すららカップ 第17回受賞者インタビュー | 【公式】無学年式オンライン教材『すらら』                    

受賞者
インタビュー

第17回すららカップ
家庭学習サービス生徒部門
プレマスター賞(低学年部門)1位

池永昇陽さん(東京都/年長)
学習時間:309時間0分

家庭学習サービス生徒部門 プレマスター賞(低学年部門)1位 池永昇陽さん ※受賞者 池永昇陽さん

― 第17回すららカップ プレマスター賞低学年部門 第1位おめでとうございます!
    まずは感想を聞かせてください。

2ヶ月は長かったけど、がんばり続けることができて、1位になれてよかったと思います。
去年、お兄ちゃんが1位をとっていたので、僕も1位なれてよかったです!

― すららでの勉強を、がんばれた理由を教えてください。

お兄ちゃんが毎日がんばっていたから、負けたくなかったです。
それから家でも幼稚園でも「すごいね!」と言ってもらえるのがうれしくて、がんばれました。
すららはペットを育てたりするのがゲームみたいで楽しいし、勉強もわかりやすいから楽しいです!

― 皆勤賞もとっていますね。毎日「すらら」に取り組んでくれましたが
   「今日はできないよ~」「やりたくないよ~」と思う日はなかったですか。

2ヶ月は長くてちょっとやりたくないと思う日はありました。

― そんな気持ちになった日やあきらめたくなったりしたときは、どのように乗り越えましたか。

毎日ショップで新しいグッズがもらえるので、「今日はなんのプレゼントかな?」と楽しみで、毎日すららを開いてお勉強することができました!

― 「すらら」で学習をしていて、いいなと思うのはどんなところですか。

がんばったらどんどん先の勉強ができるところです。
お兄ちゃんと同じ勉強ができるからうれしいです。わからないときは教えてもらって、僕が教えるときも少しだけあるし、一緒にがんばれるのがいいです!

― 最後に1位になるための秘訣があったら教えてください。

お兄ちゃんに負けたくないという気持ちがありました。
でも、僕のなかでは、景品が欲しい気持ちが大きくてがんばれました!

インタビューに答えてくれてありがとうございました!

池永 昇陽さん:保護者インタビュー

― お子様のランクインについて、保護者様のご感想をお聞かせください!

1位をとると自分で立てた目標に向けて毎日一生懸命に頑張っていたのを見ていたので、無事に目標を達成し、1位をとれて本当に良かったと思います。
目標をもって達成できたこの経験を、今後も色んなことに活かしていって欲しいです。

― 勉強しているお子様に対し保護者様が気にかけていること・行っていることを教えてください。

勉強しているときはできるだけ近くで様子を見ながら取り組むようにしています。そうすることで、出来たときは「よかったね!」と声をかけることが出来ています。
また、わからない問題があったときは、「難しいよね!」「これ、お母さんが子どもの頃も難しいと思ったところなんだ」と言いながら、一緒に考えるようにしています。すららは難しい内容も分かりやすく説明をしてくれているので、子どもと一緒にわたしも勉強をしているような気持ちです。

― お子様の「すららカップ」への取り組みはいかがでしたか?

兄は、去年1位も取ったこともあり、その取り組みの様子を知っていたので頑張れるだろうなと思っていたのですが、次男は兄とは性格が真逆なこともあり、要領よくこなすことは出来ますが、継続して頑張ることができるのか正直最初は不安でした。
ただそんな心配をよそに、毎日本当に頑張って取り組んでやり抜くことが出来、親としても息子の新たな一面を知る機会となりました。
これを機に努力をする大切さを感じてもらえたらと思います。

池永さんの保護者様、ありがとうございました。

» 第17回 受賞者インタビューに戻る