google

ICT企業のすららネットが不登校生の保護者約300名にセミナー開催 子どものことを心配するからこそ知ってほしい 「子どもの気持ち」へ目を向ける重要性と実践のコツを伝授

プレスリリース

アダプティブな対話式 ICT 教材の開発と提供を行う株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役:湯野川孝彦)では、2022 年 9 月 15 日(木)に「不登校生徒の出席扱い保護者向けセミナー」をオンラインにて開催しました。セミナーには、小中学生の不登校のお子さまがいる保護者299名が参加。ICT教材の「すらら」での学習を通じて不登校児童生徒の支援を行っているすららネット子どもの発達支援室から、自宅学習で出席扱いが認められる「出席扱い制度」利用のポイントについてお話しました。
また、セミナーに参加された保護者を対象に事前に行ったアンケートでは、子どもの不登校の原因は人一倍敏感だったり、繊細なこと(HSC:Highly Sensitive Child)かもしれないと考えている方が約50%いることが分かりました。さらに、子どもの強い不安に対してどう接したらよいかわからない保護者が約60%もいました。そこでセミナーでは、HSCと不安症の違いについても解説。「子どもの気持ち」へ目を向けることの重要性と実践のコツをお伝えしました。
http://surala.jp/image/press/220922-2.pdf