google

宮崎県有数の伝統と歴史ある公立高校で最先端のAI教材導入。 「すらら」を活用して新しい教育体験提供 基礎学力定着で未来の可能性と選択肢を広げる

プレスリリース

株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)が提供するアダプティブな対話式 ICT 教材「すらら」が、創立110年の伝統と歴史のある宮崎県立本庄高等学校(宮崎県東諸県郡)にて、2022年9月より本格活用が開始されました。「すらら」が宮崎県内の高等学校で導入されるのは、今回が初となります。

集団授業の中でも、一人ひとりの学力や苦手分野に合わせた学習ができる最先端のAI教材を活用し、新しい教育体験を提供します。そして義務教育段階のつまずきを改善、基礎学力を定着することで、子どもたちの未来の可能性と選択肢を広げていきます。

http://surala.jp/image/press/221021.pdf