MENU

【超厳選】個人情報保護士の通信講座おすすめ2選!選び方とメリットも徹底解説!

個人情報保護士 通信講座

本ページはプロモーションが含まれています

「個人情報保護士の資格を取得したいけど、おすすめの通信講座はある?」
「独学と通信講座ではどちらが良いだろう」

上記のようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

通信講座はそれぞれ料金や教材・サポート体制が異なるので、比較して自分に合った通信講座を選ぶのが重要です。

自分に合わない通信講座を選んでしまうと、効率よく勉強できずお金を無駄にしてしまうかもしれません。

そこで、本記事では個人情報保護士のおすすめ通信講座を2選紹介します。

また、失敗しない通信講座の選び方や独学と通信講座のメリット・デメリットもあわせて解説。

この記事を読めば、個人情報保護士の資格を効率よく取れる通信講座が選べるでしょう。

個人情報保護士試験に短期間で合格したい人は、効率よく学習できるスタディングがおすすめです。

短期間で合格を目指したい人にはスタディングがおすすめ
スタディング個人情報保護士LP画像
引用:スタディング

スタディングは動画形式の講義によって、スマホ1台で学習できる通信講座

スキマ時間を有効活用して短期合格を目指せるのがポイントであり、ほかにも下記おすすめ理由があります。

  • スマホ1台で学習でき通勤電車や休憩時間を有効活用
  • 講義時間は全6時間、1回約20分の動画講義で短期合格を目指せる
  • 資格取得を目指す勉強仲間を作れる
  • 試験に合格するとAmazonギフト券2,000円分プレゼント!

スタディングは通勤時間やスキマ時間を有効活用したい人におすすめの通信講座です。

講義は1回当たり20分で閲覧できるため、隙間時間を見つけて資格の勉強ができます。

普段仕事が忙しくてもスタディングなら効率よく学習できるため、短期合格も可能でしょう。

また「勉強仲間」という同じ資格を目指す人を見つけられるSNSがあるため、お互いの学習内容を見てモチベーションの維持にもつなげられます。

学習時間が取れるか不安…」という方は、スマホ1台で学習できるスタディングを始めてみましょう。

\ スマホ1台で効率よく学習可能/

公式サイト
https://studying.jp/johohogo/
※スキマ時間を活用して合格を目指す※

目次

個人情報保護士の通信講座おすすめ2選

はじめに、個人情報保護士のおすすめ通信講座を2選紹介します。

通信講座特徴
スタディングロゴ.の画像
スタディング
1回約20分の動画講座
勉強仲間を作れる
合格お祝い制度
SMART合格講座ロゴ
SMART合格講座
「全日本情報学習振興協会」が運営
1回約5~15分の動画講座

それぞれのメリットやデメリット、口コミなども紹介しているのでぜひ参考にして自分に合った通信講座を選びましょう。

スタディング|スマホ1台で学習可能な通信講座

スタディング個人情報保護士のLP画像
引用:スタディング
通信講座名個人情報保護士 合格コース
受講料金一括:14,900円(税込)
教材動画・音声:20講座(合計6時間)
WEBテキスト
スマート問題集:20回(118問)
セレクト過去問集:8回(154問)
合格率非公開
サポート体制グラフで学習時間と進捗状況を可視化
資格の勉強仲間を作れる
マイノートを作成可能
キャンペーン情報10%OFFクーポンあり
合格お祝い制度:試験に合格でAmazonギフト券2,000円分プレゼント
参照:スタディング

スタディングは、スマホ1台で学習できる通信講座です。

また、資格の勉強仲間を作れるのがポイント。

周りと励まし合い、モチベーションを上げて学習したい人におすすめです。

スタディングのメリット・デメリット

スタディングのメリットは下記のとおりです。

【スタディングのメリット】

  • 1回約20分の動画形式で通勤時間やスキマ時間に受講可能
  • AIによって自動で次回復習日の設定や復習すべき問題を出題
  • 勉強仲間を作ってモチベーションアップ
スタディング メリット
引用:スタディング

1回約20分の動画講義とWEBテキストでの講義のため、通勤時間やスキマ時間にサクッと勉強できます。

普段忙しい方や短期合格を目指したい方におすすめの通信講座です。

スタディング メリット
引用:スタディング

また、スタディングでは勉強仲間を作れるのが嬉しいポイント。

お互い切磋琢磨し合いながら合格を目指せるので、モチベーションアップにも繋がります。

一方、デメリットは下記のとおりです。

【スタディングのデメリット】

  • WEB上で受講するため紙媒体で勉強したい人は向いていない
  • Wi-Fi環境がないとデータ容量が消耗する
  • 講師に質問するには有料のチケットが必要

WEB上で講座が完結しているため、紙媒体で勉強したい人には向いていません。

また、Wi-Fi環境がないとデータ容量が消耗してしまうため注意が必要です。

動画形式で勉強したい人や通勤時間・スキマ時間を利用したい人は、ぜひスタディングを利用しましょう。

スタディングの料金・受講費用

スタディングの受講費用は一括14,900円です。

講師にチャットで質問をする場合は有料となっており、下記の料金で事前にチケットを購入する必要があります。

チケット枚数料金
1枚1,500円
5枚6,000円
10枚9,000円
参照:スタディング


1枚のチケットにつき1問質問できるので、聞くことが多いなら複数枚セットを購入するとよいでしょう。

また、無料登録を行うと10%OFFクーポンがプレゼントされます。

ぜひ無料登録を行ってクーポンをゲットし、お得に通信講座をスタートしてください。

スタディングの口コミ・評判

スタディングの良い口コミ①:スマホで完結するから便利

スタディングはスマホ1つでテキスト、問題集、講義、模試が完結してるから便利ですトイレに入っても(汚いけど)、ご飯食べながら片手でも、子供と遊びながらでも、問題1問でも解けるのは凄く優秀が、最近スマホばっかり見てるからか眼精疲労が半端ない笑 そこだけ難点

出典:Twitter
スタディングの良い口コミ②:ゴロゴロしながら勉強できる

今日もAI問題解きまくりです。エビングハウスの忘却曲線を加味して出題してくれるから、かなり効率が良い! スタディングはご飯食べながら、ゴロゴロしながら、何処でもいつでもスマホ1つで勉強できるから私に合ってる! ゲーム感覚で今日も頑張っていきます

出典:Twitter

良い点として、「スマホ1台で勉強ができるためスキマ時間を有効活用しやすく効率よく学べた」という声が多く挙げられていました。

仕事でなかなか時間が取れない人や忙しい人にとって利用しやすい通信講座です。

一方、質問をするのにお金がかかる点や、システムに慣れないと使いにくい点が悪い点として挙げられています。

まずは分からないことは自分で調べたり、システムに慣れるためにさまざまな機能を試してみたりするとよいでしょう。

スタディングはスマホ1台で学習できる点や資格仲間を作れる点において利便性の高い通信講座。

効率よく学習したい人や周りと励まし合いながら学習したい人にスタディングはおすすめです。

SMART合格講座|スキマ時間を有効活用できる通信講座

SMART合格講座個人情報保護士のLP画像
引用:SMART合格講座
通信講座名個人情報保護士 SMART合格講座
受講料金一括:23,100円(税込)
※オンライン・De・資格キャンペーン価格:17,600円(税込)
教材SMART動画:8時間
SMART答練:3時間21分
SMART模試:100問×2回
合格率非公開
サポート体制Web上で実際の模試を疑似体験可能
音声をダウンロードすることで音声学習が可能
キャンペーン情報【全日本情報学習振興協会の公式LINE追加】
検定試験:5%OFF
SMART合格講座:10%OFF
【オンライン・De・資格キャンペーン】
受講料金23,100円→割引後17,600円(税込)
参照:SMART合格講座

SMART合格講座は個人情報保護士試験を実施する母体である「全日本情報学習振興協会」が運営している通信講座です。

短時間の動画でスキマ時間を有効に活用できるのがポイント。

より信頼性の高い通信講座で学習したい人やスキマ時間を有効活用したい人におすすめです。

SMART合格講座のメリット・デメリット

SMART合格講座のメリットは下記のとおりです。

【SMART合格講座のメリット】

  • 1単元5~15分の動画講座でスキマ時間を有効的に活用
  • 音声ダウンロードでどこでも音声学習できる
  • Web上で模擬試験を受験可能

SMART合格講座は1単元5~15分の短い動画講義のため、スキマ時間を活用したい方にピッタリの通信講座です。

動画は視聴スピードを2倍速・1.5倍速にして視聴でき、忙しくても効率よく学習できます。

また音声ダウンロード機能で、通勤中の地下鉄内でもオフラインで音声学習が可能。

スキマ時間を有効的に使いたい人や通勤中に勉強したい人におすすめです。

ほかにもSMART合格講座ではWeb上で模擬試験を受験できます。

試験前に実際の試験をイメージしながら実力をチェックできるのも嬉しいポイントでしょう。

一方、デメリットは下記のとおりです。

【SMART合格講座のデメリット】

  • Web上で完結するため紙媒体で勉強したい人は向いていない
  • 費用が高い

Web上で完結するため紙媒体で勉強したい人は向いていません。

やや費用が高いこともデメリットとして挙げられます。

しかし2023年7月現在、お得にスタートできるオンライン・De・資格キャンペーンを実施中。

通常価格23,100円のところ割引後は17,600円で受講でき、5,500円お得です。

キャンペーンを活用し、お得に通信講座をスタートさせましょう。

SMART合格講座の料金・受講費用

SMART合格講座の受講費用は、一括23,100円です。

ですが、2023年7月現在、お得にスタートできるオンライン・De・資格キャンペーンを行っており、キャンペーン価格の17,600円で受講できます。

お得に受講できる間に、ぜひ申し込みを行いましょう。

SMART合格講座の口コミ・評判

SMART合格講座の良い口コミ:繰り返し問題を解けば合格できる

DX推進アドバイザーのホームページにSMART合格講座があり、それを対策動画と呼んでました。 動画数が多いですが、その動画を聴いて模試を受ける、学習テキストのサンプル問題を何度も解くと、ほぼ合格できます。

出典:Twitter

SMART合格講座の口コミはあまり見つかりませんでした。

しかし上記口コミのようにSMART合格講座の動画講義や模試、演習問題を繰り返し解けば合格へ近づけます。

スマホやパソコン・タブレットで勉強がしたい人やスキマ時間を有効活用して勉強したい人は、ぜひSMART合格講座で資格取得を目指しましょう。

個人情報保護士とは

個人情報保護士とは、個人情報に関する正しい理解と高い知識を持ち、個人情報の運用や管理を行う人を指します。

個人情報保護士になるには「個人情報保護士認定試験」と呼ばれる民間の検定試験の合格が必要です。

そのため、個人情報保護法に関する正しい知識と理解を身につけなければいけません。

ここでは、個人情報保護士認定試験の下記2つの点を見ていきましょう。

※タップで該当箇所に飛びます。

それぞれ詳しく解説します。

個人情報保護士認定試験の受験方法

個人情報保護士認定試験の受験方法は次のとおりです。

  • オンライン試験
  • 会場試験
  • CBT受験

下記にそれぞれ受験方法の詳細とおすすめな人をまとめました。

受験方法特徴おすすめな人
オンライン試験360度の全周カメラとパソコンで受験可能試験会場から遠い人
自宅で受験したい人
会場試験マークシート式会場で試験を受けたい人
パソコンの使用が苦手な人
CBT試験全国の提携校からパソコンで受験可能自宅にパソコンがない人
自宅では集中できない人
参照:個人情報保護士試験サイト

オンライン試験で使う360度の全周カメラは公式サイトからレンタル可能となっているので、自分で用意する必要はありません。

会場試験は主要都市以外でほとんど行われないので、希望する場合は自宅近くで実施があるかの確認が必要です。

CBT試験は全国どの提携校からでも受けられますが、関東・都市部は満席になりやすいので注意しましょう。

個人情報保護士認定試験の試験内容

個人情報保護士認定試験の試験内容をまとめました。

項目内容
制限時間課題Ⅰ・課題Ⅱ 合計150分
問題数課題Ⅰ50問・課題Ⅱ50問
合格点課題Ⅰ・課題Ⅱ 各70%以上
受験料11,000円(税込)
受験資格国籍・年齢等に制限なし
受験上の注意点会場受験では、上半身、正面脱帽の写真(1年以内に撮影、縦4cmx横3cm、裏面に氏名を記入)を受験票に貼付
オンライン・ライブ受験ではパソコンと広角Webカメラが必要
オンライン・ライブ受験では、本人確認用にマイナンバーカード、免許証、パスポートなどの写真付きの身分証明書のアップロードが必要
合格発表試験の約1ヶ月後にホームページ上で発表
認定カードの有効期限有効期限:2年。
※有効期限後は所定の手続きで更新(有料)可能
参考:「個人情報保護士認定試験 試験内容・試験日程

試験は課題Ⅰと課題Ⅱに分けられ、それぞれ70%以上の正答率が必要です。

課題Ⅰでは個人情報保護法・マイナンバー法の理解に関する内容が出題されます。

課題Ⅱでは組織・人的・オフィス・情報システムのセキュリティに関する内容が出題され、脅威や対策の理解・リスク分析も出題範囲です。

事前に試験内容をよく確認してから、申し込みを行いましょう。

失敗しない個人情報保護士の通信講座の選び方

失敗しない個人情報保護士の通信講座の選び方

ここでは、失敗しない個人情報保護士の通信講座の選び方について紹介します。

下記の5つを押さえておけば、自分に合わない通信講座を選んでしまい、料金を無駄にするリスクはなくなるでしょう。

それぞれ詳しく解説します。

料金相場よりも安いか

個人情報保護士の通信講座を選ぶ際は料金相場より安いかを確認しましょう。

高いお金を払っても、内容が自分と合わなければお金が無駄になってしまいます。

個人情報保護士の通信講座の料金相場は1.5万円です。

そのため個人情報保護士の通信講座を選ぶ際は相場よりも安く、内容が充実している講座を選びましょう。

スマホでも学習できるか

スマホでも学習が可能か確認しましょう。

通勤時間などのスキマ時間で効率よく勉強するには、スマホで受講できる環境が必要です。

スキマ時間に動画が見られるだけでも、学習効率は大きく上がります。

そのためスマホで受講できる通信講座を選び、効率よく学習を進めてみてください。

テキストや講義はわかりやすいか

テキストや講義がわかりやすいか事前に確認をしましょう。

ほとんどの通信講座では無料で視聴できる講座が用意されているので、実際に見て分かりやすいか確認するのがおすすめです。

例えば、スタディングでは無料で動画講義を体験できます。

引用:スタディング

ぜひ無料お試しで自分に合っているか確かめてみましょう。

サポート体制が整っているか

講義以外に、サポート体制が整っているか確認をしましょう。

手厚いサポートを行う通信講座は、分からないところが分からないままにならず充実した資格勉強ができます。

独学で勉強するよりもモチベーションを保てるでしょう。

例えばよくあるサポートは下記のとおり。

  • 講師に質問ができるツール
  • 実際の試験同様の模試を受けられる
  • 資格取得を目指す仲間を作れる
  • 無料で動画講義をお試し視聴

通信講座によってサポート体制が異なるので、事前に確認を行い公式サイトなどを確認しておきましょう。

\ サポート体制が手厚い/

公式サイト
https://studying.jp/johohogo/
※無料登録で今すぐお試し可能※

勉強仲間を作れるか

通信講座内で勉強仲間を作れる機能があるとモチベーションアップに繋がり、学習を続けやすくなります。

スタディング」は、勉強仲間を作れる通信講座として有名です。

スタディング メリット
引用:スタディング

スタディングには学習した実績をタイムラインに公開したり、「いいね」や「コメント」を行ったりするツールが備わっています。

やる気が出なくなったり、落ち込んでしまったりしたときに勉強仲間と励まし合えるのがメリットです。

勉強仲間を作れる通信講座で、モチベーションを保ちながら合格を目指しましょう。

個人情報保護士の資格を取得するメリット

個人情報保護士の資格を取得するメリット

個人情報保護士の資格を取得するメリットをまとめてみました。

  • 合格証書と認定カード取得が自信に繋がる
  • ロゴを使用できる
  • 自分の能力を証明できる
  • 資格手当が出る可能性がある

個人情報保護士の資格を取得すると合格証書と認定カードの取得、ロゴの使用が可能です。

そのため、実際のビジネスシーンにおいて顧客からの信頼が得られやすくなります。

また、職場で資格手当がもらえ収入アップを目指せる可能性も。

職場の規則によって異なりますが、月5000円ほどの手当が発生する場合があります。

個人情報保護士は難易度が低いので、ビジネスシーンで活躍したい人や収入をアップ目指したい人は取得しておきたい資格です。

現在、個人情報の取り扱いについて関心が高まる中、個人情報保護士はさまざまなシーンで活躍できる資格といえるでしょう。

個人情報保護士の資格勉強は独学と通信講座どちらが良いのか

独学と通信講座のメリット・デメリット

独学と通信講座ではどちらが良いのかメリットやデメリットをまとめました。

勉強方法メリットデメリット
独学費用が安い
教材を選べる
自分のペースで勉強できる
モチベーションを維持しにくい
計画通りに進めにくい
疑問点を質問できない
通信講座サポート体制がある
スキマ時間を有効活用できる
弱点を分析してくれる
費用が高い
インターネット環境が必要

独学がおすすめな人は「なるべく安くしたい人」

独学は費用をなるべく安くしたい人がおすすめです。

教材・過去問一式は5,000~6,000円程度で購入できます。

最近ではYoutubeなどで動画教材を出している人も増えているので、工夫次第ではお金をかけずに合格できるでしょう。

独学は手軽に始めやすく、なるべく安く費用を抑えたい人におすすめです。

しかし、独学は費用をかけていない分勉強への義務感が発生しないのがデメリット。

勉強への意欲を保ちたい人は通信講座がおすすめです。

通信講座がおすすめな人は「合格の可能性をより高めたい人」

通信講座は専門の知識を持った講師による動画講義やサポート体制によって、合格の可能性をより高められます。

加えて、通信講座は下記の点で効率よく学習内容が定着します。

  • 動画解説で頭に入りやすい
  • 学習の進捗状況や自分の弱点が客観的に分かる
  • チャットで質問して疑問点をすぐに解決できる

さらにスマホ1台で受講できるので、スキマ時間を使って効率よく学習可能。

早く合格したい人、試験に落ちたくない人は通信講座がおすすめです。

個人情報保護士認定試験の日程・申込期間

個人情報保護士認定試験の日程・申込期間は下記のとおりです。

項目内容
試験日令和5年9月3日(日)
試験時間午前10時~12時45分
※一部CBT試験会場は試験会場が異なる
申込期間令和5年5月29日(月)~令和5年8月3日(木)
受験料一般:11,000円(税込)
学生:7,700円(税込)

2023年直近の試験日程は9月3日(日)です。

申込期間は8月3日までとなっているので、忘れずに申し込みを行いましょう。

個人情報保護士認定試験の難易度・合格率

個人情報保護士認定試験の過去の平均合格率は37.7%となっています。
参照:個人情報保護士認定試験公式サイト

例えば司法書士試験の合格率は4~5%、行政書士試験の合格率は9~12%であり、個人情報保護士認定試験の難易度は比較的低くしっかり学習を行っていれば合格できるでしょう。

では、合格の可能性を高めるために大切なコツを4つ紹介します。

  • 受験の目的意識を持ち、集中できる学習環境を用意する
  • 学習時間を20時間以上確保する
  • 帰宅後の深夜や土日に学習する習慣をつける
  • テキストと過去問を併用して学習する

上記の項目を意識して学習に取り組みましょう。

継続的・計画的に学習するために、自宅以外にもカフェやコワーキングスペースなど集中できる環境を用意するのもおすすめです。

学習を始める前には目標や計画をしっかり立てて合格を目指しましょう。

個人情報保護士についてよくある質問

個人情報保護士についてよくある質問

個人情報保護士についてよくある質問をまとめました。

個人情報保護士の学習を始める前に、ぜひ参考にしてみてください。

ワンスモアキャンペーンとは?

ワンスモアキャンペーンとは、一度不合格となってしまった人が割引で受けられるキャンペーンです。

受験料は通常料金11,000円から10%割引され、9,900円で受験可能です。

過去に試験に落ちてしまった人も、諦めずに再度受験してみましょう。

学割で受験料は安くなるの?

通常料金は11,000円ですが、学生の方は7,700円で受験できます。

学割を受けるには受験の際に学生証が必要になるので、忘れずに用意しましょう。

また、SMART合格講座も同時に学割の対象になるので、気になる方はチェックしてみてください。

オンライン受験ってどうやるの?

オンライン受験は360度の全周カメラとパソコンを使って受験します。

受験の際は、全周カメラを横にセットするだけでOKです。

協会側が20~30秒ごとに不正がないか写真撮影を行い、サーバーへ送信され保存される仕組みとなっています。

全周カメラは協会が貸し出しを行っており、無料でレンタル可能です。

ただし、1,040円の往復配送手数料が別途で発生するので注意してください。

法改正したらインプットが必要?

法改正した場合、同時にインプットも必要です。

例えば、スタディングでは下記のように法改正に対応しています。

スタディング 法改正
引用:スタディング

書店では法改正に対応していない教材も売られているため、気付かず購入してしまうと試験へ影響が出てしまいます。

しかし、通信講座では法改正に柔軟に対応しているため安心です。

\ 法改正に柔軟に対応/

公式サイト
https://studying.jp/johohogo/
※今すぐ無料でお試し※

試験の申込手順は?

試験は個人情報保護士認定試験サイトから下記の手順で申し込み可能です。

  • STEP①:申し込み選択(個人・団体を選ぶ)
  • STEP②:商品選択(個人情報保護士を選択する)
  • STEP③:情報入力(個人情報・支払い方法を入力する)
  • STEP④:最終確認・完了

受講票・受験票はセミナー実施日、受験実施日の10日前までに郵送されます。

詳しくは申込手順を参考にしてみてください。

過去問は公開されてる?

個人情報保護士認定試験サイトJQOS.jp過去問が無料公開されています。

普段の学習と並行して定期的に過去問を解き、定着度をチェックしましょう。

なおSMART合格講座では、過去問を使った模擬試験を受験可能です。

セミナーや実戦対策講習会に参加したほうが良い?

セミナーや実戦対策講習会は学習時間が十分に確保できない方におすすめします。

6時間の講習時間で効率よく学習でき、参加者の合格率は一般の方より高いです。

ただし、講習料金が16,500円かかり安いとはいえません。

スキマ時間で学習を進めたい人や決まった日にまとまった時間が取れない人には、講習料金より安いので通信講座がおすすめです。

上級個人情報保護士とは?

上級個人情報保護士とは、個人情報保護士の上位資格です。

つまり、個人情報保護に関するより深い知識を持つ人を指します。

上級個人情報保護士を取得するには、個人情報保護士の資格を所持していなければいけません。

2日間の講習を受けレポートを提出し、審査に合格すると上級個人情報保護士として認定されます。

個人情報保護士よりも高い信頼を得られるので、ぜひ目指してみましょう。

個人情報保護監査人認定講習会って?

個人情報保護監査人認定講習会とは、個人情報漏洩の事故を未然に防げる人材を育成するための講習会です。

講習会は個人情報保護士資格を持つ人だけが参加できます。

1日間の講習を終えレポートを提出し、審査に合格すると「個人情報保護監査人」の認定が受けられます。

個人情報保護監査人になれば内部監査を主体的に進められるため、企業によっては重宝されるでしょう。

マイナンバー保護士との違いは?

個人情報保護士がマイナンバーを含む個人情報保護全般を扱うのに対し、マイナンバー保護士はマイナンバー法にもとづくマイナンバー管理のみを扱います。

そのためマイナンバー保護士よりも、個人情報保護士のほうが高度な資格といえるでしょう。

個人情報保護士の試験にはマイナンバー保護士の試験内容も含まれるので、先にマイナンバー保護士認定試験を受けてみるのもおすすめです。

通信講座で個人情報保護士の合格の確率を上げよう!

本記事では、個人情報保護士のおすすめ通信講座を紹介しました。

通信講座を利用すれば、独学よりも合格の確率を上げられます。

本記事で紹介した通信講座「スタディング」と「SMART合格講座」はどちらもスマホ1台で学習ができるため、スキマ時間の活用に有効的です。

普段忙しい方でも通勤時間や休憩時間を使って継続的に学習し、短期合格を目指しましょう。

ぜひ、本記事を参考に自分に合った通信講座を見つけてみてください。

個人情報保護士試験に短期間で合格したい人は、効率よく学習できるスタディングがおすすめです。

短期間で合格を目指したい人にはスタディングがおすすめ
スタディング個人情報保護士LP画像
引用:スタディング

スタディングは動画形式の講義によって、スマホ1台で学習できる通信講座

スキマ時間を有効活用して短期合格を目指せるのがポイントであり、ほかにも下記おすすめ理由があります。

  • スマホ1台で学習でき通勤電車や休憩時間を有効活用
  • 講義時間は全6時間、1回約20分の動画講義で短期合格を目指せる
  • 資格取得を目指す勉強仲間を作れる
  • 試験に合格するとAmazonギフト券2,000円分プレゼント!

スタディングは通勤時間やスキマ時間を有効活用したい人におすすめの通信講座です。

講義は1回当たり20分で閲覧できるため、隙間時間を見つけて資格の勉強ができます。

普段仕事が忙しくてもスタディングなら効率よく学習できるため、短期合格も可能でしょう。

また「勉強仲間」という同じ資格を目指す人を見つけられるSNSがあるため、お互いの学習内容を見てモチベーションの維持にもつなげられます。

学習時間が取れるか不安…」という方は、スマホ1台で学習できるスタディングを始めてみましょう。

\ スマホ1台で効率よく学習可能/

公式サイト
https://studying.jp/johohogo/
※スキマ時間を活用して合格を目指す※

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次