• HOME
  • コラム
  • 【発達障がいの二次障がいとは?】治療で治る?3つの予防方法や原因を徹底解説

【発達障がいの二次障がいとは?】治療で治る?3つの予防方法や原因を徹底解説

発達障がいがある人は、その二次障がいの発症に悩んでいる人も少なくありません。二次障がいの現れ方は人それぞれ違いますが、発達障がいの特性から生じる困難で相当の苦しみを経験してきたことは共通しています。

発達障がいは生涯を通じて上手に付き合っていかなければいけないものです。二次障がいが起きる前に対策ができれば、本人の今後の生活が楽になることが予想できるでしょう。

今回の記事では、発達障がいの二次障がいの原因・予防方法について詳しく解説します。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

発達障がいの二次障がいとは?

発達障がいは、先天的な脳の機能の偏りが原因で起こる障がいのことです。発達障がいがある人は、その特性から過ごしにくさを感じながら学校生活・日常生活を送っていることが多いため、苦しい思いを我慢している傾向があります。

周囲からの理解・支援がない状況で長期間にわたって精神的につらい思いを経験することで、精神疾患や社会生活に問題を起こす行動をしてしまうなどの二次的な問題を発症してしまうのです。この二次的な問題を、発達障がいの二次障がいと言います。

まずは、発達障がいの二次障がいの原因と種類について見ていきましょう。

  • 発達障がいの二次障がいが起こる原因
  • 二次障がいの種類

発達障がいの二次障がいが起こる原因

発達障がいは外見だけでは判断が難しいため、どうしてもできないことがあったりコミュニケーション面で問題が生じたりしても、努力不足・怠け・思いやりがないなどと勘違いされることが少なくありません

周囲の理解がなければ孤立してしまい、大きなストレスを抱えた状態で過ごしている人も多いでしょう。

そのようなきづらさを感じる生活が続くことが、精神疾患や社会不適応の行動を起こすなどの様々な二次障がいが起こる原因となります。反対に本人が過ごしやすい環境が整っていれば、二次障がいは避けられることもあるでしょう。

二次障がいの種類

二次障がいは大きく2種類に分けられます。

  • 内在化障がい
  • 外在化障がい

発達障がいがあるからといって、必ずしも二次障がいが起こるとは限りません。また、一つの症状だけが現れる人もいれば複数を発症するケースもあります。

内在化障がい

内在化障がいとは、不安・心配などの精神的悩みが自分自身に向けて表現され、内側で引き起こる精神疾患や症状のことです。具体的には以下のような症状が現れます。

  • うつ病
  • 抑うつ状態
  • 不安障がい
  • 心身症
  • 依存症
  • 対人恐怖症

上記のような症状が原因で、人との関わりを避けて不登校になる子どもも少なくありません。症状の程度は、発達障がいの重症度や置かれていた環境によって異なります。

外在化障がい

外在化障がいとは、自分の中で抱えている悩み・葛藤を他者に向けて表現してしまい、人に迷惑をかけるような問題行動を引き起こす症状のことです。

自分のことを理解してもらえない苛立ち・悔しさや、精一杯頑張っているのに認めてもらえないことへの反発の思いが原因で現れます。

具体的に現れるのは以下のような行動です。

  • 反抗・反発
  • 暴力・非行
  • 家出
  • 行為障がい
  • 自傷

外在化障がいは大人になってから現れるわけではなく、小学校低学年など比較的幼いうちから症状が出る子どもが一定数いると考えられています。

また、外在化障がいは内在化障がいと併せて発症する可能性もあるので、一つのことを解決すれば良いという単純なことではありません。

発達障がいの子どもが二次障がいになった時の対処法

次に、発達障がいの子どもが二次障がいになった時の対処法について説明します。二次障がいの対処のためには、元になる発達障がいの改善について対応することも大切です。

具体的には以下のような対処法が考えられます。

  • 専門医・主治医の診察を受ける
  • 治療に専念する
  • 国の支援制度や支援機関を利用する

基本的には、二次障がいを自力で解決するのは難しいと考えられています。二次障がいの症状が悪化する前に早めに頼れる場所を見つけて相談し、適切な指示を仰ぎましょう。

専門医・主治医の診察を受ける

発達障がいの子どもが二次障がいになった時に、族・学校の支援だけででは対応に限界があるのが事実です。

適切な治療を受けて必要な対応をしてあげることが症状の改善につながります。自分たちだけで解決しようとせずに、早い段階で専門医・主治医の診察を受けるようにしましょう。

発達障がいの診療のために元々訪れていた病院がない場合は、近くの精神科や心療内科で診察を受けることをおすすめします。

治療に専念する

二次障がいに含まれる精神疾患は短期間では治らないため、しばらく治療に専念することが大切です。自己判断で日常生活に戻るようなことはせずに医師の指導に従いましょう。

内在化障がいの場合は心理療法、外在化障がいに対しては攻撃性をコントロールするために薬物療法が主に行われます。医師からは通院・服薬・生活面においても指導を受けるので、言われた通りの生活を心がけてください。

国の支援制度や支援機関を利用する

発達障がいの子どもが二次障がいになった時は、国の支援制度や支援機関を利用してサポートを受けることをおすすめします。

支援制度

  • 自立支援医療(精神通院医療)
  • 精神障がい者保健福祉手帳

支援機関

  • 発達障がい支援センター
  • 精神保健福祉センター

各種支援を利用することで経済的な援助を受けられる場合もあります。また、子どもに必要なサポートが明確になるので親の悩みも軽減できるでしょう。

生活上の支障を軽減できれば二次障がいは快方に向かいやすくなり、再発防止にもつながることが期待できます。

発達障がいの子どもの二次障がいを防ぐには?予防方法は3つ

発達障がいの子どもが二次障がいを必ず起こすわけではありません。周囲の理解やサポートがある環境の中で本人の特性を工夫して生活することで、二次障がいを防ぐことも可能だと考えられています。

ここからは、発達障がいの子どもの二次障がいを防ぐ方法を具体的に3つご紹介します。

  • 適度に休ませてあげる
  • 生活リズムを崩さないようにする
  • ポジティブな声かけをして自己肯定感を高めてあげる

適度に休ませてあげる

発達障がいがある子どもは、同級生と比較してできないことが多かったりコミュニケーションが上手に取れなかったりと、学校生活の中でストレスを溜めてしまうことが多いです。中には登校を拒む子どももいます。

その際は、無理に学校へ行かせようとせずにゆっくり休ませてあげましょう。ストレスを解消できる時間を作るために、子どもの興味のあることをさせてあげる機会を作るのも効果的です。

本人が毎日の生活を無理していないか確認し、心身ともに休まる時間を持てるように工夫してあげましょう。

生活リズムを崩さないようにする

二次障がいの一つである精神疾患の患者は、生活リズムが乱れている人が多く見られます。生活リズムを整えることは二次障がいの予防・改善のためにも重要なポイントです。

発達障がいには、好きなことに時間を忘れて没頭してしまうことが特性の一つとしてあります。テレビやゲームに熱中して寝る時間が遅くならないように注意しましょう。

睡眠不足が続くと、集中力が低下したり授業中に寝てしまったりと学校生活にも影響が出ます。規則正しい生活を続けられるように、親は子どもの様子を気にかけてあげてください。

ポジティブな声かけをして自己肯定感を高めてあげる

発達障がいがある子どもは、その特性から叱られたり注意されたりすることが多いため、自信を失っていることが多いです。学校でも家でも否定される日々が続くと自己肯定感がどんどん低くなります。

そのため、親は子どもの良いところに目を向けて、自分に自信を持てるようなポジティブな声がけを意識してください。褒められることで前向きな気持ちになり、積極的に物事に取り組むことができるようになります。

発達障がいの二次障がいに関するよくある質問

最後に、発達障がいの二次障がいに関するよくある質問に回答します。

  • 発達障がいの二次障がいについて相談できる機関はどこ?
  • 発達障がいの二次障がいは治らない?
  • ADHDとASDの二次障がいに違いはある?
  • 発達障がいの二次障がいは不登校につながる?

少しでも気持ちに余裕を持って子どもに接するために、基本的な知識を身につけておきましょう。

発達障がいの二次障がいについて相談できる機関はどこ?

発達障がいの二次障がいについて相談できる機関は以下の通りです。

  • 発達障がい支援センター
  • 精神保健福祉センター

発達障がいの二次障がいについては、自分で調べるだけでは不十分なこともあります。知識と経験のある専門家の情報やアドバイスに基づいて行動することが、二次障がいの改善に効果的です。

家族だけで悩まずに、専門家の意見を参考にすることが症状の改善への近道となるでしょう。

発達障がいの二次障がいは治らない?

発達障がいは、脳の機能障がいが原因で起こる先天的なもののため治るものではありませんが、二次障がいは治療を行うことで改善が期待できます。医療機関などで心理療法や薬物療法を取り入れてみましょう。

適切な処置を受けるとともに、再発防止のために発達障がいへの理解を周囲に求めることも不可欠です。学校生活では周囲の協力を得られるように、担任の先生と連携して子どもが特性を活かしやすい環境を整えましょう。

ADHDとASDの二次障がいに違いはある?

ADHDとASDの特性に違いはありますが、二次障がいは似た症状が現れます。ただし、必ずしも二次障がいが起こるとは限らない上に、「内在化障がい」と「外在化障がい」のどの症状が発症するかは人それぞれです。

本人が過ごしやすい環境で生活できている場合は、二次障がいの発症を防ぐこともできます。二次障がいだけを解消することを目指すのではなく、発達障がいそのものと上手に付き合っていく方法を考えることも大切です。

発達障がいの二次障がいは不登校につながる?

発達障がいの二次障がいでは、うつ病や対人恐怖症を発症することもあり、それらが原因で不登校につながる可能性も高いです。

学校生活では常に同級生と一緒に同じ学習をするため、自分ができないことが明確になり、傷ついたり人間関係がうまくいかなかったりすることが予想されます。

ストレスに耐えている時間が長いほど、二次障がいの症状から回復するのは困難を伴うので、早めに気づいて対応することが非常に重要です。家族だけで解決しようとせずに、専門家の力も借りることが症状の改善や悪化させないためにも効果的でしょう。

まとめ:発達障がいの二次障がいは予防できる!専門家の力を借りて早めの対応が効果的

今回の記事では、発達障がいの二次障がいの原因・予防法・治療について解説しました。発達障がいの二次障がいは全員に起こるわけではありませんが、本人が過ごしやすい環境が整っておらず日常生活で心労を伴う場合は発症しやすいと言われています。

発達障がいの診断を受けている場合は、二次障がいの予防のためにも学校へ協力を依頼し、周囲の理解を求めることが欠かせません。先生や友達が状況を把握して助けてくれたり、子ども自身も特性を活かす工夫をしたりすることで、二次障がいは回避できると考えられています。

発達障がいは生涯にわたって上手に付き合っていかなければいけないため、二次障がいの改善は子どもの今後の人生に大きく影響します。二次障がいになったら、症状が悪化する前に専門家に相談して適切な対応を心がけましょう。

 



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化