• HOME
  • コラム
  • 【ゲーム依存症の治し方】原因や診断基準、正しい4つの治療方法を解説!

【ゲーム依存症の治し方】原因や診断基準、正しい4つの治療方法を解説!

スマートフォンゲームの流行により、子どもがより手軽に遊べるようになり、気づけば依存症になってしまったというケースも後を絶ちません。「もしかしてうちの子も依存症?」と心配する保護者の方もいることでしょう。

今回は依存症の原因や診断基準、治療方法についてを解説します。子どもの依存症に不安な方や治療方法を知りたい方は参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

ゲーム依存症とは?

生活の中心がゲームになってしまい、自己コントロールがきかない状態です。

何よりも優先されるため、生活が不規則になり、日常生活・学校生活にも影響が出てしまいます。

また、理性と本能・感情のコントロール不全により、友達や家族に対して攻撃的になり、人間関係も破綻してしまうケースも増えてきました。

ゲーム依存症の原因

アルコールやギャンブル依存症と原理は同じです。ゲームの過剰な刺激が長期に渡ることで、脳内ホルモンのバランスが崩れ、自分の肉体・精神のコントロールができなくなります。

感情制御ができないことで、イライラやうつ、睡眠障害、食欲不振に繋がり、人間関係や社会生活にも影響が出てしまうのです。

ゲーム依存症の診断基準

自己コントロールの機能不全によって、様々な二次障害が報告されるようになりました。世界保健機構(WHO)で「ゲーム障害」という精神疾患として正式に認定され、実際に病気として扱われるようになったのは2022年からです。

診断基準

  • ゲームをする頻度や時間のコントロールができない
  • 日常的にゲームが最優先になる
  • 悪影響が出ているにもかかわらず、ゲームを続け、さらにエスカレートする

これらの行動が、12ヶ月以上継続する場合にゲーム障害と診断されます。ただし、小中学生の場合は症状が加速・重症化しやすいため、12ヶ月未満であっても診断されるようです。

ゲーム依存症の治療方法

「ゲーム依存症って本当に治るの?」と不安になる保護者の方も多いはず。ゲーム依存症は精神疾患のため、単にゲームを禁止すれば解決するものではありません。

専門の病院で診察を受け、本人の依存度に合わせた治療法の検討が必要です。ここからは、実際に行われている以下の治療方法を紹介します。

  • 認知行動療法
  • 薬物療法
  • 家族へのアプローチ
  • 治療キャンプ

認知行動療法

認知行動療法とは、自分の生活習慣・行動・考え方を整理し、自分で変えやすいものから実践していくという方法。

診断された当初「自分は依存症ではない」と思っているケースがほとんどなので、自分の生活習慣を書きだし、状況認識から始めます。

自分の日常を客観視することで、改善へと繋げる方法です。

薬物療法

現状では、ゲーム依存症自体に有効な治療薬はありません。しかし、依存症と合わせて、不眠症・うつ病・発達障がい等を合併しているケースもあります。

うつ病に対する治療や、不眠症には睡眠導入剤を処方するなど、症状に対する薬で改善していく治療です。

家族へのアプローチ

アルコールやギャンブルと同じく、依存症の治療は、家族の理解と粘り強く見守る協力体制が不可欠です。

家族が依存の原因であるゲームを一方的に取り上げ、これまでと違う生活を無理に押しつけてしまうと、当然ながら子どもは反発します。信頼関係が崩れることで、親が勧める治療に対しても積極的になれません。

「あなたの体とこれからの未来が心配だから」と伝え、治療にむけて頑張れるよう応援する姿勢が大切です。

治療キャンプ

本人が依存症であることを認識し、治療に前向きな状態であれば、治療キャンプという方法もあります。

約1週間ゲームができない環境で、専門家のカウンセリングやスポーツ、普段できない体験をするというものです。ゲーム以外の現実世界での楽しみを見つける体験は、依存症を乗り越えるために有効です。

ただし、ダイエットと同じで、しばらくゲーム断ちしていた分、帰宅してからの反動が来る可能性もあります。本人のやる気と周囲の協力は不可欠です。

ゲーム依存症の予防方法

やりすぎ防止!ゲーム依存(ゲーム障がい)を予防するための5つの対策

デジタル世代の子どもたちにとって、日常とゲームは切り離せないもの。小中学生はリアルで会っていても、共通の話題はゲームで多くなりがちです。友達関係の様子を見つつ、自分で律することができる年齢まで、ゲームデビューを遅らせることも有効と言えます。

ゲームをもう始めている場合は、ゲームとの関わり方について親子で話し合い、ルールを決めましょう。ゲームの魅力に振り回されず、ルールを守って上手に遊んでいる子も多くいるので安心してください。

そして、子どもを依存症から守るためには、保護者のサポートは不可欠です。以下のポイントを押さえておきましょう。

  • ゲーム依存を正しく理解する
  • ルールは子どもと話し合って決める
  • 子どもと向き合い信頼を高める
  • リアルの生活が充実できるようにゲーム以外の楽しいことを知る

まとめ

昔よりいつでも手軽にゲームで遊べるようになった分、依存症へのリスクも高まっています。その予防・治療においては、本人が自分の依存を理解することと同時に、家族の理解とサポートも鍵です。

また、家族が一方的にゲームを取り上げると、関係が悪化し、改善・治療にも前向きになれません。お互いが納得できるルールを決め、ルールを守ろうと頑張る姿を応援してあげましょう。

ゲーム依存症の予防・治療の成功は、家族との信頼関係があってこそです。

 



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化