• HOME
  • コラム
  • 【認知特性の種類】6つのタイプの特徴やおすすめの勉強方法をご紹介

【認知特性の種類】6つのタイプの特徴やおすすめの勉強方法をご紹介

人の名前と顔がなかなか一致しない・本を読むのに時間がかかる・メールは得意だけど電話は苦手など、誰にでもどうしても上手にできないことはあるものです。苦手でも避けずに取り組まなければならないことが人生にはたくさんあります。

精一杯努力をしても成果が出ず諦めかけている人にこそ知ってほしいのが認知特性の働きです。認知特性について学び、自分の考え方の癖を把握することで改善できることは少なくありません。

今回は、認知特性の種類・特徴やタイプごとにおすすめの勉強方法を詳しくご紹介します。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

認知特性とは

認知特性とは、五感から取り込んだ情報を記憶して理解・表現する能力のことです。人は日々の生活の中で「認知」を繰り返していますが、その方法は誰もが同じではありません。

認知特性は大きく次の3種類に分類されます。

  • 視覚優位者
  • 言語優位者
  • 聴覚優位者

「見る」「読む」「聞く」など、得意な情報処理の方法は一人ひとり異なります。必ずしも一つの特性にだけ当てはまるわけではなく、いくつかを併せ持っている人もいます。

認知特性の6つの種類

認知特性は視覚優位者・言語優位者・聴覚優位者の3タイプからさらに細かく分かれて、下記の6つに分類されます。

  • 【視覚優位者】写真(カメラアイ)タイプ
  • 【視覚優位者】三次元映像(3D)タイプ
  • 【言語優位者】言語映像(ファンタジー)タイプ
  • 【言語優位者】言語抽象(辞書)タイプ
  • 【聴覚優位者】聴覚言語(ラジオ)タイプ
  • 【聴覚優位者】聴覚&音(サウンド)タイプ

認知特性は成長とともに身につける力ではないため、個人の才能とも言えます。認知特性を知らないことは、才能に気づかないで生活しているようなものです。

それぞれの特性について下記で詳しく説明します。

【視覚優位者】写真(カメラアイ)タイプ

カメラアイタイプとも言われる写真タイプは、見たものを写真を撮るように脳内に取り込んで理解します。 アルバムの中から写真を見るようにイメージできるので暗記も得意です。

一度覚えたことはなかなか忘れないという特徴がありますが、過去の嫌な経験がいつまでも鮮明に頭の中に残ってしまうことで苦労することもあります。

目から見た情報の処理をする能力が高いため、画家・芸術家などはこのタイプのことが多いです。

【視覚優位者】三次元映像(3D)タイプ

三次元映像(3D)タイプの人は、見たものを間的に把握するのが得意です。立体的に記憶できるため、人の顔を正確に覚えることができます。また、どこにどの建物があったかも覚えていられるので一度通った道は忘れません。

暗記するときは、自分の体験エピソードのように覚えた時の周辺環境・状況を含めて記憶することで、時間が経っても容易に思い出すことができるでしょう。

【言語優位者】言語映像(ファンタジー)タイプ

言語映像(ファンタジー)タイプの人は、映像に置き換えてイメージしてから記憶します。右脳と左脳がバランス良く働いており、言語から映像化すること・映像を言葉で表現することの両方が得意です。

文章から簡単にイメージができるため、物語にのめり込んでしまうほど読書好きな人が多いでしょう。

またイメージを言語に結びつけることができ、比喩表現も上手なためコピーライター・絵本作家・雑誌の編集者などの職業が向いています。

【言語優位者】言語抽象(辞書)タイプ

言語抽象(辞書)タイプの人は、図やグラフを使って情報処理する能力に長けています。文字だけでなく、家系図や相関図なども組み込んで分かりやすく綺麗にノートを取るのが得意です。

人に説明するのが上手なため、作家や教師の職業が向いています。

【聴覚優位者】聴覚言語(ラジオ)タイプ

聴覚言語(ラジオ)タイプの人は、耳で聞いた情報を音としてそのまま理解します。文字を読んで分からないことでも耳を介すと分かりやすくなるという点が特徴的で、授業は聞いただけで覚えることができ、難しい話でも理解が早いです。

テレビで一度聞いたセリフをそのまま暗記できる得意技があります。アナウンサー・落語家の人はこのタイプに属するでしょう。

【聴覚優位者】聴覚&音(サウンド)タイプ

聴覚&音(サウンド)タイプの人は、言語としての意味がない階や音色をそのまま理解する能力があります。一度聞いた音をそのまま再現できるので、動物の鳴き声などのモノマネが上手な人が多いです。

外国語の発音も上手で、意味が分からなくてもそのまま音として声に出せます。絶対音感を持っている・並外れた音楽センスがある人はこのタイプで、音楽家として才能を活かした活躍ができるでしょう。

自分の認知特性を知るメリット

認知特性は生まれつき持っている才能のため、上手に活用することで自分の能力を発揮しやすくなります。得意分野を伸ばすことにも苦手分野を補うことにも役に立つので、自分の特性を知ることには大きなメリットがあるでしょう。

認知特性を知るメリットとして具体的に下記の2点を紹介します。

  • コミュニケーションがとりやすくなる
  • 記憶力を向上できる

認知特性の活用方法の一例として参考にしてください。

コミュニケーションがとりやすくなる

認知特性はコミュニケーションに大きく関与していると言われており、特性が違う人同士が会話をすると話がスムーズに進まないことがあります。

会話は、話を聞いて内容を理解する・表現して伝えることの繰り返しです。特性によって理解の仕方が違うため、同じ伝え方をしても人によっては話が伝わりにくいこともあります

相手の認知特性を正確に理解することは簡単ではありませんが、なんとなく自分とは違う特性であることは感じることはできるでしょう。人によって特性が異なることを理解していれば、相手に対して寛容になれるので人間関係のストレスを減らすことにもつながります。

記憶力を向上できる

自分の認知特性を知ることは記憶力の向上にもつながります。読む・書く・聞くなど覚え方にも色々ありますが、得意な方法を選択すれば効率良く覚えることができるでしょう。

例えば、聴覚優位の人が覚えるまでひたすら書き続ける方法で勉強しても効果は出にくいことが想像できます。自身の認知特性に適したやり方で学習をして効率アップを図りましょう。

認知特性に合う勉強方法

【発達障がいだと受験勉強はどうすればいい?】受験のタイミングや学校の選び方、勉強のコツを紹介!

なんとなく周囲の人がしている学習方法を真似して勉強している人は多いのではないでしょうか。

認知特性が関係した向き・不向きは誰にでもあるので、特性を意識して学習することをおすすめしますせっかくの努力を無駄にしないように、特性を最大限に活かして勉強しましょう。

次にそれぞれの認知特性に適した勉強方法をご紹介します。

  • 写真(カメラアイ)タイプに合う勉強方法
  • 三次元映像(3D)タイプに合う勉強方法
  • 言語映像(ファンタジー)タイプに合う勉強方法
  • 言語抽象(辞書)タイプに合う勉強方法
  • 聴覚言語(ラジオ)タイプに合う勉強方法
  • 聴覚&音(サウンド)タイプに合う勉強方法

写真(カメラアイ)タイプに合う勉強方法

写真(カメラアイ)タイプは、写真を撮るように画像で記憶できるのでイラストと一緒に覚える勉強方法がおすすめです。

暗記するために何度も繰り返し書くだけの方法では効果は出にくいですが、絵や写真などを加えて頭の中でイメージできれば楽しんで学習ができて集中力も高まります。具体的に思い浮かべることで、後からも思い出す時にも役立つでしょう。

三次元映像(3D)タイプに合う勉強方法

三次元映像(3D)タイプには、学習した時の状況を一緒に覚える方法がおすすめです。勉強をした場所や時間、机にあった物などを覚えておくことで、自分の体験談を振り返る感覚と同様に思い出しやすくなります。

歴史の年号は、その年にあったことや関連する登場人物も合わせて暗記すると一石二鳥です。また、動画などの映像を使った学習も向いています。

言語映像(ファンタジー)タイプに合う勉強方法

言語映像(ファンタジー)タイプは目で見た文章を映像にして記憶するので、文字・文章・絵・写真をバランス良く使って覚える方法が効果的です。

歴史の年号の語呂合わせは向いている勉強法の代表的な例で、状況をイメージできれば記憶に定着しやすくなります。また、英単語は使う場面を具体的に頭の中で想像することで簡単に覚えることが可能です。

言語抽象(辞書)タイプに合う勉強方法

言語抽象(辞書)タイプは、覚えたいことを式化してノートに細かくまとめることで記憶に定着させることができます。

この特性を活用できるのがコーネル大学の学生のために考えられた「コーネル式ノート術」です。1ページを「メモを取る領域」「キーワードを記す領域」「全体の要約を書く領域」の3つ分けて情報を整理して記録します。

綺麗にノートを書くことを意識することで効率的に勉強できるでしょう。

聴覚言語(ラジオ)タイプに合う勉強方法

聴覚言語(ラジオ)タイプは、聞くことが得意なので耳を介した学習方法を選びましょう。書いて覚えられないことでも、録音したものを聞いて発声したり音声教材を利用したりすることで理解しやすくなります。

耳で聞く勉強方法は、通学中などの移動時間や隙間時間も有効活用できるのでおすすめです。

聴覚&音(サウンド)タイプに合う勉強方法

聴覚&音(サウンド)タイプは、音色や音階などの音楽的イメージで情報処理できるため、言葉や文章にリズムや抑揚をつけて読んだり歌ったりして勉強するのが効果的です。替え歌で覚えた年号や科学の言語記号などは、大人になっても忘れられないほど記憶に定着します。

リスニングや動画を利用する方法もおすすめで、とにかく耳から聞いて学習できる手段を選びましょう。

認知特性の種類に関するよくある質問

最後に、認知特性の種類に関するよくある質問に回答します。

  • 認知特性がバランス型の人もいる?
  • 認知特性の種類の診断はどこでできる?

認知特性は勉強面・コミュニケーションだけでなく、職業選択まで幅広く役立てる場面があります。認知特性を人生で上手に活用できるように知識を蓄えましょう。

認知特性がバランス型の人もいる?

認知特性はあくまでその人の傾向であり、必ずしもいずれかのタイプに属していて線引きできるわけではありません。一つの特性だけが際立っているタイプもいれば、バランス型の人もいます

特性がアンバランスで苦労することもありますが、自分自身の得意・不得意の原因が認知特性にあることが分かれば対策も取りやすいでしょう。

認知特性の種類の診断はどこでできる?

認知特性の種類は、医師の本田真美氏による本田40式認知特性テスト診断ツールを利用することで分かります。10分程度の時間で診断できるのでぜひ利用してみてください。

診断する際は、努力や慣れによってできるようになったことではなく、幼い頃の自身の傾向を考えて判断してみましょう。自分の強み・弱みは認知特性が関連していることを実感できるはずです。

認知特性を自覚することで、「こんな面もあったんだな」と自分自身について改めて理解するきっかけにもなります。

まとめ:自分の認知特性が分かれば勉強もはかどる!特性を活かして学習しよう

今回の記事では、認知特性の6つの種類について特徴やおすすめの勉強方法をご紹介しました。認知特性は生まれた時から個々に備わっているものにもかかわらず、知らないまま過ごしている人がほとんどです。

認知特性が分かれば、力を発揮しやすい分野を知ることができるので人生の選択にも役立ちます。また、困難を回避しながら目標まで最短ルートで進むこともできるでしょう。

適した学習方法を選択できるように、まずは自分の認知特性を分析してください。自分の得手・不得手を自覚することが将来に向けて大切な役割を果たします。認知特性を利用して自分の強みを最大限に活かした人生を送りましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化