2024年3月1日(金)より「すらら」学習画面デザインがリニューアル! 能登半島地震被災地支援として「すらら」を無償提供します。
中学3年生 Nさんの保護者様 イメージ画像
※写真はイメージです。
中学3年生
Nさんの保護者様

不登校中学3年生【志望校合格!さかのぼり学習を通じて自信を取り戻したことが、受験の後押しに!】

すららをご利用中の家庭の保護者様に、普段の勉強法、家庭での教育方針などをインタビュー。 中学3年生のお子さまを持つNさん。この春から希望していた高校への進学が決まったNさんの、すららを使ったご家庭での学習の様子をお伺いしました。

すららとの出会いを教えてください。

家庭学習教材を探していたわけではないのですが、広告で表示されたものを見て、娘でも取り組めそうだなと思ったのが始まりでした。

すららを利用しようと思った決め手を教えてください。

さかのぼって学習が出来る無学年式である点が一番魅力的でした。娘は学校に行っていなかったために習っていない範囲も多く、勉強に対しての苦手意識を強く持っていました。なので、中学1年生の範囲からさかのぼって取り組めるのであれば、取り入れやすいと考えました。

学年に捉われない無学年式学習

「すらら」を利用すれば、小学生から高校生までの単元をいつでも学習することができます。※コースによって一部例外あり

この仕組みを「無学年方式」といい、つまづいた部分は戻って復習を、分かった部分はどんどん先に進むという学習が可能になります。

詳しくはこちら!

お母様から見て、お子さまはどんなお子さまでしょうか。

とても繊細な子です。その繊細さが故に学校に行けなくなってしまったところもあります。また我が道をゆくタイプで個性的な一面も持っています。そういった点がかけ合わさって、学校の集団の中でしんどさが出てしまったんじゃないかなと思っています。

そうだったのですね。不登校になった背景をお伺いできますでしょうか。

小学校の頃は山村留学をするなど娘に合った自由なスタイルでのびのび学びながら、学校にも楽しみながら通っていました。ただ進学した中学校が大規模校であったこともあり、中学生になる女の子特有のコミュニティみたいなのも出来上がってきて。とにかく人間関係がぐちゃぐちゃしていたんです。

更には所属していた部活動内でいじめがあり、いじめの対象になったときもあったのですが、それよりもそういった環境に居ること自体が辛くなってしまって。とてもストレスだったんだと思います。それ以外にも、学校内での女の子同士のトラブルがあったりと人間関係で悩むことが多くなり、そういう積み重ねでしょうか。色々なことが怖くなって、その環境に、周りの人間に合わせていくことに辛さを感じていたようでした。

そんな中コロナが流行し、学校も時間差登校などを開始するようになったタイミングで、学校に行かなくなりました。行きたくないの意思表示よりも先に体調に出てきてしまいました。心因性で、視力も下がってしまって。お医者さまが言うには、眼は見えているのに、周りを見たくないという気持ちから視力が下がってしまっているとのことで、2から0.2まで下がっていました。

そんなお子さまをサポートしているお母様もお辛かったのではないでしょうか。

そうですね。私自身も気持ちが落ちてしまっていました。カウンセリングや精神科を受診したり、本を読み漁ったり、セミナーに参加したり、どうしたら良いのか答えを必死に探していました。娘が繊細さんであることも、カウンセリングを通じて知ることが出来ました。また、おそらく色々調べていたときに、すららの広告も出てきたんだと思います。

辛い時期から現在までにお気持ちの変化はありますか。

本当にありとあらゆる手をやりつくして、やっと受け入れるまでに至りました。諦めがつくまでに1年以上かかったかと思います。今考えてみると、カウンセリングや先生に話をして、客観的に見てくれて言ってくれる人がいないと、私自身も前向きになるのは難しかったかなと思います。

すららの利用開始は、時期として1年と少し経った頃だったのかと思いますが、実際にすららの利用を始めて、学習の様子はいかがでしたか。

すららを始める前は、とにかく勉強に対して自信がなく後ろ向きな状態で、『自分はどうせ出来ない』と決めつけている状態でした。なので「一歩ずつでいいよ。出来るところからでいいんだよ」と伝えて、中学1年生の範囲から取り組みを始めることが出来ました。

普段から声がけを意識されていたのでしょうか。

いえ、最初の出来るところからでいいよといった声がけだけですね。というのも、私が促すような声がけをすると、追い打ちになってしまったりとネガティブな影響になってしまう可能性もあったので。なので、学習のサポートは基本的にすららコーチにお任せをしていました。
私の方では、すららのアプリで学習をすると通知がくるので、時々その通知を受けて「取り組んでいるね」とメッセージを送って励ましたりすることをしていたぐらいです。

保護者用管理画面で学習の見える化

保護者様用の管理画面ではログイン、学習時間、クリアした単元数が確認できるため、お子さまの努力が可視化されます。是非、お子さまとのコミュニケーションにお役立てください。

見守られている安心感が学習へ前向きさにプラスとなったのかもしれないですね。
すららコーチとは、どんなやり取りをしていますか?

私はLINEでやり取りをさせていただき、娘は学習画面上でメッセージをもらったりしていました。
すららを開始してすぐに、コーチの方には私の方から娘の精神面や体調面のことをお伝えしていたので、考慮していただきながら学習計画も立ててもらっていました。娘に対しては、学習目標の部分でコメントを入れてくださったりと、ひたすら励ましてもらっていました。期限を守れなくても怒られないけど、少し悪いなと思うことはあると娘も言っていましたが、こうしたら駄目といった否定的な言葉もなく、頑張った分だけ肯定的な注目を与えてくださって。
そのままのあの子を受け入れて、認めてもらったので、娘としても取り組みやすかったのだと思います。

すららコーチのサポートも加わって、勉強に前向きに取り組めていたのですね。
その他、学習に前向きに取り組むきっかけはございましたか。

あとは、入会時のキャンペーンで、200ユニットをクリアするとAmazonギフト券をもらえるとあったので、それ欲しさに学習に取り組むことが出来ていたようです。3ヵ月間継続して取り組み、200ユニットをクリアすることが出来、賞状とAmazonギフト券をもらうことも出来ました。

お子さまの学習履歴

最初の3ヵ月間で、280ユニットクリアを達成!

すららを始めてからお子さんに変化はありましたか?

すららに取り組んだことで、分からなかったことがわかるようになったと言っていました。それってやっぱり嬉しいことですよね。分からないことが分かるようになると、次の問題も解けるようになるので、取り組みが前向きになりますよね。すららはアニメーションで授業が進むので、人の機嫌や先生の様子を伺ったりする必要もなく自分のペースで学ぶことが出来たのが良かったのだと思います。学校の授業よりも分かりやすかったみたいです。

また何よりも、勉強に対しての自信に繋がったのではないでしょうか。すららに取り組む前は、中学3年生の教科書も開いたことがない状態で、学習に取り組めていなかった時期も長かったので、自己肯定感がすごく下がっていました。すららを始めなければ、行きたい高校の試験を受ける勇気を持てなかったのではないかなと思います。受験なんてできないんじゃないかと思っていた中で、挑戦が出来たキッカケの1つがすららでした。

嬉しく思います。無事、受験を終えられたとお聞きしています。

はい、無事受験を終えることが出来、中学も卒業しました。本人の希望で、専門的なことを学べる高校に進学予定で、娘も来月からの高校生活を楽しみにしているようです。

ありがとうございました。

まずはお子様がやってみようと思えるかどうか、
無料体験してみてください

楽しく勉強が続けられる!

89.1%のお子様が
学習を継続!!

「すらら」は「見る、聞く、書く、読む、話す」などの
いろいろな感覚を使った飽きない学習システムなので、
ゲーム感覚で楽しく集中して勉強ができます。

※2016年1月~2017年6月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の継続率

関連サービス

  • 保護者様向け発達支援・相談サービス・学習教材すららの勉強ノウハウを取り入れた勉強ペアレントトレーニング

  • 勉強が苦手なお子様向け知能検査・科学的な根拠を基づく検査で・お子様の得意/不得意を数値化