• HOME
  • コラム
  • 【引きこもりの小学生にやってはいけない3つの対応】親が子どもにできる支援や引きこもりと不登校の違いも徹底解説

【引きこもりの小学生にやってはいけない3つの対応】親が子どもにできる支援や引きこもりと不登校の違いも徹底解説

「引きこもり」は日常でも頻繁によく耳にする言葉で、子ども・大人の年代を問わずに重要な問題になっています。子どもが引きこもりになってしまい、対応に困っている親は少なくないでしょう。

感情を上手にコントロールできず精神的にまだ不安定な小学生は、少しのことがきっかけで引きこもりになってしまうことがあります。その際に近くにいる親の役目は重大で、引きこもりが解消するか長引いてしまうかに影響することもあるでしょう。

この記事では、小学生が引きこもりになる理由・原因から子どものために親ができる支援まで詳しく解説します。



この記事を読む方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

引きこもりと不登校の違い

引きこもりと不登校はどちらも学校へ行けない状況であることは共通してますが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

ぞれの違いを丁寧に把握することは、悩んでいる子どもへの適切な対応のためにも役立ちます。下記で文部科学省による定義をそれぞれ見てみましょう。

【引きこもり】

様々な要因の結果として、社会的参加(義務教育を含む就学、非常勤職を含む就労、家庭外での交遊など)を回避し、原則的には6か月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態。(他者と関わらない形での外出をしている場合も含む)

引用:文部科学省「引きこもり関連施策

【不登校】

何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの。

引用:文部科学省「不登校の現状に関する認識

引きこもりは子どもから社会人まで幅広い年代を含みますが、不登校は高校生までの学校へ通う児童・生徒が対象です。日数にも違いがあり、引きこもりは6か月以上と長期間であるのに対して不登校は30日以上の欠席を意味します。

また社会参加の有無も大きな違いです。引きこもりは人との接触をほとんど絶ち、家族とさえ交流を持たない人もいます。対して不登校は、あくまで学校へ登校しないことに着目していて、友達とは交流があったり塾に通ったりする生徒もいます

小学生が引きこもりになる理由・原因

小学生が引きこもりになる理由は子どもの性格・状況によって異なりますが、似たような感情を抱いている傾向があります。日頃から子どもの様子に気を配ることで変化に気付きやすくなり、いざという時に助けやすくなるでしょう。

ここでは、小学生が引きこもりになる理由を6つ説明します。

  • 環境の変化
  • 学校の勉強についていけない
  • コンプレックスがあり自分に自信がない
  • 人間関係に苦手意識がある
  • 家族や学校に対する反抗心
  • 将来に対する漠然とした不安

環境の変化

特に小学校低学年が引きこもりになる原因の一つが環境の変化です。小学校へ入学すると、今までいつも一緒にいた母親と長時間離れることになります。

困った時にすぐに頼れていた母親が近くにいないことに大きなストレスを感じることで、学校へ行くことに抵抗が出てきしまい引きこもりになってしまうのです。

また、毎日同じクラスで時間割通りに過ごす規則正しい集団生活にも、慣れるまで時間がかかる子どもは少なくありません。校則などの決まりに縛られた生活にもストレスを抱えてしまう可能性があります。

学校の勉強についていけない

学年が上がるごとに勉強の難易度が上がるので、授業についていけないことは子どもにとって大きな不安です。テストの成績で友達と比較されたり、優劣を自覚したりすることもあるでしょう。

学校にいる時間のほとんどは授業をして過ごすので、勉強に大きな不安があると決して楽しい時間ではありません。不安が解消されないまま過ごしているうちに登校することを拒み、引きこもってしまう可能性があります

コンプレックスがあり自分に自信がない

小学校へ入学すると新しい出会いがあり、たくさんの友達と一緒に長い時間を過ごします。学業・運動・外見など様々な面で友達と自分を比較してしまうこともあるでしょう。

その結果、「成績が悪い」「運動神経が悪い」などとコンプレックスに感じることで人前に出ることを恥ずかしく思い、引きこもりにつながることがあります

人生経験の少ない小学生は、小さなつまづきが自信喪失のきっかけになることもあるので、子どもの様子に問題がないか気をくばり褒めることも忘れないようにしましょう

人間関係に苦手意識がある

新しい友達・先生とのつながりが増え、コミュニケーションの幅が広がる小学生の時期は、元々おとなしくて自分を表現するのが苦手な子どもにとってはストレスの大きな環境です。常に緊張して気を使いながら学校生活を送ることで、疲れが蓄積してしまうこともあるでしょう。

友達の輪に入れないなど学校で過ごしにくさを感じることが不登校につながり、やがて引きこもりになってしまう可能性もあります。このように人間関係に苦手意識がある子どもは、人との関わりを避けるために引きこもりになる可能性が高いです。

家族や学校に対する反抗心

家族や学校に対する反抗心も原因の一つです。規律通りに過ごさなければいけない学校生活や、気持ちを理解してくれない家族への不満に耐えられず、結果として引きこもりにつながることがあります

親が話を聞いてくれないことも、子どもにとっては不満を抱く理由の一つです。子どもと向き合って十分にコミュニケーションが取れていたか振り返ってみましょう。

将来に対する漠然とした不安

小学校へ入学した子どもは様々な教科を言われるがまま勉強しなければいけませんが、「意味があるのかな」と将来に対して漠然とした不安を抱くこともあります。小学生の頃は夢や目標がなくてもおかしくありませんが、学校では将来を意識した話をされることもあるでしょう。

夢をはっきりと持っている友達と比較してしまい不安になるのが子どもの心境です。自分の将来がはっきり見えないことに恐怖感を感じることで学校へ行く意欲も無くなり、次第に引きこもりにつながることがあります

引きこもりになりやすい小学生の特徴

小学校へ入学した子どもは同じような環境で成長をしていきますが、引きこもりにならない子の方が大多数です。それではどのようなタイプの子どもが引きこもりになるのでしょうか。

引きこもりになる子どもには似たような特徴があります。

  • 感受性が豊か
  • プライドが高い

  • 気が弱い

ご自身の子どもにこのような気質がないか確認してみましょう。

感受性が豊か

引きこもりになりやすい小学生は感受性が豊かな傾向があります

小学生になると好き嫌いに関係なく様々なことに取り組まなければなりません。それぞれ成績がつけられて、つらい思いをすることもあるでしょう。

感受性が豊かな子どもは、人の目が気になったり評価に一喜一憂したりするので不安になることが多いです。感情的で些細なトラブルでも傷つきやすいため、引きこもりにつながることがあります。

プライドが高い

プライドの高い子どもは、テストの点数・運動・芸術的センスなどで友達に負けたくない気持ちを強く持っています。周囲の友人と自分を常に比較していて、失敗した時に絶望感のようなマイナスの感情を強く抱いてしまう点が特徴的です。

小学校では自分よりも優れた生徒もいるため、プライドの高い子どもは失敗や周囲より劣っていることを受け入れることができず、引きこもりになってしまうことがあります。

気が弱い

気が弱い子どもも引きこもりになりやすいです。このタイプの子どもは思ったことを口に出せず我慢してしまい、常に周囲に合わせて学校生活を送っています。親に心配をかけたくない思いも強いため、相談するのも簡単ではありません

ストレスが溜まった状態が続くといずれ限界に到達してしまい、誰にも心を開けずに引きこもりになってしまうことがあります

引きこもりの小学生への3つのNG対応

子どもの引きこもりを解消させたい思いから取る行動が逆効果になることがあります。気をつけて対応しないと、引きこもりが長引いてしまったり子どもが心を開くきっかけを奪ってしまったりする可能性もあるので気をつけましょう。

ここでは、引きこもりの小学生へのNG対応を3つご紹介します。

  • 引きこもりの原因・理由を問い詰める
  • 無理に登校させる
  • 「甘え」や「怠け」と言う

引きこもりの原因・理由を問い詰める

引きこもりの原因を問い詰めるような行動は、子どもの心を閉ざす危険性があるため逆効果です。原因を追求することだけが解決につながるわけではありません。

子どもは引きこもりになるまで誰にも相談できない葛藤があり、苦しんでいたことが予想されます。無理に原因を聞き出そうとせずに子どもの気持ちに寄り添うことが大切です。子どもが心を開き、自分から悩みを打ち明けてくれるまで焦らずに見守りましょう。

無理に登校させる

子どもが引きこもりになってしまったら、早く学校へ登校させたいと思うのは親の当然の感情でしょう。しかし、本人の気持ちを無視して無理に登校させることは子どもに大きな負担がかかります

子どもは好んで登校ができなくなったわけではありません。苦しんで現状に至っていることを理解して、子どもの感情が回復するまではゆっくりと休ませてあげましょう。

「甘え」や「怠け」と言う

子どもが引きこもりになってしまったことに対して責めるような発言は控えましょう。引きこもりになった原因は決して「甘え」でも「怠け」でもありません

これまで子どもがつらい思いを耐えていたことを思いやり、理解してあげることが大切です。親に非難されるような言葉をかけられると子どもは余計に心を閉じて引きこもってしまうでしょう。

どもにとって「親は味方だ」と認識することが次の一歩につながります。できるだけ肯定することを忘れないようにしましょう。

引きこもりの小学生に親ができる支援

引きこもりの小学生の一番近くにいるのが親です。親の役割によって、引きこもりが解消に近づいたり逆に長引いたりすることもあります。

ここからは、引きこもりの小学生に親ができる支援を紹介するのでぜひサポートに役立ててください。

  • 感情的にならずに寄り添う
  • 子どもの意見を尊重してあげる
  • 生活リズムを崩さないようにする
  • 専門家・支援機関に相談する
  • 親が元気な姿を見せる

感情的にならずに寄り添う

子どもが引きこもりになり不規則でだらしのない生活を続けていたとしても、感情的にならずに寄り添う姿勢を大切にしましょう十分な信頼関係がない中で叱られると、子どもは理解されないと感じて余計に引きこもってしまいます

引きこもりが長引くと親自身も心に余裕がなくなり、つい感情的になってしまことがありますが、冷静に普段通りコミュニケーションをとるようにしましょう。

子どもの意見を尊重してあげる

引きこもりになった子どもは、いろいろな複雑な思いを抱えています。周囲との接触を避けて引きこもっていますが、親には本心を話す機会があるかもしれません。その際は子どもの意見を否定せずに受け止め、褒めたり尊重したりしてあげましょう。

特に回復の時期が近い頃は、子どもから積極的に意見を伝えてくる機会が増えます。話を最後まで聞かなかったり意見を一方的に否定したりすると、親は理解してくれないと感じて引きこもりが長期化するきっかけとなるかもしれません。

前向きになりかけている思いを尊重して、一歩後押ししてあげる発言を心がけましょう。

生活リズムを崩さないようにする

引きこもりになると学校へ行く習慣がなくなるため、起きる時間も寝る時間も気にせずに生活する日が続きます。昼夜逆転の生活になったり食事を抜いたりと、生活リズムが崩れることも珍しくありません。

規則正しい生活をしていた方が、学校へ復帰してもスムーズに学校生活になじめるというメリットがあります。昼間に起きていなければいけない用事を作るなどの工夫をして、学校へ通っていた頃の生活リズムに近づけるように心がけましょう。

生活リズムを戻せないことが原因で引きこもりが解消しないこともあります。

専門家・支援機関に相談する

状況が悪化しないうちに専門家・支援機関に相談することがおすすめです。家族内で解決しようとせずに、正しい知識を持った相談先の支援を受けることが早い解決にもつながります。

下記で主な相談先を紹介するので、お住いの地域で対応可能な機関を探してみましょう。

  • 市町村の相談窓口
  • 児童相談所・児童相談センター
  • 引きこもり地域支援センター
  • 精神保健福祉センター

どのように対応したら良いか分からずに、親自身もストレスを抱えてしまうケースも多く見られます。専門家・支援機関から適切なアドバイスをもらい、子どものためになる判断をしましょう。

親が元気な姿を見せる

子どもが引きこもりになると悩むことが増えますが、親自身が元気な姿を見せることも大切なことです。子どもは親が不安そうな姿を見ると「自分のせいだ」と罪悪感を感じます。それでも思うように引きこもりを直せないと、さらに強いストレスを感じてしまうでしょう。

親が人生を楽しんでいる様子は、子どもが明るい未来を想像するきっかけにもなります。子どもの心配をすると暗い気持ちになりがちですが、家庭内を明るく保ちながら元気な様子を見せるように気をつけましょう

引きこもりの小学生に関するよくある質問

最後に、引きこもりの小学生に関するよくある質問のお答えします。

  • 小学生で引きこもりの子どものその後は?
  • 子どもが引きこもりになりやすい親の特徴はある?

気持ちに余裕を持って子どもと接するためにも、あらかじめ不安な点を解消しておきましょう。

小学生で引きこもりの子どものその後は?

小学生で引きこもりになっても、中学校や高校へ入学するタイミングなどの成長の段階で社会に復帰していることが多いです。

また、必ずしも同じ学校へ復学しなければいけないわけではありません。フリースクールの活用や転校するなどの幅広い選択肢も視野に入れて、子どもの希望を聞きながら対応していきましょう。

子どもが引きこもりになりやすい親の特徴はある?

引きこもりの直接の原因が親であることは少ないと言われていますが、全く関係ないわけではありません。下記で子どもが引きこもりになりやすい親の特徴の例をあげます。

  • 親同士が不仲である
  • 子どもとコミュニケーションを十分にとれていない

親の離婚や不仲などの家庭環境が影響して引きこもりになることはありえます。さらに、引きこもりになった際に親に相談できない場合は長期化してしまう可能性が高いです。

一番近くにいる親が助けてあげられることはたくさんあります。日頃から十分にコミュニケーションをとることでお互いの信頼関係を高めていきましょう。

まとめ:引きこもりの小学生の対応に親は深刻になりすぎない!専門家の助けも借りて乗り越えよう

今回の記事では、引きこもりの小学生のために親ができる支援や不適切な対応について解説しました。

まず理解しなければいけないことは、子どもは自分の希望で引きこもりになっているわけではないということです。親は子どもが引きこもりになるまで我慢していた思いを汲み取り、寛大な気持ちで見守っていきましょう

引きこもりの解消のためにはきっかけが必要ですが、無理に外出させようとしたり友達に会わせようとしたりすることは逆効果にもなります。子どもが落ち着くまでは家庭内で冷静に対応して、親はできるだけ通常通りの生活を心がけてください。

親が前向きな姿勢を見せることは子どもに良い影響を与えます。自分だけで解決しようとせずに専門家も頼って適切な支援を続けていきましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化