• HOME
  • コラム
  • 【発達障がいは勉強についていけない?】特性ごとの困りごとや親が子どもにできるサポートをご紹介

【発達障がいは勉強についていけない?】特性ごとの困りごとや親が子どもにできるサポートをご紹介

発達障がいを抱える子どもは学習面で困難を感じることも少なくありません。しかし、早い段階で困っている内容をはっきりさせて周囲が適切なサポートを行えば、勉強にしっかり取り組めるでしょう。

今回の記事では、発達障がいの特性ごとによくある困りごとや親ができるサポート、相談機関などを紹介します。発達障がいの勉強に関するよくある質問にも答えていくのでぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

発達障がいとは

発達障がいについて厚生労働省は以下のように述べています。

発達障がいは、生まれつきみられる脳の働き方の違いにより、幼児のうちから行動面や情緒面に特徴がある状態です。そのため、養育者が育児の悩みを抱えたり、子どもが生きづらさを感じたりすることもあります。

引用:厚生労働省「知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス

上記のように発達障がいは生まれつきみられる脳の働き方の違いによるもので、しつけや育て方は無関係です。

発達障がいには様々な種類があり、同じ診断名でも人によって特性の現れ方が異なります。また、いくつかの障がいを併せ持つことも少なくありません。

発達障がいがあっても本人や周囲の人が特性を理解し適切な対応をすれば、生活や学習における困難を軽減することができ、力を発揮しやすくなります。

発達障がいの種類

ここでは、それぞれの発達障がいに見られる特性について解説します。今回紹介するのは以下の3種類です。

【発達障がいの種類】

  • ADHD(注意欠陥・多動症)
  • SLD(限局性学習障がい)
  • ASD(自閉スペクトラム症)

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ADHD(注意欠如・多動症)

ADHD(注意欠陥・多動症)には不注意・多動性・衝動性といった特性が見られます。よく見られる行動特性は以下の通りです。

【ADHDに見られる行動特性】

  • 忘れ物・無くし物が多い
  • 気が散りやすく集中が続かない
  • 感情のブレーキをかけるのが難しい
  • 順番待ちや我慢が苦手

上記のような特性によって、すぐにカッとなって友達とトラブルになったり、忘れ物が多く困ってしまったりと本人が学校生活で困難を感じることがあります。

感情のコントロールや忘れ物をしない方法を子どもと一緒に考えて実践していくことが大切です。

 

SLD(限局性学習障がい)

SLD(限局性学習障がい)は全般的な知的の遅れはないものの、聞く・話す・読む・書く・計算する・推論するといった能力のうち、特定のものの習得と使用が難しい障がいです。以下のような行動特性があります。

【SLDに見られる行動特性】

  • 文字を正しく書けない
  • 計算が極端に苦手
  • 音読・黙読が不得意

努力しても結果が出にくいので、自信を失ってしまったり怠けていると勘違いされたりすることがあります。家族や教師の理解と適切な支援が必要です。

 

ASD(自閉スペクトラム症)

ASD(自閉症スペクトラム症)は社会性に困難を抱える発達障がいです。自閉症・アスペルガー症候群・高機能自閉症と呼ばれていた子も今ではASDに含まれます。よく見られる行動特性は以下の通りです。

【ASDに見られる行動特性】

  • 場の空気や相手の気持ち、暗黙のルールなどを読み取るのが難しい
  • 物の配置や順序などのこだわりが強く融通が効かない
  • 興味や関心の幅が狭い
  • 感覚刺激に敏感

友達とのコミュニケーションが難しく、人間関係をうまく築けずにいじめの対象となってしまうこともあります。本人の特性に合った環境作りや周囲の理解が大切です。

男女での発達障がいの違い

女の子の発達障がいは目立ちにくく、男の子に比べて気付かれにくい傾向にあります。

男の子の場合は騒いだり他の子の邪魔をしたりするケースが多く、特性の現れ方は顕著です。女の子は問題行動はあまり起こさないものの実は困っているということが多々あります。

男の子の発達障がいはたいてい早期に発見されますが、女の子の場合は対人関係が複雑になる思春期を迎えて初めて気付くケースが多いです。

発達障がいの小・中学生の特徴

学校生活を送る上で集団行動は避けて通れません。そのような中で発達障がいの小・中学生が劣等感を抱きやすい場面がどうしても出てきてしまいます。

学校に楽しく通い続けられるよう、なるべく得意なことに目を向けて苦手なことへの抵抗を減らせるような支援が大切です。

ここからは発達障がいの小・中学生の主な特徴を3つ紹介します。

【発達障がいの小・中学生の特徴】

  • グループでの行動や会話が苦手
  • 物忘れ・忘れ物が多い
  • 整理整頓ができない
  • スケジューリングが苦手

必要な支援を考える上でも苦手なことを知っておくことは大切です。1つずつ詳しく見ていきましょう。

グループでの行動や会話が苦手

発達障がいを抱える子どもは、興味・関心のない会話や遊びが苦手な傾向にあります。グループでの話し合いや集団行動にうまく参加できない場面も出てくるかもしれません。

また、自分のしたい話を一方的にしてしまったり冗談が通じなかったりすることで、友達とトラブルに発展することもあるでしょう。

物忘れ・忘れ物が多い

特にADHDの子は注意散漫になりやすく、物忘れ・忘れ物をしてしまうことが多いです。聴覚的な情報を正確に記憶することが苦手で、先生の話を聞き漏らしてしまうこともあります。

必要な準備や行動が分からず困ってしまう場面もあるでしょう。

整理整頓ができない

発達障がいの子どもは整理整頓が苦手で物を散らかしてしまう傾向も見られます。机や鞄の中にプリントが詰まっていて必要なものが見つからないこともあるでしょう。

片付ける習慣を身に付けるのが難しく、1度綺麗にしてもその状態を保つことが苦手です。

スケジューリングが苦手

期限の日から遡って計画を立てることが難しい傾向もあります。

中学校に入るとテスト前の勉強や課題の進め方などで失敗してしまうことが多いです。前日になって慌てて準備したり間に合わずに困ったりすることが多々あります。

「発達障がい=勉強についていけない」は間違い!

発達障がいがあるからといって「絶対に勉強についていけない」というわけではありません。しかし、知能的には問題ないのに特性によって能力が発揮できないケースは多いです。

発達障がいは「実行機能の障がい」とも言われ、行動をやり遂げるのに必要な機能に困難をきたしている状態を指します。例えば、「宿題をしなければいけないのに忘れてしまう」「遊ぶのを我慢できない」「先生の話を最後まで聞けない」などです。

こういった子どもたちは勉強をすれば理解できるはずなのに、実行の機能の障がいによって阻まれてしまいます。

もちろん、知的な遅れを伴う場合もあるので全員が結果を得られるわけではありません。しかし、適切な支援を受けて本人に合った勉強の仕方を見つけることで理解を深められる子も多くいます。

発達障がいの特性から起きる勉強面での困りごと

ここからは、発達障がいの特性から起きる勉強面での困りごとを紹介します。発達障がいの種類ごとに主な困りごとも変わってくるのでそれぞれ確認していきましょう。

ADHD(注意欠如・多動症)

ADHD(注意欠如・多動症)の子どもは集中力が続かず、授業の内容を聞き漏らしてしまったり課題に取り組めなかったりします。そのことで先生から怒られ、自信を失ってしまうことも多いです。

また、忘れ物が多いことや整理整頓が苦手なことから必要な物が準備できず授業中に困ってしまうこともあります。

SLD(限局性学習障がい)

SLD(限局性学習障がい)の小・中学生は、苦手な分野では努力してもなかなか結果が出ず、勉強自体が嫌いになってしまうことも多いです。その様子を見た大人から怠けていると思われ、叱責されてしまうこともあります。

授業についていくのが難しく、宿題にも取り組めずに自己肯定感が下がってしまう子も少なくありません。

ASD(自閉スペクトラム症)

ASD(自閉症スペクトラム症)の子どもの中には、記憶力が非常に優れており、知識や語彙が豊富で言語性の知能指数が標準より高い子もいます。そのようなケースでは勉強面で大きくつまずくことがなく、テストでは良い点数を取り続けることもあります。

しかしながら、コミュニケーションが苦手なことから授業内でのグループワークや話し合いに思うように参加できず、困る場面も出てくるかもしれません。

さらに、教師からの理解がないと授業への関心が低いと見なされ、成績に響いてしまう可能性もあるでしょう。

発達障がいで勉強についていけない小・中学生に親ができること

ここまでは、発達障がいの小・中学生の特徴や主な困りごとなどを紹介してきました。本人が自信を持って生活し、前向きな気持ちで勉強に取り組むためには周囲の理解・支援が必要です。

ここからは、発達障がいで勉強についていけない小・中学生に親ができることを紹介します。

【発達障がいで勉強についていけない小・中学生に親ができること】

  • 家庭で学習できるサービスを利用する
  • 特別支援学級・通級指導教室の利用を検討する
  • 学校に配慮をお願いする
  • 生活リズムを崩さない
  • 整理整頓をして勉強に集中できる環境を作る
  • 発達障がいについて理解する
  • できることに着目してポジティブな声かけをする

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

家庭で学習できるサービスを利用する

家庭教師や通信教育など家庭で学習できるサービスを利用し、本人に合った勉強方法を見つけましょう。家庭以外での学習に抵抗がなければ、塾や適応指導教室も選択肢に挙げられます。

最近では発達障がいへの理解のあるサービスも多く、そういったものを選べば本人の特性を考慮して学習を進めてくれます。

家庭教師や1対1で教えてくれる個別指導塾は、本人のペースに合わせて苦手な部分も丁寧に教えてもらえるのがメリットです。また、最近の通信教育にはタブレットでの学習や動画を見て学ぶものなど視覚支援が充実したものもあります。

特別支援学級・通級指導教室の利用を検討する

特別支援学級とは、小・中学校に設置されている障がいのある生徒を対象にした少人数のクラスです。1クラスの上限が8名と決まっているので手厚いサポートを期待できます。

一方の通級指導教室は、一般級に在籍する軽度の障がいを持つ生徒が特性に合わせた特別な指導を受ける場です。対象となる子どもは、在籍校とは別に通級指導教室が設置されている学校に通います。

これらの場を活用して先生と親が連携することで、本人の得意・不得意に合った教育をおこなっていけるでしょう。

学校に配慮をお願いする

学校の先生に特性に合わせて配慮をお願いするのも有効な手立てです。現在、学校では発達障がいの児童生徒も一般級で学習できるように、その子の個別の支援計画を立てて対応することが推奨されています。

パニック時の対応や日頃の声かけなど、本人に合った対応を担任の先生にお願いしてみましょう。

ただし、学校の先生は発達障がい支援の専門家ではありません。他にも大勢の子どもがいる中でどれだけ配慮してもらえるかは学校・先生により異なります。

生活リズムを崩さない

発達障がいの子どもの中には、自分の機嫌をうまくコントロールできない子も多く、寝不足や空腹などでイライラしてしまうこともあります。特に生活リズムが乱れていると、学校での学習に身が入らずトラブルも起こしやすい状況になりがちです。

そのような事態を回避するためにも、しっかりと食事や睡眠を取り、できる限り生活リズムを整えることが大切になります。例えば、スマホやゲームをする時間を決めるなどが効果的です。

整理整頓をして勉強に集中できる環境を作る

ADHDの子どもは特に集中力が低く、視界に入るものが刺激になりやすい傾向にあります。学習時には必要なものだけが視界に入るようにし、勉強に集中できる環境を整えましょう。

さらにテレビ等の雑音はなるべく消し、「20分頑張ったら休憩」など時間の目安を確認しておくと安心して学習に取り組めます。

また、本人が部屋を片付けられるように支援していくのも大切です。片付ける場所が判断できるようにラベリングしたり、週に1度は親子で片付けの日を決めたりと工夫してみましょう。

発達障がいについて理解する

親が発達障がいへの理解を深めることも、子どもの学習への不安や悩みを解決することにつながります。発達障がいについてよく分かっていないと、怠けているのではないかと思ってきつく叱ったり諦めたりしてしまうかもしれません。

しかし、特性をしっかり理解すれば子どもに必要な支援を考えることができます。書店では発達障がいに関する多くの本が並び、インターネットでも情報は手に入る時代です。実践例が記載されている書籍や相談先についてまとめられたサイトもあります。

ただし、中には科学的根拠がなく混乱を招くような情報もあります。そういったものは鵜呑みにせず、困った時にはスクールカウンセラーや役所の窓口など公的な相談先に頼るのも有効です。

できることに着目してポジティブな声かけをする

子どものネガティブな部分は目についてしまいがちですが、できることに着目してポジティブな声かけをするのも大切です。

発達障がいの子は特性ゆえに怒られたり劣等感を感じたりする場面が多く、心のどこかに「どうせ頑張ってもできない」という諦めがあります。

前向きな気持ちで学習に取り組めるよう、小さなことでもできたことや頑張ったことは褒めてあげましょう。新しくできたことに限らず、毎日継続できていることも褒めてあげてください。

この時大切なのはシンプルに行動を褒めることです。長々と話しても何が良かったのか子どもはよく分かりません。「〜できたね」「〜を頑張っているね」などの短い声かけを意識しましょう。

小・中学生の発達障がいについて相談できる機関

小・中学生の発達障がいについて悩みや不安があれば相談できる機関を活用しましょう。「親としてしっかりしなきゃ」と頑張るあまり、なかなか人に相談できない方もいます。しかし、そのまま抱え込んでしまうと親子双方にメリットがありません

今は様々な相談機関があり、多くの支援者や専門家がいます。気になることがあればぜひ早めに相談してみてください。

相談できる機関には以下のようなものがあります。

【小・中学生の発達障がいについて相談できる機関】

  • 学校(スクールカウンセラー・担任の先生・特別支援教育コーディネーターなど)
  • 教育委員会
  • 療育センター
  • 発達障がい者支援センター
  • 小児科
  • 児童精神科の専門医
  • 小児神経科の専門医
  • 保健センター
  • 児童相談所
  • 発達障がいの相談を受け付けるNPOなど

上記以外にも地域によって様々な相談先があるので調べてみてください。どこに相談すべきか分からない場合は、まずは学校や役所の窓口に問い合わせてみましょう。

発達障がいの子どもの勉強に関するよくある質問

最後に、発達障がいの子どもの勉強に関するよくある質問に答えます。不安な気持ちを軽減するためにも、少しでも知識を蓄えておきましょう。

【発達障がいの子どもの勉強に関するよくある質問】

  • 発達障がいの子どもは高校生になっても勉強しない?
  • 発達障がいの小・中学生に自宅学習は難しい?

発達障がいの子どもは高校生になっても勉強しない?

特性によって気が散ってしまったり苦手な分野があったりすることはありますが、「発達障がい=勉強しない・できない」というわけではないです。高学歴と言われる大学に進学する方や知的職業に就く人もたくさんいます。

小・中学生の間になるべく勉強への抵抗をなくしてくことで、高校生になってもスムーズに学習に取り組めるでしょう。

発達障がいの小・中学生に自宅学習は難しい?

発達障がいの小・中学生にとって自宅で勉強するのは難しい場合もあります。しかし、親がサポートして本人に合った勉強方法を見つければ不可能ではありません。まずは集中できる環境を整え、勉強時間を決めるなどの工夫をしましょう。

また、教材選びも重要です。最近では特性を考慮してくれる通信教育や塾などの支援サービスもあります。本人の意思も確認しながら利用しやすいものを探してみてください。

まとめ:発達障がいでも学校の勉強についていける!本人に合った学習方法を見つけよう!

 

発達障がいの小・中学生は、失敗の経験から自信を失いやすい傾向にあります。前向きな気持ちで学習に臨むには親や周囲のサポートが必要です。

最近では、特性を理解しサポートしてくれる塾や家庭教師、通信教育なども充実しています。それらを利用するのも有効な手立てです。また、どういったサポートをするべきか悩んだ時は、家庭内で抱え込まずに様々な相談機関を頼りましょう。

決して「発達障がい=勉強できない・しない」というわけではありません。諦めずに本人に合った勉強方法を探してみてください。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化