• HOME
  • コラム
  • 【中学生の引きこもり】子どもが不登校になるのは毒親のせい?特徴や原因を解説

【中学生の引きこもり】子どもが不登校になるのは毒親のせい?特徴や原因を解説

「自分の親は毒親ではないだろうか」「ひきこもりになったのは親の影響だろうか」と悩んでいる中学生の方はいませんか?

不登校やひきこもりの子どもは、現在の状況を自分のせいだと思いがちですが、実は家族の問題が背景にあることも少なくありません。

この記事では、毒親の特徴や共通点、中学生が毒親から脱出する方法についてくわしく解説します。

自分の親を客観的にみる方法を身に付ければ、自分を責めることなく、進むべき道が分かるようになります。ぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

 

子どもを支配する毒親の特徴・共通点 

毒親とはどのような親なのでしょうか。

「毒親」の言葉を初めて使ったのは、アメリカのグループセラピストであるスーザン・フォワードです。1989年に出版された著書「毒になる親」では「毒親とは、子どもの人生を支配し子どもに悪影響を及ぼす親」とされています。この本の出版以来、日本でも「毒親」の言葉がよく使われるようになりました。出典:中野信子「“毒親”という言葉の流行が、苦しむ子どもの心を救っている」 | PHPオンライン衆知|PHP研究所

つまり、毒親とは心理的な虐待や行き過ぎた干渉によって子どもを支配し、子どもの成長に悪影響を与える親を指します。毒親の特徴と共通点は以下の通りです。

【毒親の特徴・共通点】

  • 子どもより自分の意見を尊重する
  • 過干渉で子どもを監視する
  • 嫉妬で子どもの成長を喜べない
  • 無関心・ネグレクト
  • 親が精神疾患を抱えている

それぞれの特徴について詳しく説明します。

 ①子どもより自分の意見を尊重する

自分の考えを優先し、子どもを思い通りに支配・管理するタイプです。親の価値観を押し付け、頭ごなしに暴言を吐いたり、言うことを聞かせようとしたりします。

たとえば、子どもが希望する進路があったとしても「おまえみたいな人間には向いていない」と子どもの人格を否定し、自分の思い通りの進路を歩ませようとするケースもあります。

ときには、力を使って子どもを従わせようとする親もいますが、子どもを支配・管理するための暴力は虐待です。周りが指摘しても不機嫌になり、ますます子どもに対して威圧的になるのがこのタイプの特徴です。

子どもは常に恐怖を感じ「自分が悪いから」と自責感にさいなまれてしまいます。

②過干渉で子どもを監視する

子どものすることを何でも先回りして干渉するタイプです。「あなたのためだから」と、子どもの日常生活すべてに口を出し、自主性を奪っていきます。

たとえば、宿題をしていたら「それじゃ全然だめ」と言って、親が全部してしまうパターンがあります。勉強だけでなく「あの子と付き合うのはやめなさい」など、子どもの友人関係にも干渉するのです。「ああしなさい、こうしなさい」と指示が多く、子どもは窮屈さを感じながら過ごすようになります。

このタイプは自己満足のために子どもの世話を焼くので、子どもが成人しても変わりません。子どもの心が成熟できず、何らかの精神症状を発症する恐れがあります。

③嫉妬で子どもの成長を喜べない

このタイプは、子どもと同じレベルで勉強や運動を競ったり、駆け引きをしたりします。容姿の良さを子どもと競う場合もあり、親子間で恋愛トラブルになるケースもあります。

一般的に、子どもが成長してできることが増えると親は無条件で喜び、うれしさを感じるものです。しかし、このタイプは子どもの成長に対して「くやしい」と嫉妬します。

子どもが自分のテリトリー内にいて、自分より能力が劣っている間は、子どもをとても可愛がるのです。思春期になり、子どもがさまざまな分野において親を上回ってくると状況は一変します。子どもに負けている自分が許せず、成長を受け入れられないのです。

成人後も、子どもの結婚相手や子育ての様子に親の嫉妬を向けるケースが多くみられます。

④無関心・ネグレクト

このタイプは、過干渉の親と反対に子どもに全く目を向けません。本来、親がすべき日常的な衣食住の世話を放棄する場合もあります。これはネグレクトと呼ばれ、虐待の一つです。

子どもにエネルギーやお金を注げないため、ネグレクトは保護者としての義務を果たさない行為ともいえます。

子どもは親の代わりに家事や子守をするので、学校に行きづらくなったり、友達関係が作りにくくなったりします。このような子どもが、社会問題になっているヤングケラーです。

ネグレクトまでいかなくても「女の子だから」「長男じゃないから」などの理不尽な理由で、子どもの存在自体を無視する親もいます。「無視」は子どもの心に深い傷を残す行為です。自分という存在を認めてもらえないまま成長するので、精神が不安定になる子どもが多くなります。

⑤親が精神疾患を抱えている

親が精神疾患を抱えているケースでは、親への支援が必要です。しかし、十分なフォローが届いていない場合、子どもの心に多大な悪影響を与える恐れがあります。

精神疾患を持つ親の特徴は「見捨てられ不安」の症状です。「私を見捨てるの?」と子どもに言葉を投げかけ、強制的に自分の手元に置こうとします。子ども自身も「自分を認めて欲しい」と願っている場合が多いので、お互いに離れられず苦しむのです。

このタイプには、自分の気持ちが沈んでいる時は子どもに依存し、気分が上昇してくるとあっさりと捨ててしまうケースがよくみられます。夫婦や恋人間でトラブルになりがちな点も、子どもが振り回される原因です。

子どもが毒親から脱出する6つの方法

中学生は、まだ経済的自立ができない状態です、自立するまでは、大人の保護の元で育つ必要があります。そのため、自分が置かれている境遇に絶望する方も少なくありません。

しかし、世の中には「毒親に苦しむ中学生の力になりたい」と思っている大人がたくさんいます。あきらめずに一歩踏み出してください。

子どもが毒親から脱出する6つの方法は以下の通りです。

【子どもが毒親から脱出する方法】

    • 自分の親が「毒親」だと理解する
    • 寮のある高校へ進学を目指す
    • 学校の先生に相談する
    • 親と向き合って話してみる
    • 児童相談所に連絡する
    • 警察に相談する

それぞれの項目について詳しく説明します。

①自分の親が「毒親」だと理解する 

まずは、自分が置かれている状況と親子関係の見直しが必要です。子ども時代は、自分が育った家庭環境が世界の全てであり、他の家庭がどんな雰囲気なのか知る術がありません。

自分が「苦しい」「つらい」と感じているならば、親子関係に何らかの問題があるはずです。親の普段の言動や行動を振り返り、毒親の要素はないか確認してみましょう。

自分の親を悪くとらえるのは、とてもつらい作業ですが、しっかりと現状に向き合う姿勢が大切です。

②寮のある高校へ進学を目指す

親と物理的に距離をとるのは、とても効果的な方法です。思春期は、親子関係などの「内側の関係」から、友人関係などの「外側の関係」に居場所を広げていく時期。親から自立するには最適な時期ともいえます。

全寮制の高校は今後の人生においてさまざまなメリットがあります。自立心が養われる、人生を通じて助け合える友人ができる、勉強や部活に打ち込める環境などが主な特徴です。

進学するには、学費の心配もあるかと思います。高校の授業料や教育費には国からの補助金があり、経済的な不安を抱える場合でも安心して進学できる制度です。出典:文部科学省「高等学校等就学支援金制度」

学校の先生ともよく相談しながら、自分が希望する進路の情報収集も大切です。

③学校の先生に相談する

中学生にとって、一番身近な学校の先生に助けを求めるのも一つの方法です。信頼できる先生に「助けて」と勇気を出してSOSを伝えてみてください。不登校で自宅にいる場合は、家庭訪問の時などに手紙を渡すのも良い方法です。

学校の先生を通じて紹介してもらえる方法に、スクールカウンセラーのカウンセリングがあります。スクールカウンセラーは一方的にアドバイスをするのではなく、問題解決の方法を一緒に考えてくれる存在です。親の同席は必要ありません。

毒親に苦しんでいる方は、気持ちをどこにも吐き出せずに悩んでいる場合が多いです。カウンセリングを受けると、自分の気持ちをゆっくり話すなかで、感情を整理することができます。自分としっかりと向き合いたい方には、おすすめの方法です。

④親と向き合って話してみる 

もし、親に自分の気持ちを伝えたい場合は、改めて話し合うのも良い方法です。それがきっかけで、親子関係が改善するケースもあります。感情的に話してしまうと、せっかくの機会が台無しになってしまう恐れがあるので、自分が感じていること、苦しんでいることの整理が大切です。

話し合いのなかで、自分がさらに苦しくなるようなら中断しましょう。親が「あなたのため」「あなたはまだ子どもで何も分かっていないから」と束縛しようとしたり、話に無関心であったり、暴力をふるったりする場合もあります。それ以上の話し合いはメリットがなく危険です。他の方法を考える必要があります。

⑤児童相談所に連絡する 

児童相談所とは”児童福祉法に基づいて設置される行政機関です。原則18歳未満の子供に関する相談や通告について、子供本人・家族・学校の先生・地域の方々など、どなたからも受け付けています。”とされています。

出典:東京都福祉保健局「児童相談所とは」

全国各地に設置されており、保護者からの虐待やその他の相談も、児童福祉司や心理師などの専門家が相談にのってくれます。

出典:厚生労働省「全国児童相談所一覧」

まずは、気軽に相談してみたい方には、公的機関やボランティアによる子ども相談がおすすめです。電話はもちろん、SNSでも相談ができます。

出典:文部科学省「子供のSOSの相談窓口」

毒親から逃れたい思いを受け止めてくれる大人はたくさんいます。自分が助けを求めやすい連絡先を選び、相談をしてみてください。

⑥警察に相談する 

親の言動や行動によっては、警察への相談も必要です。たとえば、言うことを聞かないから暴力をふるったり、何日も帰宅せずに子どもを家に置いていったりなどのケースです。

警察に相談するというと、大げさになりそうで身構えてしまいますが、交番のおまわりさんに助けを求めるイメージです。交番は、市民が安心安全に暮らせるように気を配り、相談にのってくれる場所です。電話でも対応可能で、必要があれば家庭訪問もしてくれます。

身の危険を感じる、暴力を受けてけがをした、などの被害があれば、ためらわずに警察に相談しましょう。

毒親から距離を置くことを考えよう 

この記事では、毒親の特徴や共通点、中学生が毒親から脱出する方法についてくわしく解説しました。

自分の親が毒親だと分かると、そのせいでひきこもりや不登校になったと考えるのは当然です。しかし、自分の人生は親のものではありません。自分のための人生を切り開くために「親にこうされたから自分はこうなった」と考えるのではなく「今の環境からどうやって抜け出すか」の視点が大切です。

周りの大人の力を上手に借りながら、毒親から距離を取る方法を身に付け、自立に向けて前に進みましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化