• HOME
  • コラム
  • 【ADHDの軽度・中度・重度の違い】原因や特性・症状、診断の基準をご紹介

【ADHDの軽度・中度・重度の違い】原因や特性・症状、診断の基準をご紹介

集中力がない・落ち着きがない・ケアレスミスが多いなど、自分の苦手なことを短所として捉えている人は少なくないのではないでしょうか。努力しているのに何度も同じミスを繰り返したり、周囲の人が誰でも容易にできることに困難を感じたりしている場合はADHD(注意欠如・多動性障がい)の可能性があります。

この記事では、ADHDの軽度・中度・重度の違いや特性・症状、診断の基準をご紹介します。特性による失敗・トラブルを減らすコツも解説するので、ぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

ADHD(注意欠如・多動性障がい)とは?発達障がいの一種

ADHD(注意欠如・多動症障がい)とは、年齢あるいは発達に見合わないレベルの不注意・落ちつきのなさ・衝動性などの問題が、社会活動や学校生活に支障をきたす状態のことを言い、発達障がいの一種に分類されています。

程度によっては単なるケアレスミスや個人のウィークポイントと認識されがちのため、見過ごされたまま大人になる人も一定数いるのが事実です。

また、同じ発達障がいの中でもASD・アスペルガー症候群と症状が似ているため、判断が簡単ではありません。下記でそれぞれの症状の違いについて説明します。

ADHDとASD(自閉スペクトラム症)の違い

ASD(自閉スペクトラム症)は特に行動や興味の偏りに特徴があり、ADHDと共通する点が多いため医師でも見極めが難しいと言われています。

ASDの症状の主な特徴は下記のとおりです。

【ASDの特徴】

  • コミュニケーションが苦手
  • 言葉に遅れがある
  • 落ち付きがなく、じっとしていられない
  • こだわりがある

多動性はASDでも頻出する症状です。ADHDの子どもは自分の行動で周囲に迷惑をかけてしまったことを理解できる一方で、ASDの子は相手の気持ちを考える能力が欠けているため、人間関係の構築が難しくなる傾向があります。

ADHDとアスペルガー症候群の違い

アスペルガー症候群は、社会性・コミュニケーション・想像力・共感性・こだわりの強さ・感覚の過敏さなどに特徴を持っており、知能・言語の遅れがないものを言います。

アスペルガー症候群の症状の主な特徴は下記のとおりです。

【アスペルガー症候群の特徴】

  • コミュニケーションが苦手
  • 曖昧な説明や指示を理解することが苦手
  • パターン化した行動をとる
  • 特定のことへの執着が強い
  • 臨機応変な対応が苦手

アスペルガー症候群の人は知的障がいはありませんが、人の気持ちを読む能力が欠けているため他者とのコミュニケーションがスムーズにいかないことが大きな特徴です。アスペルガー症候群と比較すると、 ADHDの人は相手の気持ちを思いやることができるという違いがあります。

ADHDの原因

ADHDの原因は、遺伝的な要因も疑われており脳の一部の機能障がいによるものと考えられています。注意・行動の抑制に関する面でトラブルが起こると見られていますが、現在も細かい点は解明されていません。

その他に、出産前の飲酒・喫煙や低出生体重などが発症の原因となる可能性も言及されています。子どもの育て方・教育環境によって起こるものではありません。

ADHDの特性・症状

ADHDには主に下記の2つの特性があります。

【ADHDの特性・症状】

  • 不注意の症状
  • 多動性・衝動性の症状

一般的に、幼い時期は落ち着きがなく不注意であっても珍しくないため、ADHDを見極めることは容易ではありません。しかし、成長するにつれて年齢相応であるのかが同級生との比較からも明らかになるので、気づくきっかけになることがあります。

それぞれの特性について詳しく解説するので参考にしてください。

不注意の症状

ADHDの一つの特性は、集中力が続かないために注意力が持続できないなどの「不注意」の症状で、具体的には下記のような言動が多く見られます。

  • 細かいところに注意がいかず、作業にミスが多い
  • 忘れ物が多い
  • すぐに集中力が途切れる
  • 整理整頓が苦手

不注意は誰にでも起こることなので、本人の努力不足であると誤解されて悩んでいる人も少なくありません。そのまま周囲の理解がなく成長すると、自分に自信をなくし孤立してしまう可能性があります。大人になると複雑な作業をする機会も増えるため、不注意の症状が顕著になる傾向が強いです。

多動性・衝動性の症状

もう一つの特性が多動性・衝動性です。特に幼少期は落ち着きがなかったり予想外の動きをすることもよくあるため、ADHDと判断することが難しいと言われています。具体的に現れるのは下記のような症状です。

  • 落ち着きがなく、学校の授業中に席を離れて歩き回る
  • 体のどこかをずっと動かしている
  • 人の会話に口を挟む
  • 待つことが苦手

多動性・衝動性の症状は成長とともに落ち着いてくると言われていますが、完全になくなることはないため生涯にわたって上手に付き合っていく必要があるでしょう。

ADHDの診断基準

ADHDは、アメリカ精神医学会の「DSM-5」に記述されている項目が診断基準とされています。診断基準の詳細は以下のとおりです。

①「不注意(活動に集中できない・気が散りやすい・物をなくしやすい・順序だてて活動に取り組めないなど)」と「多動-衝動性(じっとしていられない・静かに遊べない・待つことが苦手で他人のじゃまをしてしまうなど)」が同程度の年齢の発達水準に比べてより頻繁に強く認められること

②症状のいくつかが12歳以前より認められること

③2つ以上の状況において(家庭、学校、職場、その他の活動中など)障がいとなっていること

④発達に応じた対人関係や学業的・職業的な機能が障がいされていること

⑤その症状が、統合失調症、または他の精神病性障がいの経過中に起こるものではなく、他の精神疾患ではうまく説明されないこと

引用:厚生労働省「ADHD(注意欠如・多動症)の診断と治療

  1. ADHDの診断は、医師の診察で観察された行動上の特徴に基づいて行われ、確立した医学的検査はありません。診断を受けるタイミングによっては症状の強弱が違うことや先生によっても感じ方が異なる場合もあるので、判断は非常に難しいものです。

ADHDの軽度・中度・重度の違い

ADHDの診断基準を参考にして、該当する項目数から症状の軽度・中度・重度を医学的に判断可能です。

しかし、それらは意味がないとされています。例えばすべての項目に該当していても症状が軽度であるケースや、逆に一つしか当てはまらなくても日常生活に大きな困難が出ている場合もあるでしょう。

また、周囲の理解があり適切な助けを得られる環境が整っていれば、症状の重さにかかわらず本人にとっては過ごしやすい状況であることも予想できます。

症状の軽度・中度・重度と区別をすることを重要視するのではなく、日常生活にどれぐらい影響が出ているのかを把握して、周囲の理解と協力のもと快適に生活ができるようサポートしていきましょう。

ADHDは治療できる?薬物療法や精神療法が可能!

ADHDの治療は下記の2つが有効とされており、一般的には精神療法から始めて効果が出ない際に並行して薬物療法が施されます

【ADHDの治療方法】

  • 薬物療法
  • 精神療法

ADHDは、脳の機能異常により神経伝達物質(ドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニン)に偏りが生じていることが原因の一つと考えられているため、これらの働きを調整して作用するように治療薬が作られています。

精神療法は環境調整・行動療法などと一緒に行われ、本人だけでなく家族のサポートが必須です。声がけ・自然な誘導を試みることで本人が自身でポイントをつかめるようになれば、今後の人生でも上手に付き合っていきやすくなるでしょう。

ADHDの特性による失敗・トラブルを減らすコツ

ADHDの特性による失敗・トラブルは、症状の特徴を知り適切に対処することで減少させることができます。具体的な対処方法として下記に例をあげるので参考にしてみてください。

【失敗・トラブルを減らすコツ】

  • 予定を家族と共有する
  • 業務は一つずつこなし複数にならないようにする
  • 苦手なことをパターン化して覚えさせる

繰り返し間違えたり失敗したりすることがあげられますが、り越え方を同じようにパターン化して覚えることで起こりうる影響を減らせる可能性があります。これはADHDの特性を生かした対処法です。

また、家族の助けも欠かせません。予定は必ず共有するという小さな心がけで、問題を最小限で済ませられることもあるでしょう。

一つ一つの業務に時間がかかってでもしっかり向き合い、ミスを減らすことで本人の自信もついていきます。

ADHDに関するよくある質問

最後に、ADHDに関するよくある質問に回答します。

【ADHDに関するよくある質問】

  • 軽度のADHDの子どもは大人になってから苦労する?
  • ADHDの子どもは精神病になりやすい?

下記でそれぞれの詳細について説明します。不安な気持ちを和らげるためにも少しでも知識を蓄えておきましょう。

軽度のADHDの子どもは大人になってから苦労する?

「軽度のADHD=大人になっても苦労することはない」とは言い切れません。

幼少の時期は多少の多動性・衝動性があっても一般的には問題視されず、軽度のADHDの子どもは気づかれないまま成長し大人になる人もいます。多動性に関しては成長とともに弱まると言われていますが、逆に目立ってくるのが不注意の症状です。

就職をして社会生活を過ごす中で、ADHDの方が苦手とすることに直面する機会が増えます。仕事を計画的に進めること・時間に沿って行動すること・上司や部下との付き合いなど、複雑なことを当たり前のように処理していかなかればなりません。

そのような理由から、ADHDの症状は大人になると表面化しやすいと考えられているのです。

ADHDの子どもは精神病になりやすい?

ADHDの子どもは、学校生活において周囲から理解されずに長い間苦しい思いを我慢していることがあります。ADHD特有の行動は特に子どもの間では理解されにくく、いじめの対象になったり偏見の目で見られたりすることも多いでしょう。

そのような経験は、精神的にストレスとなり心を閉ざすきっかけになりえます。周囲の理解なしではADHDの子どもはつらい思いをし、長期間溜め込んだストレスによりうつ状態になる可能性も高いです。

判断の難しい症状ですが、子どもが苦しい思いをしていないか気をくばり、少しでも過ごしやすい環境になるよう手助けしていきましょう

まとめ:ADHD(注意欠如・多動症障がい)の特性を理解して適切なサポートをしよう!

この記事では、ADHD(注意欠如・多動症障がい)についてご紹介しました。ADHDは発達障がいの一つで「不注意」と「多動性・衝動性」が主な特徴です。

アメリカ精神医学会の「DSM-5」に記述されている項目を診断基準として判断されますが、重度だから深刻とは限りません。一番大切なのは、本人にどのような助けがあれば生活をしやすくなるのかを周囲が理解し、必要なサポートをすることです。

ADHDの人で活躍している有名人は国内外にたくさんいます。欠点だけに気をとられずに、際立った特性を活かすことで本人の将来の選択肢を広げるようにしましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化