• HOME
  • コラム
  • 【子どもがひきこもりになる理由は?】親が原因になる?子どもの心理や親ができる対応・支援もご紹介

【子どもがひきこもりになる理由は?】親が原因になる?子どもの心理や親ができる対応・支援もご紹介

子どものひきこもりは親にとって深刻な問題です。「なぜ自分の子どもがひきこもりになってしまったのか」「ひきこもりは解消できるのだろうか」と悩みが尽きないでしょう。

また、ひきこもりになった子どもの考えていることがわからず、接し方に悩んでいる親も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、子どもがひきこもりになる原因と親ができる対応・支援をご紹介しますひきこもりの子どもの心理についても解説するのでぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

ひきこもりの基礎知識

「ひきこもり」という言葉を耳にすることはあっても、表面的な部分しか分かっていない方が多いでしょう。まず始めに、ひきこもりの基礎知識についてご紹介します。

【ひきこもりの基礎知識】

  • ひきこもりの定義
  • ひきこもりの人口

ひきこもりの定義

厚生労働省では、ひきこもりを下記の通り定義しています。

様々な要因の結果として社会的参加(就学、就労、家庭外での交遊など)を回避し、原則的には6ヵ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態を指す(他者と交わらない形での外出をしていてもよい)。

引用:厚生労働省「ひきこもりの定義など

ひきこもりは不登校とは違い、大人から子どもまで幅広い年代の人を対象にした言葉です。不登校の場合は学校外で友人などと接点を持つことがありますが、ひきこもりは他者との関わりを持ちません。

ひきこもりの人口・割合

ひきこもりの人数は、平成27年度の内閣府の調査によると以下の通りです。

  全国の推計数(万人)
ふだんは家にいるが、自分の趣味に関する用事の時だけ外出する 36.5
ふだんは家にいるが、近所のコンビニなどには出かける 12.1
自室からは出るが、家からは出ない。又は自室からほとんど出ない 5.5
54.1

引用:内閣府「長期化するひきこもりの実態

満15歳から満39歳までの人を対象とした調査ですが、54.1万人という結果が出ています。調査対象年齢の100人に1人の割合がひきこもりであるということです。

子どもがひきこもりになる理由・原因

ひきこもりになったきっかけをまとめた結果が内閣府より発表されています。

引用:内閣府「平成27年度版子ども・若者白書(全体版)

15〜39歳を対象にした調査なので、就職活動や職場での問題も含まれていますが、小・中学校での不登校や人間関係での問題もきっかけになっていることが分かります。

また、その他の回答が多いことから、原因は一つだけという単純なものではないことが予想できます。

子どものひきこもりの原因が親であることは少ない

先に示した「ひきこもりになったきっかけ」の結果からも分かるように、子どものひきこもりの原因が親であることは少ないと言われています。しかし全く関係ないわけではなく、親が影響を与えていることもあるため注意が必要です。

以下のような場合は、子どものひきこもりに影響を与える可能性があります。

【親が影響を与えているパターン】

  • 子どもから親に相談ができない
  • 親からの干渉が強い
  • 親の不仲などで家庭環境が良くない

子どもが学校生活で悩みを抱えていても親に相談ができない場合は、そのままひきこもりになり長期化する傾向があります。反対に子どもから遠慮なく相談できる関係性が築けていれば、ひきこもりになる可能性は低いでしょう。

日頃から十分にコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことが大切です。

ひきこもりになりやすい子どもの特徴

ひきこもりになりやすい子どもは、以下のような特徴を持っていることが多いです。

【ひきこもりになりやすい子どもの特徴】

  • 真面目で責任感が強い
  • 自己肯定感・自己効力感が低い

  • 感情を表に出すのが苦手
  • 口下手
  • 人目を気にしやすい

ここからは、なぜ上記の特徴を持った子どもがひきこもりになりやすいのか解説します。ご自身の子どもに似たような特徴がないか確認してみてください。

真面目で責任感が強い

真面目な性格の子どもは、常に気を張って何事にも一生懸命取り組みます。また、責任感の強さから自分の失敗が許せず落ち込みやすいです。

真面目で責任感が強いことでストレスを自分の中に溜め込みやすくなり、結果としてひきこもりにつながることがあります。

自己肯定感・自己効力感が低い

自己肯定感が低い子どもは、自分自身に対して否定的で何事にも自信を持って取り組むことができません。不安な気持ちになることも多く、その積み重ねで心が疲労してしまい次第にひきこもるようになります。

また、自己効力感が低い子どもも同様にひきこもりになりやすいです。自己効力感が強い人は自分の力に自信を持って行動できます。しかし自己効力感が低い人は、「自分にはできないかもしれない」と感じることが多く自己評価が低いです。

自己肯定感・自己効力感が低い子どもは自信を持てないことから、自分の存在意義を感じられず結果としてひきこもりにつながることがあります。

感情を表に出すのが苦手

おとなしく内向的な性格の子どもは、自分の思いをそのまま伝えることが苦手です。人間関係に苦手意識を持っていることも多く、無意識のうちに自分の感情・意見を抑えてしまいます。

そのような子どもは、学校生活の中でストレスが徐々に溜まっていきいますが、思うように感情を表現できないことで1人の世界にひきこもってしまいます。

口下手

口下手な子どももひきこもりになりやすい傾向があります。思ったことを上手に表現できないため、友人関係で問題が生じることも少なくありません。

また、本心を理解してもらえないもどかしさや勘違いされた時の悔しさで、子どもは傷つきやすい状況にあります。このように口下手であることが影響してひきこもりになることも多いです。

人目を気にしやすい

人目を気にしやすいこともひきこもりになりやすい特徴の一つです。常に他人からどう思われているのか気にして生活することは、気が休まらず疲労も蓄積してしまいます。

また、人目を気にしやすい子どもは、学校での評価に対しても一喜一憂してしまい、落ち込んでしまうことも少なくないでしょう。

感情の変化が激しいことでストレスを溜めやすくなり、人目を避けてひきこもりにつながるケースがあります。

ひきこもりの子どもの心理

ひきこもりの子どもとの接し方で悩んでいる親は多いのではないでしょうか。子どもが心を開いて前向きになるためには、心の中にどのような気持ちが強くてひきこもってしまったのかを知る必要があります。

ここでは、ひきこもりの子どもの心理について説明します。

【ひきこもりの子どもの心理】

  • 自分に自信がない
  • 人間関係が怖い
  • 学校・家族に反発したい
  • 将来に不安がある

自分に自信がない

ひきこもりの子どもは、自分に自信を持てない心理状態でいることがあります。特に学校生活では、学業・スポーツなどで友人と比較される機会が少なくありません。

人生経験の少ない子どもは、小さな失敗やつまづきでも落ち込んで自信をなくしてしまうことが多いです。「何をやっても自分には上手にできない」と自信を持てないことが原因で、最終的にひきこもりにつながります。

人間関係が怖い

学校では、友達や先生とのたくさんの新しい出会いがあります。楽しいことも多いですが、気が合わなかったり嫌な思いをしたりすることもあるかもしれません。

友人・先生との小さな問題が積み重なることで、次第に人との関わりを避けるためにひきこもるようになります。人間関係への恐怖心が大人になっても継続している方も少なくありません。

学校・家族に反発したい

学校や家族へ不満があり、反発したい心理からひきこもりになることもあります。特に学校では細かな規則・ルールに従いながらの生活になるので、息苦しさを感じる子どもが多いです。

まだ言葉数も十分ではなく、自分の思いを100%伝えるのが簡単ではない子どもにとって、学校の先生に理解してもらえないもどかしさや親に話を聞いてもらえない苛立ちは大きなストレスがかかります。

親や学校を困らせたり興味を引いたりしたい心理が作用してひきこもってしまう可能性もあるので、子どもの気持ちを理解できるように日頃からコミュニケーションをしっかり取るように心がけることが大切です。

将来に不安がある

ひきこもりになる子どもの中には、「学校の勉強は本当に意味があるのだろうか」「将来の夢は見つかるのか」と将来に漠然とした不安を抱いていることがあります。

学校の授業では将来について考える時間も設けられますが、特に小学生の間は夢が定まっていなくてもおかしいことではありません。しかし、周りの友達と比べて自分に夢や目標がないと子どもは不安に感じます。

こういった将来への不安から登校することに疑問を持ち、ひきこもりにつながるケースも少なくありません

子どものひきこもりの解決策は?親ができる対応・支援は4つ

子どもがひきこもりになってしまうと対応に焦るのが親の当然の感情です。ひきこもり中は家でほとんどの時間を過ごすため、親の果たす役割は大きく対応次第では悪影響を与えたり長引かせたりする可能性もあります。

ここでは、子どものひきこもりの解決のために親ができる対応・支援を4つご紹介します。

【親ができる対応・支援】

  • 子どもの気持ちが落ち着くまで待つ
  • ひきこもりを責めずに話を聞く
  • ポジティブな声かけをする
  • 専門家などの第三者に相談する

子どもの気持ちが落ち着くまで待つ

子どもがひきこもりになると、早く解決させたいと親は焦る気持ちになります。しかし、まずは子どもの気持ちが落ち着くまで待つことが大切です。

できるだけ普段通りの生活をして、子どもが前向きな気持ちになれるまで気長に見守ってあげましょう。親自身も心に余裕を持って接し、明るい家庭環境を保てるように心がけてください。

ひきこもりを責めずに話を聞く

なぜ子どもがひきこもりになってしまったのか、その原因を追求することは逆効果なことがあります

子どもはひきこもりになるまでにつらい思いを我慢していた期間があるはずです。ひきこもりになってしまったことを責めず、最後まで話をじっくり聞くようにしましょう。

子どもが親に本心を伝えられることは、ひきこもり解消のためにも役立ちます。「親は味方だ」と感じられることで子どもは気が楽になり、一歩前進に繋がるでしょう。

ポジティブな声かけをする

「他の子どもは学校に通えているのに、どうして我が子だけがひきこもりになったのか…」と親はマイナスに考えてしまいがちです。

しかし、子どもは好きでひきこもりになったわけではありません。ひきこもりになってしまった自分自身を責めて悔やんでいる子どもも多いです。

そのため、子どもの自信を取り戻すために親はできるだけポジティブな声かけをしましょう。子どもは褒められることで少しずつ自信を取り戻していき、家族以外の人とも交流が持てるようになります。

専門家などの第三者に相談する

子どものひきこもりを親だけで解決しようとする必要はありません。専門家などの第三者に相談をして、適切なアドバイスのもとに行動するようにしましょう。

主な相談機関は以下の通りです。

【子どものひきこもりについて相談できる主な機関】

  • 市町村の相談窓口
  • 児童相談所・児童相談センター
  • ひきこもり地域支援センター
  • 精神保健福祉センター

ひきこもりが長期化してしまうと解消することも困難になります。早めに専門家の力を借りて対応することが結果的に子どもの将来のためにも役立つのでおすすめです。

子どものひきこもりに関するよくある質問

最後に、子どものひきこもりに関するよくある質問に回答します。

【子どものひきこもりに関するよくある質問】

  • ひきこもりの子どもの親に特徴はある?
  • 子どもがひきこもりから立ち直るきっかけは何?

少しでも不安が解消できるように、情報収集として役立ててください。

ひきこもりの子どもの親に特徴はある?

ひきこもりの直接の原因が親であることは少ないと言われています。しかし、ひきこもりの子どもの親には似たような特徴が見られがちです。

【ひきこもりの子どもの親に共通している特徴】

  • 子どもの話を最後までよく聞かない
  • 子どもを否定することが多い
  • 親同士が不仲

上記のような行動は子どもとの信頼関係に影響します。親が話を親身に聞いてあげなかったり否定的であったりすることで、子どもは自信を喪失しかねません

反対にコミュニケーションがしっかり取れていれば、困った時にも相談相手として親が選ばれるため、ひきこもりを防ぐことにもつながります

子どもがひきこもりから立ち直るきっかけは何?

ひきこもりから立ち直るきっかけは、子どもの現在の状況・性格によって異なります。

家族の一言がきっかけになることもあれば、テレビや本の影響を受けることもあるでしょう。また、人生を楽しんでいる親の姿を見て前向きな気持ちになり、一歩踏み出すきっかけとなることもあります。

きっかけは人それぞれですが、立ち直る前にはポジティブな姿が見られることが多いです。家庭内でたくさん会話をして、子どもが立ち直るための手助けをしていきましょう。

まとめ:子どものひきこもりの解消には親の役割が大きい!まずは子どもの心を理解しよう

今回の記事では、子どもがひきこもりになる原因と親ができる対応・支援をご紹介しました。ひきこもりに適切に対応するためには、子どもの心理を正しく理解する必要があります。

子どもは、ひきこもりになったことで自己肯定感が低くなり自信を喪失している状態です。ひきこもりを早く解消させようと無理に動かそうとすると、反対に子どもは心を閉ざしてしまいます。

親は子どもに寄り添って一番の味方になってあげましょう。そして専門家などの支援機関の力を活用することもおすすめです。

ひきこもり中は家でほとんどの時間を過ごすため、親の役割が重要になります。親自身の心のケアも忘れずに、明るい家庭環境を作ってください。



この記事を読んだ方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化