• HOME
  • コラム
  • 【転勤族の子どもはひきこもりになりやすい?】転校・引っ越しが与える影響や親ができるサポートを徹底解説

【転勤族の子どもはひきこもりになりやすい?】転校・引っ越しが与える影響や親ができるサポートを徹底解説

転勤族の子どもは、度重なる環境の変化によって不安定になりやすい傾向にあります。親に負担をかけないようにと我慢してしまう子どもも多いですが、転校先の雰囲気に馴染めず不登校になってしまう子も少なくありません。

では、転勤族の子どもはどのようなことに悩み、どういったケアを必要としているのでしょうか。

今回の記事では、転勤による転校・引っ越しが子どもに与える影響や転勤族の子が抱える悩みを解説します。親としてできるケアも紹介するのでぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

転勤族の子どもはひきこもりになる?転勤よる転校・引っ越しが与える影響

親の転勤が決まると、それに付いていく子どもは転校しなければなりません。転校するとなると、すでに人間関係ができ上がっているコミュニティに飛び込むことになります。

学年が上がるにつれて子どもたちの関係は強固で複雑なものになっていくので、その中に馴染むのはかなり難しいということは理解しておく必要があるでしょう。

あってはならないことですが、運悪く「なんか気に入らない」と目を付けられてしまうといじめの対象になる可能性もあります。

環境適応能力が養われる・多くの友達ができるというメリットもありますが、「どうせ長く一緒にいられないから」と友達と深く付き合えなくなり、悩みを人に話せなくなることも多いです。

また、目まぐるしい環境の変化によるストレスで精神的に疲れてしまう子もいます。そういった心への負担が積み重なると学校に通えなくなり、不登校やひきこもりに繋がる可能性が出てくるでしょう。

転勤族の子どもが抱える悩み

転勤族の子どもが抱える1番の悩みは、「新しい環境に馴染めるかどうか」です。友達や先生も学校のルールも、何もかもが変わります。

「子どもはすぐに馴染めるから大丈夫」と言う人もいますが、戸惑う場面や寂しさを感じる瞬間は必ずあるもの。方言の違いや流行りものなどは、大人よりも子どもの方がシビアな面もあり、「いじめられたらどうしよう」と不安になってしまうのです。

特に、内向的な性格の子どもにとって新しい人間関係を築くのはかなりのストレスになります。新しい環境に溶け込むまでに時間がかかるので、どうしても緊張状態が続いてしまうでしょう。

親が転勤族の子どもの性格・特徴

親が転勤族の子どもにはどういった特徴があるのでしょうか。必ずしも全員に当てはまるわけではありませんが、どのような傾向があるのか紹介していきます。

【親が転勤族の子どもの性格・特徴】

  • 順応性が優れている
  • 物事への割り切りが早い
  • 家族への愛が強い
  • 同年代の子どもより自立するのが早い

転勤族の子どもは悩みが目立ってしまいますが、後々にプラスになる面もあることが分かります。1つずつ詳しく見ていきましょう。

順応性が優れている

学校や地域が違えば文化も異なるものです。友達は呼び捨てで良い学校もあれば「さん」付けをしなければいけないところもあります。放課後は友達同士で遊ぶのが当たり前の地域もあれば、習いごとでみんな忙しいところもあるでしょう。

子どもは不安や不満があっても新しいことを受け入れ、引っ越し先の環境に順応しなければなりません。したがって必然的に順応性が優れていきます。

子どもの頃に様々な価値観や生活習慣を受け入れていくことで、大人になっても順応性が高く柔軟な思考の持ち主になれるでしょう。

物事への割り切りが早い

親の転勤が決まると、子どもはそれまで築き上げてきた友達との関係や習いごと、部活動などが全てリセットされます。これは人格形成の上では諦めの早さにつながり、決して良いこととは言えません。

しかし、強制的に気持ちを切り替えなければならない状況であることから徐々に物事への割り切りが早くなり、「次に進もう」と考えられるようになってくるのです。

気持ちの切り替えが上手な人は、学業や仕事をする上でもストレスが少なく前向きに取り組めると言われています。将来を見据えると必ずしも悪いことだけではないでしょう。

家族への愛が強い

家も学校も友達も、何もかもが変わる中で唯一変化のない家族に対する愛は自然と強くなるものです。安心できる家庭環境であることが前提ですが、転勤族は家族の団結力が強く仲が良い傾向にあります。

子どもにとって、新しい環境に不安を抱えている時に寄り添ってくれる親や兄弟姉妹の存在はとても心強いもの。親の元から巣立ったあとも互いを気にかけられる温かい家族でいられるのは嬉しいことでしょう。

同年代の子どもより自立するのが早い

新しい仕事や生活に慣れるまでは大人も余裕がありません。そのような親の姿を近くで見ていると、「できることは自分でやろう」という気持ちが芽生えます。

また、新しい環境に馴染むために先生や友達の様子をよく観察しているので、どこか大人びた視点を持つ子も多いです。自分で身の回りのことをこなす力や人とうまく付き合う力が付き、同年代の子どもより自立するのが早くなります。

転勤族の親が子どもにできるケア

ここからは転勤族の親が子どもにできるケアを4つ紹介します。

【転勤族の親が子どもにできるケア】

  • 子どもがスムーズに溶け込みやすい学校・時期を選ぶ
  • 学力の維持をサポートする
  • 転勤を前向きに捉えられるようにポジティブな声かけをする
  • 子どもが安心できる家庭を作る

メンタル面のケアはもちろん、情報収集や学習のサポートなども大切です。子どもの負担をなるべく減らせるように、できることから取り組んでいきましょう。

子どもがスムーズに溶け込みやすい学校・時期を選ぶ

転校先を決めるにあたって、学校に関する情報は事前に集めておきましょう。児童生徒数の多いマンモス校は、クラス替えの度に人間関係が大きくリセットされるので転校生でも馴染みやすい傾向にあります。

また、学校周辺にマンションや新興住宅地ができることの多い地域では転校生がよく入ってくるので、子どもも先生も対応に慣れている可能性が高いです。

可能であれば、使用している教科書は同じか・それまで続けてきたクラブ活動や部活があるかなども気にかけてあげましょう。

公立の場合は住む地域によって学校の選択肢はどうしても限られてしまいますが、新学期の始まる4月に合わせて引っ越すなど、できるだけ本人が溶け込みやすいように配慮してあげることが大切です。

学力の維持をサポートする

新しい環境に馴染むまでは勉強にあまり身が入らないかもしれません。友達の顔や名前、新たなルールや習慣を覚えるだけで精一杯になってしまうはずです。

しかし、そのせいで学習が遅れてしまうと授業についていくのが難しくなり、不登校やひきこもりになってしまう可能性も少なくありませんしたがって、平均以上の学力を維持できるように日頃の学習環境を整えることがとても重要になります。

塾や家庭教師という選択肢もありますが、転校が多い子どもにはどこに引っ越してもそのまま続けられる通信教育がおすすめです。通信教育であれば、環境が変わっても同じように学習を続けられるので、転校をした直後でも継続しやすいでしょう。

勉強が苦手ではないという意識があれば、授業に困ることはないので心の余裕も出てきます。授業のスタイルや教科書が変わったとしても揺るがない基礎学力をしっかり身に付けられるようにサポートしていきましょう。

転勤を前向きに捉えられるようにポジティブな声かけをする

友達や慣れた街との別れとなると、どうしてもネガティブな気持ちになってしまいます。なるべく子どもが楽しみを見つけられるように、ポジティブな声かけを心がけましょう。

親が転勤を前向きに捉えている姿を見ると、子どもも不安な気持ちが和らぎます。引っ越し先周辺の面白そうな場所や美味しそうなお店などをSNSやインターネットで一緒に探してみるのもおすすめです。

ただし、子どもの気持ちを受け止めずに前向きな発言を繰り返しても、「私の寂しい気持ちは分かってくれないのかな」と不安になってしまいます。まずは子どもの気持ちはしっかり受け止め、少しずつ楽しみだと感じられるように声かけを工夫していきましょう。

子どもが安心できる家庭を作る

最も大切なのが「子どもが安心できる家庭を作ること」です。転勤によって全ての環境が変わってしまう子どもにとって、唯一変わらない家族の存在は大きな安心材料と言えます。

学校で不安な1日を過ごしたとしても、本音を話せたり気持ちをそのまま受け止めてくれたりする家族がいれば安心できるものです。子どもにとって家が安心できる居場所だと感じられるように、親自身もリラックスして笑顔で過ごしましょう

引っ越してすぐはどうしても忙しく、子どもとの時間を十分に持てないかもしれません。しかし、「食事はみんなで一緒に食べる」「寝る前は布団で話を聞く」などの習慣をできるだけ心がけ、ホッとできる環境づくりを意識しましょう。

転勤族の子どもに関するよくある質問

最後に、転勤族の子どもに関するよくある質問に回答します。

【転勤族の子どもに関するよくある質問】

  • 転勤族の子どもはかわいそう?
  • 発達障がいがある子どもに転校・引っ越しは難しい?

疑問に思っていることがあればぜひ解決に役立ててください。

転勤族の子どもはかわいそう?

「友達と別れなければいけない」「習いごとや部活が続けられない」など、子どもがかわいそうだと感じる部分は多いです。

しかし、転勤族であることはデメリットだけではありません。たくさんの人に出会って様々な文化に触れることができたり、人間関係の築き方や気持ちの切り替え方などを身に付けられたりと将来に役立つ経験もできます

子どもが引っ越しや転校を前向きに捉え、人生の糧にするには家庭での支援が必要になります。本音で話せる家族の存在や自分の居場所があるという安心感がとても重要です。

発達障がいがある子どもに転校・引っ越しは難しい?

発達障がいの特性で環境の変化が苦手な子の場合、いきなり「引っ越しするから転校するよ」と伝えるとパニックになってしまう可能性が高いです。

子どもの気持ちが落ち着いている時に状況を端的に分かりやすく伝え、なるべくポジティブな声かけをしましょう。新しく暮らす地域の写真を見せたり、子どもが食いつきそうな場所を紹介したりするのも効果的です。

また、通っていた病院や学校にひき継ぎの書類を用意してもらい、特性について転校先に伝えるのも重要になります。

ただし、地域や学校によって発達障がいへの支援状況は異なり、必ずしもサポート体制が整っているわけではありません。これまで以上に家庭での支援が必要になる可能性もあります。

まずは子どもの得意なこと・苦手なことをよく理解し、前向きな声かけや適切な手助けを意識していきましょう。家庭で安心して過ごせると、新しい環境でも少しずつ落ち着いて過ごせるようになっていきます。

まとめ:子どもが転校・引っ越しを前向きに捉えられるように家庭でのサポートが大切!

転勤族の子どもは「かわいそう」というイメージを持たれやすいですが、人生経験としてプラスになる部分も多くあります。しかし、友達や家族に本音を話せなかったり、学習についていけなくなったりするせいで不登校・ひきこもりになりやすいのも事実です

引っ越しを前向きに捉え、転校先でも充実した生活を送れるようにするには家庭環境が大切になります。弱音を吐いても受け止めてくれるあたたかい家庭作りを心がけましょう。

また、平均以上の学力を身に付けさせておくことや溶け込みやすい学校を選ぶことも親にできる支援です。発達障がいのある子どもの場合は、ひき継ぎや支援体制作りも重要になります。

この記事を参考に、親も子どもも心に余裕を持って新生活を始められるよう事前にできる準備は整えておきましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化