• HOME
  • コラム
  • 【ゲーム依存症の家族の接し方】3つの正しい対処方法や脱却方法についてご紹介

【ゲーム依存症の家族の接し方】3つの正しい対処方法や脱却方法についてご紹介

「家族が家ではゲームしかしていない」「もしかしてゲーム依存症では?」と不安になっている方も少なくありません。ゲーム依存症は、今やWHOにも認められた疾患。家族も本人も、正しい知識を持って対処する必要があります。

この記事では、家族がゲーム依存症になってしまった方に向けて、接し方や正しい対処方法、依存からの脱却についてを解説します。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

ゲーム依存とは?

生活の中心がゲームになってしまい、自己コントロールができなくなった状態を言います。

学校生活やこれまでの日常生活のルールを無視し、日々の最優先事項がゲームです。当然、不規則に生活になり、学校生活にも影響を及ぼします。

また、ゲーム依存は、理性と本能・感情のコントロール不全になる疾患です。友達・家族・周囲の人間に対して攻撃的になり、これまで培ってきた人間関係も破綻するケースも増えています。

WHOが認定したゲーム依存の診断基準

ゲーム依存で自己コントロールができなくなり、それに伴う二次障害が報告されるようになりました。10代を中心に、海外では大人の死亡例も報告されるほど深刻な事態です。

2019年には世界保健機構(WHO)で「ゲーム障害」という精神疾患として正式に認定されました。日本で、実際に病気として扱われるようになったのはごく最近で、2022年から。ゲーム障害はまだまだ精神疾患としては認知が低いのです。

診断基準

  • ゲームをする頻度や時間のコントロールができない
  • 日常的にゲームが最優先になる
  • 悪影響が出ているにもかかわらず、ゲームを続け、さらにエスカレートする

上記の行動が、12ヶ月以上継続する場合は、ゲーム障害と診断されます。ただし、小中学生の場合は、12ヶ月未満であっても診断される場合もあるようです。未成熟な子どもの脳は、症状が加速・重症化しやすいという理由があります。

家族がゲーム依存になるとどうなる?

どこでも手軽にできるスマートフォンゲームや、大人向けのオンラインゲームの流行により、子どもだけでなく大人でも依存症となる例が増えてきました。

ゲームに限らず、依存症になることは本人の家族にも影響が大きく、苦しい立場に立たされます。

家族がゲーム依存になった場合に起こるケース

  • 家族に攻撃的になり、暴言や暴力を振るわれる
  • 依存のあまり仕事に集中できず辞めてしまい、収入が途絶えてしまう
  • 学校に行かず成績も下がり、ひきこもりになってしまう
  • 家事・育児放棄により、家庭生活に不和が生じる

ゲーム依存の治療法

ゲーム依存は、今やWHOが認める精神疾患。専門機関で通院する他、症状によっては入院治療も必要です。

しかし、依存に至った原因や環境、症状等、依存の状態は本人によって度合が異なります。ゲームを無理に取り上げるのではなく、少しずつプレイ時間を減らし、関わり方を変えていく治療方針が主流です。

家族がゲーム依存になった場合の対処法

昔のビデオゲームと違い、近年のゲームは美麗なグラフィックにドラマチックなストーリー、刺激的な演出等、大人でもハマってしまう仕掛けがたくさんあります。

スマホゲームなどの手軽に遊べるもの増え、かなり依存度が進行するまで、家族も気づきにくいのも実際です。では、家族がゲーム依存になってしまった場合、どのように対処したらよいのでしょうか?

ここからは、以下の対処法について解説します。

  • ゲームを無理やり取りあげない
  • 1年後の「未来」を思い描く
  • 適切な治療機関に連れて行く

ゲームを無理やり取りあげない

アルコールやギャンブルと同じく、依存症の治療は、家族の理解と粘り強く見守る協力体制が不可欠です。無理に取りあげてしまうと、リバウンドの危険はもちろん、家族関係の悪化にも繋がります。

周囲の家族としては、依存の原因であるゲームを取り上げ、一日も早く規則正しい生活に戻したいことでしょう。しかし、これまでと違う生活を無理に押しつけてしまうと、信頼関係が崩れてしまいます。また、本人も治療に対して積極的になれません。

「あなたの体はもちろん、これからの長い人生が心配だから」と伝え、本人が治療に前向きになる姿を見守りましょう。

1年後の「未来」を思い描く

実際にゲーム依存の治療を受けた人のケースで、「1年後の未来を具体的に想像する」というものがあります。

1年後の理想の姿=治療が終わり、依存から脱却した自分が、健康かつ幸せに生活している姿を思い描きます。理想の未来に対して「具体的にどうするべきか」「何かしなくては」と一歩踏み出せる後押しになるのです。

適切な治療機関に連れて行く

ゲーム依存症は精神疾患のため、家族が止めるだけでは完治しません。専門の病院で診察を受け、本人の症状・依存度に合わせた治療機関でのケアが必要です。

依存症はゲームだけでなく、アルコールやギャンブルなど、様々な依存症治療の専門機関や支援団体があります。

依存症は治療機関も長く、それを見守る家族もつらいものです。治療機関では、依存症家族を支えるサポートもあります。

キンバリー・ヤング博士の「ネット依存症の克服方法」

心理学者であるキンバリー・ヤング博士は、インターネット依存症やオンライン行動の専門家です。まだ依存度がそれほど高くない状態であれば、自らの努力と家族のサポートで改善できると語っています。

「家族が依存症になりそう」と危機感を感じたら、以下のキンバリー・ヤング博士が提唱する5つの方法について、家族皆で取り組んでみてください。

依存症から脱却する方法

  • 自分が何を失いつつあるのかを考える
  • ネットの時間を計測する
  • 時間管理を見直す
  • 支援してくれる第三者を見つける
  • 依存のきっかけを探す

自分が失いつつあるものを知る

ネットやオンラインゲームをするために、何かの時間が犠牲になっているはずです。家族との時間であったり、勉強やその他の趣味に費やす時間だったり、書き出してみると案外大切なものを削っているとわかります。

ゲームのために削った何かを書きだすことで、自分が何を失おうとしているかを自覚させます。

ネットを使用している時間を計る

ネットやゲームのプレイ時間を計測してみましょう。1日6時間であれば、1週間で40時間以上。1ヶ月では1600時間という膨大な時間です。

具体的な数字で見ることで、自分が「やりすぎかもしれない!」と気づくきっかけになります。

時間を管理する

1日の行動計画を立て、スケジュール表を作成します。ネットやゲームはもちろん、食事・家族との時間・読書などの予定も記入してください。ゲームの時間管理と自覚にもなります。

また、「ゲーム以外の予定を入れる」ことで、それに代わる楽しみがあることに気づけるかもしれません。

支援を見つける

家族にゲームのやり過ぎを指摘されると、どうしても反発したくなるものです。家族だけでは余計に解決できないこともあるでしょう。

依存症の支援グループや医療機関・相談窓口など、第三者を間に入れることによって、円滑に進むこともあります。

医療機関以外にも、民間の支援グループはあるので、自治体に問い合わせるか検索してみましょう。

きっかけを探す

「そもそも依存症になった原因は何か」という、きっかけを振り返ってみましょう。

依存となった原因は、いじめ等の人間関係や、社会生活のストレスから始まったものかもしれません。原因が解決できるものであれば、ゲームやネットでストレス発散しない生活に戻れる可能性があります。

まとめ

家族がゲーム依存症になってしまうと、その家族も大きな悩みを抱えることになります。しかし、ゲームを無理矢理取り上げるのは、依存を加速させ、家族関係の悪化にも繋がりかねません。

本人と家族間の関係が悪くなりそうであれば、専門の支援グループや相談窓口など、第三者を交えるのも一つの手です。家族のゲームの依存度に不安を感じたなら、早めの対策・専門機関への相談をしましょう。

大切なのは、本人が自分の依存を自覚し、治療に前向きになれることです。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化