• HOME
  • コラム
  • 【教科別|LDがある中学生】5つの勉強方法・親が出来る子どもへの向き合い方を解説

【教科別|LDがある中学生】5つの勉強方法・親が出来る子どもへの向き合い方を解説

LD(学習障がい)は主に学習・授業において影響が出る障がいを指します。適切な対応を講じることで改善する場合も少なくありませんが、特に思春期が始まった中学生は、対応に苦慮することも少なくないでしょう。

「なぜ他の人と同じように出来ないのか」「なぜ自分ばかり怒られてしまうのか」と自己嫌悪に陥ってしまうケースもあり、周囲の人もどのように対応するのがベストなのか、頭を悩ませる親もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では「LDがある中学生の勉強方法と親の子どもへの3つの向き合い方」を解説します。今まさに学習障がいで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 



この記事を読む方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

 

LD(学習障がい)の3つの特性

LD(学習障がい)の3つの特性

まずは、LD(学習障がい)の3つの特性に対する理解を改めてしていきましょう。以下は、LD(学習障がい)3つの特性です。

LD(学習障がい)の3つの特性】

  • ディスレクシア(読字障がい)
  • ディスグラフィア(書字表出障がい)
  • ディスカリキュア(算数障がい)

特性ごとに症状が異なり、それぞれ対応策も異なります。また複数の特性を持っているケースもあるため、各特性を把握した上で、適切な対応策を考えていきましょう。

ディスレクシア(読字障がい)

ディスクレシア(読字障がい)は、主に文字の読みで困難が生じる障がいです。文字の形を認識するのが難しいケースが多く、書字にも影響する場合もあります。

ディスクレシアの中学生は教科書を読むのが苦手なため、様々な教科に影響することも少なくありません。具体的なケースとしては、以下のものが挙げられます。

【ディスクレシア(読字障がい)の具体的な例

  • 教科書を読むのが難しく、音読や黙読などに困難が生じる
  • 文末を変えて読んでしまうことが多々ある
  • 単語や文節ごとに区切ったり、1文字ごとに区切ったりして読む
  • 「わ」「は」や「お」「を」のように音声が同じ文字の識別が難しい
  • 「め」「ぬ」や「木」「本」のように形が似ている字を読み間違える

国語や英語、社会など教科全般では文字を読むこと自体につまづいてしまいます。本人自体は勉強意欲があるのに、特性ゆえ勉強の成績が上がりづらくなる中学生もいるため、適切な学習方法が求められるでしょう。

ディスグラフィア(書字表出障がい)

ディスグラフィア(書字表出障がい)は、文字を書くことに困難が生じる障がいです。読みや会話は普通に行えることも多いために、障がいに気付かれにくいという特徴もあります。

ディスグラフィアは視覚的な障がいで、ディスクレシアを併発しているケースもあるため、文字を書くだけでなく読みにも負担がかかっている場合もあるでしょう。学習を進める上でのディスグラフィアの具体的な困難なケースは以下の通りです。

【ディスグラフィア(書字表出障がい)の具体的な例

  • 文字を書くのが難しく、主にノートの書き取りで困難が生じる
  • ノートのマス目や罫線から大きくはみ出して字を書く
  • 鏡文字(上下左右が逆さまの文字)を書くことがある
  • 漢字を覚えるのが難しく、ひらがなも間違えることがある
  • 余分な線や点を入れてしまうことが多い

文字を書くのが苦手なため、勉強だけに関わらず、友人との紙を介した連絡や日常の名前をサインする際にも困難が生じるやすいでしょう。

ディスカリキュリア(算数障がい)

ディスカリキュア(算数障がい)は、数学において困難が生じる障がいです。数の大小や数式を理解するのが難しく、学年相応の数学問題を解くのが苦手という特徴があります。

また文章題においても、場面を想定して解くのが難しい傾向があります。主なケースは、以下の通りです。

【ディスカリキュア(算数障がい)の具体的な例

  • 数の大小を理解するのが難しい
  • 数式を覚えるのが苦手で、それを使って問題を解くのも苦手
  • 四捨五入などの概念や九九を理解できない
  • 筆算をする際に、桁を間違える
  • 文章題を解くのが苦手

数字や数式を理解することに時間がかかってしまうため、中学校の数学や理科の一部の数式などに苦手意識を覚える子どももいます。

【教科別】LDがある中学生の勉強方法

【教科別】LDがある中学生の勉強方法

上記の通りLD(学習障がい)には、様々な特性があります。LDを持つ中学生は授業において強いストレスを抱えることもありますが、適切な勉強方法を取り入れることで、改善が見られるケースも少なくありません。

今回は、以下の教科ごとにLDの中学生におすすめの勉強方法を解説します。

LDがある中学生の勉強法】

  • 国語
  • 数学
  • 英語
  • 理科
  • 社会

それでは上記教科ごとの勉強方法について、以下で解説します。

国語

国語の場合は、文字の読み書きや数字(時系列、数の大小など)の理解で困難が生じます。特にディスクレシアやディスグラフィアの特性がある中学生にとっては、難しい教科です。

音読や黙読が難しかったり、読みはできるのに書くことが著しく苦手だったりするケースが多く、理解が遅れ、授業ペースに付いていけなくなってしまいます。

【特性ごとのおすすめ勉強法

  • ディスクレシアの国語の勉強法
    ・・・単語や文節ごとに指で挟んで読む、教科書を拡大コピーして使用する
  • ディスグラフィアの国語の勉強法
    ・・・マス目黒板を使用する、筆順を声に出しながら覚える
  • ディスカリキュアの国語の勉強法
    ・・・文章中の数(年号や時間など)の理解が難しい場合は、図表に起こ
    して理解する

とにかく文字を見やすくする取り組みを意識したり、視覚的に判断しやすい教材を活用するのがベターです。

数学

数学は、ディスカリキュアがある子どもだけでなく、ディスクレシア、ディスグラフィアがある中学生も困難が生じる場面があるでしょう。数の大小や数式の把握や、教科書の文章を読むこと、数字の形や桁を正しく書くことなどが難しいことがあります。

【特性ごとの数学の勉強法

  • ディスクレシアの数学の勉強法
    ・・・文章題の理解が難しい場合は、指を指しながら音読・黙読をする
  • ディスグラフィアの数学の勉強法
    ・・・桁間違えが多い場合は、マス目の大きなノートを使用する
  • ディスカリキュアの数学の勉強法
    ・・・図表で示した方が理解しやすい場合と、日常生活に関連づけながら順序立てて理解した方が良い場合がある

数学の場合、数字を見て推論しづらいケースがあるため、なるべく表やマスなどを活用し、視覚から認識しやすい状態で学習すると、理解が進みやすくなる場合もあります。

英語

英語では、主に文章の読み書きでつまづくことがあるでしょう。またディスカリキュアでは英語と日本での数の数え方が異なるために、概念を理解するのに時間を要する場合もあるでしょう。

【特性ごとの数学の勉強法

  • ディスクレシアの英語の勉強法
    ・・・「s」「z」や「l(小文字L)」と「i」のように混同しやすい文字は、違う部分を赤く塗って覚える
  • ディスグラフィアの英語の勉強法
    ・・・音韻トレーニングやイラストカードを取り入れて、視覚情報と音情報が繋がりやすくする工夫をする
  • ディスカリキュアの英語の勉強法
    ・・・まず日本での数の数え方を理解した上で、図表を用いて数の数え方を理解する

英語では、国語同様文字の識別に時間がかかるケースがあるため、主にリーディングに関わる単語の覚え方や書き方、読み方でつまづきやすいでしょう。

混同しやすい文字が並ぶため、ややこしくなりますが、口に出して発音で印象に残すこともできるので、教科の特徴を活かして学習に取り組むのも良いでしょう。

理科

理科は、全ての特性でそれぞれ異なった困難が生じます。教科書の文章を読むことや、実験結果を表にまとめること、様々な計算式を理解することなどが苦手なケースが多いでしょう。

また、理科はグループ学習(実験)もあるため、他の生徒について行けず、強いストレスを感じることもあります。

【特性ごとの数学の勉強法

  • ディスクレシアの理科の勉強法
    ・・・難読漢字に関しては意味をメモする、指さし黙読を活用する
  • ディスグラフィアの理科の勉強法
    ・・・板書が難しい場合は、球技などで焦点移動のトレーニングをする
  • ディスカリキュアの理科の勉強法
    ・・・図やイラストの活用やマス目の大きなノートを使う、表罫線のみ教員に書いてもらう

理科も国語や英語同様、文字の識別に苦しんだり、一部の計算式につまづいたりする場合もあるため、視覚的な学習方法を取り入れつつ、学習を進めていくのがベターです。

社会

社会の教科書は文章量が多く、板書量も比較的多いため、文字の読み書きが苦手な中学生には難しい科目です。また4桁の数字も頻繁に登場するので、ディスカリキュアがある子どもでも学習が難しい場面があります。

昨今の教科書はイラストや写真も多いですが、そのカラフルさゆえに「どこが大事か分からない」「どこを見ればいいか分からない」ケースもあり、内容の理解がスムーズにいかないケースも少なくありません。

【特性ごとの数学の勉強法

  • ディスクレシアの社会の勉強法
    ・・・モノクロコピーをした上で重要箇所にマーカーを引く、積極的にふりがなを振る
  • ディスグラフィアの社会の勉強法
    ・・・書くのが難しい漢字は、大きなマス目のノートを別に用意して、書字トレーニングをする
  • ディスカリキュアの社会の勉強法
    ・・・4桁の数が理解できない場合、桁毎に線を引いたり図表にしたりして理解する

社会も文字が羅列している教科書が多いため、見やすさを意識したノートの取り方や表を取り入れた勉強法が効果的でしょう。他にも、社会の授業ならではの歴史の流れを理解して覚えるのも感覚を掴みやすい場合もあるため、実践してみましょう。

LDがある中学生の子どもへの親の3つの向き合い方

LDがある中学生の子どもへの親の3つの向き合い方

LDがある中学生の学習には、親の協力も不可欠です。サポートには忍耐力を必要としますが、根気強いサポートによって少しずつ改善していくこともあります。

LDがある中学生に対する向き合い方に関して、ポイントとなるのは以下の3つです。

【LDがある中学生の子どもへの親の向き合い方

  • 子どもの特性に合わせた勉強方法を取り入れる
  • 行動を否定せず他の子どもと比較しない
  • 使う教材を変える

それでは上記3つのポイントについて、以下で詳しく解説します。

子どもの特性に合わせた勉強方法を取り入れる

LDの特性は、その子どもごとにまったく異なります。例えば、同じディスカリキュアの中にも「一度音で聴くと、読みやすくなる」という子どももいれば、「指さしをすると読みやすくなる」という子どももいます。

また、いくつかの特性を併せている中学生も少なくありません。特性は人それぞれのため、まず特性を正しく把握して、その特性に合わせた勉強方法を取り入れるのが重要です。

そして勉強をスムーズに進めるのに、教科から少し離れたトレーニングが効果的な場合もあります。音韻トレーニングや、球技を用いた焦点移動トレーニングなどが効果的な場合もあるので、特性に応じて柔軟な対応をしていきましょう。

行動を否定せず他の子どもと比較しない

LDは学習に困難が生じて成績にも影響するため、焦りから強いストレスを感じる親もいらっしゃるでしょう。しかし、中学生の子どもも同様のストレスを感じています。

「なんでできないんだろう」といった気持ちは子どもも同じであるため、行動を否定したり他の子どもと比較するのは絶対に避けましょう。

勉強を強要したり、成績の悪さを叱責することは、引きこもりや素行不良に繋がることもあります。教員や専門機関と協力することで親も適度にガス抜きをして、子どもに強く当たらないよう心がけてください。

使う教材を変える

学校で使っている教材が適していないケースもあります。特にディスクレシアはフォントや行間が少し違うだけでも、読字に大きく影響します。

また、ディスカリキュアのように図表を用いた方が理解が深まるケースもあります。その場合、学校とも相談しながら使用教材や教具を変えることも検討していきましょう。

昨今はタブレット端末の種類も増え、学習障がいがある中学生に対応した電子教材もあるため、自宅でも学習をスムーズに進められる可能性が高まります。

まとめ

本記事ではLD(学習障がい)について、各特性ごとの特徴や、対策方法などを解説しました。LDがある中学生は、本人はもちろん、親も大きなストレスを抱えやすいでしょう。

しかし、特性を把握した上で適切な対策を講じていけば、改善が見られるケースも多くあります。LDがある中学生がどのように学習を進めればいいのか、親はどのようにサポートすべきかなど、本人の特性に合った対策を考えていきましょう。

 



この記事を読んだ方で、お子さまの「不登校」についてお悩みではないですか?
すららは、1人ひとりのペースで学習できる「無学年方式」を採用した学習教材です!

自宅ですらら学習を使えば「出席扱い」にもできるため、内申点対策、自己肯定感の一助にも大きく貢献致します。

【すららのここがスゴイ!】

  • 自宅で出席扱い
  • 学習がストップした箇所からカリキュラムを提案
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • キャラクターの先生が教えてくれるから、人と関わるのが苦手なお子さまも安心

すららでは、現在無料のサービス資料を無料配布しております。ぜひこの機会にご利用ください。

不登校による学習のお悩みを、すららが徹底サポート致します!

“出席扱い”にできるすらら学習の資料請求はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化