• HOME
  • コラム
  • 【ADHDとゲーム障害の関係性】3つの依存原因や正しいゲームの付き合い方をご紹介

【ADHDとゲーム障害の関係性】3つの依存原因や正しいゲームの付き合い方をご紹介

子どものゲーム依存問題はどの家庭でも悩ましいもの。発達障がいの有無に関わらず、ゲーム依存の子どもは増加中です。しかし、ADHDのお子さんが依存になる場合、その子の持つ特性と環境が関連している可能性があります。

今回はADHDの子どもを持つ保護者に向けて、ADHDとゲーム障害の関係性や、依存にならないためのゲームとの付き合い方を解説します。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“”特別””無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの””特別””無料体験はコチラ

ゲーム障害とは?

「ゲーム依存症」とも呼ばれるゲーム障害は、「ただゲームにハマっているだけ」ではありません。自己コントロールができずゲームが生活の中心となり、学校・社会生活に影響が出てしまう状態。また、その状態が1年以上続いていることです。

世界保健機構(WHO)では、2019年にゲーム障害を国際疾病分類として正式に認定しました。

たかがゲームと侮ることなかれ。ゲーム障害による不規則な生活によって、体力の低下やうつ病、栄養不足といった機能不全や、家族・社会とのバランスが破綻するケースも多発しています。

ゲーム障害とADHDの関係性

子どもだけでなく大人でもゲーム依存問題は深刻です。ADHDのお子さんの場合、本人の特性とゲームの内容によっては、依存しやすい可能性があるのです。

ここからは、ADHDの特性とゲームが子どもにどのような影響を及ぼすのかを解説します。

ゲーム障害とADHDの関係性には以下のものがあります。

  • ADHDの特性とゲームの関係
  • 子どもの周りの環境を考慮

ADHDの特性とゲームの関係

ADHDは子どもによって特性は様々です。

ADHDの特性には、例として以下のものがあります。

  • 興味関心のある物事・好きな事に対して集中しすぎる
  • 多動性・衝動性を持ち、強い刺激を求める

上記の特性によって、周囲が声をかけても気づかないくらい大好きなゲームに没頭してしまう、ゲーム機を見ると衝動的に触ってしまう、というケースがあるようです。

子どもの周りの環境を考慮しよう

ADHDでなくても、ゲーム依存になる子はたくさんいます。子どもの学校での立場・人間関係よっては、ゲームに傾倒しやすい環境になっている場合もあるようです。

ゲーム依存になりやすい子どもの傾向

  • 生活面・学習面の苦手から評価されず、自己肯定感が少ない
  • いじめや他人と合わない疎外感で、自分の居場所が見つけられない
  • 悩みを人に相談できない

子どもを取り巻く環境が上記のような場合、リアルで得られないものをゲームに求め、依存に繋がっているのかもしれません。ADHDの特性と本人の環境を見直してみましょう。

ゲーム障害になる原因

「ゲーム=悪影響」というわけではありません。漫画やアニメと同じく、社会生活に影響が出ない程度に楽しんでいる子どももたくさんいます。

自らのコントロールを外れ、ゲーム障害になってしまう原因は何でしょうか?

ゲーム障害になる理由には以下のものが挙げられます。

  • ゲーム内容がハマりやすい
  • ゲームに取り組みやすい環境
  • 脳の快楽物質の影響

ここからはゲーム障害になる原因について順に解説します。

ゲーム内容がハマりやすい

ゲームにも、単純なアクションゲームやパズルゲーム、オンラインで友達とコミュニケーションを取りながら遊ぶゲームなど、様々な種類のものがあります。子どもに限らず、大人でも長時間やりこみたくなる要素が満載です。

美麗な映像やドラマチックなシナリオ、過激な演出等、その世界に没入して長く遊ばせる要素もたっぷり。レベルアップやアイテム収集は手軽な達成感を感じ、ガチャはギャンブル的要素も楽しめる仕組みです。

オンラインゲーム上で繋がる友達や、チームで協力してプレイすることで、リアルとは違う「自分の居場所」をゲーム上に見出す人もいます。

ゲームしやすい環境がある

ゲームがいつでもできる環境は、ゲームに依存しやすい要素の一つ。保護者が多忙で、一人で過ごす時間が長い場合や、自分の個室を持つ場合は、ゲームをしやすい環境です。親の目の届かない分、どうしても誘惑に負けやすくなります。

また、スマートフォンで手軽にプレイできるソーシャルゲームは、時間・場所問わずで遊べるのも特徴。ソーシャルゲーム上で開催されるイベントは、特別なアイテムがもらえるなどの特典もあり、イベント開催にリアルの生活を合わせてしまいがちです。

脳の快楽物質に影響される

美麗な映像や刺激的な演出。ゲームの楽しさや興奮を感じることで、脳の快楽物質・ドーパミンが分泌されます。体がドーパミン過剰分泌のバランスをとろうとすることで理性の部分が抑えられ、ゲームにのめり込むという流れです。

「ゲームやりすぎかも…」と頭のどこかでわかっていても、本能が凌駕してやめられなくなります。

大人よりも脳の発達が未成熟な子どもは、理性では感情・本能に抗いきれません。ゲーム障害へのリスクは大きいと言えます。

ゲーム障害になるとどうなる?

「ゲーム障害って言ってもゲームばっかりやってるだけでしょ」と思う方もいるかもしれません。

しかし、実際はWHOが国際疾病分類に認定するほどです。実際にゲーム障害になった子どもの中には、学校よりゲームに居場所を見つけてひきこもりや退学になるケースの他、暴力的になり友人・家族との争いなど、重度のトラブルに繋がるケースもあります。

ゲーム障害になったときのサインとして、以下の具体例があります。

  • 朝起きられない
  • 他のことに興味が持てない
  • ゲームをやるために嘘をつく
  • 怒りっぽくなる

朝起きられなくなる

ゲームに夢中になってしまうと、時間の感覚がなくなり、昼夜は逆転します。「あと少しだけ」という気分で明け方まで続けてしまい、朝起きられなくなるというパターンです。

さらに、スマートフォンや小型ゲーム機は布団に持ち込めるほどコンパクト。布団の中で隠れてプレイしやすく、睡眠不足に拍車がかかります。

他の遊びに興味をもたなくなる

ゲームに依存中は、生活の全てがゲーム中心です。常にゲームで遊ぶことを一番にしてしまうため、ゲーム以外のことに興味が持てなくなります。

読書や映画、友達と外で遊ぶことよりもゲームを選んでしまうため、表現力やコミュニケーション能力にも偏りが生じてしまいます。

ゲームのために嘘をつくようになる

学校の課題や宿題・家の手伝い・翌日の準備など、優先順位の高いものがあっても、ゲームを優先させたいあまりに嘘をつくようになります。

「宿題はもう終わった」「歯磨きは終わった」という小さなものから、大きなものでは「学校にちゃんと行った」等、その場しのぎの嘘を重ね、結果的に学力や生活態度に影響が出るケースもあるようです。

小さなことで怒りっぽくなる

対戦型のオンラインゲームでは、過激な暴力演出の影響で攻撃的になりやすい傾向があります。

顔が見えない相手だけに悪意を持って、ゲーム上のいじめも発生しやすく、直接顔を見ない相手とのチャットなどで言葉が荒くなる等、小学生同士のゲーム上のトラブルも増えてきました。

影響でカッとなりやすく、ゲーム上の失敗で物や家族にあたるなどのケースもあります。

ゲーム障害の治療法

ゲーム障害は、今やWHOが認める立派な疾病です。専門機関での治療法もあり、依存度や本人の年齢・環境に合わせた提案をしてくれます。

ゲーム障害の治療法には以下のものがあります。

  • カウンセリング
  • モニタリング
  • 認知行動療法

治療法について、詳しく見ていきましょう。

カウンセリング

カウンセリングは、専門医・カウンセラーによる本人との対話からスタートします。

ゲーム障害となった本人は、自分が依存状態にあることをしっかりと自覚はしていません。

一日の行動や、ゲームのプレイ時間、生活環境など、対話の中で「自らのゲーム依存を自覚させる」のが第一歩です。

モニタリング

モニタリングとは、生活や行動・感情・考えを「週間活動記録表」に記録すること。記録によって、客観的に自分の依存度を知ることに繋がります。

子どもの場合は、細かい記録が難しい年齢の子もいることでしょう。保護者・周囲の人間のサポートは必須です。

認知行動療法

認知行動療法とは、モニタリングやカウンセリングで洗い出した問題(行動・考え方)に対して、自分で変えやすいものから実践していく方法です。

できるものから少しずつ改善し、問題の解決を目指します。

ADHDの特性を踏まえたゲームの付き合い方

周囲の友達がゲームで遊ぶようになると、「自分もゲームが欲しい」となるものです。しかし、保護者としては「ADHDのうちの子にゲームをやらせて、どっぷり依存したらどうしよう」と迷ってしまいますよね。

ADHDの全ての子どもがゲーム障害になるわけではありません。本人の特性を理解した上で、ゲームと上手に付き合って楽しんでいる子もたくさんいます。

ADHDの特性を踏まえたゲームの付き合い方

  • ゲームをやめられない原因を知る
  • ゲームの使い方を親も理解しておく

ここからは、ADHDの特性を踏まえたゲームの付き合い方について解説します。

ゲームをやめられない原因を知る

すでにゲームに依存しかけている場合、なぜゲームにのめり込んでいるのか原因を知ることが大切です。

単に他に娯楽がないだけかもしれません。学校の学習面・人間関係で、実はストレスがあるのかもしれません。

原因を把握し、一つずつ解決していくことで、脱ゲーム依存の糸口になる可能性があります。

ゲームの使い方をまずは親が知る

ゲームにハマるには、子どもなりの理由があります。一方的に「ゲームなんてろくなことがない!禁止!」と言われても、本人も納得ができません。機会があればなんとかしてゲームをやろうとしてしまうものです。

どんなゲームなのか、その魅力を親も知っておきましょう。「今この子にはこの遊びが必要なんだ」と理解し、「この遊び方まではOK」という許容ラインがわかれば、お互いに譲歩しながら改善できます。

ゲームの使い方について保護者が知っておくべきこと・対策

  • ゲームの種類
  • ゲームの課金の仕組み
  • ペアレンタルコントロールの設定
  • ADHDの特性を踏まえたルールをつくる
  • ゲームだけが生活の中心にならないように対策する

ゲームの使い方について、まずは上記の点を知っておきましょう。

ゲームの種類

ゲームの種類は実に豊富。パズルゲームやRPG、対戦型のアクションゲームなど、様々な種類があります。

短時間で勝負がつくので何度も挑戦してしまうものもあれば、物語の主人公になって戦うRPGではプレイ時間が長くなります。また、オンライン上でコミュニケーションを取りながらプレイする場合は、途中でゲームを止めにくいこともあるでしょう。

子どもと一緒にゲームをプレイしてみるのもおすすめです。どのタイミングで止められるのかを知るきっかけにもなります。また、仲間とコミュニケーションを取りながらプレイするゲームの場合、本人にとってストレス解消や癒しの手段に感じているのかもしれません。

ゲームの課金の仕組み

無料で遊べるゲームもたくさんありますが、課金アイテムを購入して強くする仕掛けが入っていることがほとんどです。お年玉やお小遣いを課金してしまうというトラブルも増えています。

課金できるスマホゲームの場合、デバイスの設定で親のクレジットカードが登録されていることがあります。

子どもがよく理解しないまま使ってしまうトラブルも頻発しているため、課金の際の暗証番号を設定し子どもには教えない・そもそもクレジットカードの登録をしない・デバイスにパスワードや支払いに関する情報は登録させない、などの対策を取りましょう。

ゲーム機ごとのペアレンタルコントロール

近年のゲーム機には、ペアレンタルコントロール機能が搭載されているものも多くあります。子どものプレイ時間が把握できる他、1日のプレイ時間を制限したり、「夜〇時以降はプレイできないようにする」という設定をしたりも可能です。

ペアレンタルコントロール機能の制限内容は、ゲーム機ごとに異なります。専用アプリやパソコンの管理画面で管理するなど、ゲームタイトルによっても細かい設定ができるものもあります。

ペアレンタルコントロール機能を十分に理解していないと、後から「実は不特定多数と自由に通信ができるようになっていた」「課金できるようになっていた」となりかねません。保護者も機能を熟知しておきましょう。

ADHDの特性を踏まえたルールをつくる

依存しかけた状態からいきなりゲームを禁止されると、大きなストレスになります。集中しやすいADHDの場合、人よりも切り替えが苦手という子もいることでしょう。

ADHDの特性に合わせたルールが必要です。ルールは、ゲームをプレイする前に話し合って決めておきましょう。

ルールは親の意見だけで一方的に決めるのではなく、子どもの意見も聞き、お互いが納得して守れるルールであることが必要です。

ゲームばかりにならないよう対処する

ゲームが生活の中心になってしまうのは避けたいところ。そうならないための生活面のサポートは、保護者にしかできないことです。

ゲームで楽しい時間を過ごさせてあげるだけでなく、それ以外の本人の可能性や努力を承認できる体制を作っておきましょう。

ゲームだけにならないための対策

  • ご褒美制度を用意
  • ゲーム以外の楽しいことを見つける

ここからは、生活の全てがゲームだけにならない対策を順に解説します。

ご褒美制度を用意する

テストで好成績だった・宿題の他に自主勉強をこなした・お手伝いを継続したなど、本人が頑張ったことへのご褒美としてゲームを関連付けるのも良いでしょう。

ゲームの制限時間を週末だけ延長してあげる・課金アイテムを買ってあげるなど、努力した成功体験によって、本人の自己肯定感・やる気にも繋がります。

ゲーム以外の楽しいことを見つける

ゲーム障害は、ゲーム以外のものが楽しいと思えなくなりがち。ゲーム以上に刺激的な体験をさせるのも一つの方法です。

普段はできないようなマリンスポーツや、スケートボードなど、ゲーム以外の非日常の体験をすることで他に興味を持つきっかけになります。

子どもが「やりたい!」と思ったものは、親が一方的に禁止するのではなく、肯定し、応援してあげることも必要なのではないでしょうか。

まとめ

子どものゲーム依存に対して親ができる5つの対策方法

ゲーム自体は決して悪いものではありません。eスポーツやプログラミングなど、世界に通じる技術に発展させる可能性も秘めています。

また、ADHDであっても必ずゲーム障害になってしまうわけでもありません。本人の特性に合わせたルールを用意して、楽しく付き合っていきましょう。そのためにも、ペアレンタルコントロールやルール作りなど、ゲームに対する保護者の理解も大切です。

子どもの世界は親の見えないところで広がっていくものです。一方的に大人の都合でルールを決めるのではなく、親子で話し合い、子どものやりたいことも肯定してあげましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“”特別””無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの””特別””無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化