• HOME
  • コラム
  • 【ADHDの勉強方法】勉強をする上での困りごと〜おすすめの6つの勉強法を紹介

【ADHDの勉強方法】勉強をする上での困りごと〜おすすめの6つの勉強法を紹介

ADHDの子どもがいる家庭で、勉強嫌いで困っているという悩みを抱えた親もいるのではないでしょうか。 勉強嫌いのADHDの子どもは特性上、前向きに勉強を進められないケースもあります。

しかし、ADHDの子どもでも、勉強をしている環境と勉強法を整えれば克服できるケースも少なくありません。今回は、ADHDの子どもにおすすめの勉強法と困りごとの克服方法をまとめました。 学校の授業だけが勉強の場ではありません。

自宅で可能な勉強法も併せて紹介しているので、子どもに適した環境づくりをしていきましょう。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

ADHDで勉強が集中できないのは環境が要因の可能性もある

ADHD 勉強法 散らかる

そもそもですが、ADHDの子どもが勉強に集中できないのは、余計なものが視界に入っている・誘惑が多いなど環境が要因の可能性も考えられます。

集中力の持続が苦手なADHDの子どもだからこそ、勉強をする環境の整備が大切です。視覚・聴覚・嗅覚といった五感が敏感である子どももいるため、勉強に集中できる環境にあるか、本当に適した状態なのか見直してみましょう。

環境を整える際に親が子どもへできるサポート

とはいえ、子どもが集中して勉強できるためには、親が環境を整えるためのサポートが大切です。以下は、勉強環境を整備するためのポイントになります。

勉強環境を整備するポイント

  • 勉強机の整理整頓
  • スマホを遠ざける
  • 机を壁向きにする
  • 生活音や外部からの雑音から遠ざける

視界から勉強に関係のないものを無くし、集中できる環境を整えましょう。別の部屋からテレビの音が聞こえるなど、勉強をする時には生活音を最小限に抑えるよう心がけてください。

「勉強が辛い…覚えられない…」ADHDの勉強をする上での3つの困りごと

ADHD 勉強 困りごと

ADHDの子どもにとって、勉強が辛く覚えられないのには要因があり、特性からきている可能性もあります。ADHDのそれぞれの特性は以下の通り。

 

ADHDの種類 特性
不注意 忘れ物やミスが多い
計画を立てるのが苦手
注意力が散漫しやすい
やるべきことを後回しにする
飽きっぽい
多動性・衝動性 いつもそわそわしている
じっとしていられない
関心が移りやすい
質問や話をさえぎる
静かにするのが苦手
混合型 不注意と多動性・衝動性が混合している

ミスや忘れ物が多かったり、趣旨とまったく違う行動・会話をするなど、日常で困るケースもあるでしょう。ただし、ADHDの特性を理解することでサポートできます。強い関心を持った時には集中力が高まる傾向にあるのも特性の1つです。

子どもに適した生き方や勉強法を導き出した結果、社会で活躍している人も少ないわけではありません。ADHDの子どもの特性について特性別に勉強をする上での困りごとを見ていきましょう。

不注意:ギリギリまでに追い詰められないとやる気が出ない

注意力が散漫することで勉強に集中できない「不注意型」は、順序立てて最後までやり通すことが苦手な傾向にあります。

ギリギリまで勉強をしなかったり、毎日コツコツと机に向かうことが好きではありません。楽しい遊びがあれば勉強の時間を忘れ、飽きっぽく最後までやり遂げるのが苦手です。

不注意型の勉強をする上での弊害

  • 勉強する時間を後回しにする
  • 勉強の時間を自分で計画を立てて管理ができない
  • 興味が他にあると勉強の時間を忘れる

多動性・衝動性:気が散りやすく集中力が続かない

じっとしておくのが苦手な「多動性・衝動性」は、勉強に集中できず他に関心が移りやすい傾向にあります。机に向かってもソワソワして別のことしたり、部屋から離れて遊びだすなど長く集中できません。

マンツーマンで教えていても、興味が他に向けば勉強に関係ない話を急に始めたりします。

多動性・衝動性の勉強をする上での弊害

  • じっとしていられない
  • 他に関心が移る
  • 机に向かっても勉強に集中できない

混合型:落ち着いて勉強できず忘れ物をしやすい

不注意型と多動性・衝動性の両方を持った「混合型」は、集中力が持続せず勉強を後回しにする傾向があります。落ち着いて勉強するのが苦手で、教材を忘れたりと最後までやり通すことができません。

学校や塾など人がいると勉強に集中できず、個別学習ができる環境づくりがより大切です。

混合型の勉強をする上での弊害

  • 落ち着いて勉強できない
  • 周りに人がいるだけで他に関心が向く
  • 忘れ物をしたり勉強の環境を自分で作れない

勉強嫌いを前向きに!ADHDのおすすめの5つの勉強法

ADHD 勉強法 タブレット

ADHDの子どもで前向きに勉強できる5つの方法を紹介します。

  • 図や絵を使って理解しやすいようにする
  • 勉強のスケジュールに細かく見積もりを立てる
  • 短期的な目標を立てておく
  • スマホやタブレットで学習できる教材を活用する
  • 疲労が出ない状態で勉強をする

子どもの適性を考えた勉強法を与えることで、将来的に活躍できる場の提供が可能です。ADHDの子どもでも勉強ができる子どもはたくさんいます。

子どもの特性を踏まえつつ、できる方法を1つずつ取り入れてみましょう。

図や絵を使って理解しやすいようにする

勉強の内容が理解しやすいように、図や絵など視覚で感じる学習方法を取り入れましょう。ADHDの子どもは、言葉や文章よりも視覚でイメージする方が得意な傾向にあります。

理解できない勉強法では集中力を保つことが困難です。視覚でイメージしやすい映像・画像を使うことで理解が高まり、集中力の増加と勉強の楽しみも感じられます。

  • 視覚でイメージできる勉強法を取り入れると理解が高まる
  • 図や絵などを取り入れた分かりやすい教材を使う
  • 理解が高まると集中力の増加に繋がる

勉強のスケジュールに細かく見積もりを立てる

勉強のスケジュールをリストに書き出して、子どもが目で見て理解できる環境を作りましょう。いつ何の勉強をするか、休憩の時間など、一目で分かるように細かく見積もりを立てることが大切です。

視覚で理解できるため、もし勉強を忘れたとしても、子どもと一緒にリストを確認して再度取り組めます。親と子どもで一緒に共有しながら学習の時間を明確にしていきましょう。

  • 目で見て分かる勉強のスケジュール表を作る
  • 勉強、休憩の時間など細かにリストに書き出す
  • 大人になって仕事や生活を自分で管理する練習に繋がる

短期的な目標を立てておく

目で見て分かる短期的な目標を立てて、子どもが勉強をしやすい環境を作ってあげましょう。細かに目標を設定することで、集中力が途切れず勉強に取り組めます。

1時間など長時間ではなく、10~30分単位で短期的な目標を立てるとより効果的です。同時進行をして一気に学習するのではなく、科目の中でどこまで勉強をするか、何を学ぶのかまで明確にしておきましょう。

  • 目で見て理解できる短期的な目標を立てる
  • 10分単位など短期集中できる無理のない目標が大切
  • 一度に学習する範囲を広くせず、短い時間で回数を重ねる勉強方法が効果的

スマホやタブレットで学習できる教材を活用する

スマホやタブレットで学習教材を活用すると、人に教わらずに勉強できるメリットがあります。学校や学習塾のように周りに人がいないため、1人で集中できる環境はADHDの子どもにとって効果的です。

さらに、同学年の友達におくれを取っていても、周りを気にせず自分の学力に合わせた勉強ができます。タブレット学習は子どもがゲーム感覚で楽しめる教材も用意されており、ADHDの子どもも活用されやすい教材になりました。

映像や画像を使った理解しやすい学習を人に教わらずできるのは、ADHDの子どもにとって大きなメリットです。

  • スマホやタブレットで学習すると人に教わらずに勉強ができる
  • 1人で集中して勉強する環境を子どもに提供できる
  • 友達におくれを取っていても自分のペースで勉強ができる
  • スマホやタブレット学習は視覚で分かりやすい教材でゲーム感覚でも楽しめる

疲労が出ない状態で勉強をする

少しでも疲労が出ない状態で勉強ができる環境づくりが子どもにとって大切です。ADHDの人は聴力や視覚に敏感で、環境が悪いと集中できず疲労がたまりやすい傾向にあります。

勉強する環境に関係のない物は置かず、雑音を防ぐ環境を作ると効果的です。上記で解説したタブレット学習であれば、イヤホンを付けるなどして雑音を防ぎながら勉強に集中できます。

疲労が出た状態で勉強をすると集中できづらくなるケースも少なくありません。勉強法を組み合わせつつ、少しでも疲労を軽減させる工夫をしていきましょう。

  • 聴覚、視覚、嗅覚などストレスの原因を防ぐ
  • 集中できないことが疲労感に繋がるので勉強する環境は大切
  • スマホやタブレット学習でイヤホンを付けるなどして雑音を防ぐ

まとめ:ADHDの特性を理解し勉強をサポートしよ

今回はADHDの子どもの特性とおすすめの勉強法を紹介しました。具体的な勉強法は以下の5つです。

  • 図や絵を取り入れた分かりやすい勉強法
  • 学習スケジュールを細かに立てる
  • 短期的な目標を立てる
  • スマホやタブレット教材を活用する
  • 疲労が出ない環境づくり

 

まずは、ADHDの子どもの特性を理解して適した勉強法を導き出してください。さらに、1つだけ取り入れるのではなく、複数の勉強法を組み合わせると効果的です。

ADHDの人でも将来的に活躍できる場はたくさんあります。親がサポートできる今のうちに、子どもと一緒に将来への道を作っていきましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化