【12月6日開催】偏差値30台の専門学生が、東証1部上場に入社できた理由はリメディアル教育にあった?

セミナーの概要

  1. ・リメディアル教育を行う重要性について
  2. ・専門学校におけるリメディアル教育の課題
  3. ・就職・合格に繋がる実践的リメディアル教育事例

活用事例紹介[1]:大原簿記公務員専門学校 愛媛校

学校紹介

中四国最大級の総合学園グループ「河原学園」のうちの1校、大原簿記公務員専門学校 愛媛校は、
会計学科、公務員ビジネス科、公務員専攻科、総合ビジネス科の4学科があり、税理士、公務員試験において全国トップレベルの高い合格率を誇ります。低学力層が半減。勉強が苦手な学生ほど効果大!
公務員模擬試験の得点を向上させた「すらら」を活用した学びについてご紹介いたします。

活用事例紹介[2]:清風情報工科学院

学校紹介

清風情報工科学院デザイン・コンピュータ学科は「安心・信頼・尊敬」される人物を育成するという教育理念のもと、IT・ゲーム・デザインの分野で活躍できるプロを育てている大阪の専門学校です。「社会に目を向け、世界で活躍できるプロを育てる」を目標に、グループワークやチーム制作に力を入れ、米国シリコンバレーでの研修、インターシップ、産学共同研究など、学生が業界はもちろん、地域や社会との関わりを意識して成長を実感できる取り組みを続け、高い技術力と就職実績を誇ります。就職試験対策として「すらら」を導入。今回は「過去5年間の工夫」や「就職試験合格率の変化」についてご紹介いたします。

日時・会場のご案内

日時  / 2022年12月6日(火)16:00~ 17:00開催
開催場所/ オンライン(Zoom)にて実施

※お申込みいただいた方へ、オンラインのURLを送付致します。
※参加前までに、Zoomのダウンロードをお願いします。

参加特典

セミナー終了後のアンケートにご回答で下記をプレゼント

 ◆セミナー資料(PDF)

 ◆1ヵ月試せるすらら体験用ID

お申込み・お問い合わせはこちら

セミナーにご参加できない場合でも、「すらら」にご関心を持っていただけましたら、お気軽にお問い合わせください。全国の学校支援をしている担当者より詳しいご説明を差し上げます。また、資料請求もできますので、お手数ですがお申込みフォームに必要事項

をご記入の上、送信してください。

»セミナーお申込みはこちら

CONTACT USお問い合わせ

「すらら」「すららドリル」に関する資料や、具体的な導⼊⽅法に関するご相談は、
下記のフォームよりお問い合わせください。

「すらら」「すららドリル」ご導⼊校の先⽣⽅は
こちらよりお問い合わせください。