• HOME
  • コラム
  • 【子どもが発達障がいかも?】年齢別グレーゾーンの特徴、親がするべきことや相談機関を解説

【子どもが発達障がいかも?】年齢別グレーゾーンの特徴、親がするべきことや相談機関を解説

子どもの成長に伴い、「周りの子に比べてうちの子は落ち着きがない」「なかなか指示が通らない」などの不安が出てくるケースは少なくありません。

はっきりと発達障がいの診断は出ないものの、特性の傾向が見られる状態を一般的に「グレーゾーン」と呼びます。グレーゾーンであるがゆえに、適切な支援を受けられず困っている子どもや接し方に悩む親も多いです。

今回の記事では、発達障がいのグレーゾーンに関する基礎知識やその子どもへの正しい対応などを詳しく解説します。発達障がいグレーゾーンについて相談できる機関も紹介するのでぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

もくじ

発達障がいのグレーゾーンの基礎知識

まずは、発達障がいのグレーゾーンに関する基礎知識を見ていきましょう。ここでは以下の内容について解説します。

  • 発達障がいとは
  • 発達障がいの主な種類
  • 発達障がいのグレーゾーンとは

そもそも発達障がいとは?生まれつき脳機能に偏りがある状態

発達障がいとは、生まれつき脳機能に偏りがある状態です。親のしつけや育て方は無関係であり、原因はまだ詳しく解明されていません。

発達障がいがあると、対人関係がうまく築けなかったり同じミスを繰り返してしまったりするため、思いもよらないトラブルに発展することもあります。

発達障がいは見た目には分かりづらく、子どもは特性をうまく説明できないので周りからなかなか理解されないことが多いです。生きづらさを感じたまま長い期間過ごす子もおり、不登校につながるケースや精神的に追い込まれてしまうこともあります

周囲の大人が発達障がいの特性を理解して適切な対応・支援を行うことができれば、子どもの生きづらさが軽減されるので安心して生活することができるでしょう。

発達障がいの主な種類

発達障がいは主に以下の3つの種類があります。

【発達障がいの主な種類】

  • 注意欠陥・多動症(ADHD)
  • 自閉スペクトラム症(ASD)
  • 学習障がい(LD)

ここからは、それぞれの特性について詳しく見ていきましょう。ただし、特性の現れ方には個人差があるので必ずしも全て当てはまるわけではありません

注意欠如・多動症(ADHD)

注意欠陥・多動症(ADHD)には、「不注意」「多動・多弁」「衝動性」などの特徴があります。

子どもの場合、授業中座って話を聞けず立ち歩いてしまったり、忘れ物が目立ったりするのがよくある例です。また、気に入らないことがあると衝動的に手が出てしまうこともあります。

注意欠陥・多動症(ADHD)は自閉スペクトラム症と併発することも珍しくありません。特性に重なる部分もあるので、はっきり分けるのは難しい場合も多いです。

自閉スペクトラム症(ASD)

自閉スペクトラム症(ASD)は自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障がいの総称であり、それぞれ細かな特徴は異なります。

主に見られる特徴は、「人とのコミュニケーションが苦手」「興味が著しく限局していてパターン化した行動が見られる」などです。「感覚過敏」「不器用」などの特徴があるケースも見られます。

友達との会話がうまく噛み合わず、自分ばかりが一方的に話してしまうことも少なくありません。

学習障がい(LD)

学習障がい(LD)は、全体的な知的発達に遅れはないものの、読み・書き・計算などのうち特定のものが苦手という特徴があります。苦手な分野以外は特に問題がないケースもあるので、本人の怠惰だと勘違いされることも少なくありません。

苦手なことの種類によって、読字障がい・書字表出障がい・算数障がいなどのいくつかのタイプに分類されますが、人によって症状の現れ方が違うので診断が難しいのが現状です。

発達障がいのグレーゾーンとは

冒頭でも述べたように、はっきりと発達障がいの診断は出ないものの、ADHD・ASD・LD等の特性の傾向が見られる状態を一般的に「グレーゾーン」と呼びます。

診断基準全てを満たしているわけではないので確定診断ができず、その結果必要な支援を受けられないことも多いです。

グレーゾーンの子は「努力が足りない」「親が甘やかしている」などと勘違いされやすく、生きづらさを感じてしまうことも少なくありません。

長期に渡ってそのような状態が続くと、うつ病や不安障がいなどの二次障がいを引き起こしてしまう可能性もあるので、周囲の理解と適切な支援が必要です。

【年齢別】発達障がいグレーゾーンの子どもの特徴

ここからは、年齢別に発達障がいグレーゾーンの子どもの特徴を紹介します。発達段階によって特性の現れ方は異なるので、それぞれよく確認しておきましょう。

【小学生】発達障がいグレーゾーンの子どもの特徴

発達障がいグレーゾーンの小学生は以下のような特徴が見られます。

  • 学校のルールやマナー等が理解できず、守れない
  • 場面に合わない話をする
  • ひとりで話し続ける
  • 先生の話が聞けない
  • 授業中に立ち歩いてしまう
  • 忘れ物・無くし物が多い
  • 簡単な計算・ひらがな・漢字などが習得できない

小学校に入り集団での生活が始まると、周囲との違いに大人が気付くことが多いです。しかし、グレーゾーンの子の中には、特性の現れ方が小さく気付かれないまま成長していくこともあります。

【中学生】発達障がいグレーゾーンの子どもの特徴

中学生になると周りの子との差が大きくなるので、特性が目立ちやすくなります。発達障がいグレーゾーンの中学生の特徴は以下の通りです。

  • 場の空気を読むのが苦手
  • 思ったことを口に出し過ぎてしまう
  • 文脈の理解が困難である
  • 関心の強いことにしか集中できない
  • 時間や持ち物を管理できない

友達との会話の中で余計なことを言ってしまい、トラブルに発展してしまうこともあります。また、集合時間や持ち物を自分で管理できずに遅刻・忘れ物が目立つことも多いです。

【年齢別】発達障がいグレーゾーンの子どもへの接し方・対応

発達障がいグレーゾーンの子どもには適切な対応や支援が求められますが、具体的にどのように接するべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ここからは、年齢別に発達障がいグレーゾーンの子どもへの接し方・対応を紹介します。

【小学生】発達障がいグレーゾーンの子どもへの接し方・対応

発達障がいグレーゾーンの小学生は、「ルールが守れない」「場面にあった振る舞いが分からない」などの特性からトラブルが増え、叱られる場面が多くなってしまいます。

頻繁に叱られて自信を失っていることが多いため、子どもに接する際は否定的な表現を避けましょう。指導しなければいけない場面では「ダメ!」と否定するのではなく、「こうすると良いよ」と肯定的な表現に置き換えてください。

またグレーゾーンの場合、「ちゃんとして!」などの曖昧な表現では意思が伝わらない子が多いです。「時計の長い針が4になるまでは座って過ごすよ」「質問したい時はまず手を挙げて先生に名前を言われてから発言するよ」など具体的に指示を出す必要があります

中には、耳からの情報が入りにくい子もいます。何度言っても理解できない場合は絵カードや写真等を使い、目で見て分かるように工夫してあげましょう。

【中学生】発達障がいグレーゾーンの子どもへの接し方・対応

発達障がいグレーゾーンの中学生は、「空気を読むのが苦手」「思ったことを口に出し過ぎてしまう」などの行動から友達との間に溝ができてしまい、学校への行き渋りや不登校などに発展することがあります。

思春期を迎え、素直に親や先生に頼るのが難しい年頃ではありますが、いざという時に信頼できる大人の存在はとても大切です。

子どもの様子で気になるところがあれば、一対一でゆっくり話す時間を作ってあげてください。また、担任の先生やスクールカウンセラーとも連携し、学校でも安心して過ごせるように見守っていきましょう。

中学生になると時間や持ち物、課題の管理は自分でするようになりますが、グレーゾーンの子には難しいこともあります。いきなり無理をさせるのではなく、専門機関などの意見を取り入れながら徐々に自分でできることを増やしていきましょう

我が子が発達障がいグレーゾーンかも?親がすべきことは3つ

発達障がいの診断はつかないものの、「グレーゾーンかもしれない」と気になったら以下のことを意識しましょう。

【子どもが発達障がいグレーゾーンか気になったら親がすべきこと】

  • 子どもの行動を観察する
  • 子どもの特性を理解する
  • 子どもの気持ちに寄り添って共感する

ここで紹介することに特別な準備は必要ありません。できることから意識してみてください。

子どもの行動を観察する

まずは子どもの行動をよく観察することから始めましょう。「暴れてしまう」「動かなくなってしまう」などの問題行動は、子ども自身が困った時に起こしているものです。

小さなつまずきが集まり、問題行動として現れています。その小さなつまずきに気付き事前にケアできるようになると、問題行動が減って安定して過ごせるようになるでしょう。

問題が起きた状況・行動の内容・直前のできごと・その時の対応の4つをメモしておき、どのようなパターンで問題行動が起きやすいのか統計を取ります。他にも気付いたことがあれば、一緒に書いておくと何かヒントが得られるかもしれません。

どういった状況が問題行動に繋がりやすいのかを知ることで事前にできる支援方法が見えてきます

子どもの特性を理解する

特性の現れ方は人それぞれです。子どもにしっかり向き合い、どのような特性があるのかを理解しましょう。

例えば「集団で過ごせず教室から出たがる」というような子は、ふざけているわけではなく聴覚過敏の可能性があります。「戻りなさい」と叱っても何も解決しません。

そのような場合はイヤーマフラーの装着を試みたり、静かな部屋でクールダウンする時間を作ったりと支援方法を探していきましょう。

「落ち着きがなく、授業中にみんなと違うことをしている」という子も、実は内容が理解できず困っている可能性があります。何に困っているかゆっくり話を聞き、支援を考えていくことが大切です。

特に年齢が低いうちは自分が何に困っているかをうまく言語化できません。周囲の大人が特性を理解し、一人ひとりに合った支援を見つけていくことで困っている子どもを助けることができます

子どもの気持ちに寄り添って共感する

子どもと過ごす上で最も大切なのは「気持ちに寄り添って共感すること」です。親や先生など身近な大人が自分の気持ちを受け止めてくれると分かると、子どもは安心できます。

親や先生と信頼関係が築けたことで問題行動が減り、指示が通りやすくなることも珍しくありません。

発達障がいやグレーゾーンの子どもは気持ちを言語化するのが苦手で、どうしても暴れたり泣いたりと行動で示してしまいます。そのような時は、「つらかったね」「頑張った分、悔しかったよね」などと気持ちを代弁してあげてください。「いい加減にしなさい!」と怒りたくなる時もあるかもしれませんが、お互いにヒートアップしてしまうのでやめましょう。

子どもの発達障がいグレーゾーンについて相談できる機関

子どもの発達障がいグレーゾーンについて相談できる機関は以下の通りです。

【子どもの発達障がいグレーゾーンについて相談できる機関】

  • 学校の先生やスクールカウンセラー
  • 発達障がい者支援センター
  • 児童相談所
  • 保健所・保健センター
  • 発達障がいへの支援をしている民間団体

発達障がいやグレーゾーンに関しては人に気軽に相談できる内容ではないため、家族で抱え込んでしまうことも多いですが、実は様々な相談先があります。

気になることがあれば躊躇せずに相談機関を頼ってください。より多くの手で子どもに最善の支援を考えていくことができます。

学校の先生やスクールカウンセラー

担任の先生は学校での子どもの様子をよく見ており、すぐに話を分かってもらえる可能性が高いです。発達障がいやグレーゾーンの子どもとも関わってきているはずなので、対応方法に関する知識も持っているかもしれません。

また、スクールカウンセラーは先生と連携しながら子どもの心のケアをしてくれます。保護者の不安なども聞いてくれるので頼りになる存在です。

ただし、学校の先生は発達障がいに関するプロではないので、必ずしも手厚いサポートを受けられるわけではありません。思うように連携を取れない場合は他の相談機関を頼りましょう。

発達障がい者支援センター

発達障がい者支援センターは、発達障がいの早期発見と早期支援を目的にしています。医療・教育・労働・福祉など様々な関係機関と連携しながら本人とその家族をサポートしてくれる機関です。

診断が確定していないグレーゾーンの子どもに関する相談も受け付けており、家庭での療育方法についてもアドバイスをくれます。

ただし、地域によってセンターの体制は様々で、どこでも同じ支援を受けられるわけではありません。近くのセンターの規模や支援内容を調べ、気になるようでしたら窓口を訪ねてみてください。

児童相談所

児童相談所は、子どもに関するあらゆる問題を解決するために児童福祉法に基づいて設置された機関です

子どもの発達や心身障がい、問題行動など幅広い内容の相談を受け付けています。必要があれば学校や医療とも連携し、子どもの成長をサポートする場所です。

児童相談所では子どもの心身の発達の度合いを調べる「発達検査」を実施しているので、「発達障がいかグレーゾーンか分からない」という段階で相談することもできます。

保健所・保健センター

保健所・保健センターは、公衆衛生や地域住民の総合的な保健サービスのために設置されている機関です。乳幼児期からの子どもの発育状況を把握しているので、現状を相談しやすいと言えます。

「発達の遅れが気になるけど、まずどこに相談するべきか分からない」などの相談も可能です。電話相談を受け付けている地域もあるので、出向くのが難しい場合はまず電話で相談してみましょう。

発達障がいへの支援をしている民間団体

公的な窓口以外にも発達障がいへの支援をしている民間団体は多くあります。同じ悩みを持つ親同士で構成される団体や、発達障がいやグレーゾーンの子どもに特化した塾・家庭教師など形は様々です。

現在は全国各地にこういった民間団体があるので、近くに相談できる場所がないか探してみてください。

ただし、中には「発達に関する相談に乗る」と言いながら新興宗教の勧誘に繋げるような団体もあります。安心して相談できる団体かよく調べてから連絡しましょう。

子どもの発達障がいグレーゾーンに関するよくある質問

クエスチョンマークの描かれた木のブロック

最後に、子どもの発達障がいグレーゾーンに関するよくある質問に答えます。

【子どもの発達障がいグレーゾーンに関するよくある質問】

  • 発達障がいグレーゾーンの子どもの将来はどうなる?
  • 子どものグレーゾーンの原因は育て方?

疑問に思っていることがあれば解決に役立ててください。

発達障がいグレーゾーンの子どもの将来はどうなる?

発達障がいグレーゾーンでも高校や大学に進学し、卒業後に就職している人も多くいます。

グレーゾーンだからといって勉強や仕事ができないわけではありません。「発達障がいだから」「グレーゾーンだから」とそこにこだわってしまうと、子どもの可能性を潰してしまう恐れもあります。

特性を個性として伸ばせる環境を作り、得意な分野や好きなことを活かしていけるように支援していきましょう。

子どものグレーゾーンの原因は育て方?

記事の冒頭でも述べたように、発達障がいは脳機能の偏りによるものです。グレーゾーンは発達障がいとまでは診断されないものの、同じように脳の機能に偏りあることが原因だと分かっています。

これらの原因は、遺伝や環境によるものだと様々な説が唱えられていますが、はっきりとは解明されていません。

したがって、子どもの発達障がいやグレーゾーンは親のしつけや育て方が原因ではないです。自分を責めたり追い込んだりはせずに、子どものためにできる支援を考えていきましょう。

まとめ:診断の有無に関わらず、子どもに寄り添った支援を考えることが大切!

発達障がいグレーゾーンの子どもは、「発達障がいとは診断されていないから」という理由でなかなか理解してもらえないこともあれば、周囲の子と同じようにできないことで劣等感を抱いてしまう場面もあります。

診断の有無で子どもの状態を決めつけるのではなく、本人が何に困っているか・どんな支援を必要としているのかを探っていきましょう。

発達障がいやグレーゾーンの子どもは自分の思いをうまく伝えられず、困っていても長期間そのままになってしまうことが多いです。つらい状態が続くと不登校やうつ病に繋がる恐れもあります。

「問題行動が多いな」「様子がおかしいな」と思ったら子どもをよく観察し、支援方法を考えていきましょう。

また、家族だけで抱え込まずに相談機関を頼るのも大切です。「検査するほどなのか分からない」「診断がついていないのに良いのかな…」と思うかもしれませんが、たとえグレーゾーンであったとしてもそうでなくても支援を必要としていることに変わりありません。

より多くの手で子どもの成長を見守っていきましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化