発達障がいのあるお子さまの学習方法にもう悩まない!!

学習継続率約 89.1%の学習教材すららにお任せください!
1月ご入会キャンペーン クリアユニットチャレンジキャンペーン!1月31日まで すららをクリアするほど豪華な特典がもらえる!
  • 無料資料請求
  • 無料学習体験
  • 受講お申し込み
お子様の学習法でこんな悩みはありませんか?
なぜ?発達障がいのあるお子様の学習が大変なのか?じつは取り巻く教育環境が深く関係しております!
発達障がいのお子様を取り巻く教育環境
  • 学校教育 文部科学省が定めた一定の期間に履修すべき学習要項を終わらせることが重視されており、大多数の生徒の理解を伴いながら進めようとしますが、必ずそのペースについていけなくなる生徒が出てきます。
  • 通信教材 学習習慣が身についていないお子様がひとりで取り組む学習方法のため、途中で挫折してしまい、学習の継続ができなくなってしまうことが多々あります。
  • 塾 塾の授業だけではなく、家庭での勉強も必要となる為、成績が上がりません。結局、自宅で学習する習慣が身につかず、成績や効果を実感できないことから辞めてしまうケースが多いです。
学校教育・通信教材・塾では発達障がいのお子様が抱える問題を解決できないのです。
発達障がいのお子様が抱える問題とは?
勉強につまずいてしまう負のスパイラル
このような勉強につまづいてしまう悪循環は専門的な学習対策ができる「すらら」で解決できます。
すららでは、専門的な学習対策を行なうことで89.1%のお子様が学習を継続しております。※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している発達障がいの生徒の継続率
  • POINT1 学年にとらわれない無学年方式 学年をさかのぼって、つまづきのある苦手な単元を学びなおすことができます。
  • POINT2 お子様一人ひとりの特性にあった学習設計 お子様一人ひとりの特性を踏まえた学習設計しているので自然と学習が継続できます。
  • POINT3 「すららコーチ」が学習・やる気をサポート 発達障がいのお子様の指導経験が豊富な専任コーチが学習だけでなくやる気もサポートします。
  • POINT4 楽しく勉強が続けられる仕組み お子様が自宅で1人でも集中して楽しく勉強が続けられるよう環境と仕組みを整えております。
学年にとらわれない無学年方式
勉強でつまずいてしまう原因は、学校の授業でわからなかったことが理解できないまま学習範囲がどんどん進んでしまい、ますます分からなくなるという悪循環にあります。すららでは、「無学年方式」を採用しているので分からなかった内容に何年でもさかのぼって見つけ出すことができます。逆に理解が進んでいる教科は、先取り学習も可能。つまり、一人ひとりのペースや学力にあわせた究極の個別指導と言えます。さかのぼって理解できる分からない単元を何年も前に戻って基礎から丁寧にやり直すことで、分かるようになります!
お子様一人ひとりの特性・特徴に合わせた学習設計 お子様一人ひとりによって特性・特徴はさまざまです。「すらら」では、お子様の特性をしっかりお伺いして理解します。
一人ひとりのお子様の特性を理解した上で学習設計するので、無理なく学習が続けられます。
経験豊富な「すららコーチ」による手厚いサポート 実際に発達障害の学習指導してきた経験豊富な「すららコーチ」が手厚くサポート
  • 学習行動のチェック専用の学習管理ツールでお子さまの学習行動の特性を細かく把握。
  • カリキュラムの設定お子さまの目的に合わせてカリキュラムを設定。
  • ご相談やご質問にも対応学習面のアドバイスだけでなく、お子様の見守り方、励まし方などもサポートしております。
お子様一人ひとりの特性に合わせた学習設計、保護者様の見守り・励ます努力をサポートいたします。

お子様が勉強を続けられる「すらら」の仕組み

いろいろな感覚を使った飽きない学習システム
「すらら」では「見る、聞く、書く、読む、話す」といった色々な感覚を使ってゲーム感覚で勉強するため、記憶に残りやすく、時間を忘れて1人でも楽しく集中して勉強ができます。見る:見て学べる!アニメーションによる理解のしやすさ 聞く:聞いて学べる!声優さんによる聞き取りやすい授業 話す:じっと話を聞く必要のない、対話型の講義だから飽きない 読む:読んで学べる!1問回答するたびに分かりやすく解説 書く:書いて学べる!記述式の演習ドリル 楽しむ:お子様が毎日、楽しく「やりきる」ための仕組み
理解に合わせて自動調整する「反復」システム
「すらら」は間違えた問題に対して、お子様の理解度に合わせて難易度を自動で調整。形式を様々に変えながら「必要な問題」を出題できるので、確実に理解が進みます。穴を見つけ、埋めることを自動で繰り返すから、独学でも「わかる!」をたくさん積み重ねて楽しくおぼえられます。記述式のドリルを間違えちゃった!→難易度調整→「すらら」が自動的に難易度を調整し並び替え問題に変更。反復をすることでドリルの正答率は87.7%!「わかる!」が楽しくなる!※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している発達障がいの生徒のドリル正答率

だから

しっかりとした基礎学力が身につく!
苦手だった勉強に意欲が湧いてくる!確実な理解と記憶定着でミスが少なくなる!「わかる!」が増えて、勉強が続けられる!
自分から学習できるようになるから、成績が自然と上がる!
学校の数学テストが20点台から80点台にUP!(中学2年生 ADHDのお子さまの実例)学習態度にムラがあり、中学1年生の頃から不登校、適応教室にも通えず学習機会のなかったお子さま。ゲーム感覚で進められる「すらら」を始めたことを機に、高得点を取ることの楽しみを見つけ自分から学校の試験も受けるように。適応教室への通学も再開し、さらに得点を伸ばせるよう頑張っています。
すらら式自立学習で保護者をサポート!
保護者さま:子どもの学習の様子を見守り励ます。すららコーチから教わった見守り方、励まし方を実践。子どものすらら学習の様子を報告・相談。 お子さま:すららコーチの学習設計をもとにすらら学習。分からないことはすららから質問。 すららコーチ:子供の生活環境、特性をヒアリングし学習設計を提案。学習を見守る中で気付いた点を教えてもらいアドバイスや提案を行う。保護者からのヒアリングを基に学習設計と進捗管理。時には生徒へ励ましのメッセージ送信も。

子どもの発達科学研究所と共同開発

【学習効果と成績向上の実績で多くの評価をいただいています。】「すらら」は、成績を上げるために必要な「理解」「定着」「活用」のすべてを満たす数少ない教材です。この様々な機能や成果が認められ、2012年には日本eラーニングアワード教育部門の最高峰「日本eラーニング大賞 文部科学大臣賞」を受賞するなど、多方面で評価されています。

JAPAN Venture Awards 2015中小機構理事長賞 受賞、2012年 日本 e-Learning大賞文部科学大臣賞 受賞

保護者インタビュー

※事例の写真はイメージです。

自閉症スペクトラム障害 中学は家庭学習で出席扱い!才能が開花し高校のテストで満点!すらら利用中の保護者様に、普段の勉強法、家庭での教育方針などをインタビュー。今回は、広汎性発達障害(現・自閉症スペクトラム障害)の息子さんを持つAさん。中学1年生からすららを継続しており、すっかり習慣化しているという息子さんの勉強の様子、家庭で心がけていることなどを伺いました。

「すらら」を知ったきっかけを教えてください。息子は小学生のときに広汎性発達障害と診断されているのですが、中学の途中から事情により学校に通えなくなってしまったんです。集団行動に抵抗のある子なのですが、このままでは将来につながらないだろうと思い、フリースクールに通わせるようになりました。それと同時に、子どもの発達について研究している機関の先生にお話を伺う機会があり、その先生がすららをおすすめしてくださったのがきっかけです。

すららを始めてみて、息子さんの様子はどうでしたか?最初は私が付きっ切りで見て、一緒にやっていくような感じでしたが、慣れてくると自分でどんどん進められるようになりました。息子は小学生の頃、他のタブレット教材をやっていたのですが、レクチャーの画面をただ見ているだけで、内容には全然ついていけてなかったんです。すららの場合、自分で入力しないと先へ進めないようになっていますよね。受け身にならないので、そこがいいなと思います。問題なく、自分で入力しながら進めている息子を見て、これならついていける! と思いました。それ以降、ほぼ毎日すららで勉強しています。

毎日とはすごいですね。どんなところが合っていたのでしょうか?息子は、ユニットの最後に出てくる「まとめプリント」が気に入っているようです。パソコンの画面を印刷するのが好きで、それをファイルにまとめています。すららに出てくるキャラクターも好きなようで、こちらも印刷しては、キャラクターだけのファイルも作っています。ランダムに出てくるキャラクターをコンプリートしようと、勉強をがんばっているようです。発達障害の特性として、「収集癖がある」というものがあり、この点でもすららが合っていたのかもしれません。

「不登校でも出席扱いにできる」と学校から許可出たそうですがどのような経緯だったのですか?「不登校でも、学校以外で学業に携わっていたのであれば、出席扱いにできます」と、中学の校長先生の配慮でお話をいただきました。フリースクールで勉強した実績と、すららの学習履歴を提出し、出席扱いにしていただきました。

無事に高校に合格された今、勉強の状況はいかがですか?主要5教科についてはかなり頑張っています。英語と数学が得意で、テストでは満点近くを取ることもあります。国語は苦手なほうですが、古文や漢文などを習うようになり、「暗記力」で点数を取れる部分も増えてきて、中学の頃よりは苦労も少ないようです。息子は、暗記することが得意で、物理や化学、歴史も好きなようです。

上記の事例のように「すらら」で学習習慣を身につけることができます。まずはご相談ください!!

学習力UPの事例 発達障がいのお子さまも、「すらら」ならデキる

[M.K.さん 中学2年生 症状:ADHD]数学の期末テストで86点を取得!・数学のテスト最高点が28点・中学1年生から不登校で、適応教室にも通えず学習機会がなかった・飽きやすくハマりやすくもある性格で、学習態度にムラがあった

学習効果「入会キャンペーン[入会キャンペーン「ユニットクリアチャレンジ」で100ユニットクリアを達成!][「すららカップ」でW30賞を受賞!][自ら学校の試験を受けると言い、数学の期末テストで86点を取得!][さらに高得点を目指すため、適応教室への通学を再開。]

【お母様からの声】家庭教師、塾と、どちらも合わず、最初はダメ元で無学年方式を採用している「すらら」を受講してみました。そうすると娘はゲーム感覚が気に入ったのか、ユニットクリアチャレンジキャンペーンで100クリアを目指して勉強しだし、ついに達成!自信が付いたのか毎日勉強するようになりました。学校にも通い慣れてくれたことが本当に嬉しいです。すららは、分からないところがあると自動で見つけてやり直してくれるし、間違ったら1問ずつその場で解説してくれて、一人で勉強してもつまずかない工夫にとても助かっています。

すららのコーチの目線 こんな学習指導をしました!
【1.保護者様と目標のすり合わせ】適応教室への通学を目標とする。中学1年生の範囲からさかのぼって学習するように設計。【2.定期報告で応援のメッセージ】すらら入会キャンペーン「ユニットクリアチャレンジ」を頑張っていたため、定期報告のたびに「今20ユニットまで来たよ、この調子なら達成できるよ!」と励まし続けた。【3.目標の提案でモチベーションを維持】M.K.さんの「目標を見つけると頑張る」特性を見つけ、その後も「すららカップにチャレンジする」「定期テストだけ受けに行く」など目標を提案。
事例を詳しく見る
[K.A.くん 中学3年生 症状:自閉症スペクトラム]中学数学・英語の基礎学力が定着!・英語、数学ともにテストでは30点未満が続いていた・文章題、国語の読解がすごく苦手・暗算で計算するクセがあり、途中式を書けなかった

学習効果[中学英語・数学をすべてクリアし、英語は高校生版に突入!][国語に抵抗なく取り組めるようになり、読解力がみるみる向上!][計算式をノートに書く習慣が身につき、正答率が大幅に向上!][ムラのあった学習量が徐々に安定してきた。今では毎月20時間近く学習に向き合っている。]

【お母様からの声】「すらら」は子どもの発達科学研究所の先生から薦められて始めました。今では毎日楽しそうに勉強している子どもの姿に微笑ましくなります。最近は「スージー」(中学数学のキャラクター)のログインスタンプを手に入れるために毎日ログインし、「ゆうかちゃん」(小学国語のキャラクター)のご褒美パズルを完成させるため、1日1時間以上勉強しています。すららコーチからアイテムの入手方法を教えてもらったりと、すらら学習をするのが待ち遠しいようです。一番の苦手だった国語の読解力もずいぶん上がったと感じますし、高校に入っても続けていきたいと思います。

すららのコーチの目線 こんな学習指導をしました!
【1.ゲーミフィケーション要素を利用】収集グセのある性格を活かして、毎日のログイン実績や学習時間に応じてもらえる「ご褒美」パズル、スタンプを集めることからスタート。【2.勉強の際、音に関してアドバイス】音に敏感で、特に高音が苦手なことを事前にヒアリングできていたので、学習の際は「音を消音にしても良いこと」「英語のリスニングの時だけは音を出すようにすること」などのアドバイスをしました。【3.苦手教科を克服するための改善方法を提案】国語では小学生版の「主語」「述語」といった根本的な理解からスタートし、数学では保護者様と連携し、計算式をノートに書く方法を丁寧に指導。
事例を詳しく見る

すらら学習のQ&A

お問い合わせの多いご質問をQ&Aにまとめました

子どもが先生と直接コミュニケーションを取らなくても良いですか?
大丈夫です。ご要望に応じてすららのメッセージ機能から応援メッセージをお送りしますが基本的には保護者様とやり取りをさせていただきます。
学校の授業が理解できないのですが、それでも学習できますか?
ご安心ください。すららは根本的・概念的な深い理解が得られるように、講義中はアニメーションを使いながら例題を挟み細かく理解度を確認いたします。単元も超スモールステップに進んでいくため、学校の授業進度に関わらずゼロから内容を理解することができるようになります。
科目によって習得度が大きく違ったり、遅れが出ている教科もあります。それでも大丈夫ですか?
すららはいつでも自分の好きなところから学習をスタートできる「無学年方式」を採用しておりますので、科目の習得度に違いがあっても対応可能です。数学は中学生の範囲、国語は小学生の範囲から学ぶといったことが可能なので、すららコーチとカリキュラムについてご相談してみてください。
詳しい学習相談を直接することはできますか?どこでつまずいているのか、どこからスタートして良いか分かりません。
入会後、すららコーチからご挨拶を兼ねてお子さまの学習状況についてメールにてご質問させていただきます。その際に詳しいお話をお聞かせください。お電話でのご相談も承っておりますので申込時にお申し付けください。
識字障がいがあります。文章を音声で聞くことはできますか?
すららはプロの声優さんの聞き取りやすい声で音声解説しておりますので、読むだけだけの教材と比べてわかりやすくなっています。
高次脳機能障がいで塾では勉強がわかりません。絵や分かり易い指導方法で勉強できる教材を探しています。
すららはアニメーションを使いながら音声解説し、文字から情報を読み取ることが苦手なお子さまに。また1人で勉強してもつまずかないようにスモールステップに進みます。(例:英語のBe動詞は78回に分けて学びます)一度、すららご体験いただき、お子さまの反応を見ながらご検討いただけますと嬉しく思います。
保護者、子ども共にパソコンやタブレットに詳しくなくても続けられますか?
大丈夫です。ご不明な点がございましたら、お気軽にすららカスタマーセンターまでご相談ください。パソコン/タブレットに詳しい者がご案内いたします。
発達障がい児ではない、兄弟も一緒に学習できますか?
もちろん学習いただけます。すららは「すべての子供たちに真の学力を提供する」という目的のもと、10年以上に渡り、学齢期のお子さんを対象として開発・提供してきたeラーニング・プログラムです。今では多くの小中高校や学習塾、そして自宅学習といった多様な学習の場で、4万人以上のお子さまに「すらら」を学んでいただいています。
合わなかったらすぐに退会することはできますか?
退会時は希望月の末日までに手続きすれば当月末で退会できます。途中退会による違約金等も発生いたしませんのでご安心ください。また、体調を崩してしまい利用できなくなった場合には「休止」という方法もあります。休止中は料金が発生しません。一時的に利用を停止したい場合などにご利用いただけます。

お申し込み4ステップ インターネット申し込み&カード決済で簡単

すららの受講料金 国・数・英の3教科が学び放題

ページのトップに戻る
google
TOPに戻りますかね~?