授業中に空気を読まずに発言したり、友だちの冗談を素直に受け取って喧嘩に発展したりと、対人関係のトラブルを抱えがちです。また自分の気持ちをストレートに伝えるので、友だちを傷つけてしまう場面も。

周りの理解があれば問題ありませんが、健常者の通う学校では変わり者扱いされ、勉強できる環境を整えられないでしょう。

急な予定変更でパニックになる

アスペルガーの子どもは、同じやり方や状態にこだわりを持っています。そのため急な予定変更があるとパニックになりがちです。

例えば、授業が変更になったり、違う道中で教室に案内されたりすると、強いストレスを感じます。また時間をきっちりと守るため、先生が授業時間を過ぎて授業を進行していると、勝手に片付けて帰ってしまうことも。

強いこだわりは集中力を上げる場合もありますが、急な予定変更に対しては強いストレスを感じてしまいます。

感覚過敏でストレスを抱えやすい

アスペルガーの子どもは、感覚過敏でストレスを抱えやすい傾向にあります。感覚過敏とは、音や匂いなどの刺激に敏感に反応してしまう状態です。

【感覚過敏の種類】

  • 嗅覚過敏
  • 聴覚過敏
  • 視覚過敏
  • 触覚過敏
  • 味覚過敏

例えば、友だちの話し声が気になって勉強に集中できなかったり、お昼ご飯の匂いで体調を崩したりと、あらゆるものに敏感です。そのため勉強する環境を整えることが難しく、学校生活にストレスを感じてしまいます。

アスペルガーならではの強みもある

悪い部分が目立つアスペルガーですが、他の人にはない強みもあります。

【アスペルガーの強み】

  • 納得できるまで取り組める
  • ルールや時間を守れる
  • 記憶力が良い

アスペルガーは、興味を持った事柄に関しては異常な集中力を発揮します。納得いくまで取り組めるため、得意な教科を伸ばすことも可能です。

また記憶力の良さも勉強を後押ししてくれます。アスペルガーの子どもは、名称を覚えることが得意なので、記憶力が試される教科を伸ばしていくのもいいでしょう。アスペルガーの弱みを改善するのではなく、強みに着目して勉強を教えるのもポイントです。

アスペルガーを活かした勉強の教え方

ではどのように勉強を教えればいいのでしょうか。アスペルガーを活かした勉強の教え方は以下の通りです。

【アスペルガーに適した勉強法】

  • 宿題や課題を細かく指示する
  • こだわりを尊重する
  • 静かな環境で教える
  • 細かい質問にも丁寧に答える
  • 信頼関係を築く

それぞれ解説していきます。

宿題や課題を細かく指示する

アスペルガーの子どもは、曖昧な表現を理解できません。「ちゃんと宿題して」「予習終わった?」などの表現を使うと、混乱してしまいます。

アスペルガーの子どもには、簡単な言葉で細かく指示することが大切です。「数学の宿題は今日中に終わらせよう」「国語の予習は10ページまで」など、的確な指示をされると、その通りに行動してくれます。

伝え方を変えるだけですが、アスペルガーの子どもにとっては天と地ほどの差があります。受験勉強にも効果的ですので、細かく指示することを心がけてみてください。

こだわりを尊重する

アスペルガーの子どもは、興味の範囲が狭く、特定のこだわりを持っています。勉強においても自己流で進めたがるのが特徴です。

しかし保護者が違う手順で教えると、拒否したり怖がったりする可能性があります。そのため、子どものこだわりは尊重してあげることが大切です。子どもなりの勉強法を土台に、保護者が付け足していくのが理想といえるでしょう。

例えば、教科書を全てノートに書きたい子どもに対しては、「要点だけ書くのはどう?」「30分は時間が短くなるよ」と提案してみてください。こだわりを損なわないように、優しく語りかけるのがコツです。

静かな環境で教える

アスペルガーの子どもは、感覚過敏であらゆるものに敏感です。そのため静かな環境で勉強を教えてあげることが大切です。

【静かな環境で勉強をする方法】

  • 自宅学習の時間を取る
  • オンライン学習を取り入れる
  • 図書館で勉強してもらう

このように静かな環境は、誰にでも作れます。また学校生活にストレスを感じているなら、耳栓を持たせたり、防臭効果のあるマスクを着用させたりなどの工夫もしましょう。周りが気にならない環境であれば、アスペルガーの中学生でも勉強に集中できます。

細かい質問にも丁寧に答える

アスペルガーの子どもは、何度も質問を繰り返す癖があります。保護者としては面倒になることもありますが、なるべく丁寧に答えてあげることが大切です。

しかし、勉強の質問に答えられない場面もあるでしょう。そんな時は家庭教師に依頼するのがおすすめです。最近は発達障がい専門の家庭教師も増えており、安心して任せることができます。

家庭教師側も質問攻めになることは想定しているので、丁寧に回答してくれるでしょう。質問が多くてしんどい場合は、外部のサービスに頼るのもひとつの手です。

信頼関係を築く

良い勉強習慣を作るには、子どもとの信頼関係を築くことが大切です。信頼関係があれば、子どもは安心して勉強に取り組め、悩みや不安も話してくれます。

特にアスペルガーの子どもには、「報告・連絡・相談(ホウレンソウ)」を徹底させましょう。そして保護者は、子どもの連絡には必ず応じてください。すると子どもは「話して良かった」と感じ、自己肯定感が上がっていきます。親子関係も良い方向に進み、勉強に取り組む姿勢も変わってきます。

まずは子どもの特性に合わせて、どんな接し方が良いのか考えてみてください。

アスペルガーの子どもには自宅学習教材「すらら」

アスペルガーの中学生は、周りに左右されない静かな環境での学習がおすすめです。

すららは小学校から高校までの「国・数・英・理・社」に対応したオンライン教材です。教育の現場でも採用され、約2,500校の学校や塾で導入されています。

アスペルガーの子どもは、知能や言語に遅れがないので、環境さえ整えてあげれば勉強に集中できます。すららは自宅で学習できるため、コミュニケーションが苦手な子どもにも安心です。

発達障がいの利用者も多く、保護者様から好評をいただいています。実際に自閉症の子どもを持つ保護者の方は「最初慣れるまでは近くで見ているようにしていましたが、今はある程度任せて自学習が出来ているように思います。」と口コミをいただいています。

アスペルガーの特性を理解しよう

今回はアスペルガーの中学生が勉強できない理由と教え方について解説してきました。まずは子どもの苦手なことを理解することが大切です

その上で、どんな勉強方法が合っているのか、子どもと対話しながら考えてみてください。それでは本記事を参考に、アスペルガーの子どもの勉強法について模索していきましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化