2024年3月1日(金)より「すらら」学習画面デザインがリニューアル! 能登半島地震被災地支援として「すらら」を無償提供します。

【ゲーム障がいの小学生の症状・特徴】3つの原因や親ができる支援を徹底解説

ゲーム障がい(ゲーム依存症)はさまざまな年代に起こりうる問題ですが、小学生も例外ではありません。小学生の子どもを抱える保護者の中にも、自分の子どもがゲーム障がい(ゲーム依存症)に該当するか不安を抱いている人も少なくないでしょう。

この記事ではゲーム障がい(ゲーム依存症)になった小学生の特徴を紹介しています。ゲーム障がい(ゲーム依存症)を予防する方法や親ができる支援も解説していますので、ぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

近年問題視されているゲーム障がい(ゲーム依存症)とは?

コントローラー

ゲーム障がい(ゲーム依存症)は、世界的にも問題視されています。WHOにおいても、2019年5月から障がいとして認定されました。

なお、ゲーム障がい(ゲーム依存症)の定義は以下の通りです。

【ゲーム障がい(ゲーム依存症)の定義】

  • ゲームに関する行動(終了時間や頻度など)は自分自身でコントロールできない
  • ゲーム優先の生活となっており、それ以外の楽しみ・やらなければならないことに充てる時間が減る
  • ゲームのやりすぎで仕事や学校などの日常生活に大きな影響を及ぼしている

参考:第2回ゲーム依存症対策関係者連絡会議「インターネット・ゲ一ム障害」

上記が12か月以上続く状態を主にゲーム障がい(ゲーム依存症)と呼びますが、症状が重度の場合は12か月以内でもゲーム障がい(ゲーム依存症)に該当します。

気が付くといつでもゲームしている、他の何よりもゲームを優先するといった状況が続いているなら、ゲーム障がい(ゲーム依存症)の可能性が高いといえるでしょう。

子どもがゲーム障がい(ゲーム依存症)になる3つの原因

小学生の子どもがゲーム障がい(ゲーム依存症)になる原因として、以下のようなものがあげられます。

【小学生がゲーム障がい(ゲーム依存症)になる原因】

  • 友達とうまくコミュニケーションが取れない
  • 子ども部屋にゲーム機を設置している
  • 手軽に達成感を味わえる

小学生のゲーム障がいは、大人や中高生よりも深刻なものです。そのまま不登校になってしまったり、外の世界との関係を断ち切ってしまったりすると、成長面に悪影響を与えるでしょう。

もし自分の子どもにゲーム障がい(ゲーム依存症)の傾向が見られるなら、いち早い解決につながる行動をとる必要があります。

コミュニケーションスキルが低い

子ども自身のコミュニケーションスキルが低く、嫌なことを避ける傾向が強い場合や人とのかかわりを避けている場合、ゲーム障がいになってしまうリスクが高くなります。
ゲーム依存となってしまう内的原因としても、コミュニケーションスキルの低さは重要です。また、そもそもの性格上内側にこもりやすかったり、人と関わること自体が苦手な子どもも、ゲーム障がいになりやすく、意識して注意しておく必要があります。

子ども部屋にゲーム機が設置されている

親の目が届きにくく、子どもが好きほどゲームをプレイできる環境は、依存に繋がるリスクが非常に高くなります。また、最近では、スマートフォンやタブレットを利用してプレイできるゲームも多く、子どもの中でも人気が高いのが特徴です。

部屋に持ち込んで長時間プレイしたり、パソコンを使用してゲームする子どもも増えており、特にスマートフォンはどこにでも持ち運べるので利用時間が長引いてしまいます。

手軽に達成感を味わえる

子どもの中には、実生活の中で孤独感を感じたり満たされない気持ちを抱えているケースは少なくありません。こうした子どもはゲームの中で味わう達成感に快感を覚えてしまい、さらにゲームに夢中になり抜け出せなくなってしまいます。
勉強についていけない・テストの点数が悪い・友だちとの関係がよくないなど、リアルな生活の中で上手くいかないことが多い子どもは多くいます。

狭いコミュニティのゲーム中で達成感を感じると、「ここなら自分を認めてもらえる」と思い込むことでさらにのめり込んでしまうケースは珍しくありません。

ゲーム障がい(ゲーム依存症)が引き起こす症状

落ち込む子ども

ゲーム障がいという言葉は知っていても、そこから引き起こされる症状について詳しく理解できている方は少ないのが現状です。

ゲーム障がいになると、様々な点で私生活に大きく影響が出てしまい、今までのような普通の生活が難しくなってしまうことは少なくありません。
下記でお伝えするのは、主なゲーム障がいが引き起こす症状です。人により表れる症状や程度は異なりますが、気を付けて治せるようなものでもないため、意識して注意しなければいけません。

【ゲーム障がい(ゲーム依存症)が引き起こす症状】

  • ゲームが頭から離れない・いかにゲームするかをいつも考えてしまう「渇望・とらわれ」
  • ゲームを中々やめられない・プレイ時間を減らせない「コントロール障がい」
  • ゲーム時間を増やさないと満足できなくなる・寄り刺激的で高難易度の内容を求める「耐性」
  • ゲームできない状況や減らさなければいけない状況に依頼ライしてしまう「禁断症状」
  • 生活の中心がゲームでいつも最優先で考えてしまう「ゲームの優先度」
  • ゲームで明らかな問題が生じているが継続しなければすまない「問題があるにもかかわらず継続させる」
  • ゲームを辞めてもすぐ元に戻る「再発」

ゲーム障がい(ゲーム依存症)になった小学生に見られる6つの特徴

ランドセル

小学生がゲーム障がい(ゲーム依存症)になると、主に以下のような特徴が見られるようになります。

【ゲーム障がい(ゲーム依存症)になった小学生に見られる5つの特徴】

  • 外で遊ばなくなる
  • 勉強の成績が下がる
  • 保護者と喧嘩する機会が増える
  • 睡眠不足になっている
  • ゲームのことしか考えられない
  • 攻撃的な言動をとるようになる

もし自分の子どもがいずれかに当てはまるなら、ゲーム障がい(ゲーム依存症)の可能性を疑いましょう。ここからはそれぞれの詳細について、詳しく解説します。

外で遊ばなくなる

ゲーム障がい(ゲーム依存症)の小学生は、外で遊ばなくなる傾向にあります。外で遊ばなくなるのは、ゲームにしか魅力を感じなくなってしまうためです。

ゲームは当然家の中でするものですから、最悪部屋に閉じこもり、不登校や引きこもりになってしまうでしょう。同じ姿勢で過ごすことも増えるため、頭痛や体調不良を訴える頻度が多くなるのも特徴です。

勉強の成績が下がる

ゲーム障がい(ゲーム依存症)の小学生は、何よりもゲームが優先の生活になります。ゲームを優先し続けた結果、学力が低下するケースは珍しくありません。

また、テストの結果が悪くなるだけでなく、宿題をしない・復習をしないといった状況になるのも特徴です。さらに成績が下がったことを気にしないため、親や先生が注意しても効果がなくなってしまいます。

保護者と喧嘩する機会が増える

ゲームのし過ぎや決めたルールを守らないと、当然親は子どもを注意します。しかし、子どもはゲームをしたい願望があるため、親の言うことを聞きません。

ゲーム依存症になると上記のやりとりを繰り返すため、保護者と喧嘩する機会が増えてしまいます。最終的に家庭内でも嫌気がさし、さらにゲーム依存症を進行させてしまうのです。

睡眠不足になっている

ゲーム障がい(ゲーム依存症)の小学生は、何よりもゲーム中心の生活になります。ゲーム中心の生活になると、睡眠時間を削ることに抵抗を覚えません。

結果として朝方までゲームをしたり、夜中に隠れてゲームをしたりするのです。子どものうちに生活リズムが乱れると、成長の妨げにもなります。学校での授業にも集中できなくなり、さまざまな弊害が生まれるでしょう。

ゲームのことしか考えられない

ゲーム障がい(ゲーム依存症)の特徴として、ゲームのことしか考えられなくなることがあげられます。ゲームをしていなくても、常に思考の中心がゲームになってしまうのです。

さらに、友人や家族などに気を遣わなくなり、他のことがどうなっても気にしません。結果として孤立してしまったり学校に行きたくなくなったりすることで、ゲーム障がい(ゲーム依存症)が発覚することもあります。

攻撃的な言動をとるようになる

本記事でもお伝えしたように、ゲーム障がいは禁断症状が出始めると常にイライラしてしまい、攻撃的な言動が増える傾向にあります。

「暴力的なゲームをしているから」と考えがちですが、ゲームのプレイ時間が多い子どもの攻撃性が強くなる点と、暴力的な内容のゲームかどうかはさほど関係ありません。
攻撃的な言動の原因は、ゲームができずにイライラしている事である場合がほとんどです。

ゲーム障がい(ゲーム依存症)の小学生に親ができること5選

小学生の子供

小学生がゲーム障がい(ゲーム依存症)にならないための方法として、以下の5つを紹介します。

【小学生がゲーム障がい(ゲーム依存症)にならない5つの方法】

  • 家族で会話する時間を増やす
  • ゲーム以外の興味があることを見つける
  • 目が届く範囲でゲームをさせる
  • ゲームをする時間やルールを決めておく
  • ゲームをしすぎるとどうなるか伝えておく

相手が小学生だからこそ、親がしっかりとサポートしてあげるのが重要です。それぞれの内容について、詳しくみていきましょう。

家族で会話する時間を増やす

小学生の子どもがゲーム依存症にならないためには、子どもとしっかりコミュニケーションを取るのが重要です。まずは家族で会話する時間を増やしてみましょう。

ゲーム障がい(ゲーム依存症)になってしまう子どもは、孤独や不安感を抱えている可能性があります。学校での生活はどうか・友達との関係はどうかなど、親から何気ない会話をしてあげるのもおすすめです。

ゲーム以外の興味があることを見つける

ゲーム障がい(ゲーム依存症)の小学生は、ゲーム以外に興味の対象を持てていない可能性が高いです。そのため、一緒にゲーム以外に楽しめることを探してあげましょう。ゲーム以外で熱中させられる例は以下の通りです。

小学生にゲーム以外で熱中させられる例

  • スポーツ(野球/サッカー/テニス/バスケットボール等)
  • 読書
  • 物を作る(手芸/アクセサリー等)
  • 絵や漫画を描く(イラスト/塗り絵)
  • 音楽(鑑賞/演奏/作曲/歌う等)

ゲーム以外にもアクティブな体験や趣味につながることは豊富にあります。このとき、親が一方的に押しつけてはいけません。あくまでも子どもが自ら興味を持つものを見つけるのが大切です。

また、ゲームそのものが悪いものと伝えるのではなく、ゲームする時間をうまく調整できる興味の対象を見つけるのが良いでしょう。

目が届く範囲でゲームをさせる

親の目が届く範囲でゲームをさせるのも、ゲーム障がい(ゲーム依存症)になるのを防ぐ手段として効果的です。親がしっかりと子どものゲームを管理することで、ゲームのし過ぎを防げます。以下は小学生に目が届く範囲でゲームをさせる方法です。

目が届く範囲でゲームをさせる方法

  • リビングのみに限定させる
  • 部屋へゲームを持ち込ませない
  • 親も一緒にゲームを楽しむ

家事をしながら目の届く範囲で気を配り、子どもに声をかけられる状態にしておくのがおすすめです。また、部屋へのゲーム持ち込みを禁止することで、隠れてゲームすることも制限できるでしょう。

自由にゲームできる環境を作らなければ、それだけでゲーム障がい(ゲーム依存症)を抑制できます。

ゲームをする時間やルールを決めておく

ゲーム障がい(ゲーム依存症)を防ぐためには、ゲームに関するルールを決めておくのが重要です。ゲームをしてもいい時間帯や一回のプレイ時間、休日のゲームに関するルールなどを明確に設定しておきましょう。

以下は、小学生がゲームをする際のルール作りの例になります。

小学生がゲームをする際のルール

  • 平日は1時間のみ、休日は1.5時間のみ
  • 勉強が終わってからのみゲームができる
  • 寝る前の1時間はゲームをしない
  • ルールを破ったら1週間ゲーム禁止

ただし、ルールを守ったからといってご褒美を与えるのは逆効果です。ご褒美を与えてしまっては、子どもの目的が別の方向に向かってしまいます。また、あまり口を出しすぎるのも逆効果になるため、守れていない日が続く場合に注意しましょう。

ゲームをしすぎるとどうなるか伝えておく

ゲーム障がい(ゲーム依存症)になる子どもは、ゲームをしすぎることでどのような問題が起きるかを理解していません。そのため、ゲームのし過ぎでどのような問題が発生するかを伝える必要があります。

ゲームをしすぎた際のリスク

  • 勉強をすることがなくなり将来が危ぶまれる
  • ゲーム以外のことを考えられなくなり人の気持ちがわからなくなる
  • 課金をしすぎてしまい親に迷惑をかけてしまう

このとき、小学生でもわかるようにかみ砕いて説明するのが重要です。子どもがゲーム依存の危険性を理解することで、ゲーム障がい(ゲーム依存症)の予防・改善につながるでしょう。

ゲーム障がい(ゲーム依存症)の小学生の治療・相談先

小学生の親子

ゲーム障がい(ゲーム依存症)の小学生に対して、親ができるサポートは以下の2つです。

【ゲーム障がい(ゲーム依存症)の小学生に親ができる2つのサポート】

  • 精神保健法福祉センターへ相談
  • 専門の医療機関を受診させる
  • 消費生活センターへ相談

  • 児童福祉課、児童家庭支援センターへ相談

どうしても家庭で解決できないのであれば、上記2つの方法で子どものゲーム障がい(ゲーム依存症)改善を目指しましょう。

精神保健福祉センターへ相談

精神保健法福祉センターは、精神保健福祉法によって各都道府県への設置が義務付けられている施設です。心の問題や病気で困っている本人・家族からの相談を受けており、各種依存症の専門職員が在籍しています。

祝日と年末年始を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後5時で受け付けており、必要と判断された場合は対面相談も可能です。周りの人で解決できないのであれば、相談するのも1つの選択肢として考えておきましょう。

専門の医療機関を受診させる

ゲーム障がい(ゲーム依存症)専門の医療機関を受診させるのも、一つのサポート方法です。精神科やメンタルクリニックはもちろん、病院によってはゲーム障がい(ゲーム依存症)専門外来を構えています。

専門医療機関は全国各地にあるため、まずは近場にあるかどうかを確認しましょう。中にはオンラインでの相談を受け付けている医療機関もあるため、ぜひ活用してみてください。

消費生活センターへ相談

子どものゲームに関するトラブルの問い合わせが急増したことを受け、消費者庁は2020年より支援団体や治療のための施設を紹介する機能を強化しています。
課金が多く数十万円以上も使用しているなど、ゲームに関するトラブル内容が具体的な場合は、消費静カウセンターへ相談してみるのも1つの方法としておすすめです。

児童福祉課、児童家庭支援センターへ相談

住んでいる地域の児童福祉課や児童家庭生活支援センターなども、ゲーム障がいに関する悩みを相談することが可能です。相談することで、必要な機関へつないでくれるため、家庭の中で問題を解決できない場合にも頼れる相談先といえます。
「もしかしたらゲーム障がいかもしれない」「今の状況をどこに相談すればいいのか分からない」と悩んでいる場合は、まず一度問い合わせ現状を聞いてもらいましょう。

まとめ

ゲームコントローラー

小学生のゲーム障がい(ゲーム依存症)は、早急な解決が必要な問題です。そのまま放置し続けると、中学・高校と進学していく際に大きな障がいを生み出します。

まずは自分の子どもがゲーム障がい(ゲーム依存症)に該当するかをチェックしてみましょう。そのうえで親がしっかりとサポートしてあげることが重要です。

この記事で紹介した内容をもとに、小学生のゲーム障がい(ゲーム依存症)について理解を深め、正しい予防・対策を実施してください。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化