• HOME
  • コラム
  • 【ADHDの小学生が集中できる勉強方法】親が気をつけるポイントや特性の基礎知識も徹底解説

【ADHDの小学生が集中できる勉強方法】親が気をつけるポイントや特性の基礎知識も徹底解説

ADHDの小学生が集中して勉強できないことを悩んでいる親は少なくありません。子どもの学校生活や将来のことを考えると不安に感じてしまうのも無理はないでしょう。

ADHDの小学生は学習環境の作り方にも工夫が必要と言われています。必要なサポートをして過ごしやすい環境を整えることが子どものためにもなるので、親もADHDについてある程度の知識を蓄えておくことが大切です。

今回の記事では、ADHDの小学生が集中できる勉強方法と親が気をつけるポイントや特性の基礎知識も併せて解説します。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

ADHDの基礎知識

まずはADHDの基礎知識を解説します。

【ADHDの基礎知識】

  • ADHDとは
  • ADHDの特徴・特性

子どもをサポートするためにも、ADHDの基本情報を押さえておきましょう。

 

ADHDとは?発達障がいの一種

ADHD(注意欠如・多動症障がい)は生まれつきの脳の機能障がいが原因で起こる病気で、文部科学省では次のように定義されています。

ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。また、7歳以前に現れ、その状態が継続し、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。

引用:文部科学省「参考3 定義と判断基準(試案)等

ADHD(注意欠如・多動症障がい)は、年齢あるいは発達に見合わないレベルの不注意・落ちつきのなさ・衝動性などの問題が、社会活動や学校生活に支障をきたす状態のことを言い、発達障がいの一種に分類されています。

場に応じて臨機応変に自身をコントロールすることが苦手で、ケアレスミス・不注意などの症状が他の人と比べて目立つため、ADHDの診断を受けるまでは、なかなか周囲の理解を得にくくつらい思いを経験することもあります。我慢しているうちに、うつ病など他の疾病を患うケースもあるため注意が必要です。 

ADHDの特徴・特性

ADHDの主な症状は「不注意」と「多動性・衝動性」です。

不注意に関する症状は、集中力が続かず注意力が持続できないために起こります。幼い頃はいくらか注意力が足りなくても不思議ではないため、特に低学年のうちはADHDに気付かれないまま成長していくこともあるでしょう。

多動性・衝動性は、落ち着きがなく自身を上手にコントロールできないという特性から起こる症状です。不注意の症状と同様で特に幼少期は落ち着きがないのが一般的なため、ADHDと判断することは難しいと言われています。

下記が「不注意」と「多動性・衝動性」の特徴の例です。

【不注意の特徴】

  • 忘れ物が多い
  • 物事をやり遂げられない
  • 整理整頓が苦手

【多動性・衝動性の特徴】

  • じっとしていられない
  • 体のどこかをずっと動かしている
  • 順番まで待てない
  • 思ったことをすぐに口に出す

どの特徴も学年が上がるにつれて同級生との差がはっきりとしてくるので、年齢相応でないことを周囲から指摘され始めます。

多動性・衝動性の症状は成長するにつれて落ち着いてくると言われていますが、完全になくなるわけではないので、生涯にわたって上手に付き合っていかなければなりません。

ADHDの小学生におすすめの勉強方法

ここからは、ADHDの小学生におすすめの勉強方法を7つご紹介します。

【ADHDの小学生におすすめの勉強方法】

  • 絵や記号などを多用する
  • 何度も繰り返して記憶に定着させる
  • 勉強や休憩の予定をリスト化する
  • 短期の目標を設定する
  • 仕切り板などで他のものが視野に入らないようにする
  • 外部刺激が少ない環境で勉強をする
  • 動きながらできる勉強を取り入れる

上記は、ADHDの小学生が勉強に集中するために効果的と言われている方法です。それぞれの方法について細かく説明するので、試してみて効果があるものを実践してみましょう。

絵や記号などを多用する

ADHDの子どもは、耳で聞くよりも視覚から入る情報の処理が一般的に得意です。「集中力がない」と言われる原因は視覚に気を取られることが関係しています。

この特性を利用した勉強方法として、文字や文章に絵や記号を多用してイメージと一緒に覚える方法が効果的です。目で見ることで理解しやすくなるため集中力も増していきます。

何度も繰り返して記憶に定着させる

なかなか覚えられない時は、短時間の学習を何度も繰り返して記憶に定着させましょう。ADHDの子どもは長時間の集中が難しいため、覚えるまで一気に勉強をする一夜漬けのような方法は適していません。

学校からの帰宅後・夕飯後・就寝前など、短い時間の復習を数回に分けて繰り返すことで記憶に定着させることが期待できます。

習ったことを反復練習することは学校の授業についていくためにも効果的ですが、性格によっては何度も繰り返すことに嫌気をさす子どももいるため、負担になりすぎないよう気をつけて進めましょう。

勉強や休憩の予定をリスト化する

ADHDの子どもは視覚から情報を取り入れやすいため、勉強や休憩の予定をリスト化してあげましょう。今日はこのぐらい勉強をすれば良い・この後で休憩が取れるなど、目で見て分かりやすくすることで子どもは予定を把握して集中しやすくなります。

またADHDの子どもは、口頭で物事を伝えてもすぐに忘れてしまうことも少なくありません。リスト化して一人でも確認できるようになれば忘れても思い出しやすくなり、失敗を未然に防ぐことに役立ちます。

予定をリスト化する癖がつくことは長い人生の中でも役に立つことです。

短期の目標を設定する

ADHDの小学生は長時間集中することが容易でないため、勉強内容を細かく区切り短期目標を設定するようにしましょう。少しずつ理解していくことで子どもは達成感を味わい、自信をつけることにもつながります。

1日の中でも、時間を短く区切る・教科を変えるなど気持ちを切り替えるタイミングを作ることで、集中力を維持することが期待できるでしょう。

仕切り板などで他のものが視野に入らないようにする

ADHDの子どもは目から入る情報に影響を受けやすいという特徴があるため、仕切り板などで勉強スペースを囲い、他のものが視界に入らないようにしましょう。

外部からの情報に気が取られなくなることで、勉強だけに集中して取り組みやすくなります。学習机は壁に向けて置き、机の上には今取り組んでいる勉強に関するものだけにしてください。

外部刺激が少ない環境で勉強をする

集中力が持続しにくいADHDの子どもには、音・においなどの外部からの様々な刺激に影響を受けないような環境で勉強させましょう

耳栓をして音を遮断する・食べ物のにおいがしないようにするなど、子どもが勉強だけに集中できるように気が散らない工夫が必要です。家の中で対応が難しければ図書館の活用も有効でしょう。

動きながらできる勉強を取り入れる

集中させたいからといって、机に向かうように強要させるのは子どもに大きなストレスがかかります。特に家にいる間は必ずしも机で勉強をしなければいけないわけではありません。

単語や社会の年号の暗記などは、歩きながら行ったりリズムに合わせて覚えたりする方法も効果的です。どうしても静かに座って学習するのが難しい時は、臨機応変に対応することも忘れないようにしましょう。

ADHDの小学生へ関わる際に親が気をつけるポイント

ADHDの小学生への関わり方で試行錯誤している親も多いのではないでしょうか。必要以上に子どもを心配する思いから取った行動が、実は逆効果であることも考えられます。

適切なタイミングで子どものためになる手助けがしてあげられるように、ADHDの小学生に対して親が気をつけるべきポイントをご紹介します。

【ADHDの小学生へ関わる際に親が気をつけるポイント】

  • できたことをすぐに褒める
  • 他の子どもと比べない
  • 外部の専門機関や周りに相談をする
  • 日々の疲労が溜まらないようにする

上記のポイントをご自身の普段の対応と比較してみましょう。

できたことをすぐに褒める

ADHDの小学生は、その特性から叱られたり注意されたりすることも少なくありません。周囲の理解がない中では特につらい思いをしていることも予想されます。

そのような生活の中で誰かに褒められることは、自己肯定感を高めることにつながるため重要です。子どもができたことに着目してすぐに褒めることを心がけましょう。

褒められることで子どもは自信を持ち、苦手なことにも前向きに取り組んでいけるようになります。

他の子どもと比べない

ADHDの小学生は周囲の子どもと比べて劣って見えることもあるでしょう。しかし同級生と比較して責めるようなことがあると、子どもは自信を失ってしまいます

親はADHDの特性をしっかりと理解して、できないことをサポートしてあげることが大切です。どのような手助けがあれば子どもが日常生活を送りやすくなるのかを把握して、本人の良さに目を向けるように気をつけましょう。

外部の専門機関や周りに相談をする

子どもがADHDの可能性があると思っても、自分たちだけで解決しようとする親は少なくありません。しかし、間違った判断をして子どもに接しているうちに、症状が悪化して二次障がいを発症する恐れもあります

周囲の理解がないとADHDの子どもは苦労することが多いです。早いうちに専門機関に相談して、適切なサポートをしてあげられる環境を整えましょう。

下記で相談できる窓口をご紹介します。

【子どものADHDについて相談できる場所】

  • 児童精神科・小児神経科のある医療機関
  • 発達障がい者支援センター
  • 児童発達支援センター・児童家庭支援センター
  • 市町村の障がい福祉担当窓口

お住いの市町村によっても異なるので、身近で対応可能な専門機関がないか検索してみましょう。

日々の疲労が溜まらないようにする

ADHDの小学生は、その特性が原因で学校でつらい思いをしていることもあります。周囲から見たら変化のない日常でも、我慢していたり悔しい思いをしていたりと精神的に大変なこともあるでしょう。

そのような日々の連続で疲労が溜まっていると、勉強に集中できなくても当然です。

そのため、家庭では子どもの話をしっかりと聞いてあげて、少しでも気持ちが安らぐように環境を整えてください。十分に栄養・睡眠をとり、心身ともにリラックスして疲労を和らげられるよう気をつけましょう。

ADHDの小学生に関するよくある質問

最後に、ADHDの小学生に関するよくある質問に回答します。

【ADHDの小学生に関するよくある質問】

  • 勉強に集中できないのはADHDの特性が原因?
  • ADHD=勉強できない・ついていけない?

予備知識を持つことで少しでも不安を軽減させて、気持ちにゆとりを持ちながら子どもと向き合っていきましょう。

勉強に集中できないのはADHDの特性が原因?

勉強に集中できない原因がADHDの特性であることも可能性としてはありえます。しかし集中力がないという理由だけでADHDであるとは判断できないため、必ず医師の診断が必要です。

成長とともに集中力も向上してくるのが通常のため、年齢に不相応であると感じるのであれば早めの対応が大切でしょう。

ADHD=勉強できない・ついていけない?

必ずしも「ADHD=勉強できない・ついていけない」というわけではありません。集中力が持続できないことから勉強への遅れが生じてしまい、学習に対する苦手意識ができてしまう傾向があるは事実です。

しかし、ADHDの特性が影響する不得意があっても、特定の分野で並外れた才能を発揮している人はたくさんいます。ADHDの診断を受けても、心配しすぎずに適切なサポートを継続していくことが大切です。

苦手な部分を補いながら得意を伸ばすことに力を入れていきましょう。

まとめ:ADHDの小学生の活躍のためには周囲の理解が必須!適切な手助けをしよう

今回の記事では、ADHDの小学生が集中できる勉強方法や親が気をつけるポイント、特性の基礎知識について説明しました。

ADHDは発達障がいの一つで、生まれながらの脳の働きの違いによって起こるものです。本人の努力だけではどうにもならない部分もあるため、親がADHDについて知って子どもがどのような助けを必要としているのか周囲に理解を求めることが必要になります。

症状が軽くても周囲の協力がなければ子どもは学校生活で苦労をするかもしれません。反対に周囲の理解があり適切なサポートを得られる環境が整っていれば、症状の重さにかかわらず本人にとっては過ごしやすい状況であることも予想できます。

少しの気配りでもADHDの小学生の生活は良い方向に変化します。子どもの長所に目を向けて長い目で支援を続けていきましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化