• HOME
  • コラム
  • 【学習障がい(LD)とは?】LDの種類や原因、特徴に適した3つの学習方法について解説

【学習障がい(LD)とは?】LDの種類や原因、特徴に適した3つの学習方法について解説

学習障がい(LD)は、特定の学習だけ極端に能力が低い状態を指すものです。特に中学生になると勉強の難易度が上がるため、勉強についていけない子どもが増えます。

「子どもが学習障がいで悩んでいる」

「自立して学習できるようになるには?」

このような悩みを抱えている保護者も多いでしょう。

この記事では、学習障がい(LD)の特徴や種類別の対策、親ができる環境作りについて解説します。中学生の子どもを自立させたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

学習障がい(LD)とは?

学習障がい(LD)とは、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算」いずれかの能力が著しく低い状態を示す発達障がいです。特定分野だけ苦手なため、他の学習能力は一般的な子どもと同等。子どもがどんなに努力をしても、治るものではないので、親の育て方やしつけが原因ではありません。

そのため診断が難しく「苦手科目」として片付けられる場合もあります。例えば、計算が苦手な学習障がいの場合「数学が苦手な生徒」と勘違いされることが多いでしょう。

ただし学習障がいは、ADHDやASDを伴う場合がありますので、親のあなたが病院を受診すべきか判断しましょう。

学習障がい(LD)の特徴や種類

学習障がい(LD)の種類は以下の通りです。

【学習障がい(LD)の種類】

  • ディスレクシア(読字障がい)
  • ディスグラフィア(書字表出障がい)
  • ディスカリキュリア(算数障がい)

それぞれについて解説していきます。

①ディスレクシア(読字障がい)

ディスレクシア(読字障がい)とは、文字を読む能力が著しく低い発達障がいのひとつです。

特徴は以下の通りです。

【ディスレクシア(読字障がい)の特徴】

  • 文章を文節の途中で区切って読む
  • 1文字ずつ読む
  • 行間が狭いと理解できない
  • 音読よりも黙読が苦手
  • 自分で文章を変えて読んでしまう
  • 文章を読むと強い疲労感を覚える

ディスレクシアは、文字を読むスピードが異常に遅く、理解するまでに時間がかかります。また読むだけで疲れてしまうため、勉強が思うように進まず、授業についていけないのです。文字を読む行為は全ての教科に共通する部分ですので、改善しなければ大きな遅れをとってしまうでしょう。

②ディスグラフィア(書字表出障がい)

ディスグラフィア(書字表出障がい)とは、字を書く能力が著しく低い発達障がいのひとつです。

特徴は以下の通りです。

【ディスグラフィア(書字表出障がい)の特徴】

  • 文字の形を認識しずらい
  • 書き取りが苦手
  • 作文が書けない
  • 漢字の部首を間違える
  • 「わ」と「は」、「お」と「を」の区別がつかない
  • 「てにをは」が使いこなせない
  • 文字が汚い

ディスグラフィアは、文字をスラスラ読めるのにも関わらず、書くことが難しいのが特徴。文章を書く際に違和感を感じる場合は、ディスグラフィアを疑った方がいいでしょう。高校や大学に進学すると作文や小論文なども試験や課題もありますので、今のうちから改善に取り組む必要があります。

③ディスカリキュリア(算数障がい)

ディスカリキュリア(算数障がい)とは、計算や推測する能力が著しく低い発達障がいのひとつです。

特徴は以下の通りです。

【ディスカリキュリア(算数障がい)の特徴】

  • 簡単な計算問題が解けない
  • 数字の大小が区別できない
  • 計算問題で何を問われているのか分からない
  • 計算式を作れない
  • 図形が理解できない

ディスカリキュリアは、数字全般の能力が低い傾向にあります。計算問題や図形を見ても、何を問われているのかさえ分からず、数学や理科の授業についていけないことも。簡単な計算ですら困難なため、学年が上がるにつれてストレスは大きくなっていきます。

LDは男子・女子で違いがある?

学習障がい(LD)は、男子と女子で大きな違いはありません。ただしASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)は、男子の方が女子よりも約4倍の数がいるといわれています。引用:厚生労働省「ASD(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群)について」

学習障がいの子どもの中には、ASDを併発している場合もあります。そのため学習障がいは男子の方が多いという意見もあるようです。

LDの子どもに適した学習方法

子どもが学習障がい(LD)と分かった場合は、適切な学習方法を実行する必要があります。

そこで学習障がいの種類別に対処法を解説します。

【学習障がいの対処法】

  • ディスレクシア(読字障がい)の場合
  • ディスグラフィア(書字表出障がい)の場合
  • ディスカリキュリア(算数障がい)の場合

それぞれの対処法を見ていきましょう。

①ディスレクシア(読字障がい)の場合

ディスレクシア(読字障がい)は、文字を読むことが困難です。よって、まずは読みやすい教材で学習を進める必要があります。

【理解しやすい学習教材】

  • 図やイラストがある
  • 見やすいフォント
  • 文字が大きい
  • 音声がある

読みやすい教材なら理解も早く、学習に遅れを取りにくくなります。

また声に出して勉強するのもおすすめです。声に出すと耳から情報が入りやすく、音と文字がつながって理解しやすいでしょう。最近は読み上げ機能が充実した教材もありますので、そういったものを活用してみてください。

②ディスグラフィア(書字表出障がい)の場合

ディスグラフィアは、書くことが苦手な発達障がいです。解決策としては、まず「書く」ことの中でも、何が苦手なのかはっきりさせることにあります。

接続詞が苦手なのか、部首が書けないのか、「てにをは」が使えないのか、など苦手な箇所を洗い出していきましょう。すると何が原因なのか分かってくるはずです。

また読むことは得意なため、音読しながら書くのも効果的です。ゆっくりと音を認識し、書き順も意識することで、理解が進みます。

また大人になると、書くよりもパソコンで打ち込むことが多いです。そのため、パソコンで文字を打つ練習もしておくと将来のためになります。

③ディスカリキュリア(算数障がい)の場合

ディスカリキュリアは、計算や推測が苦手な発達障がいです。

解決策としては以下のようなものが考えられます。

【ディスカリキュリアの解決策】

  • 計算機やそろばんを使う
  • 表を活用する

計算が目的ではない教科では、計算機やそろばんを活用するといいでしょう。手を動かして計算できるため、理解しやすいのがメリット。担任の先生に相談してみてください。

また数学などの計算では表を活用すると分かりやすいです。数字を見るより、表で視覚的に覚えた方が理解しやすい傾向にあります。子どもによって差はありますが、どんな場面が理解しやすいのか見つける努力をしてみましょう。

自立して学習してもらうにはどんな環境を用意すべきか

LDの子どもに自立して学習してもらうための環境は以下の通りです。

  • 生活リズムを整える
  • 整理整頓を教える
  • 予習・復習の習慣をつける
  • 学習教材を取り入れる

それぞれについて解説していきます。

①生活リズムを整える

生活リズムは、集中力に直結するものです。生活が乱れると集中力が下がり、勉強に身が入らなくなります。特に苦手な科目は疲れやすい傾向にあるため、生活リズムを整えて万全な体調でのぞみましょう。

【生活リズムの整え方】

  • 早寝早起き
  • バランスの良い食生活
  • 適度な運動
  • 良好な家族関係

これらは子ども自身の努力だけでなく、親の支援が必要です。特に食生活は健康に直結するものですので、栄養バランスのとれた食事を作ってあげてください。

②整理整頓を教える

整理整頓は、さまざまな能力が身に付くものです。

【整理整頓から学べること】

  • 何を残して何を捨てるか取捨選択する力
  • 必要のないものを捨てる切り替え
  • 常にきれいにしておく心遣い

このように整理整頓をすると、学習しやすい環境が整うだけでなく、人間として成長できるのがメリット。几帳面な性格になりやすく、勉強も丁寧に行うようになります。

整理整頓は社会に出てからも役立つものですので、ぜひ身に付けましょう。

③予習・復習の習慣をつける

学習障がい(LD)の中学生は、予習・復習の習慣をつけることが大切です。他の子どもよりも理解が遅いため、同じように勉強していては間に合いません。特に苦手科目に関しては、繰り返しの学習が大切です。

例えば、ディスグラフィア(書字表出障がい)の場合は、授業中は先生の話を聞くことに集中して、家に帰ってからノートを作成するのもひとつの手です。そういった場合は、担任の先生に黒板の写真を撮影させてもらい、後から学習できるように頼んでみてください。

④学習教材を取り入れる

学校の勉強についていけない場合は、学習教材を取り入れてみてはいかがでしょうか。学習教材の中には、図やイラストで分かりやすく解説されたものもあり、学習障がい(LD)の中学生でも取り組みやすいでしょう。

また自宅で落ち着いて勉強できるため、他の発達障がいを併発している子どもにもおすすめ。自宅で学習を進めて、学校の遅れを取り戻しましょう。

自宅学習を進めるなら「すらら」がおすすめ 

自宅学習を進めるなら「すらら」がおすすめです。すららとは中学校の国・数・理・社・英の5教科を学習できるオンライン教材です。

アニメーションキャラクターが語りかけながら説明してくれるため、文字の読み書きや計算が苦手な子どもでも、理解しやすいのが特徴。自動でつまずき診断も行ってくれるため、保護者がサポートしやすいのもメリットです。

独自のカリキュラムにより根本から理解できる教材ですので、LDの中学生に適しています。

学習環境を整えて高校受験に備えよう 

この記事では、学習障がい(LD)の特徴や種類別の対策、親ができる環境作りについて解説してきました。まずは学習障がいの種類と性質をつかんで、どう対処すればいいのか考えることが大切です。親のサポートが必要になる部分も多いので、子どもと話し合いながら学習を進めましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化