• HOME
  • コラム
  • 【ゲーム障害とは?】中学生の診断基準や治し方、予防方法・3つの治療方法について解説

【ゲーム障害とは?】中学生の診断基準や治し方、予防方法・3つの治療方法について解説

「子どもが中学校に進学してから、ゲームの時間が増えている」「スマホばかり見ている」という悩みは、どの家でもよくある話。しかし、近年は、熱中するあまりゲームから離れられない「ゲーム障害」に加速する子どもが増えてきました。

この記事では、お子さんのゲームとの関わり方が気になる方に向けて、中学生のゲーム障害に関する最新情報・治療について解説。後半では予防法を紹介します。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

ゲーム障害とは?

ゲームに熱中するあまり、自己コントロールがきかない状態が、ゲーム障害(ゲーム依存症)です。日常生活に支障をもたらし、人間関係・社会生活にまで影響します。

2019年にはWHO(世界保健機関)で正式に国際疾病分類に追加され、ゲーム障害は精神疾患として認識されるようになりました。10代の中高生を中心としながらも、大人の間でもゲーム障害は増えています。

中学生がゲーム障害になる症状

脳機能には理性をコントロールする前頭前野と、本能・感情をコントロールする大脳辺縁系があります。ゲーム依存が加速すると、前頭前野の働きの鈍化により、理性のブレーキが利かなくなってしまうのです。

ゲームに熱中するあまり昼夜逆転の不規則な生活や、運動不足による身体能力の低下、不眠、感情のコントロールができないことによる家族・友人との不和にも繋がります。

具体的な健康被害には、以下のものがあります。

  • 不眠・睡眠障害
  • 視力低下・肺活量減少
  • イライラ感・衝動性

中学生がゲーム障害になる問題点

ゲーム障害は、「楽しいから夢中になっているだけ」というものではありません。脳内の理性と本能のコントロール不全になり、健康面以外でも様々な問題を引き起こします。

特に問題となっているのが、生活の全てがゲーム中心になることで、家族・社会とのバランスが破綻するケースです。

ゲーム以外のことに無気力になり、勉強が遅れて不登校になる、自分に自信がなくなりひきこもりになってしまうなどの問題も発生しています。

中学生がゲーム障害になる兆候

近年は、スマートフォンゲームアプリが増えたことにより、子どもでも、無料かつ手軽にゲームに手が出せるようになりました。「課金しなければ無料で遊べる」ため、最初の親の許可のハードルも下がるものです。

保護者の対策として、まずはゲーム障害の兆候を知っておきましょう。兆候に早めに気づけば、対策を打つこともできます。

ゲーム障害の兆候

  • ゲームをプレイする時間が長時間になった
  • 夜中までゲームに没頭している
  • 朝、いつもの時間に起床できない
  • ゲームばかり考えてしまう
  • ゲームについて注意すると激怒する
  • 他の物事に興味を持てない
  • プレイ時間・遊び方について嘘・誤魔化しをする
  • 課金額が上がっている

中学生のゲーム障害の診断基準

ゲームに依存するあまり、若者を中心に精神的・肉体的に様々な問題が発生するようになりました。そして2019年、世界保健機構(WHO)では、「ゲーム障害」として国際疾病分類に正式に認定し、以下の診断基準を設けています。

診断基準

  • ゲームをする頻度や時間のコントロールができない
  • 日常的にゲームが最優先になり、仕事・学業・家庭生活に支障が出ている
  • 悪影響が出ているにもかかわらず、ゲームを続け、さらにエスカレートする

これらの行動が、12ヶ月以上継続する場合は、ゲーム障害と診断されます。ただし、未成熟な小中学生は短期間で重症化しやすく、12ヶ月未満でも診断されることがあります。

中学生のゲーム障害の治療方法

ゲーム障害と診断された場合、それは立派な精神疾患です。ゲームを取り上げ・使用禁止にしたところで即解決にはなりません。専門の病院で診察を受け、医師と相談して本人の依存度に合わせた治療方法を検討する必要があります。

治療方法は以下の4つです。

  • 診察
  • カウンセリング
  • デイケア
  • 入院治療

ここからは、治療方法について具体的に解説していきます。

診察

まずは障害に対する現状把握です。医師の診察では、健康状態や、どのような生活を送っているのかを確認し、本人の年齢・環境・依存度に合わせた治療方針が決定されます。

ゲーム障害は2019年に認定されたばかりの疾患のため、専門の治療薬は未だありません。ただ、ゲーム障害によって発生する「症状」を抑えるために、薬が処方されることはあります。

カウンセリング

カウンセリングでは、専門医や心理士との対話が中心です。対話の中から、なぜゲーム依存に至ったか、加速させた要因は何かなど、客観的に解決策を考えていきます。

診断された本人は、自分のゲーム依存に自覚を持っていないことがほとんどです。対話の中で、プレイ時間・生活サイクル・自分がコントロールを失うまでの原因を探り、「自らがゲーム障害だと自覚させる」のが第一歩です。

本人が「このままではいけない」と気づくことで、ゲームと関わり方を自ら変えていくきっかけになります。

デイケア

ゲーム障害に陥ると、理性より本能が優先され、他のことに興味が持てなくなります。デイケアは、集団での運動や食事という経験を経て、ゲーム以外の活動に目を向けさせる場です。

他人と接するのが苦手な場合、ゲームにハマりやすい傾向があります。デイケアの活動は、集団で楽しめるスポーツを通して、人と人とのやり取りを深めていくものです。

また、集団で話し合う機会も用意され、「ゲームをする以外の活動を楽しむには?」「ゲームに費やす時間を減らすためには?」というテーマに触れ、自らの問題解決に向き合います。

入院治療

カウンセリングやデイケアでも治療の効果が出ない場合は、入院治療も検討されます。

入院は、物理的にゲームができない環境です。約2ヶ月間、ゲームに触れず、規則正しい生活へと戻していきます。退院後の再発防止のため、医師・家族と協力しながら、ゲームとの関わり方を検討するのも入院治療の一貫です。

ただし、疾患として認定された歴史が浅い分、限られた施設しか入院治療に対応していません。

中学生のゲーム障害の予防方法

中学生にもなると、ゲームも友達付き合いの一貫という側面があり、全くゲームを禁止というわけにもいきません。

また、遊ぶルールを決めて健全に楽しんでいる子どもも多くいます。ゲーム=悪というわけではないので、子どものやりたいことも認めてあげましょう。

ただし、子どものゲームとの健全な関わり方は、保護者のサポートは不可欠です。以下のポイントを押さえておきましょう。

  • ゲーム依存を正しく理解する
  • ルールは子どもと話し合って決める
  • 子どもと向き合い信頼を高める
  • ゲーム以外に打ち込めるような楽しいことを知る

ここからは、予防法について詳しく解説していきます。

正しい知識を子どもと学ぶ

ゲーム障害は立派な精神疾患です。「単に夢中になっているだけ」という理解ではなく、エスカレートするとどんな結果をもたらすかを、子どもも保護者も正しく認識する必要があります。

どのような健康被害があり、自分の将来にどのように影響するのか。ゲームを解禁する前に、ゲーム障害を紹介する親子向けのホームページや書籍をチェックすると良いでしょう。

正しい知識を持ち、子ども自身が「こうなってはいけない」と理解することで、関わり方も自主的に考えるようになります。

子どもと一緒にルールを決める

どんな遊びにもルールがあるからこそ楽しいもの。しかし、ルールは親が一方的に決めてはいけません。必ず、子どもと一緒に考えて意見をすり合わせましょう。

中学生は思春期に入り、反抗期の真っ最中。本人の意志を無視したルールの押しつけは、無用な反発を招き、ルール自体を守らないかもしれません。本人も保護者も納得できるルールを作りましょう。

また、ルール違反の場合の罰則も、本人と相談して事前の取り決めが大切です。一方的な取り上げではなく、「一定期間ゲームは禁止」などの罰則を本人が納得した上で決めておくと、守りやすくなります。

子どもとの信頼関係を築く

保護者が多忙で、子どもが1人で過ごす時間が長いほど、ゲーム障害へのリスクは高い傾向にあります。食事の時間や、子どもと過ごす時間を設け、話に耳を傾けることも信頼関係には大切です。

可能であれば一緒にゲームをプレイするのもおすすめです。子どもがなぜゲームにハマっているのか共感でき、また肯定してあげることで、お互いの理解が深まります。

ゲーム以外の楽しめる趣味をもつ

「現実世界も楽しい!」と思わせる体験によって、ゲーム以外のものに目を向けるきっかけになります。

キャンプや釣り、バーベキューなどのアウトドア体験や、子どもだけでは体験できないマリンスポーツなど、親子で感動を共有する体験が大切です。

子ども時代はあっという間に過ぎ、気づけば旅立っていきます。振り返ると思い出が何もなく、「あの時もっと関わってあげればよかった」と後悔しないよう、子どもとの今を大切にしてみてください。

上手にゲームと付き合おう!

ゲームはかならずしも悪ではありません。1日短時間のゲームを楽しむ習慣で、ストレス発散や集中力が高まるという良い事例もあります。

ゲームをご褒美として、宿題や課題を計画的に進めているという成功例もあるようです。

ペアレンタルコントロールなど、プレイ時間やゲーム機が起動する時間設定できる機能を有効活用し、上手に付き合える環境を用意しましょう。

  • ゲームの制限時間設ける
  • 場所を決め、個室にゲームを持ち込ませない
  • 食事の時間・会話の時間を作る
  • 課金金額の上限を設定する
  • 運動・趣味にも時間を作る

まとめ

スマートフォンやタブレットなど、無料でどこでも手軽にゲームができる環境になったことで、ゲーム障害へのリスクは増しています。

しかし、ゲームをすることは悪いことばかりではありません。遊ぶことをきっかけにプログラムやeスポーツ、企画開発への道を開く子どももたくさんいます。

大切なのは障害になる前に、周囲の大人が気づくこと。子どもと話し合ってルールを決め、上手にゲームと付き合える環境づくりをしてあげましょう。

 



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化