すららカップとは

「すららカップ」とは、期間中2ヵ月間の「総学習時間」や「総学習ユニット数」で、学年やエリアを問わず、すべての「すらら」利用者同士が競い合う大会です。

近年では、行動経済学の分野でも、成果に対して報酬や評価を与えるより、その子の努力に対して報酬や評価を与えるほうが高い効果があることがわかってきました。「すららカップ」では、勉強の得意な子も苦手な子も、小学生も高校生も、「努力の量」という同じ指標で競い合います。
「すららカップ」で初めて勉強に関することで評価され、「やればできる!」という自信を得られた、というお声も多く頂戴しています。
ぜひ、お子様にも「すららカップ」をきっかけに、「やればできる!」「努力をすれば結果がついてくる!」という経験を手にしていただきたく思っております。

どんな賞があるの?

  • タブレット
    タブレット
  • 折りたたみ自転車
    折りたたみ自転車
  • ミュージックプレイヤー
    ミュージック
    プレイヤー

※過去の商品例です。

  • 個人部門

    学年や地域に関係なく全員が対象となる部門です。期間中の学習時間が全国で1~20位になった生徒様に、賞品と賞状を贈呈しています。

  • チーム対抗部門

    2名か3名のチームメンバーの平均学習時間で競う部門です。チームメンバーの平均学習時間の全国上位20チームに賞状と賞品を贈呈しています。

  • 低学年部門

    小学1年生から小学3年生が対象の部門です。低学年のみんなは、低学年部門での入賞を目指してがんばりましょう!

  • ミッション達成部門

    「月15時間ミッション」、「月30時間ミッション」、「月45時間ミッション」の中から1つ選び、2ヶ月続けて選んだ学習時間を達成する部門です。

  • ※2019年12月~2020年1月に開催された「すららカップ」の内容を掲載しています。
  • ※すららカップ期間中は、事務局にて生徒様の学習履歴を確認いたします。不適切な学習行為があると思われる場合は、ご連絡の上、ランキングから除外させていただくことがございます。

参加方法は?

すべての「すらら」利用者の方に
参加いただけます。
部門によって参加方法が異なりますので、
ご注意ください。

個人部門・
低学年部門
期間中に「すらら」を受講している方全員が自動的にエントリーされます。参加にあたりお申し込みは不要です。期間中に学習した時間、クリアユニットで表彰される全国ランキングのほか、基準を満たした全員を表彰する賞もご用意しています。部門と表彰条件をチェックして、入賞目指して頑張ってください!
チーム対抗部門
3名もしくは2名1チームのエントリー制で、先生からのメンバー登録が必要となります。同じ校舎に通っていたり、塾や自宅で一緒に学習している仲間同士でチームを組み、チームの平均学習時間・平均クリアユニットで競います。互いに励ましあい、切磋琢磨しながら、上位入賞を目指してください!
ミッション
達成部門
「月15時間ミッション」、「月30時間ミッション」、「月45時間ミッション」の中から1つ選んで、申し込みフォームよりエントリーします。自分で選んだ目標の達成に向けて、計画を立てて学習しましょう!

次回開催は
2020年冬頃(予定)

次回は2020年冬頃を予定しております。
「すらら」利用者の方には事前に「すららカップ」の開催告知をいたしますので、楽しみにお待ちください。

過去の結果・受講者の声
「すららカップ」受賞者の声を
ご紹介いたします。

低学年部門

  • なんと!小学1年生にして2か月の学習時間が197時間超え!

    低学年部門1位
    池永龍弥さん(東京都/小1)

  • 子どもが自分自身がやってきたことを実感できる機会ができてよかった

    低学年部門6位
    Callenさん(海外/6歳)

  • この2か月は集中してたくさん「すらら」をやってくれた

    低学年部門8位
    まさゆきさん(小3)

チーム対抗部門&個人部門

あの時結果に屈せず、必死にやり続けていて本当に良かった

あの時結果に屈せず、必死にやり続けていて本当に良かった

チーム対抗部門
1位:チーム大谷 (大谷高等学校/大阪府)
個人部門
1位:松木美乃里さん(高1)
2位:河合ひらりさん(高1)
3位:長谷川いろはさん(高1)
google